ボリジ(ボラジ)オイル(るりぢさ油)の効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

公開日: : 最終更新日:2015/11/26 キャリアオイル, 生活


ボリジオイルまたはボラジオイルとは、ムラサキ科ルリジサ属のボリジ(和名:ルリジサ)の種子から抽出されたオイルで、別名をるりぢさ油といいます。
ボリジは南ヨーロッパを原産とし、その花は瑠璃色のかわいらしい姿をしており、こまかく白色の毛に覆われていて「幸福をもたらすもの」とも呼ばれています。

・γ(ガンマ)-リノレン酸を豊富に含むボリジオイルはオーストラリアの原住民であるアボリジニにも古くから万能薬として重宝されていました。
このボリジオイルはリノール酸、オレイン酸などを含みますが、なんといっても一番の特徴はγ-リノレン酸を豊富に含んでいることで、その含有量はキャリアオイルのなかでももっとも高いと言われています。

γ-リノレン酸とは体内では生成できない必須脂肪酸のひとつで、母乳にも多く含まれているものです。
肌に塗ると経皮吸収されて皮膚の細胞に働きかけ、水分量を保つことでアレルギー症状、炎症や乾燥を防ぎ、アトピー性皮膚炎に効果があると言われています。

アトピー肌にはこのγ-リノレン酸が不足していることが多いと言われており、ボリジオイルで補えるのはうれしい情報です。
また、その保湿効果からシワやたるみの予防にも効果が期待できます。

・オイルマッサージに最適ボリジオイルは粘性があり、独特の香りをもちます。
そのため、ほかのキャリアオイルとブレンドして使われることが多いオイルです。
γ-リノレン酸は、α-リノレン酸のドコサペンタエン酸(DHA)生成を助ける効果を持っているため、ローズヒップオイルなどとブレンドしてつかうとその相乗効果が期待できます。

ボリジオイルとはなにかの説明は以上となりますが、おおむねどのようなものなのかおわかりいただけたのではないでしょうか。
古くから万能薬として用いられているボリジオイルは、アトピー肌、成熟肌、敏感肌、乾燥肌、老化肌などに用いることができます。
あなたもぜひこのボリジオイルを使って、みずみずしい肌を実感してみてください。

ボリジ(ボラジ)オイル(るりぢさ油)の効果・効能

γ-リノレン酸を豊富に含むボリジオイルですが、その効果・効能を詳しく見ていきましょう。

・乾燥にわたしたちの肌は2つのバリアで守られています。
1つ目は皮脂という油分で、カビ、ダニ、化学物質などの肌に刺激を与えるものを表面で守っています。
2つ目はセラミドや細胞で形成される角質層で、皮脂の下で肌を守っています。
肌を守るこの2つのバリアは乾燥、ストレス、栄養不足、間違ったスキンケアや年齢を重ねることによってダメージを受けることがあり、ダメージを受けて傷ついたバリアからは蒸発によって水分が失われ、バリア機能がさらに弱まっていくという悪循環に陥ってしまいます。

アトピー肌とは、この肌のバリア機能がうまく働いていない状態だと言われています。
γ-リノレン酸は傷ついて乾燥した肌に浸透することで細胞の働きを正常に保つ助けとなり、バリアを修復してみずみずしい肌をもたらすと言われています。
また、ステロイドなどがアトピー症状を抑えるために用いられる一方、ボリジオイルはγ-リノレン酸によって細胞自体の回復を助けるため、ステロイドなどに見られる副作用などはありません。

・アトピーや炎症にγ-リノレン酸は炎症を起こすプロスタグランジンE2やロイコトリエンと呼ばれる物質の働きを抑え、細胞の働きを正常に戻す助けをすると言われています。
プロスタグランジンE2やロイコトリエンが増えると肌が炎症を起こし、アトピー肌の元となってしまうのです。

・シワやたるみにシワやたるみの一番の原因は乾燥だと言われています。
乾燥した肌は皮脂や角質層に傷がつくことで隙間ができやすくなり、その隙間がシワやたるみにつながると考えられています。
γ-リノレン酸は細胞を正常に戻す働きを助けることで水分の喪失を防ぎ、その結果、みずみずしい肌を取り戻すと言われています。

