フラックシードオイル(亜麻仁油)の効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

公開日: : 最終更新日:2015/11/26 キャリアオイル, 生活

フラックシードオイル(亜麻仁油)とは

フラックシードオイルとは、アマ科の植物の種子から抽出されるオイルです。
アマは寒い地域で栽培が可能な植物で中央アジアを原産地としています。
日本では北海道での栽培が行われています。

このアマの茎から採れる繊維はリネン製品に加工され、とても柔らかくよい肌触りで、且つ高い強度を持ち、通気性と吸湿性に優れるという特徴をもっています。
その優れた特徴ゆえに、古くはテントや帆船の帆布、上等な衣類に用いられてきました。

また、種子からは圧搾法または抽出法を用いてフラックシードオイルが採れ、亜麻仁油とも呼ばれます。
圧搾法とは油分の比較的多い原料に対して用いられる手法で、フラックシードオイルのように植物の種子から油分を得る際に多く用いられます。
原料に対して圧力をかけ、搾り取られた油を得るものです。
この圧搾法で採られた油を「一番搾り」と呼ぶこともあります。

植物油を得る方法としては圧搾法以外には抽出法、または、この2つの方法を組み合わせた圧抽法というものもあります。
抽出法とは、溶剤を用いた油の抽出を行う手法で、圧搾法と比べて油分が比較的少ない原料に対して用いられる手法です。
このいずれかの方法で採られたフラックシードオイルは乾性油として空気に触れると酸化して固まる性質があります。

健康食品として食事用いられたり、酸化を防ぐためにサプリメントとしてカプセルに封入された形でも販売されています。
その他、フラックシードオイル塗料や油絵具として使われることもあります。

フラックシードオイルには必須脂肪酸のα-リノレン酸、ビタミンE、リグナンなどを豊富に含み、料理やサプリメントの形で摂取することにより、動脈硬化、高血圧、アレルギー、アトピー、心筋梗塞、糖尿病、がん、アルツハイマー、うつ病などの予防や改善に効果を発揮するとされているすばらしいオイルです。
あなたもこのフラックシードオイルの恩恵を受けるため、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

●AMAZONで探すフラックシードオイル

フラックシードオイル(亜麻仁油)の効果・効能

α-リノレン酸、ビタミンE、リグナンなどを豊富に含むフラックシードオイルですが、具体的にどのような効果・効能があるのか、構成する成分とともに見ていきたいとおもいます。

・α-リノレン酸α-リノレン酸とは人間が摂取しなければならない必須脂肪酸の一つであり、体内で生成することができないものです。
このα-リノレン酸を摂取すると体内でEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)が生産されます。
EPAもDHAも不飽和脂肪酸の一つです。
EPAは動脈硬化、血栓の発生、高血圧の抑制、炎症やアレルギー、アトピーの症状を改善する働きがあります。

DHAは細胞膜を柔らかくし、特に脳内の神経細胞の働きを健全に保つ働きがあり、アルツハイマーやうつ病などの病気に効果を発揮すると言われています。
また、血の中に含まれる中性脂肪を少なくする働きがあり、心臓病を予防する働きもあります。

・ビタミンEビタミンEは抗酸化作用を持ち、活性酸素の及ぼす動脈硬化、高血圧、心筋梗塞、糖尿病、癌などさまざまな病気を予防・改善する効果が期待されています。
また、血行を促進することで新陳代謝を高め、美肌効果が期待できます。

・リグナンリグナンとはポリフェノールの一種で、抗酸化作用を持ち、ビタミンEと同様に活性酸素の及ぼす動脈硬化、高血圧、心筋梗塞、糖尿病、癌などの予防・改善に効果を発揮するといわれています。
また、その他にもアレルギー症状の緩和や肝臓機能の改善などの効果を持ちます。

以上のようにフラックシードオイルは動脈硬化、高血圧、アレルギー、アトピー、その他さまざまな効果を身体にもたらすとされています。
このフラックシードオイルは瓶などの容器に詰められて、必要な量を料理などに用いて摂取することもできますし、サプリメントとしてカプセルに封入されて販売もされているため、毎日の習慣として摂取することも可能です。
フラックシードオイルの効果を、あなたもぜひ実感してみてださい。

