タマヌ(カロフィラム)オイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

公開日: : 最終更新日:2015/11/26 キャリアオイル, 生活

タマヌ(カロフィラム)オイルとは

タマヌ(カロフィラム)オイルとは、オトギリソウ科に属するタマヌの果実や種子を圧搾することによって得られる植物油です。
以下、このオイルのおもな特徴を記していますので、なにかいい植物油はないものかと探している人はぜひご覧ください。

・タマヌ(カロフィラム)オイルに含まれている有用成分このオイルには保湿作用に優れるオレイン酸をはじめとした必須脂肪酸のほか、タマヌ(カロフィラム)オイルにしかない成分も含まれているのが注目すべきポイントです。
たとえば、優れた抗炎症作用を発揮するとされるカロフィロリードや、抗炎症作用や抗菌作用、保湿作用やをもたらしてくれるというカロフィル酸、抗酸化作用や免疫力アップの作用をもたらしてくれるというキサトンが含まれています。
ほかにもこのオイルには、瘢痕形成作用や皮膚細胞再生作用、鎮痛作用、皮膚軟化作用などが期待されています。

・タマヌ(カロフィラム)オイルの使用が可能な肌タイプ保湿作用に優れていることから乾燥肌や敏感肌の人に、抗酸化作用にも優れていることから老化肌の人に、さらに抗菌や抗炎症作用もあるとされているためアトピー肌やにきび肌の人にもお使いいただけます。

・タマヌ(カロフィラム)オイルの使い心地はいかに粘性がありかなりどろっとしていますが、浸透力に優れているため塗布したあとはベタッとした感じが気になりません。
また、香りは甘く独特な強いものですので、好みはわかれるでしょう。
そのほか、黄色いオイルですので、使用する際には衣服に付着しないように気をつけたいところです。
酸化に強いかどうかですが、オリーブオイルははるかにしのぐ抗酸化力をもっているという試験結果が公表されています。

タマヌ(カロフィラム)オイルの特徴については以上ですが、基本的なことは押さえられたのではないでしょうか。
さまざまな作用が期待できる植物油ですので、状況に応じて使いわけられる優秀なオイルであるといえるでしょう。

タマヌ(カロフィラム)オイルの効果・効能

タマヌ(カロフィラム)オイルを購入するかどうか、具体的な効果・効能をチェックしたあとで決めたいという人も少なくないでしょう。
ここではこのオイルを使用することによって、どのようなパワーを発揮してくれるのか紹介しますので、興味のある人はチェックしてみてください。

・さまざまな肌質の弱点をカバータマヌ(カロフィラム)オイルを肌に使うことによって、皮膚がカサカサする乾燥肌の人にしっとりとしたうるおいと、ハリや弾力がもたらされます。
また、敏感肌の人が使用してもうるおいが得られますし、皮膚のバリア機能も高まります。
そのほか、老化肌の人のシワやシミ、たるみ、皮膚の硬化といった肌トラブルの予防や改善にも、タマヌ(カロフィラムオイル)は貢献してくれることでしょう。

・ほかにも肌に嬉しいことがいっぱい日焼けや火傷、湿疹、帯状疱疹(たいじょうほうしん)、乾癬(かんせん)、虫刺され、傷口、床ずれ、吹き出物、にきび、アトピー、水虫、フケといったさまざまな皮膚のトラブルにタマヌ(カロフィラム)オイルのパワーが作用してくれます。
また、傷跡やにきび跡、手術跡のように、残ってしまうとなかなか消えないトラブルにも使用可能です。

・授乳中や赤ちゃんのケアにもバッチリ授乳中の乳首のダメージや静脈瘤(じょうみゃくりゅう)のケア、赤ちゃんのおむつかぶれにタマヌ(カロフィラム)オイルが役立ちます。

・痛みに悩まされている人にもおすすめタマヌ(カロフィラム)オイルの鎮痛作用が打ち身や捻挫(ねんざ)、筋肉痛、神経痛をケア。
また、リウマチの緩和に有用という話も出ています。

いかがでしたか?実にさまざまな効果・効能がタマヌ(カロフィラム)オイルに望めるということがご理解いただけたのではないでしょうか。
中には病院にいったり薬を買いにいって使ったりしたほうが早いのでは?というトラブルもありますが、忙しくて病院にいく暇がないときや、いったけれどよくならなかった、簡単に薬に頼りたくない、自然なものでケアをしたいという場合におすすめです。

