ヘーゼルナッツオイル(はしばみ油)の効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

公開日: : 最終更新日:2015/11/26 キャリアオイル, 生活


ヘーゼルナッツオイルとは、カバノキ科ハシバミ属(和名:ハシバミ)の果実から得られるオイルです。
この果実はドングリのように固い果実でドングリより大きく、食用のナッツ類としては最も代表的なものの一つです。
ヘーゼルナッツの中でもセイヨウハシバミという種類が最も多く栽培されていて、中央アジアで最も多く生産されています。
世界中で生産されたもののほとんどがお菓子に用いられていて、チョコレートをはじめアイスクリーム、クッキーなどが代表的なものです。

このヘーゼルナッツの果実から圧搾法によりヘーゼルナッツオイルが採られ、はしばみ油とも呼ばれています。
圧搾法というのは油分を多く含んだ原料に主に用いられる手法で、ヘーゼルナッツオイルのような植物の果実や種子原料に対して圧力をかけ、搾り取られた油を得るものです。

「一番搾り」と呼ばれる油はこの圧搾法で採られたものです。
圧搾法の他には抽出法や、圧抽法というこの2つの方法を組み合わせたものもあります。
溶剤を用いた油の抽出を行う手法が抽出法で、圧搾法と比べて油分が比較的少ない原料に対して用いられます。
この抽出法に用いられた溶剤は後に蒸留によって取り除きますが、100%取り除くのは難しいと言われています。

そのため、身体によいのは溶剤を用いない圧搾法とされています。
こうして採取されたヘーゼルナッツオイルはオレイン酸と、パルミトレイン酸、リノール酸、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンEなどの栄養成分を豊富に含み、サラサラとしてべたつかず、お肌への浸透力が非常に高い優れたキャリアオイルとして用いられています。

この高い浸透力が豊富な栄養成分を身体に届けることで、お肌の余計な脂質の分泌を抑え、脂性肌の改善をもたらし、肌の再生を助け、うるおいを与えてくれるため、脂性肌、混合肌に効果を発揮し、刺激性が低いため敏感肌にもおすすめというすばらしいオイルがヘーゼルナッツオイルです。
ヘーゼルナッツオイルとはなにかの説明は以上となりますが、概ねどのようなものなのかおわかりいただけたのではないでしょうか。
栄養成分を多く含み、お肌にさまざまな効果をもたらしてくれるヘーゼルナッツオイルを、まずは1本試してみてはいかがでしょうか。

ヘーゼルナッツオイル(はしばみ油)の効果・効能

オレイン酸と、パルミトレイン酸、リノール酸、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンEなどを豊富に含むヘーゼルナッツオイルですが、具体的にどのような効果・効能があるのか、構成する成分とともに見ていきたいとおもいます。

パルミトレイン酸

不飽和脂肪酸の一つであるパルミトレイン酸はお肌の老化を防いだり、お肌の痛みを回復させる効果を持っています。
また、身体に悪影響をもたらす悪玉コレステロールを減らし、動脈硬化や高血圧の予防という効果をもたらします。
赤ちゃんのすべすべしてキレイなお肌には豊富なパルミトレイン酸が含まれていると言われています。

リノール酸

リノール酸とは必須脂肪酸の一つで、身体が摂取しなくてはならない脂肪酸です。
身体が自ら生成できず、外部から摂取する必要のある脂肪酸が必須脂肪酸です。
このリノール酸はお肌を守り、うるおいを保ち、炎症を抑え、お肌の老化を防止するというすばらしい作用を持っています。

ビタミンA

ビタミンAは、紫外線のダメージからお肌を守る働きを持っています。
また、抗酸化作用により活性酸素の働きを抑え、動脈硬化、高血圧、心筋梗塞、糖尿病、癌などを予防し改善する効果を持っています。
さらに、お肌のバランス調整を行い、損傷の回復やハリ、うるおいを保持する働きもあります。

ビタミンB群

ビタミンB群は8種類のビタミンを含む総称ですが、ヘーゼルナッツはこれら全てを含み、エネルギー生成を助け、新陳代謝を促進し、余分な皮脂の分泌を抑え、アトピーはアレルギーの症状を改善するなど、お肌の健康を助ける多くの働きを持っています。

ビタミンE

ビタミンEはビタミンAと同様に抗酸化作用を持ち、さまざまな病気の予防・改善効果があります。
また、血行を促進し新陳代謝を高め、お肌を美しく保つ効果が期待できます。

