カスターオイル(ひまし油)の効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

公開日: : 最終更新日:2015/11/26 生活, キャリアオイル

<
h3>カスターオイル(ひまし油)とは

カスターオイル(ひまし油)とは、キャスターオイルとも呼ばれており、トウダイグサ科に分類されているトウゴマの種をコールドプレスし、得られる植物性油のことをいいます。
オイルを取り入れた美容や健康法をおこないたいと思っている人のため、ここではこのカスターオイル(ひまし油)のおもな特徴について解説しますので、参考情報としてお役立ていただけると幸いです。

・カスターオイル(ひまし油)の歴史海外においては腰痛や坐骨神経痛、リウマチ、宿便の排泄といった問題解決のために役立てられてきました。
また、日本国内では昔から下剤の形で使用されており、よく知られています。

・代表的な成分カスターオイル(ひまし油)の大部分を占めているのは、脂肪酸の一種であるリシノール酸です。
炎症を抑制したり、痛みを鎮めたりするパワーがあると考えられています。
そのほかの構成成分ですが、リノール酸、オレイン酸、ステアリン酸、ヒドロキシステアリン酸といった具合に、複数の種類の脂肪酸が含まれているのが特徴です。

・おもな用途顔や体、髪のパック、全身のマッサージ、リップクリームといった具合に、ほかのオイルと共通の用途で役立てられるほか、カスターオイル(ひまし油)は変わった使い方がされています。
湿布として使用したり、点眼したりといった具合に、薬のような使用のしかたをしている人が少なくなく、こうした使い方に適した商品が販売されていますし、使用方法も紹介されているのです。

・使用感についてカスターオイル(ひまし油)は、まるで蜂蜜のようなトロッとした質感をしています。
かなりの粘性があり、単独での使用感は重いです。
したがって、トリートメント用として使うのであれば、別の種類のオイルと混ぜてみるとすべりがよくなるでしょう。

なお、肌なじみは遅く、浸透力にはあまり優れているとはいえません。
そのほか、カスターオイル(ひまし油)は比較的強いくせのある香りがしますので、人によって好みの合う合わないがあるでしょう。

以上がカスターオイル(ひまし油)に関する基本情報ですが、だいたいどのようなオイルなのか雰囲気はつかめたのではないでしょうか。
このオイルに魅力を感じた人はより細かい情報をチェックし、まずは1本使ってみるとよいでしょう。

●AMAZONで探すカスターオイル

カスターオイル(ひまし油)の効果・効能

カスターオイル(ひまし油)には複数の効果や効能が期待されています。
おもなものを紹介しますので、自分に合った植物油を探しているという人はぜひチェックしてみてください。

・肌カスターオイル(ひまし油)は瘢痕(はんこん)形成作用に優れています。
そのため、傷痕を目立たなくしたり、年齢とともに気になるシミのケアをしたりすることに向いています。
また、鎮痛作用や抗炎症作用ももたらされるため、ねんざなどの手当てなどにも効果的とされています。
そのほか、汚れを落とす力や保湿力もあるため、メイクをオフする際にも役立つでしょう。

・爪ネイルケアでカスターオイル(ひまし油)を使用すると、爪が丈夫になる作用がもたらされるといわれています。
繰り返しおこなうネイルで受けたダメージをいたわりたい人にもおすすめです。

・髪や頭皮カスターオイル(ひまし油)の保湿効果により、髪のダメージや乾燥をいたわることができます。
また、頭皮マッサージに使用すると、健やかな髪を育まれるのが促されます。

・目点眼することによって、カスターオイル(ひまし油)はドライアイをケアしてくれるといわれています。
また、目の疲労が気になるときに点眼するのも効果的と考えられています。

・体内カスターオイル(ひまし油)湿布をすることにより、お通じがよくなりデトックスにも効果的とされています。
また、腸内環境がよくなり毒素(老廃物)が解消されることにより、新陳代謝が向上、血やリンパの流れが促進されて免疫力アップにもつながります。

そのほか、月経の痛みや卵巣の腫れ、不妊といった婦人科系のトラブルも、湿布で解決したと実感の声をあげている人も見受けられます。
いかがでしたか?ただ塗ったりマッサージに使ったりする以外にも、点眼や湿布による効果・効能が見込めるのがカスターオイル(ひまし油)の大きな特徴です。
なるべく薬に頼ることなく、ここで挙げたようなトラブルの対策をしたいという人にはピッタリではないでしょうか。

カスターオイル(ひまし油)の使い方

カスターオイル(ひまし油)には、果たしてどのような使用方法があるというのでしょうか。
今回はこのような疑問をお持ちの方のため、カスターオイル(ひまし油)の使い方をご紹介します。

