カレンデュラオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

公開日: : 最終更新日:2015/11/26 キャリアオイル, 生活

カレンデュラオイルとは

カレンデュラオイルとは、キク科に分類されているカレンデュラの花を浸出油のオリーブオイルやサンフラワーオイルに漬け込み、油溶性成分をとりだしたもののことをいいます。

なお、カレンデュラは日本においてはキンセンカとも呼ばれており、海外においてはポットマリーゴールドやマリーバッドと呼ばれているものです。
以下、カレンデュラオイルのおもな特徴を挙げていきますので、この植物油について知りたいと思っている人はぜひご覧ください。

・用途はさまざまカレンデュラオイルはほかの植物油と共通して、外用剤として多くの人に愛用されています。
顔、手足、腹部などにマッサージをほどこす際に使用したり、クレンジング剤として使用したり、自作のクリームや乳液の材料にしたりといった具合に、いろいろな使い方ができます。

・栄養素がいっぱいカレンデュラオイルはオリーブオイルなど栄養価が高い植物油にカレンデュラの花を漬け込んでいるため、栄養成分が豊富です。
とりわけサポニン、ビタミンA、βカロテンといった栄養成分が多く含まれており、健康や美容の維持に貢献してくれます。

・多くの肌質に対応このオイルは皮膚への刺激が少ないため、肌への負担が軽いものでケアをしたいという人が使用するのに向いています。
普通肌の人は当然使えますし、乾燥がひどい人や刺激に敏感な人、老化が気になる人など、あらゆる肌質の人が使える点が魅力的です。
また、肌にやさしいオイルであることから、妊娠中の人が妊娠線対策のために使ったり、赤ちゃんのおむつかぶれをケアするために使ったりもされています。

基本的にすべての肌質の人、妊娠中や授乳中、デリケートな赤ちゃんにまで使用可能なのがカレンデュラオイルの長所といえるでしょう。
いかがでしたか?カレンデュラオイルがどのような植物油なのか、だいたいのことを把握できたのではないでしょうか。
欲しいと思った人は具体的な効果・効能や取扱方法をチェックし、1本試してみるとよいでしょう。

●AMAZONで探すカレンデュラオイル

カレンデュラオイルの効果・効能

オリーブオイルなどにカレンデュラを浸して有用成分を溶け出させたカレンデュラオイル。
この植物油には実にさまざまな効果・効能が期待されているのをご存知でしょうか。
ここで紹介していきますので、参考情報としてチェックしてみてください。

・傷や炎症にどこかにぶつけてできた青アザ、こすったり切ったりしてできたキズ、乾燥による肌荒れ、湿疹、紫外線による日焼け、料理などでしてしまった軽いやけど、痔など、カレンデュラオイルは傷や炎症などのトラブルをケアしてくれます。
また、いまできているキズだけでなく、痕になってしまった部分のケアにも有用です。

・保湿ケアにカサカサしているところに使用することで、うるおいがもたらされます。

・関節系の問題にカレンデュラオイルを使ったマッサージにより、関節炎をはじめ、関節リウマチ、痛風のケアをおこなうことが可能です。

・婦人科系のお悩みにオイルに含まれる女性ホルモンに似た作用をする物質が、生理不順や更年期障害といった婦人科系のトラブルをケアしてくれます。

・プレママや新米ママのケアに会陰切開や会陰裂傷を防止するための会陰マッサージのほか、妊娠線を予防するためのマッサージ、子どもを産んだあとに起こる痛みや不快な症状を緩和することにも役立ちます。

・赤ちゃんの肌トラブルに赤ちゃんの肌は非常に繊細ですが、やさしく作用するカレンデュラオイルであれば、赤ちゃんの肌荒れや湿疹、おむつかぶれといったトラブルの対策が可能です。

・年齢の高まりによって起こりやすくなる美容の問題に収れん作用、皮膚軟化作用、抗酸化作用がカレンデュラオイルによってもたらされるため、しわ、たるみ、大人ニキビなど加齢により引き起こされやすいトラブルの防止、改善のために役立ちます。

以上のような効果・効能がカレンデュラオイルには望めます。
なにか1個でも対策をしたいトラブルがあったという人に関しては、使ってみる価値は十分にあるといえるでしょう。

カレンデュラオイルの使い方

カレンデュラオイルはいろいろな目的でお使いいただくことが可能です。
おもな使い方についてここでは取り上げますので、どのような使用方法があるのかと疑問に感じている人は一読してみることをおすすめします。

