カレンデュラオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

公開日: : 最終更新日:2015/11/26 キャリアオイル, 生活

カレンデュラオイルとは

カレンデュラオイルとは、キク科に分類されているカレンデュラの花を浸出油のオリーブオイルやサンフラワーオイルに漬け込み、油溶性成分をとりだしたもののことをいいます。

なお、カレンデュラは日本においてはキンセンカとも呼ばれており、海外においてはポットマリーゴールドやマリーバッドと呼ばれているものです。
以下、カレンデュラオイルのおもな特徴を挙げていきますので、この植物油について知りたいと思っている人はぜひご覧ください。

・用途はさまざまカレンデュラオイルはほかの植物油と共通して、外用剤として多くの人に愛用されています。
顔、手足、腹部などにマッサージをほどこす際に使用したり、クレンジング剤として使用したり、自作のクリームや乳液の材料にしたりといった具合に、いろいろな使い方ができます。

・栄養素がいっぱいカレンデュラオイルはオリーブオイルなど栄養価が高い植物油にカレンデュラの花を漬け込んでいるため、栄養成分が豊富です。
とりわけサポニン、ビタミンA、βカロテンといった栄養成分が多く含まれており、健康や美容の維持に貢献してくれます。

・多くの肌質に対応このオイルは皮膚への刺激が少ないため、肌への負担が軽いものでケアをしたいという人が使用するのに向いています。
普通肌の人は当然使えますし、乾燥がひどい人や刺激に敏感な人、老化が気になる人など、あらゆる肌質の人が使える点が魅力的です。
また、肌にやさしいオイルであることから、妊娠中の人が妊娠線対策のために使ったり、赤ちゃんのおむつかぶれをケアするために使ったりもされています。

基本的にすべての肌質の人、妊娠中や授乳中、デリケートな赤ちゃんにまで使用可能なのがカレンデュラオイルの長所といえるでしょう。
いかがでしたか?カレンデュラオイルがどのような植物油なのか、だいたいのことを把握できたのではないでしょうか。
欲しいと思った人は具体的な効果・効能や取扱方法をチェックし、1本試してみるとよいでしょう。

●AMAZONで探すカレンデュラオイル

カレンデュラオイルの効果・効能

オリーブオイルなどにカレンデュラを浸して有用成分を溶け出させたカレンデュラオイル。
この植物油には実にさまざまな効果・効能が期待されているのをご存知でしょうか。
ここで紹介していきますので、参考情報としてチェックしてみてください。

・傷や炎症にどこかにぶつけてできた青アザ、こすったり切ったりしてできたキズ、乾燥による肌荒れ、湿疹、紫外線による日焼け、料理などでしてしまった軽いやけど、痔など、カレンデュラオイルは傷や炎症などのトラブルをケアしてくれます。
また、いまできているキズだけでなく、痕になってしまった部分のケアにも有用です。

・保湿ケアにカサカサしているところに使用することで、うるおいがもたらされます。

・関節系の問題にカレンデュラオイルを使ったマッサージにより、関節炎をはじめ、関節リウマチ、痛風のケアをおこなうことが可能です。

・婦人科系のお悩みにオイルに含まれる女性ホルモンに似た作用をする物質が、生理不順や更年期障害といった婦人科系のトラブルをケアしてくれます。

・プレママや新米ママのケアに会陰切開や会陰裂傷を防止するための会陰マッサージのほか、妊娠線を予防するためのマッサージ、子どもを産んだあとに起こる痛みや不快な症状を緩和することにも役立ちます。

・赤ちゃんの肌トラブルに赤ちゃんの肌は非常に繊細ですが、やさしく作用するカレンデュラオイルであれば、赤ちゃんの肌荒れや湿疹、おむつかぶれといったトラブルの対策が可能です。

・年齢の高まりによって起こりやすくなる美容の問題に収れん作用、皮膚軟化作用、抗酸化作用がカレンデュラオイルによってもたらされるため、しわ、たるみ、大人ニキビなど加齢により引き起こされやすいトラブルの防止、改善のために役立ちます。

以上のような効果・効能がカレンデュラオイルには望めます。
なにか1個でも対策をしたいトラブルがあったという人に関しては、使ってみる価値は十分にあるといえるでしょう。

カレンデュラオイルの使い方

カレンデュラオイルはいろいろな目的でお使いいただくことが可能です。
おもな使い方についてここでは取り上げますので、どのような使用方法があるのかと疑問に感じている人は一読してみることをおすすめします。