以上のようにボリジオイルは豊富に含んだγ-リノレン酸から、みずみずしい肌を目指す方に最適なオイルです。
あなたもぜひ、この効果を実感してみてださい。

●AMAZONで探すボリジオイル

ボリジ(ボラジ)オイル(るりぢさ油)の使い方

γ-リノレン酸を豊富に含み、肌にうるおいを与えるボリジオイルを効果的に利用する方法はどのようなものか見ていきましょう。

・オイルマッサージにボリジオイルはやや粘性が高く、単独で使用した場合は少し広がりにくいと感じるかも知れませんので、ブレンドしない場合はたっぷりとした量でやさしくマッサージをしてください。
また、基本的に無臭ですが、製品によっては独特の香りを持っているものもあります。

そのためボリジオイルはローズヒップオイルやスイートアーモンドオイル、アプリコットカーネルオイル、ホホバオイルなどと混ぜてつかうといいでしょう。
割合はほかのキャリアオイルに対してボリジオイルを10~20%程度がおすすめです。

また、お好みのエッセンシャルオイルとブレンドしてももちろんお使いいただけます。
ボリジオイルの高い浸透力が、エッセンシャルオイルの栄養成分を肌の奥深くまで届けてくれることでしょう。
このオイルはフェイスマッサージにもボディマッサージにもお使いいただけますので、お好みのマッサージでツヤのあるすべすべの肌を実感してください。

・スキンケアに夜のお風呂あがりに化粧水をつけ、数滴のボリジオイルを手にたらして肌にやさしく馴染ませてください。
乾燥が気になる目元や口元などを中心につかうことで、その効果を実感できることでしょう。

・お料理にボリジオイルはとても酸化しやすいオイルで、熱する料理への利用には向いていません。
そのためサラダのドレッシングなどの加熱しない料理に用いることで、豊富なγ-リノレン酸を摂取することができます。
また、ボリジオイルには女性ホルモンの分泌を助ける働きがあると言われており、月経前症候群(PMS)や生理痛、更年期障害にお悩みのかたにもおすすめです。

そのほかの使い方として、クリームやワックス、石鹸などの材料として利用するのもいいでしょう。
商品によって異なる場合もありますので、商品の取り扱い方を確認したうえで、ボリジオイルの効果を体験してみてください。

ボリジ(ボラジ)オイル(るりぢさ油)の食べ方

γ-リノレン酸を豊富に含み、肌にうるおいをもたらすボリジオイルですが、どのような食べ方があるのでしょうか。
ここではボリジオイルをはじめとした、ボリジの食べ方をご紹介していきます。

・サラダのドレッシングなどにボリジオイルはとても酸化しやすい性質を持っているため、加熱する料理への利用には向いていません。
そのため加熱しない料理として、塩やお酢、醤油などと混ぜてサラダのドレッシングとして用いたり、焼き物料理の仕上げにひとふりかけてもおいしくいただけます。

・ハーブやハーブティとしてボリジの若い花や葉は、サラダの具材として使われたり、フレッシュハーブとして料理の盛り付けに用いられます。
また、フレッシュハーブティとしても用いられ、ヨーロッパでは古来からルリジサ(ボリジ)が気分を高揚させ闘志を高めるとして、戦いの前に飲んだといいます。

ボリジはドライハーブには向きませんので、ハーブティとして用いる場合はなるべく新鮮な摘みたてを使い、まず水で軽く洗ってから手で一度たたき、お湯で蒸らしてお飲みください。

・砂糖漬けとして若い花は砂糖漬けの材料として使われることもあります。
砂糖漬けは卵白とグラニュー糖があれば自分でもつくることができますので、興味のある方は試してみてください。
瑠璃色のかわいらしい花で作った砂糖漬けは、ケーキやお茶菓子の上に添えてもいいですし、紅茶やホットミルクに入れてみてもいいでしょう。

・ワインに古来のヨーロッパでは、花の持つ気分を高揚させる効果を期待し、ワインと一緒に飲まれることもあったそうです。
ワインに入れると瑠璃色の花が桃色に変わるとも言われていますので、ぜひ試してみてください。

・発熱時のケアにそのほかにも、ボリジの花や葉を煎じ、熱を下げる薬として用いられることもあるそうです。
以上がボリジオイルやボリジの食べ方となります。
ボリジに含まれるγ-リノレン酸の効果を、ご自分に合ったお召し上がり方でぜひ実感してみてください。

ボリジ(ボラジ)オイル(るりぢさ油)の注意点

γ-リノレンを豊富に含み、乾燥した肌にうるおいをもたらすボリジオイルですが、注意すべきところはないかと気にしている人もいるのではないでしょうか。
ここでは注意点をまとめていきますので、参考にしていただけると幸いです。