以上のようにヘーゼルナッツオイルは豊富に含んだ栄養素から、さまざまな効果を身体にもたらします。
あなたも是非、この効果を実感してみてださい。

●AMAZONで探すヘーゼルナッツオイル

ヘーゼルナッツオイル(はしばみ油)の使い方

豊富な栄養成分を含み、特に脂性肌、混合肌、敏感肌におすすめのヘーゼルナッツオイルですが、効果的に利用する方法はどのようなものか見ていきましょう。

・単独でもブレンドでもヘーゼルナッツオイルはキャリアオイル(=ベースオイル)に分類されます。
アロマテラピーに使われるオイルにはキャリアオイルとエッセンシャルオイルがありますが、一般的にキャリアオイルはさらさらとしていて肌にやさしく浸透していく性質を持っています。

一方、エッセンシャルオイルは植物の持つ有効成分を高い濃度で抽出されたもので、肌に直接付けるには濃すぎるため、肌トラブルの原因となります。
また、アレルギーの原因となることもあるため、エッセンシャルオイルはキャリアオイルに対して1~2%程度の割合でブレンドして利用します。

エッセンシャルオイルをキャリアオイルで薄める理由は、エッセンシャルオイル単独では肌に強すぎるということだけでなく、キャリアオイルにより手のすべりをよくし、お肌にやさしいマッサージを可能とすることや、キャリアオイルの持つお肌への浸透性を利用し、エッセンシャルオイルの持つ高い効果・効能をすばやく効果的に身体に取り込むことにもあります。

ヘーゼルナッツオイルはキャリアオイルとして非常に高い浸透力をを持っており、単独で利用してもよいですが、香りがやや強いため、他のキャリアオイルと1:1程度でブレンドして使うことも多いオイルです。
もちろん、エッセンシャルオイルと合わせてその相乗効果を楽しむのもよいでしょう。

・さまざまなマッサージにヘーゼルナッツオイルはフェイシャルマッサージ、ハンドマッサージ、フットマッサージ、ボディマッサージなど、さまざまな部位に利用することができます。
ほのかなナッツの香りが心地よく、更に非常に高い浸透力を持っているため、マッサージオイルとして最も用いられているものの一つがこのヘーゼルナッツオイルです。

・バスオイルとしてヘーゼルナッツオイル単独でバスオイルとして用いてもよいですし、エッセンシャルオイルとブレンドしてお風呂を愉しむこともできます。
ヘーゼルナッツオイルの使い方は以上ですが、商品によって異なる場合もありますので、商品の取り扱い方を確認した上での利用をおねがいします。

ヘーゼルナッツオイル(はしばみ油)の食べ方

ヘーゼルナッツは食用としてのナッツ類の中で最も普及しているものの一つで、お菓子の材料として広く使われ、クッキーやチョコレート、アイスクリーム、リキュール、コーヒーなどに用いられています。

ヘーゼルナッツを圧搾法で抽出したヘーゼルナッツオイルも、マッサージオイルやバスオイルとしてだけではなく、食用としても多く用いられています。

ヘーゼルナッツはアーモンドなどと比べて生産量が少ないために比較的貴重なオイルで、1リットルのヘーゼルナッツオイルを採るために、ヘーゼルナッツ2.5Kgが必要と言われています。

この貴重なヘーゼルナッツオイルの持つ芳ばしい香りを最大限に発揮し、食に愉しみをプラスしてくれる方法にはどのようなものがあるのか、ここではヘーゼルナッツオイルの食べ方を見ていきます。

・お菓子にヘーゼルナッツの持つその素晴らしい香りを楽しむために、最も合うのがお菓子への利用です。
特にパウンドケーキやクッキーなどの焼き菓子への利用やソースへの利用などがおすすめで、アイスにかけてその香りを楽しむこともできます。

・料理にサラダのドレッシングとしてお醤油やお塩、お酢などと混ぜて用いてもよいですし、煮込み料理の香り付けやマリネにもよく合います。
ソテーなどの焼き物料理にもおすすめで、仕上げとしてぐるっと一回しかけるとヘーゼルナッツの芳ばしい香りがお料理を一層引き立てることでしょう。
その他にも炒め物、揚げ物の仕上げに利用するなど、アイデア次第でその用途は広がっていきます。

・そのままでオリーブオイルのようにそのまま飲むこともおすすめで、特有の香りを愉しむことができます。

以上がヘーゼルナッツオイルの食べ方となります。
ヘーゼルナッツオイルに含まれる豊富なオレイン酸、パルミトレイン酸、リノール酸、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンEを採ることがで、それらの栄養素が持つさまざまな身体への効果が期待できます。
ぜひ、ご自分に合ったお召し上がり方でその効果を実感してみてください。

ヘーゼルナッツオイル(はしばみ油)の注意点

オレイン酸、パルミトレイン酸、リノール酸、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンEなどを豊富に含み、脂性肌、混合肌、敏感肌に高い効果を発揮するヘーゼルナッツオイルですが、注意すべきところはないかと気にしている人もいるのではないでしょうか。
ここでは注意点をまとめていきますので、参考にしていただけると幸いです。