・スキンケアで使用するカスターオイル(ひまし油)を保湿ケアのために使用することが可能です。
カサカサが気になるところに塗ったり、マッサージしたり、パックしたりするとしっとりうるおいが感じられます。
また、汚れを落とす力にも優れているため、メイク落としにもよいですし、オフしたあとの乾燥も保湿力でカバーしてくれるでしょう。

そのほか、ひねったりぶつけたりして痛みがあるところ、あざになってしまったところに塗布するのもおすすめです。
すでに治ってはいるけれど、痕が残ってしまったところのケア、シミになってしまったところのケアにもカスターオイル(ひまし油)は使用可能です。

・ヘア&頭皮ケアで使用するオイルの中には髪や地肌のケアに向いているものがありますが、カスターオイル(ひまし油)もその中のひとつに含まれます。
カラーリングやブリーチ、パーマが原因のダメージヘア、乾燥でパサパサしている髪のケアに有用です。
また、地肌にカスターオイル(ひまし油)を塗ってマッサージをほどこしてあげると、血のめぐりがよくなり栄養が行き渡りやすくなるほか、健やかな髪を育む後押しもしてくれます。

・ネイルケアで使用する爪のケアをする際のオイルとしても、カスターオイル(ひまし油)はお使いいただけます。
定期的にカスターオイル(ひまし油)でケアしてあげることで、丈夫な爪をつくることにつながるでしょう。

・カスターオイル(ひまし油)を湿布として活かすカスターオイル(ひまし油)をしみ込ませたタオルなどを局所に置いて、ラップで覆ったあと温めます。
湿布としてカスターオイル(ひまし油)を使うことで、ねんざによる痛みやぶつけてできたアザ、おなかに当てることでお通じをよくする効果が期待できるといわれています。
また、湿布により新陳代謝がよくなり、血流やリンパの流れも改善して、免疫力アップの効果も望めるとされています。

・カスターオイル(ひまし油)を点眼する適量のカスターオイル(ひまし油)を目薬のかわりに使用している人も少なくありません。
目の乾燥や疲労のケアにおすすめです。

・手作りクリーム&石けんの材料にする自宅のクリームや乳液、石けんの素材としてカスターオイル(ひまし油)はお使いいただけます。
材料として使用することで、クリームや石けんなどにカスターオイル(ひまし油)のよさが追加されます。

どうでしたか?バリエーション豊富な使い方が可能なカスターオイル。
魅力に感じた人はぜひ一度お試しください。

カスターオイル(ひまし油)の食べ方

オリーブオイルをはじめ、食べられる植物油がなにかと注目を集めています。
カスターオイル(ひまし油)には、食用のものはあるのでしょうか。
今回はこのあたりのことについて述べていきますので、気になる人はぜひ一読してみてください。

・食用のカスターオイル(ひまし油)は市販されているか外用のオイルは多く出回っており、マッサージやパック、メイク落とし、ヘアケアや頭皮ケア、ネイルケアなど全身のお手入れに役立てられています。
しかしながら、口から摂取することを想定して販売されている商品は、調べてみた限りでは存在しませんでした。
したがって、カスターオイル(ひまし油)をオリーブオイルのようにそのまま飲んだり、料理の調味料として使ったりすることは諦めるしかありません。

・摂取した場合にはどうなるの?カスターオイル(ひまし油)は独特の強い匂いがありますので、かいだだけで摂ろうと思う人はいないでしょう。
しかしながら、期待されている効果効能を求めて、我慢して摂取してしまう人もいるかもしれませんが、やめておくに越したことはありません。
どういうことかといいますと、少量摂取したぐらいでは起こらない人もいるかもしれませんが、過剰摂取すると医薬品でいうところの副作用のような問題が起こり得るからです。

引き起こされるおもな症状としましては腹痛やひどい下痢、嘔気や嘔吐、アレルギー反応を挙げることができます。
中にはお通じをよくするために飲んだという人もいるようですが、起こる可能性のある症状が嫌だという人は、真似しないでください。
以上のように、現状において食用として販売されているカスターオイル(ひまし油)は残念ながらありません。

しかも、食べられないオイルであるとわかっていながら摂取したり、知らずに間違って摂取したりした場合には、腹痛や下痢、吐き気などの症状が引き起こされてしまう恐れがあります。
カスターオイル(ひまし油)は外側のケアに使い、内側のケアは別のオイルを購入し、食べ方をチェックした上で取り入れることをおすすめします。

