ククイナッツオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

公開日: : 最終更新日:2015/11/26 キャリアオイル, 生活

ククイナッツオイルとは

ククイナッツオイルとはトウダイグサ科に属し、ハワイの州木に指定されているククイの種子や果実を低温圧搾することで得られる植物油です。
下記、ククイナッツオイルのおもな特徴を紹介していますので、興味がある人はぜひご覧ください。

ククイナッツオイルに含まれている栄養成分

リノレン酸、オレイン酸、ビタミンE、ビタミンAといった有用成分がククイナッツオイルには含まれています。
必須脂肪酸やビタミン類が豊富に含まれているため、次のようなパワーが期待されています。

ククイナッツオイルによってもたらされる作用

日焼けを防ぐ、日焼けした肌の炎症を鎮める、うるおいを閉じ込める、皮膚をやわらかくする、シワの発生を防ぐ、湿疹や乾癬(かんせん)を軽減する作用がククイナッツオイルによってもたらされるといわれています。
また、軽い火傷やニキビケアのために役立てているという人も少なくありません。

ククイナッツオイルの使い心地、品質は?

このオイルはベタベタせず、軽くサラッとした使い心地を実感できます。
浸透力に優れているため、肌に使用するとスッと肌になじみます。
また、色はほんのりイエロー、甘いナッツの香りが軽くするのが特徴です。
品質に関してですが、ほかのオイルと比較しても酸化しやすい=劣化しやすいため、保管など取り扱いには十分に注意しなくてはいけません。

ククイナッツオイルの使用に向いている肌質は?

乾燥肌、敏感肌、老化肌と、さまざまなタイプの肌質に対応しているオイルです。
非常に刺激が少なく肌にやさしいため、赤ちゃんの日焼け対策としてもおすすめです。
いかがでしたか?
酸化しやすい以外は有用成分が豊富、期待されている効果効能も多い、使用感や肌なじみもよくあらゆる肌タイプに使用可能と、ククイナッツオイルは非常に優秀な植物油です。
「このオイルはいいかも!」と思った人は具体的な効果効能や取扱方法などをチェックし、実際に購入し使ってみてはいかがでしょうか。

●AMAZONで探すククイナッツオイル

ククイナッツオイルの効果・効能

ククイナッツオイルを使用すると肌に嬉しい作用がもたらされるということで、美容への意識が高い女性を中心に取り入れる人が多くなってきています。
ここではククイナッツオイルの効果・効能について取り上げますので、オイル選びの参考情報としてお役立ていただけると幸いです。

日焼け

ハワイでは赤ちゃんの日焼け止めとしてククイナッツオイルが使われてきたという歴史があります。
また、紫外線を浴びたあとの日焼けをケアするためのオイルとしても有用です。
日差しの強い時期など、ククイナッツオイルがあると重宝することでしょう。

軽い火傷や切り傷

ハワイの州木にも指定されているだけあって、ククイナッツオイルはさまざまなことに役立てられています。
前述した日焼け止めのほかにも、軽い火傷や切り傷をケアするためにも使用されてきました。
なお、いま引き起こされている火傷や切り傷だけでなく、痕になってしまった部分のケアにも効果的です。

シワ

ククイナッツオイルに含まれている必須脂肪酸の中には、シワを目立たなくするのに有用とされているものがあります。
年齢の高まりにともないシワが気になりだしたという人は、ククイナッツオイルで対策してみてはいかがでしょうか。

保湿

ククイナッツオイルは肌なじみがよく、うるおいをしっかりと閉じ込め皮膚をやわらかくしてくれます。
また、保湿力が発揮されると皮膚のバリア機能のカバーにもなり、外部から受ける刺激にも強くなれるでしょう。

にきび

にきびには赤にきびといって、赤く炎症を起こしているものがあります。
ククイナッツオイルには炎症を鎮める作用があるとされており、にきびケアとして使っている人も少なくありません。

以上のような効果・効能がククイナッツオイルには期待されています。
チェックしてみて、どれか対策をしたいトラブルはありましたでしょうか?
もしも「あった」ということでしたら、ククイナッツオイルでのケアをはじめてみるとよいでしょう。

ククイナッツオイルの使い方

ククイナッツオイルの魅力のひとつとしては、幅広い用途でお使いいただけることが挙げられます。
おもなククイナッツオイルの使い方をここで紹介していきますので、活かしかたを知りたいと思っている人はチェックしてみてください。