●AMAZONで探すタマヌオイル

タマヌ(カロフィラム)オイルの使い方

タマヌ(カロフィラム)オイルのもつパワーに期待して、買ってみたいと思った人は、次にどんなオイルの使い方があるのかが気になるのではないでしょうか。
ここではこのオイルのおもな使い方を紹介しますので、知りたい人はこのまま読み進めてください。

・直接オイルを塗布する適量をトラブルが起こっていたり、痕になっていたり、痛みが生じていたりと、気になっている部分に塗りこみます。
タマヌ(カロフィラム)オイルの有用成分が浸透し、ケアすることが可能です。
相性のよいオイルとブレンドし、美容オイルとして使用すれば、相乗効果を期待することができます。

・マッサージをするタマヌ(カロフィラム)オイルをマッサージオイルとして使用することで、何も使わずにもみほぐす場合より肌への負担が軽くなるだけでなく、有用成分も肌に補給してあげることができます。
また、このオイルは体だけでなく頭皮マッサージにもお使いいただけます。
洗髪前に頭皮をもみほぐしてシャンプーをすると、フケの対策としても効果的です。

・ネイルケアをするマニキュアやネイルアートで傷んだ爪にタマヌ(カロフィラム)オイルを使用すると、ダメージケアになるほか、乾燥が原因で起こる爪のトラブルの防止に役立ったり、爪を丈夫にすることにもつながります。

・手作りグッズの材料にする自作のクリーム、マッサージオイル、石けん、軟膏の素材にするという使い方も、タマヌ(カロフィラム)オイルにはあります。
完成した自作のコスメなどに、オイルの特徴が活かされるでしょう。

・男性のお手入れにもGoodシェービング後の乾燥やダメージによって、口まわりなどがかゆくなったり、ヒリヒリする人にタマヌ(カロフィラム)オイルはおすすめです。
ひげを処理したあとの肌がしっとりし、傷ついた皮膚もオイルがケアしてくれます。

以上のように頭の先からつま先まで使えるほか、女性だけでなく男性も使用可能であったり、自作のグッズの素材になったりと、使い方のバリエーションが豊富な点がタマヌ(カロフィラム)オイルの魅力のひとつです。
好みの使い方をして、美容や健康に役立てましょう。

タマヌ(カロフィラム)オイルの食べ方

市販されている植物油の中には外用だけでなく食用にまで向いているものや、はじめから食用油として製造、販売されているものもあります。
肌など体の表面からおこなうケアだけでなく、口から摂取して体の中からもケアしたいという人は多く、食べられる植物油(オリーブオイルやココナッツオイルなど)は人気があります。

タマヌ(カロフィラム)オイルに対しても、食用のものがないかと探している人は少なくないでしょうが、ここでこの点について解説していますので、興味がある人は一読してみてください。

・食用タマヌ(カロフィラム)オイルの有無いける範囲にあるお店をまわってみたけれど食用のタマヌ(カロフィラム)オイルが売ってなかった、インターネットでどれだけ検索しても、食用のタマヌ(カロフィラム)を取り扱っているお店がなく、食用のものに関する情報も出回っていないと、困っている人もいることでしょう。
それもそのはず、残念ながら食用のタマヌ(カロフィラム)オイルは市販されていません。

・ハーブやサプリメントの有無オイルはなくても、植物油になるような植物の中にはハーブとして販売されていたり、有用成分に着目した業者によってサプリメント化されていたりすることが少なくありません。
タマヌ(カロフィラム)オイルに関しても、探してみればありそうなものと思えるかもしれませんが、ハーブやサプリメントとしても販売されていません。

以上のように、もしかしたらあるのではないかと期待していた人にとってはかなり残念な形になってしまいましたが、食用のタマヌ(カロフィラム)オイルは市販されておらず、有用成分が摂取できるハーブやサプリメントとしての販売もおこなわれていません。
タマヌ(カロフィラム)オイルは外側からのケアのために使用し、内側から植物油でケアをしたい人は、タマヌ(カロフィラム)オイルに近い有用性のある食用植物オイルを探して取り入れるとよいでしょう。

タマヌ(カロフィラム)オイルの注意点

タマヌ(カロフィラム)オイルを入手し、使用していくにあたって、なにか特別に気をつけなければいけないことはあるのでしょうか。
今回はこのような疑問や不安を感じている人のため、タマヌ(カロフィラム)オイルの注意点について述べていきたいと思います。

・食用ではありませんタマヌ(カロフィラム)オイルは外用の植物油であり、料理に使ったり生の状態で飲んだりと、食用として摂取することを想定してつくられたものではありません。
健康や美容を損ねることにもなりかねませんので、このオイルを口から摂取するのはやめましょう。