・日々のお手入れに使う化粧水の使用後に顔の乾燥などが気になる部分に塗布する、スキンケア用としての使い方があります。
また、顔だけでなく全身のカサカサしやすい部分になじませると、しっとり感が得られるでしょう。
それから、カレンデュラオイルは肌だけでなくネイルのお手入れにも使用可能で、オイルに爪をひたしておくことにより、乾燥により起こる二枚爪や割れの効果的な対策になります。

そのほか、カレンデュラオイルは傷、アザ、傷跡、打撲、日焼け、軽いやけど、しわ、たるみ、大人にきび、関節炎、生理不順、更年期障害といった具合に、さまざまなトラブルのケアに有用とされていますので、こうした問題の防止や改善のため、日常的に肌に伸ばしたり、マッサージオイルとして使ったりするのもよいでしょう。

・産前産後のケアに使う普段はオイルを使用しないという人も、プレママや新米ママの時期だけカレンデュラオイルを使ってみてはいかがでしょうか。
妊娠線の対策や、会陰切開や会陰裂傷の防止のためのマッサージ、乳首の裂傷予防、痔や静脈瘤、出産後の会陰切開部痛などの痛みや不快症状のケアなど、さまざまな用途で活躍してくれます。

・赤ちゃんの肌ケアに使うママだけでなく赤ちゃんの肌にも使用可能なカレンデュラオイル。
おむつかぶれ、湿疹、肌荒れといったデリケートな赤ちゃんの肌トラブルの手当てにピッタリです。
1本あれば、親子一緒に多くのトラブルをケアできるすぐれものです。

どうでしたか?冒頭でも述べたように、多くの用途がカレンデュラオイルにあるということがおわかりいただけたのではないでしょうか。
なお、実際に使用する際には具体的なマッサージなどの実践方法やカレンデュラオイルの使用量などを確かめ、正しくオイルを活かすことが大切です。

カレンデュラオイルの食べ方

カレンデュラオイルは外用以外に、食用として役立てることはできるのでしょうか。
今回はこのような疑問をお持ちの方のため、カレンデュラオイルの食べ方に関する情報を提供します。

・食用のカレンデュラオイルはある?現在のところ、食用向けに製造、販売されているカレンデュラオイルはまずみかけません。
ただ、オリーブオイルにマリーゴールドをひたし、有用成分を溶け出させた自作のカレンデュラオイルをドレッシングとして使っている人はいます。
香りが比較的強く薬のような苦みを感じるため、好みに合わない人もいるでしょうが、平気な場合には自作のオイルをサラダなどの料理にかけるなどしてもよいでしょう。

・オイルはないけれどハーブはあるオリーブオイルなどにひたしてできるカレンデュラオイルではなく、ハーブとしてのカレンデュラは市販されています。
ハーブティーを飲用したり、花や葉を料理に使用したりすることで、カレンデュラの有用成分を体内に取り込むことが可能です。
カレンデュラをお茶などの形で摂取した場合には、口臭を防いだり風邪による発熱を改善したりしてくれるほか、消化不良などの消化器系のトラブル改善にも有用です。

・サプリメントという選択肢もありカレンデュラに含まれているフラボノイド、カロチノイド、サポニン、ビタミンAといった有用成分を補給したいけれど、どうしても風味が気になるという人もいるでしょう。
その場合には、サプリメントを購入して栄養補給に役立てるとよいでしょう。

オイルやハーブだと気になる香りや味も、サプリメントの場合はカプセルなどの形になっており、中に原材料や有用成分が凝縮されていますので、香りや味が気になりにくくなっています。
食品として一日数粒を目安に摂るだけなので、外出中でも摂取しやすく、お茶や料理の形で摂るより手軽さが感じられます。

以上のように、カレンデュラは食用オイルの市販品はないものの、ハーブやサプリメントであれば市販のものが手に入ります。
なお、ハーブとして売られているものは自作のオイルづくりにも使えますので、カレンデュラオイルの手作りにチャレンジしてみるのもよいのではないでしょうか。

カレンデュラオイルの注意点

カレンデュラオイルを使用するにあたり、複数の注意しなければいけないことがあります。
今後オイルを買って使ってみようと思っている人は下記のような注意点があることを把握し、さらには個別の商品に表示されている注意事項もチェックして、正しく取り扱うことが大切です。

・品質に関する注意事項カレンデュラオイルは酸化が起こりやすいため、保管には十分注意しなくてはいけません。
品質が低下する原因となる直射日光、高温多湿の場所は避け、冷暗所で保管するほか、空気に触れても酸化が進むため、オイルを取り出すとき以外はしっかりフタを閉めておく必要があります。