肌トラブルのケア用として

カサカサしていたり、荒れていたりするのが気になる部分にククイナッツオイルを塗布する使い方が可能です。
また、日焼けする前の予防や、紫外線にさらされたあとのダメージケア、湿疹や乾癬、アトピーの症状を緩和するため、さらには軽い火傷や切り傷、にきびのケアとしてもお使いいただけます。

マッサージオイルとして

入浴後のマッサージや血行や代謝をよくしてくれますが、なにも肌に塗らないでおこなうとマッサージが肌に刺激とって刺激となり、負担をかけてしまうことになりかねません。
ククイナッツオイルをマッサージで使用することによって刺激から肌を保護してあげることができますし、しっとりとしたやわらかい肌へと導いていってあげることもできます。
オイルは軽くサラッとした質感で伸びや肌なじみもよく、香りもほんのり甘いため、使用感のよさも感じられるでしょう。

ヘアケアオイルとして

ククイナッツオイルは、髪にうるおいやツヤを出したい人が使用するのにも向いています。
タオルドライ後の湿った髪に使用すると、指どおりがなめらかで、きらきらとした髪に仕上がります。
前述したようにオイルはベタベタしないので、塗布する量が過剰でない限り、髪を洗っていない人のような状態にはなりません。

ポイントメイク落としとして

しつこく落としにくいポイントメイクのクレンジングにもククイナッツオイルは使えます。
オイルは低刺激性に優れているため、肌をいたわりながらメイクを落とすことが可能です。

自作の石けんで使用する材料として

手作り石けんの素材として、ククイナッツオイルを加える使用方法もあります。
完成した石けんにククイナッツオイルのよいところが出てくれることでしょう。

どうでしたか?
上記のとおり、ククイナッツオイルにはいろいろな使い道がありますので、魅力に感じた使用方法があったという人はぜひ試してみてください。

ククイナッツオイルの食べ方

ハワイの州木であるククイの実(ククイナッツ)を圧搾し、抽出されたククイナッツオイル。
ほかの種類のオイルには食用としても適しているものがありますが、ククイナッツオイルの場合はどうなのでしょうか。

ククイナッツオイルは食べられる?

食べるオイルとして有名なものにはオリーブオイルなどがありますが、ククイナッツオイルは残念ながら食べられません。
食用のものを探しても販売はされていませんので、ククイナッツオイルに含まれている栄養成分を補給したいとお考えなのでしたら、サプリメントをはじめ別の食品から摂るとよいでしょう。

ココナッツオイルは食べられると聞いたけど?

これはよく間違われることなのですが、名前は非常に似ていても、ククイナッツオイルとココナッツオイルはまったくの別物です。
冒頭でも記しましたが、ククイナッツオイルはククイという木の実から抽出されていますが、ココナッツオイルはココヤシの果肉から抽出された植物油なのです。
ココナッツオイルが外用だけでなく食用としても向いているのは事実ですが、ククイナッツオイルは食用として役立てることはできません。

外用のオイルを食用として飲んでも大丈夫?

市販されているククイナッツオイルは食用として摂取することを想定して製造されていないため、無理に飲用するなどして体調に異変が起こらないとも限りません。
第一、市販のククイナッツオイルは1個あたりの容量が少ないため、オリーブオイルのように大さじ1~2杯飲むようなことをしているとあっという間になくなり、お金がかかってしかたがないでしょう。
以上のことから、ククイナッツオイルを半ば強引に食用として扱おうとするのはやめておくのが賢明といえるでしょう。

いかがでしたか?
オリーブオイルやココナッツオイルなどのように、ククイナッツオイルは飲んだり料理に使ったりすることができません。
期待していた人にとっては少々ガッカリな情報だったかもしれませんが、ククイナッツオイルは外側のケアに特化しているものだということを覚えておきましょう。

ククイナッツオイルの注意点

ククイナッツオイルを使いはじめるにあたって、気をつけなければいけないことがいくつかあります。
今後購入する予定があるという人は、ここで解説する注意点をチェックしておくことをおすすめします。

肌に使用する際の注意事項

ククイナッツオイルはほかの種類の植物油と比べても、低刺激のオイルであるのが特徴です。
赤ちゃんの日焼け止めとして使用されるなど、肌にやさしいのが魅力的ではありますが、すべての人の肌に合うわけではなく、人によっては相性が悪く肌に異常が出てしまう可能性もあります。