・ご利用の前にまれにじんましんを起こすことがあるため、事前にパッチテストを行ってからのご使用をおすすめします。
パッチテストの方法は簡単で、1滴程度の量を腕の内側などのやわらかいお肌に塗布します。
その後、数時間から1日程度のあいだ放置し、異常が見られなければ問題ありません。
万が一かゆみ、炎症反応や、皮膚の赤みが見られた場合は皮膚に残ったオイルを多めの水で洗い流し、医師の診察を受けることをおすすめします。

・小児の利用に注意ヘーゼルナッツオイルに限らず、植物油には活性成分が多く含まれています。
小児にはこの活性成分が強く働いてしまう可能性があるため、利用には注意が必要です。

・過剰摂取に注意ヘーゼルナッツオイルに限らず、身体に有効な栄養成分であっても過剰に摂取することで悪影響がある場合があります。
製品の説明をよく読み、適量でお楽しみください。

・酸化に注意ヘーゼルナッツオイルは比較的酸化しにくい性質を持っていますが、よりよい品質を保つため、高温多湿を避け、冷暗所にて保管してください。
また、開封後はお早目にお使いください。

・価格変動に注意ヘーゼルナッツは生産量が多くないため、ヘーゼルナッツオイルも希少であり、入手が困難な場合があります。
また、その希少価値により価格変動が発生する場合が考えられるため、購入の際はご注意ください。

ヘーゼルナッツオイルの注意点は上記の通りとなります。
栄養豊富でお肌へさまざまな恩恵をもたらすヘーゼルナッツオイルですが、上記のような点に十分に注意をした上でお楽しみいただけると幸いです。

●AMAZONで探すヘーゼルナッツオイル

スポンサーリンク

関連記事

uranium

『ウラン』原発の話でよく出る言葉。「天然ウラン」「濃縮ウラン」「劣化ウラン」

2011年の東日本大震災の際、東京電力の原発事故が起きて以来、原子力発電に注目が集まりました。

記事を読む

twinbird-cdzabady

ツインバード 3バンドラジオ 防水ケーススピーカーXZABADY 防水CDプレーヤー CDZABADYの特徴や感想

ネット社会。 スマホやパソコンでダウンロードしてって世代が増えていますけれど。 ダウンロード

記事を読む

ed9ad2a7ef121ab433d2f36e1513b4ee_s

太陽光発電のメーカーの歴史や特徴のまとめ

シャープ シャープは、1959年から太陽電池の開発に着手してますので、すでに50年を超える歴史

記事を読む

chamomile_roman

カモミール・ローマンの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

カモミール・ローマンは、南ヨーロッパから西ヨーロッパにかけて分布する多年草の名前です。 現

記事を読む

fennel

フェンネルの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

フェンネルは、ハーブ系のアロマオイルのひとつです。 栽培されてきた歴史がもっとも古い植物の

記事を読む

カスターオイル

カスターオイル(ひまし油)の効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

カスターオイル(ひまし油)とは カスターオイル(ひまし油)とは、キャスターオイルとも呼ばれており、

記事を読む

citronella

シトロネラの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

シトロネラは、スリランカを原産とするイネ科の植物です。 現在はマダガスカル、ビルマ、南米で

記事を読む

zojirushi-tukitate

象印 精米器 つきたて風味の特徴や感想

お米は、研ぐ前ぎりぎりのつきたてで炊いた方が絶対おいしいごはんができる。 ごはんを食べるなら、

記事を読む

water

水の種類と特徴をまとめました

水道水 水道水とは水道の蛇口から出てくる水です。 その味は全国各地で違ってきます。 水道水

記事を読む

コーヒー

コーヒーをドリッパーとフィルターで自分で淹れてみる事に挑戦してみませんか?

喫茶店や専門店で飲むコーヒーは自宅で飲むインスタントとは違って、とても美味しくて驚いてしまいます

記事を読む

zojirushi-kiwamehagama-jpg
象印 炊飯ジャー 極め羽釜の特徴や感想

♪はがまのごはん?と尾野真千子が鼻歌ったり、今更ですが、はがまもり

zojirushi-tukitate
象印 精米器 つきたて風味の特徴や感想

お米は、研ぐ前ぎりぎりのつきたてで炊いた方が絶対おいしいごはんがで

4-21-2
日本三大金魚生産地>大和郡山市、弥富市、江戸川区

観賞魚の金魚を飼ったことがある人、いま飼っているという人は多いでし

メディウェル
メディウェルの詳細・特徴・口コミ

メディウェルは、東京証券取引所一部に上場している株式会社アインファ

40-11-9
日本三大葱>下仁田ねぎ、岩津ねぎ、博多万能ねぎ

日本国内にはたくさんの日本三大○○がありますが、葱(ねぎ)にも三大

→もっと見る

PAGE TOP ↑