アルガンオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめスプーン

公開日: : 最終更新日:2015/11/26 キャリアオイル, 生活

アルガンオイルとは

アルガンと呼ばれるモロッコ南西部にしか存在しないアカテツ科・広葉常緑樹の種子(仁)からとり出される植物油のことをアルガンオイルといいます。
アルガンの実からとれるかたい種子をペースト状に石うすで挽いたあと、長時間を費やして油の抽出をおこなう製造方法が採用されているのが特徴です。

アルガンの樹1本あたりから抽出可能なオイルは少量で、希少性が高くモロッコの黄金と称されています。
下記、アルガンオイルのおもな特徴を述べますので、参考情報としてお役立ていただけると幸いです。

・栄養価が高いアルガンオイル(アルガン油)には美容や健康によい栄養成分がたっぷり含まれています。
ヘルシーできれいになりたい人からの支持率が高いオリーブオイルと比較して、好酸化力に優れており、若返りの成分と称されているビタミンEが2倍以上含まれているほか、同じく好酸化力に優れている、一価不飽和脂肪酸の一種であるオレイン酸も多く含まれているのが特徴です。

・多種多様な用途アルガンオイルは食用として、料理に使用したり飲む美容液としてそのまま飲んだりするだけでなく、マッサージオイルやスキンケアオイル、ヘアケアオイルとして肌や髪に使用することが可能です。
肌にやさしいのが特徴で、乾燥肌や成熟肌が使用するのに適しているだけでなく、赤ちゃんの肌にも使えるため、ベビーマッサージに使用することもできます。

ベタベタしないなめらかな質感のため、飲みにくさや伸びの悪さが気になりにくく、優れた浸透力を発揮してくれるでしょう。
前述したように、ヘルシーできれいになりたい人にとって必須の有用成分が豊富なアルガンオイル。

さらに用途も幅広いことから、数多くの人に取り入れられており、日常的に摂っていたり、肌や髪に使ったりしている人も少なくありません。
とりわけ美肌をキープしたい人や若々しい肌を維持、手に入れたい人、生活習慣病を未然に防いだり、よくしたりしたい人が使用するのに適しています。
一家に1本常備しておくと、家族の美容や健康のために役立ち、重宝してくれること請け合いです。

●AMAZONで探すアルガンオイル

アルガンオイルの効果・効能

アルガンオイルはオリーブオイルを超える量のビタミンE含有量を誇るほか、オレイン酸をはじめとする有用な脂肪酸がたっぷりと含まれているのが特徴です。このことからさまざまな効果効能が期待されているわけですが、いったいなににアルガンオイルがいいというのでしょうか。

・健康面で期待されている効果効能既に述べたように、アルガンオイルにはたくさんのビタミンEが含まれています。
ビタミンEには非常に抗酸化力に優れているという特徴があり、脂質の酸化防止、コレステロールの酸化防止に効果的です。
血管の弾力を維持し、生活習慣病を未然に防ぐため、ビタミンEは必須との栄養成分といわれています。
また、ビタミンE同様、アルガンオイルに豊富に含まれている良質な脂肪酸のオレイン酸ですが、コレステロールを減らす作用をもたらしてくれます。
動脈硬化や心疾患の悪玉だけ少なくしてくれるのが特徴で、生活習慣病を防止したり、よくしたりするのに有用な成分です。

・美容面で期待されている効果効能アルガンオイルを肌に使用することで優れた抗酸化力が発揮されて、活性酸素による酸化が抑えられ、アンチエイジング効果が期待できるほか、保湿効果や血行促進作用がもたらされます。
しなやかで血色がよく、うるおいのある肌へと導いていってくれるため、乾燥肌が気になる人にもおすすめです。

また、年齢が高まっていくと肌の周期であるターンオーバーが乱れやすくなりますが、アルガンオイルを使用することにより新陳代謝が促され、正常な周期へと導く作用がもたらされるといわれています。
そのほか、頭皮マッサージ後に洗髪すると地肌の毛穴汚れや余分な皮脂がすっきり落ちますし、ヘアパックと併用したり、入浴後タオルドライをした湿った髪にすりこむことにより、栄養が補給されてトリートメント効果が得られ、サラサラヘアーへと導いてくれます。

以上のように、アルガンオイルは体の中と外の両側からのケアが可能な、非常に有用な植物油なのです。
食用として、スキンケアやマッサージ用、ヘアケアなどのオイルとして、魅力に感じた人はぜひ役立ててください。

アルガンオイルの使い方

植物油のアルガンオイルには、おもに下記のような使い方があります。
使用方法がイマイチわからない、使い方をみてこのオイルを取り入れるか決めたい、ほかのオイルと比較したいという人はぜひご覧ください。
なお、ここでいう適量はアルガンオイル1~2滴のことを意味しています。

・スキンケアオイルとして洗顔後、適量のアルガンオイルを手のひらに伸ばし、その手のひらを顔を覆うようにして当て、オイルを染み渡らせます。
顔をこするように伸ばすと肌に負担がかかりますので、やさしく手のひらを顔に当て、手のぬくもりでアルガンオイルを浸透させるのがポイントです。

・パックのためのオイルとして顔じゅうにアルガンオイル適量を塗ったあと、温めた蒸しタオルで顔を覆って約10分間放置すれば、アルガンオイルのパックで肌がしっとりします。

・マッサージオイルとして入浴後5分間以内に、アルガンオイル適量を入れたマッサージクリームを乾燥が気になるところに塗布すれば、うるおい感が保たれます。

・クレンジングオイルとしてメイクを落とす際、普段使いのクレンジングにアルガンオイル適量を加えると、クレンジング時の刺激が抑えられて、使用後も肌の弾力に違いが感じられるでしょう。