なお、抗酸化力に優れている小麦胚芽油と混ぜることにより、品質が長持ちしやすくなります。
そのほか、別のオイルと同様にカレンデュラオイルにも使用期限がありますので、その前にすべて使いきってしまいましょう。

・肌への使用時に関する注意事項肌にやさしいオイルではありますが、全員がトラブルなく使用できるとは限りません。
事前にパッチテストをおこなうほか、使用中に肌の異常が起こった場合には、使用をやめて皮膚科へいきましょう。
また、妊娠中や出産後のマッサージなどでの使用、赤ちゃんへの肌への使用も可能なカレンデュラオイルですが、影響が心配な人は医師に相談してみることをおすすめします。

そのほか、カレンデュラオイルはいったん衣服に付着すると洗っても色が落ちにくいのが特徴ですので、肌に使用する際には誤って衣服に色が付いてしまわないように気をつけたほうがよいでしょう。

・摂取時に関する注意事項カレンデュラのハーブを取り入れるなどし、お茶や料理に使用する人もいるでしょう。
その場合、とくにハーブティーに関しては妊娠中に摂るのは控えるよう注意書きがしてある商品も売られています。
商品の種類によって特別に注意が必要な人がいるということを理解し、チェックを怠らないようにしなくてはいけません。

カレンデュラオイルの注意点については以上ですが、守らなければすぐに品質が低下して使いものにならなくなったり、肌トラブルを招いてしまったりする可能性があります。
適切な取扱方法を守り、1日でも長く良質な状態をキープできるように、また安全に使い続けられるようにしてください。

●AMAZONで探すカレンデュラオイル

スポンサーリンク

関連記事

ohashi

お箸の使い方|実はこんなにあった恥ずかしい使い方

和食と密接な関係があるお箸ですが、実は間違った使い方を無意識にしているという人は少なくありません

記事を読む

rose_absolute

ローズ アブソリュートの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ローズのアロマオイルは「香りの女王」と呼ばれ、深く甘くバラが本来持っている香りを楽しむことができ

記事を読む

オリーブ

オリーブスクワランオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

オリーブオイルとは、モクセイ科に分類されているオリーブの果肉から抽出されたオイルのことをいいます

記事を読む

ウィートジャームオイル

ウィートジャームオイル(小麦胚芽油)の効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

ウィートジャームオイル(小麦胚芽油)とは、イネ科に属する小麦の胚芽部分を圧搾することでとり出され

記事を読む

clove

クローブの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

クローブは、インドネシアを原産とする熱帯の常緑樹です。 雨季に蕾をつけ、その蕾部分からCO

記事を読む

cardamom

カルダモンの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

カルダモンとは、インドを原産とする多年草の低木です。 ショウガ科に属していて、現在はおもに

記事を読む

mimosa

ミモザの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ミモザは、マメ科のオジギソウ属に属する植物の総称です。 日本では、フサアカシアなどといった

記事を読む

sumaho

スマホ決済サービスを比較しました

クレジットカードを決済時につかえるかどうかというのは、顧客にとって非常に重要だと言われています。

記事を読む

bocchan-sekken

坊ちゃん石鹸(旧名釜出し一番石鹸)の特徴や感想

今から約22年ほど前の1995年あたり、宮城県の公立高校の売店で、爆発的に売れた固形石鹸がありま

記事を読む

cypress

サイプレスの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

サイプレスは和名で「イトスギ」、「セイヨウヒノキ」とも呼ばれているヒノキ科の針葉樹です。

記事を読む

zojirushi-kiwamehagama-jpg
象印 炊飯ジャー 極め羽釜の特徴や感想

♪はがまのごはん?と尾野真千子が鼻歌ったり、今更ですが、はがまもり

zojirushi-tukitate
象印 精米器 つきたて風味の特徴や感想

お米は、研ぐ前ぎりぎりのつきたてで炊いた方が絶対おいしいごはんがで

4-21-2
日本三大金魚生産地>大和郡山市、弥富市、江戸川区

観賞魚の金魚を飼ったことがある人、いま飼っているという人は多いでし

メディウェル
メディウェルの詳細・特徴・口コミ

メディウェルは、東京証券取引所一部に上場している株式会社アインファ

40-11-9
日本三大葱>下仁田ねぎ、岩津ねぎ、博多万能ねぎ

日本国内にはたくさんの日本三大○○がありますが、葱(ねぎ)にも三大

→もっと見る

PAGE TOP ↑