・単独でのオイルマッサージに注意ボリジオイルはやや粘性が高いため、単独で使用する場合にはあまりちからを入れず、やさしくマッサージをしてください。
また、製品によっては独特の香りを持つこともあり、ほかのキャリアオイルとブレンドしてのご利用がおすすめです。

・酸化に注意ボリジオイルはとても酸化しやすいオイルです。
保管は高温多湿を避け、できれば冷蔵庫などに入れておき、開封後はなるべく早めにおつかいください。
購入後に小瓶に詰め替えてつかうのもいいでしょう。
また、スキンケアに用いる場合は酸化により香りが強くなる場合があるため、主に就寝前のスキンケアとして用いるのがおすすめです。

・肌に合わない場合がありますボリジオイルに限らず、肌とオイルには相性があります。
ご利用の前には必ずパッチテストを実施し、肌に合わない場合はご使用を中止ください。
パッチテストは腕の内側などのやわらかい箇所にオイルを数滴たらし、数時間から1日間程度そのままにしておきます。
そのあと、赤みなどの異常がなければ問題ありません。

・摂りすぎに注意これはボリジオイルに限ったことではありませんが、料理として用いる場合、摂りすぎにご注意ください。
γ-リノレン酸はコレステロール値を抑制する働きがありますが、摂取しすぎはコレステロール値の過剰な低下にもつながる可能性があります。
ボリジオイルを料理としてつかう場合の適量は一日にティースプーン1/4杯から1杯程度ですので、分量を守ってお召し上がりください。

ボリジオイルの注意点は上記のとおりとなります。
製品の説明をよくお読みになり、「幸福をもたらすもの」とも呼ばれるボリジオイルの効果を体験してみてください。

●AMAZONで探すボリジオイル

スポンサーリンク

関連記事

geranium

ゼラニウムの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ゼラニウムは南アフリカ、特にエジプトを原産としている低木であり葉、茎の部分から水蒸気蒸留法によっ

記事を読む

rose_otto

ローズオットーの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ローズオットーのアロマオイルは、数あるアロマオイルの中でも非常に希少価値の高いものです。

記事を読む

アーモンド

スイートアーモンドオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

スイートアーモンドオイルとは、バラ科に属するアーモンドの木の仁(種子)を圧搾することで得られる植

記事を読む

time

タイムの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

タイムは南欧地中海沿岸を原産としているハーブの一種であり、芳香を持つ多年草です。 古代エジ

記事を読む

柳刃

包丁の研ぎ方と種類や特徴について調べてみた

和包丁の特徴や詳細について 片刃で、"引きながら切る"という使い方をし、右利き用と左利き用

記事を読む

cedarwood

シダーウッドの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

シダーウッドという場合、アロマオイルであればシダーウッド・アトラス、シダーウッド・バージニアンと

記事を読む

アルガンオイル

アルガンオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめスプーン

アルガンオイルとは アルガンと呼ばれるモロッコ南西部にしか存在しないアカテツ科・広葉常緑樹の種

記事を読む

benzoin

ベンゾインの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ベンゾインは、熱帯地方で生育されている樹木です。 おもな原産国はジャワやタイなどといったイ

記事を読む

月見草

イブニングプリムローズオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

イブニングプリムローズオイル(月見草油)とは、アカバナ科のマツヨイグサ属に分類されている多年草の

記事を読む

eucalyptus_radiata

ユーカリの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ユーカリは、コアラの主食としてよく知られています。 オーストラリアの先住民であるアボリジニ

記事を読む

強力消臭靴下リンマー
強力消臭靴下リンマーの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【強力消臭靴下リンマー】がオススメ! 靴下を何度も念入りに洗った

ネオテクト
ネオテクトの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

ネオテクト薬用マイクロデオドラントクリームとは、株式会社ヴィジョン

FRESHU(フレッシュー)
FRESHU(フレッシュー)の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【FRESHU(フレッシュー)】が解決! 男のニオイの原因① ~

ファルマスタッフ
ファルマスタッフの詳細・特徴・口コミ

ファルマスタッフは薬剤師の転職をサポートしているサイトであり、日本

ヤクステ
ヤクステの詳細・特徴・口コミ

ヤクステは、株式会社グローアップが運営している薬剤師専門の転職支援

→もっと見る

PAGE TOP ↑