セサミオイル(胡麻油)の効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

公開日: : 最終更新日:2015/11/26 キャリアオイル, 生活


セサミオイル(胡麻油)とは、ゴマ科に属するゴマの種子圧搾することにより抽出された油のことをいいます。
下記、セサミオイルのおもな特徴を紹介していますので、どのような油なのか知りたい人は一読してみてください。

・セサミオイル(胡麻油)に含まれている有用成分セサミオイルには特有成分であるリグナンが含まれています。
この成分は抗酸化力に優れており、サプリメントでもおなじみのセサミンをはじめ、セサモリン、セサモール、セサミノールといった酸化に強い成分が備わっていますし、同じく抗酸化力の強いトコフェロール(ビタミンEのこと)も含まれているのです。

また、必須脂肪酸であるオレイン酸、リノール酸、パルチミン酸、ステアリン酸もセサミオイルには含まれていますし、ビタミン類だとE以外にAやBも含まれています。
そのほか、ミネラル類としてカルシウムやマグネシウム、リンといった栄養成分も含有しています。

上記のような有用成分が含まれているため、このオイルには抗酸化作用だけでなく保湿、抗炎症作用や、リウマチ、湿疹(しっしん)や乾癬(かんせん)の症状緩和など、多くの作用をもたらしてくれるといわれているのです。

・セサミオイル(胡麻油の)はさまざまな用途にお使いいただけます乾燥などが気になる部分に塗布するだけでなく、マッサージ用のオイルとして役立てることも可能ですし、髪や頭皮、ネイル、口腔内のケアにまで使えます。
また、外用のオイルだけでなく、食用のオイルも販売されており、調味料として使用されたり飲用されたりしています。

・セサミオイル(胡麻油)の使用感外用のオイルとして製造されているものは、生の状態で搾取されています。
料理用のゴマ油は高温で炒っているため香りが強く、とろっとした質感をしていますが、外用のものは料理用のもののように強い香りはせず、質感もサラサラしていますし、肌なじみもよくスッと浸透します。

また、色も料理用のものは茶色いですが、外用のオイルはほとんど無色か、微妙に黄色い程度です。
前述したように抗酸化成分が豊富に含まれているため、酸化に対しても強い性質をもっています。

「ゴマ油」といわれると料理用のものをイメージする人は多いでしょうが、スキンケアオイルやキャリアオイルとして使われているものは製法が異なり、まったく違ったものです。
欲しいかもと思った人は詳しい効果・効能や使用方法などを確かめて、購入を検討することをおすすめします。

セサミオイル(胡麻油)の効果・効能

美容や健康効果が高いとされている植物油はいっぱいありますが、購入するものを決める際には何にいいのかみてからにしたいという人は多いでしょう。
ここではセサミオイル(胡麻油)の効果・効能をまとめていますので、ほかのオイルと比較するための参考情報としてお役立ていただけると幸いです。

・エイジングケアセサミオイルを塗布すると体内に入り込み、毒素や老廃物を取り込み排出してくれる、いわゆるデトックス作用がもたらされます。
また、このオイルには抗酸化力に優れているゴマ特有成分のリグナンやビタミンEなどが含まれているため、老化の原因となる活性酸素を取り除くことにも貢献してくれます。
代謝が促進されて美肌効果などが見込めますので、成熟肌のケアをするのにセサミオイルはうってつけです。

・保湿ケアセサミオイルは全身の保湿ケアでパワーを発揮してくれます。
皮膚の栄養や水分をしっかりと閉じ込め、ハリや弾力のあるしっとりとした肌に仕上がります。

・UVケアセサミオイルを塗ることによって紫外線のダメージから皮膚が保護されますし、紫外線を浴びて炎症を起こしている部分に塗ると、消炎作用で肌のコンディションが落ち着きやすくなります。

・肌に引き起こされる症状のケア湿疹(しっしん)や乾癬(かんせん)、肌荒れが気になるところに塗ると、症状改善に効果的とされています。

・髪&頭皮のケアパサパサした髪に使用するとしっとりとツヤのある、まとまりのよい仕上がりになります。
また、頭皮マッサージで使用すると汚れがよく落ちて、皮脂分泌のバランスもよくなりますので、白髪や抜け毛の対策として効果的です。

・口腔内のケアセサミオイルを口に含みしばらくモグモグしたあと吐き出すことで、口内炎の改善が見込めるといわれています。
また、ブラッシング時に使用することによって、虫歯をはじめとする口腔内のトラブル防止につながるとされています。

・冷え性のケア体に塗ってしばらく放置したあとオイルを洗い流すか拭き取ると、体温が上昇するといわれています。
代謝が上がり体がポカポカすると、冷えの症状も気にならなくなるでしょう。

・関節のトラブルのケア関節痛に悩まされている人やリウマチに悩まされている人が使用すると、症状軽減にセサミオイルが貢献してくれると考えられています。

・免疫力の向上毒素や老廃物が排出されたり、代謝がアップしたりすると免疫力が高まります。
また、点鼻薬のようにセサミオイルを使用することで、花粉による不快感が緩和されるといわれています。

