ヘンプシードオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

公開日: : 最終更新日:2015/11/26 キャリアオイル, 生活


ヘンプシードオイルとは、麻、大麻、大麻草と呼ばれているアサ科アサ属の実から抽出したオイルです。
麻は中央アジアを原産としており、茎から採れる繊維の衣類への利用、食用、ヘンプシードオイルをはじめとした油としての利用など、さまざまな用途に用いられています。

食用や油としての利用がされる麻の実ですが、日本では栽培が規制されているためにそのほとんどが輸入されているものです。
また、麻薬として利用されるものと食用として用いられるものを区別するために、後者はヘンプとも呼ばれています。
このヘンプの実(=シード)から圧搾法により採取された油が、ヘンプシードオイルと呼ばれています。
植物からオイルを採取する方法は圧搾法、抽出法、この2種類を組み合わせた圧抽法というものがあります。
圧搾法はおもに油分を多く含んだ原料に用いられる方法で、ヘンプシードオイルのような植物の果実や種子原料に対して圧力をかけて油を搾り取るものです。この圧搾法で採られた油は「一番搾り」とも呼ばれます。

一方、抽出法は溶剤を用いて油を抽出する方法で、圧搾法と比べて油分が比較的少ない原料に対して用いられます。
この抽出法に用いられた溶剤はのちに蒸留によって取り除きますが、100%取り除くのはむずかしいと言われており、溶剤を用いない圧搾法のほうが健康にはよいとされています。
こうして採られたヘンプシードオイルにはビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、リノール酸、α-リノレン酸、γ-リノレン酸などが豊富に含まれていて、お肌の新陳代謝を高め、ダメージから守り、ハリとうるおいを与え、美しく見せるお手伝いをしてくれます。

また、動脈硬化や高血圧、心臓病などに効果を発揮するさまざまな栄養成分も多く含まれているのです。
こうした特徴を持つヘンプシードオイルは、乾燥肌、老化肌、アレルギー肌の人が利用されることで、その効果を最大限に発揮します。

ヘンプシードオイルとはなにかの説明は以上となりますが、おおむねどのようなものなのかおわかりいただけたのではないでしょうか。
栄養成分を多く含み、美容や健康にさまざまな効果をもたらしてくれるヘンプシードオイルを、まずは1本試してみてください。

ヘンプシードオイルの効果・効能

さまざまな栄養素を豊富に含むヘンプシードオイルですが、具体的にどのような効果・効能があるのか、構成する成分とともに見ていきたいとおもいます。

ビタミンA

ヘンプシードオイルに含まれているビタミンAは、お肌に到達した紫外線を受け止め、お肌をダメージから守ると言われています。
また、ビタミンAは抗酸化作用を持ち、活性酸素の及ぼす動脈硬化、高血圧、心筋梗塞、糖尿病、癌などさまざまな病気を予防・改善する効果が期待されています。
そして、ビタミンのなかでもビタミンAはお肌のバランスを整え、損傷を回復させ、弾力を保ち、ハリとうるおいを与える効果を持っています。

ビタミンC

ビタミンCはメラニン色素の発生を抑制し分解することでシミやそばかすの発生を抑え、改善する効果があります。
また、身体のなかでコラーゲンの生成を促進し、お肌にハリと弾力を与えると言われています。
そのほかにも、抗炎症作用によってニキビの抑制・改善、皮脂の余計な分泌を抑え、お肌のきめ細かさを保つ効果も持っています。

ビタミンE

ビタミンEはビタミンAと同様に抗酸化作用を持ち、さまざまな病気の予防・改善効果があります。
また、血行促進の作用を持ち新陳代謝を高め、お肌を美しく保つが期待されます。

リノール酸

リノール酸とは必須脂肪酸のひとつで、身体が自ら生成できず、外部から摂取する必要のある脂肪酸です。
このリノール酸はお肌を守り、うるおいを保ち、炎症を抑え、お肌の老化を防止するという働きを持っていると言われています。

α-リノレン酸

α(アルファ)-リノレン酸もリノール酸と同様に必須脂肪酸のひとつで、体内で生成することができないものです。
このα-リノレン酸を摂取すると体内でEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)という不飽和脂肪酸が生成されます。

EPAは動脈硬化、血栓の発生、高血圧の抑制、炎症やアレルギー、アトピーの症状を改善する働きがあります。
DHAは細胞膜を柔らかくし、特に脳内の神経細胞の働きを健全に保つ働きがあり、アルツハイマーやうつ病などの病気に効果を発揮すると言われています。