フラックシードオイル(亜麻仁油)の使い方

フラックシードオイルは日本でも北海道で栽培されていましたが、海外から容易に輸入できることや、繊維としての利用としては化学繊維が普及したことにより一旦は栽培が減少しました。
しかし現在では北海道の特産として普及させる目的で、一部で栽培が進みつつあります。

フラックシードオイルの産地が主に海外であることもあり、瓶詰やサプリメントの形で販売されているどちらの製品も、海外で生産されたものが多いです。
フラックシードオイルの持つさまざまな効果を実感するためには、どのような使い方があるのか見てみましょう。

・マッサージオイルとして使うフラックシードオイルは主に食用として普及しており、肌に直接塗るという用途は一般的ではありません。
しかし食用のオイルであるため身体への影響は当然考慮されているものであり、肌に直接塗ることに問題はありません。
ただし、他のスキンケア用オイルと同様に、お肌の性質はひとそれぞれであるため、パッチテストを行った上で、少量ずつ試していくことが必要です。

オイルとしての性質によりお肌の水分が過剰に蒸発することを防ぎ、保湿効果が期待できます。
しかしフラックシードオイルは酸化が早く、乾性油として空気に触れると固まってしまう性質があるため、長時間塗ったままにする用途に向いているとは言えません。

・料理に使うフラックシードオイルの乾性油としての性質から、熱する料理への利用はあまりおすすめできません。
そのすばらしい効果を酸化によって変化させてしまい、充分な効果を得られなくなってしまいます。
そのため、サラダのドレッシングやパスタ、ピザにそのままかけるなどの方法で摂取することが最も効果的です。

・サプリメントとして使うサプリメントとしてカプセルに封入されていることで、空気へ触れにくくなり、極力酸化させることなくその効果を充分に受けることができます。
フラックシードオイルの使い方は以上ですが、商品によって異なる場合もありますので、商品の取り扱い方を確認した上での利用をおねがいします。

フラックシードオイル(亜麻仁油)の食べ方

フラックシードオイルは欧州では紀元前から食用として用いられてきたと言われています。
動脈硬化、高血圧、アレルギー、アトピー、その他さまざまな効果を身体にもたらすフラックシードオイルの効能を是非体験したいところですが、どのような食べ方があるのか見ていきましょう。

・料理にフラックシードオイルは酸化が早く、熱する料理に用いた場合、すぐに性質が変化してしまい、その効果を充分に享受することができません。
できればそのまま飲むことが最も効果的ですが、フラックシードオイルに限らずオリーブオイルなど他のオイルにしても、スプーンでそのまま飲むという方法はあまり愉しみながら採ることには向いていません。

できればおいしく愉しみながら、健康によいこのフラックシードオイルを採りたいものです。
熱する料理に向いていないフラックシードオイルですが、おすすめは醤油や塩、お酢などと混ぜてサラダのドレッシングとして使ったり、ピザやパスタ、カルパッチョなどにオリーブオイルの代わりとして用いることです。

もちろん、冷奴にお醤油と混ぜてかけてもいいですし、スープやマリネなどに使ってもいいですし、さまざまな方法でお愉しみいただけます。
これらの方法なら、フラックシードオイルを酸化させずにその効果を充分に受け取ることができますね。

・サプリメントとしてフラックシードオイルは酸化しやすい性質を持っているため、サプリメントとして多く販売されています。
ソフトカプセルなどに封入されたフラックシードオイルはカプセルに守られているため酸化しにくく、毎日の摂取を容易に行うことができます。

以上がフラックシードオイルの食べ方となります。
フラックシードオイルに含まれる豊富なα-リノレン酸、ビタミンE、リグナンを採ることがで、それらの栄養素が持つさまざまな身体への効果が期待できます。
料理に、サプリメントとして、ご自分に合った方法でその効果を体験してみてください。

フラックシードオイル(亜麻仁油)の注意点

α-リノレン酸、ビタミンE、リグナンなどを豊富に含み、動脈硬化、高血圧、アレルギー、アトピー、その他さまざまな効果を身体にもたらすフラックシードオイルですが、注意すべきところはないかと気にしている人もいるのではないでしょうか。