そのため、使用を開始する前にはパッチテストをおこなっておくと、皮膚のトラブルを招くことなく使えるかどうかがわかるため安心です。
また、普段は大丈夫でも体調に変化があった際には、オイルが一因となって肌トラブルを起こす人もいます。
いずれにしても、肌に異変が起こった際にはオイルの使用をすぐにやめて様子をみるか、皮膚科を受診してください。

髪に使用する際の注意事項

パサつきを抑え、しっとりと艶やかな髪になれるということで、ククイナッツオイルをヘアケアのために使用している人も少なくありません。
サラッとした質感のオイルのためベタベタしにくいのですが、仮にベタつきが気になるような場合、塗布している量が多すぎる可能性がありますので、減らして仕上がり具合がどうなるか試してみるとよいでしょう。

保管する際の注意事項

非常に酸化しやすい性質のオイルですので、保管には十分に気をつける必要があります。
直射日光や高温多湿を避け、冷暗所(冷蔵庫がおすすめ)に置いておくほか、酸化は空気に触れることでも起こりますので、フタを開けっぱなしにしないことも大切です。

ここでは肌や髪をケアするため、また保管しておくときに気をつけることを説明しましたが、守らないと美容や健康上のトラブルを招いたり、品質の低下が進むのを助長したりする恐れがあります。
商品ごとの注意点もありますので、説明書きをよく読んで正しく安全に、少しでも良質な状態のオイルを使い続けられるようにしましょう。

●AMAZONで探すククイナッツオイル

スポンサーリンク

関連記事

ohashi

お箸の使い方|実はこんなにあった恥ずかしい使い方

和食と密接な関係があるお箸ですが、実は間違った使い方を無意識にしているという人は少なくありません

記事を読む

rakugan

日本三大銘菓>松江風流堂・山川、長岡大和屋・越の雪、金沢森八・長生殿

皆さんは落雁は好きですか? 落雁といえば、お茶の席や仏事に出されますので、食べた事が有る人も意

記事を読む

ピーチ

ピーチカーネルオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

ピーチカーネルオイルとは、文字通りピーチ(桃)のカーネル(種)から、圧搾法によって抽出されたオイ

記事を読む

tea_tree_tea_tree

ティートリー・ティーツリーの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ティートリー、ティーツリーは、オーストラリアのニューサウスウェールズを原産としている高木です。

記事を読む

jyukense

受験生が積極的に摂るべき栄養素。ビタミンB1,B2 etc.

受験生が勉強するうえで欠かせないのが食事です。 空腹では勉強に身が入りませんし、食事によって健

記事を読む

ヘーゼルナッツオイル

ヘーゼルナッツオイル(はしばみ油)の効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

ヘーゼルナッツオイルとは、カバノキ科ハシバミ属(和名:ハシバミ)の果実から得られるオイルです。

記事を読む

コーヒー2

コーヒーを毎日の生活に取り入れましょう

タバコやお酒などの他に、嗜好のひとつとして、食後やちょっとリラックスタイムをとりたい時に、コーヒ

記事を読む

d8ddd25291f20887cb4f089f8e20c2ac_s

火山灰を調べた。火山灰はこんなものに利用されている。

日本は活火山の国 日本は狭い国土に数十もの活火山を有しており、鹿児島県の桜島などは周辺地域

記事を読む

eucalyptus_radiata

ユーカリの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ユーカリは、コアラの主食としてよく知られています。 オーストラリアの先住民であるアボリジニ

記事を読む

photo-appli

おススメの写真・動画共有アプリのご紹介

撮影した写真や動画をいろいろなサービスで投稿・共有するのに便利なアプリはいくつかあります。 さ

記事を読む

zojirushi-kiwamehagama-jpg
象印 炊飯ジャー 極め羽釜の特徴や感想

♪はがまのごはん?と尾野真千子が鼻歌ったり、今更ですが、はがまもり

zojirushi-tukitate
象印 精米器 つきたて風味の特徴や感想

お米は、研ぐ前ぎりぎりのつきたてで炊いた方が絶対おいしいごはんがで

4-21-2
日本三大金魚生産地>大和郡山市、弥富市、江戸川区

観賞魚の金魚を飼ったことがある人、いま飼っているという人は多いでし

メディウェル
メディウェルの詳細・特徴・口コミ

メディウェルは、東京証券取引所一部に上場している株式会社アインファ

40-11-9
日本三大葱>下仁田ねぎ、岩津ねぎ、博多万能ねぎ

日本国内にはたくさんの日本三大○○がありますが、葱(ねぎ)にも三大

→もっと見る

PAGE TOP ↑