また、血のなかに含まれる中性脂肪を少なくする働きがあり、心臓病を予防する働きもあります。
ヘンプシードオイルはリノール酸とα-リノレン酸の含有量が3:1であり、WHO(世界保健機構)が推奨する理想的な割合となっています。
この割合であるために、細胞や血液の状態を良好に保ち、からだを健やかにしてくれると言われています。

γ-リノレン酸

γ(ガンマ)-リノレン酸も必須脂肪酸のひとつで、アトピーや湿疹、お肌の炎症などをやわらげ、お肌を健康に保つと言われています。

以上のようにヘーゼルナッツオイルは豊富に含んだ栄養素から、さまざまな効果を身体にもたらします。
あなたもぜひ、この効果を実感してみてださい。

●AMAZONで探すヘンプシードオイル

ヘンプシードオイルの使い方

栄養成分が豊富でさまざまな効果を身体にもたらすヘンプシードオイルを効果的に利用する方法はどのようなものか見ていきましょう。

・オイルマッサージにヘンプシードオイルはキャリアオイル(=ベースオイル)に分類されます。
アロマテラピーに用いられるオイルにはキャリアオイルとエッセンシャルオイルがありますが、キャリアオイルは一般的にさらさらとしていてべとつかず、やさしく肌に浸透していく性質を持っています。
一方、エッセンシャルオイルは植物の持つ有効成分を高い濃度で抽出されたもので、その濃さから、肌に直接つけた場合はトラブルの原因となることがあります。

また、アレルギーの原因となる可能性もあるため、エッセンシャルオイルはキャリアオイルに対して1~2%程度の割合でブレンドして利用することが推奨されています。
キャリアオイルを用いてエッセンシャルオイルを希釈する理由はエッセンシャルオイルのその濃さだけではなく、キャリアオイルによる手のすべりをよくすることや、キャリアオイルの持つお肌への浸透性を利用してエッセンシャルオイルの効果・効能をすばやく効果的に身体に取り込むことにもあります。
また、ヘンプシードオイルは独特の香りを持ちますので、ほかのキャリアオイルと混ぜて愉しむことが多いようです。

・料理にヘンプシードオイルはさまざまな栄養成分を含んでおり、料理に用いることでその効果をぜひ愉しみながら実感してください。
また、このオイルはコレステロールを含んでいないため、ダイエット時の食事に用いられることもあります。
ヘンプシードオイルは40度以上に熱すると変質してしまうため、加熱しない料理に向いています。
サラダのドレッシングやソースなどへの利用がおすすめです。

また、酸化しやすいオイルのため、開封後は早めに使い切ってしまいましょう。
ヘンプシードオイルの使い方は以上ですが、商品によって異なる場合もありますので、商品の取り扱い方を確認したうえでの利用をおねがいします。

ヘンプシードオイルの食べ方

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、リノール酸、α-リノレン酸、γ-リノレン酸などを豊富に含み、お肌や身体にさまざまな効果をもたらしてくれるヘンプシードオイルですが、どのような食べ方があるのでしょうか。
ここではヘンプシードオイルをはじめとしたヘンプの食べ方をご紹介します。

・実を砕いてヘンプシードを砕いたものはサラダのトッピングなどに用いることで、その栄養成分を摂取できるだけでなくヘンプシードの持つ香りや食感を愉しむことができます。
また、サラダだけでなくヨーグルトやシリアル、ケーキのトッピングとしてもおすすめできます。
この実を砕いたものは七味唐辛子にも含まれているため、おそらくそれと気づかないうちに食べているという人も多いことでしょう。

・パウダーとしてヘンプシードを細かく粉末状にしたものがヘンプパウダーとして販売されています。
このヘンプパウダーは飲み物に混ぜたり、焼き菓子などの材料に混ぜて用いられ、アメリカ、カナダ、オーストラリアなどで多く親しまれているようです。

・オイルとしてヘンプシードオイルはその栄養成分から身体にいいだけでなく、コレステロールを含んでいないためにダイエット時の利用にもおすすめです。
また、ダイエットにおすすめなもうひとつの理由としては食物繊維を多く含んでいることです。
食物繊維とは消化されずに腸まで届く性質があり、大腸に届いた食物繊維は便秘を予防し、腸の働きを正常に保つ効果があると言われています。

40度以上に加熱すると成分が変質してしまうため、サラダのドレッシングやソース、スムージーなどの加熱しない料理へ使ってみてください。
そのナッツ類のこうばしい香りがお料理をいっそうの楽しみを加えてくれることでしょう。

以上がヘンプシードオイルの食べ方となります。
ヘンプシードオイルに含まれる豊富な栄養素が持つさまざまな身体への効果を、ご自分に合ったお召し上がり方でぜひ実感してみてください。