ここでは注意点をまとめていきますので、参考にしていただけると幸いです。

・酸化に注意フラックシードオイル乾性油としての性質から、特に瓶詰のオイルとしての製品の場合、できれば冷蔵庫などで保管し、高温になる場所に保管しないように注意が必要です。
また、使用の前によく振ってからお使いいただき、開封後はできるだけお早目に消費することが望ましい使い方です。

・加熱に注意加熱する料理に利用すると、急速に酸化し、その効果を充分に発揮することができません。
できれば加熱せずに、サラダのドレッシングや、その他、料理に直接かける方法で摂取することでお愉しみください。

・小児の利用に注意フラックシードオイルに限らず、植物油には活性成分が多く含まれています。
小児にはこの活性成分が強く働いてしまう可能性があるため、利用には注意が必要です。

・ご利用の前にマッサージオイルとして利用する場合、お肌の性質は多種多様であるため、敏感肌の方は事前にパッチテストを行ってからのご使用をおすすめします。
パッチテストの方法は簡単で、実際に利用したい割合でオイルのブレンドを行い、1滴程度の量を腕の内側などのやわらかいお肌に塗布します。
その後、数時間から1日程度の間放置し、異常が見られなければ問題ありません。

・過剰摂取に注意フラックシードオイルに限らず、身体に有効な栄養成分であっても過剰に摂取することで悪影響がある場合があります。
製品の説明をよく読み、適量でお楽しみください。

フラックシードオイルの注意点は上記の通りとなります。
栄養豊富でお肌へさまざまな恩恵をもたらすフラックシードオイルですが、上記のような点に充分に注意をした上でお愉しみいただけると幸いです。

●AMAZONで探すフラックシードオイル

スポンサーリンク

関連記事

yuzu

ユズの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ユズは、日本でも古くから活用されてきたなじみの深い柑橘系の植物です。 ユズは四国がおもな産

記事を読む

geranium

ゼラニウムの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ゼラニウムは南アフリカ、特にエジプトを原産としている低木であり葉、茎の部分から水蒸気蒸留法によっ

記事を読む

syun

旬の食べ物は身体に良いらしい?

旬の食べ物と聞いて思い浮かべるものはさまざまですが、いずれも体に良いとされています。 野菜で例

記事を読む

ひまわり

サンフラワーオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

サンフラワーオイル(ひまわり油)とは、キク科に属する植物であるヒマワリの種子を圧搾することで得ら

記事を読む

tyui

ジンジャーの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ジンジャーはアジアを原産としている植物であり、ショウガ科に属しています。 多年生のハーブで

記事を読む

cedarwood

シダーウッドの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

シダーウッドという場合、アロマオイルであればシダーウッド・アトラス、シダーウッド・バージニアンと

記事を読む

yasai-saisyo

食事の最初のお勧め。野菜、酸っぱい、コリコリらしい?

毎日欠かせない食事ですが、食べる順番を意識することはそれほどありません。 目についたもの、好き

記事を読む

chamomile_roman

カモミール・ローマンの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

カモミール・ローマンは、南ヨーロッパから西ヨーロッパにかけて分布する多年草の名前です。 現

記事を読む

taxi-appli

おススメのタクシー簡単手配!配車アプリのご紹介!

たくさん買い物をしたときや終電を逃したときなど、タクシーを手軽に呼ぶことができればとても便利です

記事を読む

frankincense

フランキンセンスの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

フランキンセンスは、カンラン科に属する低木の樹脂を水蒸気蒸留して抽出されるものです。 中世

記事を読む

zojirushi-tukitate
象印 精米器 つきたて風味の特徴や感想

お米は、研ぐ前ぎりぎりのつきたてで炊いた方が絶対おいしいごはんがで

4-21-2
日本三大金魚生産地>大和郡山市、弥富市、江戸川区

観賞魚の金魚を飼ったことがある人、いま飼っているという人は多いでし

メディウェル
メディウェルの詳細・特徴・口コミ

メディウェルは、東京証券取引所一部に上場している株式会社アインファ

40-11-9
日本三大葱>下仁田ねぎ、岩津ねぎ、博多万能ねぎ

日本国内にはたくさんの日本三大○○がありますが、葱(ねぎ)にも三大

no image
ツインバード コードレススティック型クリーナー ジェットサイクロンJの特徴や感想

コードさえなかったら、お部屋を縦横無尽に掃除機かけられるのに。 コー

→もっと見る

PAGE TOP ↑