カスターオイル(ひまし油)の注意点

カスターオイル(ひまし油)を取り入れるにあたり、注意点といえるようなことが複数あります。
ここで解説しますので、購入を検討している人はチェックしておくとよいでしょう。

・使用期限をチェックしようカスターオイル(ひまし油)は複数の会社のものが市販されていますが、使用期限はしっかりと確認してください。
開封前と開封後で使用期限が異なる場合がありますので、この点もチェックしておきたいところです。
なお、期限が過ぎているものは品質が劣化しており、効果効能がまったく見込めない、逆効果になる場合もありますので、使ってはいけません。

・保存の方法に気をつけようどこで保存するかによって、カスターオイル(ひまし油)の使用期限に影響が及びます。
直接太陽の光が当たる場所、温度や湿度が高い場所に置いておくとただでさえ酸化(劣化)が進みやすいカスターオイル(ひまし油)の質を落とす原因になります。

上述したような場所を避け冷暗所で保存し、フタが開いたままだと空気に触れてオイルが酸化してしまいますので、しっかりとフタが閉まっていることを確認した上で保管しましょう。

・使用前にパッチテストをしよう合成の添加剤が使用されていないナチュラルなオイルであるとしても、万人の肌に合うわけではありません。
したがって、使いはじめる前にはパッチテストは必ずおこなってください。
なお、仮に肌に問題が起こった場合にはカスターオイル(ひまし油)の使用は諦めましょう。

また、パッチテストの時点では問題がなくても、体調に変化があったときにはトラブルが起こる場合があります。
そのようなときにも使用をすぐにやめ、肌トラブルが回復しない場合には皮膚科で適切な処置をほどこしてもらいましょう。

以上がカスターオイル(ひまし油)を使用する上でのおもな注意点です。
守らずにいると早期に傷んでしまって使いものにならなくなったり、肌の異常を引き起こしてしまう恐れがありますので、正しい取り扱いをして、長く安全にカスターオイル(ひまし油)と付き合っていけるようにしましょう。

●AMAZONで探すカスターオイル

スポンサーリンク

関連記事

パルマローザの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

パルマローザは、インドを原産とするイネ科の植物から作られているアロマオイルです。 レモンや

記事を読む

ウォールナッツオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

ウォールナッツオイルとは、ウォールナッツ(クルミ)の仁(種子)を圧搾することによって得られる油の

記事を読む

地中熱ヒートポンプシステムのメリットデメリット!

地中熱ヒートポンプシステムの特徴 「地中熱ヒートポンプシステム」とは、一体どのようなものなので

記事を読む

ローズオットーの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ローズオットーのアロマオイルは、数あるアロマオイルの中でも非常に希少価値の高いものです。

記事を読む

ツインバード コードレススティック型クリーナー ジェットサイクロンJの特徴や感想

コードさえなかったら、お部屋を縦横無尽に掃除機かけられるのに。 コードレス掃除機って時間が決ま

記事を読む

シャープ スロージューサーの特徴や感想

果物は、おいしくて栄養があるけれど、どうしても一回に食べられる量には限界がありますよね。 そん

記事を読む

ツインバード 3バンドラジオ 防水ケーススピーカーXZABADY 防水CDプレーヤー CDZABADYの特徴や感想

ネット社会。 スマホやパソコンでダウンロードしてって世代が増えていますけれど。 ダウンロード

記事を読む

マンダリンの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

マンダリンは、マンダリンオレンジに代表されるように柑橘系の植物であり、おもな産地はアルゼンチンと

記事を読む

高齢者向け住宅の種類・特徴・メリット・デメリット・選び方など

高齢者向け住宅の種類 サービス付き高齢者向け住宅 「サ高住」、「サ付き」とも言われている「サービ

記事を読む

ツインバード パーソナル加湿器の特徴や感想

自分専用の加湿器、狭い空間だけの加湿器が欲しいと思ったことはありませんか。 加湿は必要ですが、

記事を読む

ツインバード お茶ひき器 緑茶美採の特徴や感想

お茶は丸ごと摂取できる健康食品です。 お茶にして飲むだけではもっ

ツインバード サービス紹介~会社紹介

ツインバードは、ホームセンターや量販店での販売だけの会社ではありま

シャープ スロージューサーの特徴や感想

果物は、おいしくて栄養があるけれど、どうしても一回に食べられる量に

シャープ 電気無水鍋の特徴や感想

素材の味がそのままするお料理が食べられたら、子供たちの好き嫌いもな

ツインバード ワイアレスドアスコープモニター ワイアレステレビドアホンの特徴や感想

今の世の中、ピンポンが鳴ったからと言って気軽にドアを開けることはで

→もっと見る

PAGE TOP ↑