ヘンプシードオイルの注意点

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、リノール酸、α-リノレン酸、γ-リノレン酸などを豊富に含み、さまざまな効果を身体に与えてくれるヘンプシードオイルですが、注意すべきところはないかと気にしている人もいるのではないでしょうか。

ここでは注意点をまとめていきますので、参考にしていただけると幸いです。

・ご利用の前にお肌の性質は個人によって異なるため、事前にパッチテストを行ってからのご使用をおすすめします。
パッチテストの方法は簡単で、1滴程度の量を腕の内側などのやわらかいお肌に塗布します。
その後、数時間から1日程度の間放置し、異常が見られなければ問題ありません。
万が一かゆみ、炎症反応や、皮膚の赤みが見られた場合は皮膚に残ったオイルを多めの水で洗い流し、医師の診断を受けることをおすすめします。

・小児の利用に注意ヘンプシードオイルに限らず、植物油には活性成分が多く含まれています。
小児にはこの活性成分が強く働いてしまう可能性があるため、利用には注意が必要です。

・過剰摂取に注意ヘンプシードオイルに限らず、身体に有効な栄養成分であっても過剰に摂取することで身体に悪影響がある場合があります。
製品の説明をよく読み、適量でお楽しみください。

・酸化に注意ヘンプシードオイルは酸化しやすい性質をもっているため、高温多湿を避け、冷暗所にて保管し、開封後はお早目にご利用ください。
できれば保管は冷蔵庫がおすすめです。

・加熱に注意ヘンプシードオイルを加熱する料理に利用した場合、急速に酸化し、その効果を充分に発揮することができません。
できれば加熱せずに、サラダのドレッシングや、その他、料理に直接かける方法で摂取することでお楽しみください。

ヘンプシードオイルの注意点は上記のとおりとなります。
栄養豊富でお肌へさまざまな恩恵をもたらすヘンプシードオイルですが、ここで挙げたこと十分に注意をしたうえでお楽しみいただけると幸いです。

●AMAZONで探すヘンプシードオイル

スポンサーリンク

関連記事

olive

オリーブオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

オリーブオイルはオリーブ油とも呼ばれており、モクセイ科に属する常緑樹であるオリーブの果実を圧搾す

記事を読む

柳刃

包丁の研ぎ方と種類や特徴について調べてみた

和包丁の特徴や詳細について 片刃で、"引きながら切る"という使い方をし、右利き用と左利き用

記事を読む

vanilla

バニラの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

バニラは、一般的にアイスクリームやお菓子の香りづけとして利用されていることで知られています。

記事を読む

geranium

ゼラニウムの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ゼラニウムは南アフリカ、特にエジプトを原産としている低木であり葉、茎の部分から水蒸気蒸留法によっ

記事を読む

フラックシードオイル

フラックシードオイル(亜麻仁油)の効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

フラックシードオイル(亜麻仁油)とは フラックシードオイルとは、アマ科の植物の種子から抽出され

記事を読む

pot_light

ローズウッドの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ローズウッドのアロマオイルは、人々に古くから愛されてきた香りです。 ローズに似た香りがする

記事を読む

basil

バジルの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

バジルといえば、その葉はトマトとの相性が抜群であり、イタリア料理には欠かすことのできない人気のハ

記事を読む

black_pepper

ブラックペッパーの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ブラックペッパー(黒胡椒)のアロマオイルはその名の通り、胡椒に独特の刺激的な香りが特徴になってい

記事を読む

1615-3

Panasonic Wおどり炊き スチーム&可変圧力IHジャー炊飯器の特徴や感想

毎日食べるものだから、炊飯器にはこだわりたい。 そんなコンセプトから作られたこの炊飯器は、そん

記事を読む

diffuser

ラベンダーの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ラベンダーの香りは、昔から広く親しまれてきました。 芳香剤やクッションのようなリラックス商

記事を読む

強力消臭靴下リンマー
強力消臭靴下リンマーの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【強力消臭靴下リンマー】がオススメ! 靴下を何度も念入りに洗った

ネオテクト
ネオテクトの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

ネオテクト薬用マイクロデオドラントクリームとは、株式会社ヴィジョン

FRESHU(フレッシュー)
FRESHU(フレッシュー)の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【FRESHU(フレッシュー)】が解決! 男のニオイの原因① ~

ファルマスタッフ
ファルマスタッフの詳細・特徴・口コミ

ファルマスタッフは薬剤師の転職をサポートしているサイトであり、日本

ヤクステ
ヤクステの詳細・特徴・口コミ

ヤクステは、株式会社グローアップが運営している薬剤師専門の転職支援

→もっと見る

PAGE TOP ↑