いかがでしたか?上記のように、実にさまざまな効果・効能がセサミオイルには期待されているのです。
改善したい、予防したいトラブルがセサミオイルの効果・効能の中に含まれていたという人は、買って違いが出るか実際に試してみるとよいでしょう。

●AMAZONで探すセサミオイル

セサミオイル(胡麻油)の使い方

セサミオイル(胡麻油)を購入したとして、どのような使い道があるのか詳しく知りたいと思っている人もいるのではないでしょうか。
ここではこのオイルの使い方について取り上げますので、疑問に感じている人はチェックしてみてください。

・肌への使用セサミオイルはスキンケアオイルやマッサージオイルとしての使用、美容液やクレンジング剤としての使用が可能です。
使用後にはしっとりとした肌になり、ハリや弾力を感じられることでしょう。

・髪や頭皮への使用カラーやブリーチ、パーマなどでダメージを受けた髪、乾燥でパサパサしている髪の先端に、入浴後タオルドライしたあとセサミオイルを塗布すると、トリートメント効果が得られます。
また、洗髪前の頭皮マッサージでセサミオイルを使用すると、毛穴に詰まった汚れや余分な皮脂が除去されて、栄養成分がいきわたりやすくなります。

・ネイルへの使用顔にほどこすメイクもそうですが、ネイルも日々のマニキュアやネイルアートなどでダメージを受けています。
セサミオイルをネイルの根元になじませてマッサージを軽くほどこすと、ダメージケアになるほか、ネイルの強化につながるでしょう。

・口の中や歯への使用忙しくて疲れていたり、ストレスがたまったりしていると、すぐに口内炎ができて困るという人は多いでしょう。
セサミオイルを口に含んでうがいをすると、口内炎の軽減になりますし、口臭や歯周病、虫歯の予防にも効果的です。
研磨剤や合成添加物が入っている歯みがき剤ではなく、自然なものを使って歯垢を落としたり虫歯や歯周病対策をしたりしたいという人は、セサミオイルでのブラッシングもおすすめです。

・鼻への使用花粉症になると鼻がむずむずしたり、鼻水が止まらなくなったりと、さまざまな症状が引き起こされます。
セサミオイルは花粉症の不快症状にも効果的で、点鼻薬の要領で鼻にさすと楽になることがあります。

いかがでしたか?口内炎、虫歯、歯周病の対策や、花粉症の対策にまで使える、幅広い用途のある植物油だということがおわかりいただけたのではないでしょうか。
好みの使い方があったという人は、ぜひセサミオイルを手に入れて実践してみてください。

セサミオイル(胡麻油)の食べ方

セサミオイル(胡麻油)には、食用として販売されているものも数多くあります。
ここではこの食用オイルの食べ方を中心に説明していきますので、情報を得たい人はこのまま読み進めてください。

・どんな料理に使えるの?日本の家庭料理で使用されている油としては、サラダ油と並んでごま油は定番の種類に入ります。
揚げ物、炒め物、焼き物、煮物、和え物など、あらゆる料理と相性がよいです。
調理でごま油を使用するとごまの香ばしい風味がプラスされて、料理のおいしさが一段と増すことでしょう。

・そのまま飲める?食用として販売されているものであれば、飲用しても問題はありません。
飲酒前後に少量のごま油を摂取すると二日酔いの症状が起こりにくくなるという話もありますので、試してみてはいかがでしょうか。
なお、摂りすぎはよくありませんので、毎日飲むのを習慣化するのであれば1日あたり大さじ1~2杯程度にとどめておくとよいでしょう。

・商品選びのポイントは?食用セサミオイルに含まれている栄養成分や効果・効能には魅力を感じているけれど、香りや味が気に入らないという人もいるでしょう。
その場合には、油の色に注目してみましょう。

濃い茶色をしているものは高温で圧搾されており、香りが強くなるのですが、薄いものは低温で圧搾されており、香りが気になりにくくなっています。
低温圧搾だけでなくコールドプレスと表示されているものも同じ製法で色が薄く、香りや味がしないタイプのものなので、セサミオイルの成分を口から摂取したいけれど、香りや味が気になるという人はこちらのタイプの商品を選ぶとよいでしょう。
なお、低温圧搾やコールドプレスの商品は、高温で加熱し圧搾されたものよりコストがかかっているぶん割高ですので、この点には気をつけてください。

どうでしたか?食用のセサミオイルは多種多様な料理に使用可能なほか飲用もできる、香りや味が気になる人には控えめになっているタイプの商品があるということを覚えておくとよいでしょう。

セサミオイル(胡麻油)の注意点

セサミオイル(胡麻油)を買い求めるにあたって、また購入後使用するにあたって、どういったことに気をつければよいのか気になっている人もいるのではないでしょうか。
ここでは購入時や使用時の注意点をまとめていますので、この油を入手しようと思っている人は事前に読んでおくことをおすすめします。