・日々のお手入れに使う化粧水の使用後に顔の乾燥などが気になる部分に塗布する、スキンケア用としての使い方があります。
また、顔だけでなく全身のカサカサしやすい部分になじませると、しっとり感が得られるでしょう。
それから、カレンデュラオイルは肌だけでなくネイルのお手入れにも使用可能で、オイルに爪をひたしておくことにより、乾燥により起こる二枚爪や割れの効果的な対策になります。

そのほか、カレンデュラオイルは傷、アザ、傷跡、打撲、日焼け、軽いやけど、しわ、たるみ、大人にきび、関節炎、生理不順、更年期障害といった具合に、さまざまなトラブルのケアに有用とされていますので、こうした問題の防止や改善のため、日常的に肌に伸ばしたり、マッサージオイルとして使ったりするのもよいでしょう。

・産前産後のケアに使う普段はオイルを使用しないという人も、プレママや新米ママの時期だけカレンデュラオイルを使ってみてはいかがでしょうか。
妊娠線の対策や、会陰切開や会陰裂傷の防止のためのマッサージ、乳首の裂傷予防、痔や静脈瘤、出産後の会陰切開部痛などの痛みや不快症状のケアなど、さまざまな用途で活躍してくれます。

・赤ちゃんの肌ケアに使うママだけでなく赤ちゃんの肌にも使用可能なカレンデュラオイル。
おむつかぶれ、湿疹、肌荒れといったデリケートな赤ちゃんの肌トラブルの手当てにピッタリです。
1本あれば、親子一緒に多くのトラブルをケアできるすぐれものです。

どうでしたか?冒頭でも述べたように、多くの用途がカレンデュラオイルにあるということがおわかりいただけたのではないでしょうか。
なお、実際に使用する際には具体的なマッサージなどの実践方法やカレンデュラオイルの使用量などを確かめ、正しくオイルを活かすことが大切です。

カレンデュラオイルの食べ方

カレンデュラオイルは外用以外に、食用として役立てることはできるのでしょうか。
今回はこのような疑問をお持ちの方のため、カレンデュラオイルの食べ方に関する情報を提供します。

・食用のカレンデュラオイルはある?現在のところ、食用向けに製造、販売されているカレンデュラオイルはまずみかけません。
ただ、オリーブオイルにマリーゴールドをひたし、有用成分を溶け出させた自作のカレンデュラオイルをドレッシングとして使っている人はいます。
香りが比較的強く薬のような苦みを感じるため、好みに合わない人もいるでしょうが、平気な場合には自作のオイルをサラダなどの料理にかけるなどしてもよいでしょう。

・オイルはないけれどハーブはあるオリーブオイルなどにひたしてできるカレンデュラオイルではなく、ハーブとしてのカレンデュラは市販されています。
ハーブティーを飲用したり、花や葉を料理に使用したりすることで、カレンデュラの有用成分を体内に取り込むことが可能です。
カレンデュラをお茶などの形で摂取した場合には、口臭を防いだり風邪による発熱を改善したりしてくれるほか、消化不良などの消化器系のトラブル改善にも有用です。

・サプリメントという選択肢もありカレンデュラに含まれているフラボノイド、カロチノイド、サポニン、ビタミンAといった有用成分を補給したいけれど、どうしても風味が気になるという人もいるでしょう。
その場合には、サプリメントを購入して栄養補給に役立てるとよいでしょう。

オイルやハーブだと気になる香りや味も、サプリメントの場合はカプセルなどの形になっており、中に原材料や有用成分が凝縮されていますので、香りや味が気になりにくくなっています。
食品として一日数粒を目安に摂るだけなので、外出中でも摂取しやすく、お茶や料理の形で摂るより手軽さが感じられます。

以上のように、カレンデュラは食用オイルの市販品はないものの、ハーブやサプリメントであれば市販のものが手に入ります。
なお、ハーブとして売られているものは自作のオイルづくりにも使えますので、カレンデュラオイルの手作りにチャレンジしてみるのもよいのではないでしょうか。

カレンデュラオイルの注意点

カレンデュラオイルを使用するにあたり、複数の注意しなければいけないことがあります。
今後オイルを買って使ってみようと思っている人は下記のような注意点があることを把握し、さらには個別の商品に表示されている注意事項もチェックして、正しく取り扱うことが大切です。

・品質に関する注意事項カレンデュラオイルは酸化が起こりやすいため、保管には十分注意しなくてはいけません。
品質が低下する原因となる直射日光、高温多湿の場所は避け、冷暗所で保管するほか、空気に触れても酸化が進むため、オイルを取り出すとき以外はしっかりフタを閉めておく必要があります。