・アレルギーがある人はダメナッツ(木の実)に対しアレルギー反応を起こす人は、タマヌ(カロフィラム)オイルを使用してはいけません。
これを守らずに使用すると、アレルギーによる症状が引き起こされる原因となり、非常に危険です。

・必ずパッチテストをタマヌ(カロフィラム)オイルは安全にお使いいただける植物油ですが、商品が肌質に合わないと皮膚のトラブルを起こすことがあります。
安全に使用していくことが可能かどうか、事前のパッチテストで確認しましょう。
もしも皮膚に異変が起こったら使用してはいけませんし、よくならないようであれば皮膚科への受診が必要です。

・使用中に皮膚トラブルが起こった場合赤み、腫れ、炎症などが起こったり、気分が悪くなった場合にはすぐに使用をやめ、病院での診療を受けてください。

・顔に使用する場合の注意事項目に入ると非常にしみますので、オイルが入らないように気をつけてください。
また、目のまわりに塗っただけでもしみるという人は、目元への塗布はやめたほうがいいでしょう。

・正しい保存方法を守りましょう品質の低下を避けるため、直射日光にさらされない適温適湿(詳細は商品の説明をチェックしてください)のところに保存しましょう。
また、空気に触れても劣化しますので、使わないときにはフタをしっかり閉めておいてください。

そのほか、子どもが誤って飲み込むことがないよう、手の届かない場所を選択することも欠かせません。
タマヌ(カロフィラム)オイルの注意点は以上ですが、メーカーやブランドによってはほかにも注意事項が存在する場合がありますので、商品の説明はよく読んだ上で購入、使用しましょう。

●AMAZONで探すタマヌオイル

スポンサーリンク

関連記事

benzoin

ベンゾインの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ベンゾインは、熱帯地方で生育されている樹木です。 おもな原産国はジャワやタイなどといったイ

記事を読む

rakugan

日本三大銘菓>松江風流堂・山川、長岡大和屋・越の雪、金沢森八・長生殿

皆さんは落雁は好きですか? 落雁といえば、お茶の席や仏事に出されますので、食べた事が有る人も意

記事を読む

アーモンド

スイートアーモンドオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

スイートアーモンドオイルとは、バラ科に属するアーモンドの木の仁(種子)を圧搾することで得られる植

記事を読む

diffuser

ラベンダーの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ラベンダーの香りは、昔から広く親しまれてきました。 芳香剤やクッションのようなリラックス商

記事を読む

heat-pump

地中熱ヒートポンプシステムのメリットデメリット!

地中熱ヒートポンプシステムの特徴 「地中熱ヒートポンプシステム」とは、一体どのようなものなので

記事を読む

1615-5

パナソニック『けむらん亭』の特徴や感想

魚を焼いた時のニオイ、焼き肉をした時のニオイって困りますよね。 ニオイさえでなければ、私の料理

記事を読む

ic-card

IC乗車券の種類や便利な使い方

バスや鉄道の乗車券として用いられるICカードのことを総称して、IC乗車券と言います。 乗車時に

記事を読む

chamomile_roman

カモミール・ローマンの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

カモミール・ローマンは、南ヨーロッパから西ヨーロッパにかけて分布する多年草の名前です。 現

記事を読む

rose_absolute

ローズ アブソリュートの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ローズのアロマオイルは「香りの女王」と呼ばれ、深く甘くバラが本来持っている香りを楽しむことができ

記事を読む

time

タイムの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

タイムは南欧地中海沿岸を原産としているハーブの一種であり、芳香を持つ多年草です。 古代エジ

記事を読む

ネオテクト
ネオテクトの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

ネオテクト薬用マイクロデオドラントクリームとは、株式会社ヴィジョン

FRESHU(フレッシュー)
FRESHU(フレッシュー)の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【FRESHU(フレッシュー)】が解決! 男のニオイの原因① ~

ファルマスタッフ
ファルマスタッフの詳細・特徴・口コミ

ファルマスタッフは薬剤師の転職をサポートしているサイトであり、日本

ヤクステ
ヤクステの詳細・特徴・口コミ

ヤクステは、株式会社グローアップが運営している薬剤師専門の転職支援

1615-5
パナソニック『けむらん亭』の特徴や感想

魚を焼いた時のニオイ、焼き肉をした時のニオイって困りますよね。

→もっと見る

PAGE TOP ↑