・購入時の注意点セサミオイルには外用の商品と食用の商品とがあります。
食用の安価なセサミオイルは不純物が多く含まれており、外用として使用するには不向きといった具合に、問題視されている部分もありますので、肌や髪に使用したい場合は外用のものを、オイルの栄養成分を食事で摂取したい場合は食用のものを買い求めましょう。

・アレルギーは大丈夫ですか?外用のセサミオイルも食用のセサミオイルも、ゴマにアレルギー反応を起こす人は使用することができません。

・外用セサミオイルの注意点体に使用し異常が起こることがないか確かめるため、本格的に使用を開始する前にパッチテストをしましょう。
また、パッチテストでは問題がなくても、セサミオイルを使用していて皮膚の発疹、赤み、かゆみ、腫れなどの症状が引き起こされた場合には使用をストップし、皮膚科にいって診察を受けてください。

・食用セサミオイルの注意点セサミオイルに限った話ではありませんが、食用の油を摂りすぎると下痢の症状を起こしやすくなります。
また、いくら美容や健康にいいからといって過剰に摂っていると、カロリー過多を招いてしまいやすくなり、肥満の原因にもなりかねません。

・セサミオイル保存時の注意点油を取り出すとき以外はフタを閉め、冷暗所に保管しておいてください。
必要もないのに何度もフタを開け閉めしたり、ひどい場合はフタを閉め忘れたりということもありますが、空気に触れるといくら酸化しにくいということで定評のあるセサミオイルでも酸化が進んでしまいますし、高温多湿な場所や直射日光にさらされるところに置いておいても酸化の進行を助長することになってしまいます。
また、使用期限や賞味期限切れのオイルは品質が劣化して逆効果になる恐れもありますので、期限が到来するまでにすべて使いきってしまいましょう。

以上がセサミオイルの注意点となります。
正しく商品を選び取り扱うことによって、健康や美容を害してしまったり、早期の品質低下を招かないようにしましょう。

●AMAZONで探すセサミオイル

スポンサーリンク

関連記事

uranium

『ウラン』原発の話でよく出る言葉。「天然ウラン」「濃縮ウラン」「劣化ウラン」

2011年の東日本大震災の際、東京電力の原発事故が起きて以来、原子力発電に注目が集まりました。

記事を読む

アロエベラ

アロエベラオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

ユリ科の多肉植物であるアロエベラの葉を植物性の油に浸け、仕込まれるオイルのことをアロエベラオイル

記事を読む

ひまわり

サンフラワーオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

サンフラワーオイル(ひまわり油)とは、キク科に属する植物であるヒマワリの種子を圧搾することで得ら

記事を読む

sandalwood

サンダルウッドの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

サンダルウッドとは和名を「白檀」といい、別名で「サンダースウッド」とも呼ばれる半寄生性の常緑樹で

記事を読む

アルガンオイル

アルガンオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめスプーン

アルガンオイルとは アルガンと呼ばれるモロッコ南西部にしか存在しないアカテツ科・広葉常緑樹の種

記事を読む

teiketsuatsu

「低血圧の人は朝起きるのが苦手」早起きと血圧は関係あるの?

朝起きるのが苦手な人にたずねると、「私、低血圧だから…」とよく言われますが、朝起きることと、血圧

記事を読む

frankincense

フランキンセンスの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

フランキンセンスは、カンラン科に属する低木の樹脂を水蒸気蒸留して抽出されるものです。 中世

記事を読む

タマヌオイル

タマヌ(カロフィラム)オイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

タマヌ(カロフィラム)オイルとは タマヌ(カロフィラム)オイルとは、オトギリソウ科に属するタマ

記事を読む

ic-card

IC乗車券の種類や便利な使い方

バスや鉄道の乗車券として用いられるICカードのことを総称して、IC乗車券と言います。 乗車時に

記事を読む

ohashi

お箸の使い方|実はこんなにあった恥ずかしい使い方

和食と密接な関係があるお箸ですが、実は間違った使い方を無意識にしているという人は少なくありません

記事を読む

ネオテクト
ネオテクトの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

ネオテクト薬用マイクロデオドラントクリームとは、株式会社ヴィジョン

FRESHU(フレッシュー)
FRESHU(フレッシュー)の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【FRESHU(フレッシュー)】が解決! 男のニオイの原因① ~

ファルマスタッフ
ファルマスタッフの詳細・特徴・口コミ

ファルマスタッフは薬剤師の転職をサポートしているサイトであり、日本

ヤクステ
ヤクステの詳細・特徴・口コミ

ヤクステは、株式会社グローアップが運営している薬剤師専門の転職支援

1615-5
パナソニック『けむらん亭』の特徴や感想

魚を焼いた時のニオイ、焼き肉をした時のニオイって困りますよね。

→もっと見る

PAGE TOP ↑