なお、抗酸化力に優れている小麦胚芽油と混ぜることにより、品質が長持ちしやすくなります。
そのほか、別のオイルと同様にカレンデュラオイルにも使用期限がありますので、その前にすべて使いきってしまいましょう。

・肌への使用時に関する注意事項肌にやさしいオイルではありますが、全員がトラブルなく使用できるとは限りません。
事前にパッチテストをおこなうほか、使用中に肌の異常が起こった場合には、使用をやめて皮膚科へいきましょう。
また、妊娠中や出産後のマッサージなどでの使用、赤ちゃんへの肌への使用も可能なカレンデュラオイルですが、影響が心配な人は医師に相談してみることをおすすめします。

そのほか、カレンデュラオイルはいったん衣服に付着すると洗っても色が落ちにくいのが特徴ですので、肌に使用する際には誤って衣服に色が付いてしまわないように気をつけたほうがよいでしょう。

・摂取時に関する注意事項カレンデュラのハーブを取り入れるなどし、お茶や料理に使用する人もいるでしょう。
その場合、とくにハーブティーに関しては妊娠中に摂るのは控えるよう注意書きがしてある商品も売られています。
商品の種類によって特別に注意が必要な人がいるということを理解し、チェックを怠らないようにしなくてはいけません。

カレンデュラオイルの注意点については以上ですが、守らなければすぐに品質が低下して使いものにならなくなったり、肌トラブルを招いてしまったりする可能性があります。
適切な取扱方法を守り、1日でも長く良質な状態をキープできるように、また安全に使い続けられるようにしてください。

●AMAZONで探すカレンデュラオイル

スポンサーリンク

関連記事

rakugan

日本三大銘菓>松江風流堂・山川、長岡大和屋・越の雪、金沢森八・長生殿

皆さんは落雁は好きですか? 落雁といえば、お茶の席や仏事に出されますので、食べた事が有る人も意

記事を読む

薔薇

ローズヒップオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

ローズヒップオイルとは、バラ科バラ属の主にイヌバラの実から抽出されるオイルです。 イヌバラはヨ

記事を読む

peppermint

ペパーミントの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ペパーミントは「西洋ハッカ」とも呼ばれていて、おなじみの爽快でクリアな香りが特徴となっています。

記事を読む

sandalwood

サンダルウッドの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

サンダルウッドとは和名を「白檀」といい、別名で「サンダースウッド」とも呼ばれる半寄生性の常緑樹で

記事を読む

jasmine

ジャスミンの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ジャスミンは中国、インドやエジプトなど、ヒマラヤ地域が原産地になっているモクセイ科の常緑の潅木で

記事を読む

eucalyptus_radiata

ユーカリの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ユーカリは、コアラの主食としてよく知られています。 オーストラリアの先住民であるアボリジニ

記事を読む

柳刃

包丁の研ぎ方と種類や特徴について調べてみた

和包丁の特徴や詳細について 片刃で、"引きながら切る"という使い方をし、右利き用と左利き用

記事を読む

くるみ

ウォールナッツオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

ウォールナッツオイルとは、ウォールナッツ(クルミ)の仁(種子)を圧搾することによって得られる油の

記事を読む

fa9da1bf1fef5b0dd5ee9e31e9b936e5_s

珍しい発電の方法を調べてみた。斬新、驚愕、爆笑etc.

ソーラー発電や風力発電だけに頼っていられない 一般家庭にも急速に普及し始めたソーラー発電で

記事を読む

コーヒー

コーヒーをドリッパーとフィルターで自分で淹れてみる事に挑戦してみませんか?

喫茶店や専門店で飲むコーヒーは自宅で飲むインスタントとは違って、とても美味しくて驚いてしまいます

記事を読む

強力消臭靴下リンマー
強力消臭靴下リンマーの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【強力消臭靴下リンマー】がオススメ! 靴下を何度も念入りに洗った

ネオテクト
ネオテクトの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

ネオテクト薬用マイクロデオドラントクリームとは、株式会社ヴィジョン

FRESHU(フレッシュー)
FRESHU(フレッシュー)の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【FRESHU(フレッシュー)】が解決! 男のニオイの原因① ~

ファルマスタッフ
ファルマスタッフの詳細・特徴・口コミ

ファルマスタッフは薬剤師の転職をサポートしているサイトであり、日本

ヤクステ
ヤクステの詳細・特徴・口コミ

ヤクステは、株式会社グローアップが運営している薬剤師専門の転職支援

→もっと見る

PAGE TOP ↑