・メイク用のオイルとして液体寄りのファンデーションにアルガンオイルを1滴だけプラスすると、メイク後の肌のしっとり感が違います。
また、血のめぐりを促してくれるため、メイクをしても隠せないどんより感が表情からにじみ出ている人にもよいでしょう。

・ヘアケアのオイルとして入浴後、タオルドライをして乾ききっていない髪にアルガンオイルをなじませドライヤーで乾かすと、しっとりサラサラヘアーに仕上がります。
なお、熱に強いため、ドライヤーのダメージから髪を保護することにも役立つでしょう。

・頭皮ケアのオイルとして洗髪前の頭皮マッサージでアルガンオイル数滴を使用すると、余分な毛穴の皮脂や汚れが取り除かれ、栄養成分がいきわたりやすくなります。
マッサージで頭皮がやわらかくなるだけでなく、お顔のリフトアップにも有用性が発揮されるでしょう。

以上のように、さまざまな使い方がアルガンオイルにはあります。
1本用意しておくだけで全身のケアが可能ですので、いいなと思った人は一度お試しあれ。

アルガンオイルの食べ方

アルガンオイルはコスメティック用品だけでなく、食用に適している商品もあります。
どのような摂り方があるのか紹介しますので、興味がある人は参考情報としてお役立てください。

・そのままの状態で飲むこれはもっとも基本的な摂り方で、健康や美容の維持のためには、食品として1日あたり大さじ1杯を目安に摂ることが推奨されています。
サラッとした質感なので飲みにくさがなく、風味はナッツに似ているため美味しくいただけるのが特徴です。
なお、ナッツのフレーバーが気になるという人は、香りがないタイプのアルガンオイルを選ぶとよいでしょう。

・ドリンクに混ぜて飲むクセのないアルガンオイルであれば、ほかの飲み物と一緒でも味を邪魔しません。
健康や美容によいドリンクにアルガンオイルをミックスすれば、より多くの有用成分が補給できます。

・ドレッシングとして使用するよくオリーブオイルをサラダにかけるという人がいますが、アルガンオイルをサラダドレッシングとして使用する方法もあります。
アルガンオイルはオリーブオイルの倍以上のビタミンEをはじめ、豊富な栄養成分がたっぷりと含まれています。

・ジャムとして使用するパンに塗るジャムにアルガンオイルを少量混ぜるだけで、栄養補給の効率がグンとよくなります。
朝が弱くしっかり食事を摂れないけれど、栄養は十分に摂りたいという人にはとくにおすすめです。

・アイスやヨーグルトにかけるバニラアイスやヨーグルトにかけるシロップに混ぜたり、そのままアルガンオイルをかけたりすれば、健康や美容に有用なデザートが完成です。

いかがでしたか?食用に向いているアルガンオイルは、上記のようにさまざまな活かし方ができる優れものなのです。
ほかにも自分で試行錯誤して、ベストと思える食べ方を研究してみるのもいいでしょう。
外側のケアはコスメティック用のアルガンオイルを、内側のケアは食用のアルガンオイルをといった具合に、用途別に使い分けるのも悪くありません。

アルガンオイルの注意点

アルガンオイルを日々のお肌や髪、頭皮のケア、栄養補給に役立てたいと思っているけれど、なにか注意しなくてはいけないことはあるのかと、心配をしている人もいるのではないでしょうか。
ここではアルガンオイルの注意点について取り上げますので、不安を解消したい人はぜひチェックしてみてください。

・香りアルガンオイルは品質のよいものだと香りがほぼないか、ナッツのような香りがします。
ツンとすっぱい刺激臭がする場合には品質が悪く、健康や美容に逆効果です。

・使用感サラサラしていてなじみがいいのがアルガンオイルの特徴です。
反対の特徴があると感じた商品は、酸化が進んでおり、品質が低下していることを示しています。

・色良質なアルガンオイルは淡い黄色をしているのですが、これとは別の色であったり、透明であったりする場合には、粗悪品と思ったほうがよいでしょう。
別のオイルと混ざっていてアルガンオイルが少ししか使用されていなかったり、質の悪い原料に精製処理をほどこして商品化されている可能性があります。

・抽出方法アルガンオイルは熱に強く酸化しにくいのが特徴ですが、耐えられる温度には限度があるため、高温で抽出されているオイルは酸化し、品質が低下してしまいます。
したがって、低温での抽出方法が選択されているアルガンオイルを選ぶことが大切です。

・IGP取得EUの厳しい品質保障システムであるIGPの認証を受けているかチェックしてみるのも品質を見抜くためのヒントです。
良質な食品しか取得できない仕組みになっており、必ずしも取得していない商品が粗悪ということにはなりませんが、手軽に品質がいいかどうか判断したい人はまずこの点に注目してみるとよいでしょう。

以上となりますが、アルガンオイルを購入する際には上記の点に気をつけて、良質な商品を見極めましょう。

なお、すべての人の肌に合うわけではなく、ナッツアレルギーや肌荒れを起こす可能性もあるのでアレルギー検査やパッチテストをおこない、口から摂取した際には合わない場合にお腹がゆるくなる人もいるでしょうから、異常が起こった場合にはすぐに使用や摂取をやめ、必要に応じて医療機関を受診してください。

●AMAZONで探すアルガンオイル

スポンサーリンク

関連記事

d8ddd25291f20887cb4f089f8e20c2ac_s

火山灰を調べた。火山灰はこんなものに利用されている。

日本は活火山の国 日本は狭い国土に数十もの活火山を有しており、鹿児島県の桜島などは周辺地域

記事を読む

0ebafecd9b09a22cf8a0d554ba5f4e54_s

太陽光発電システムのメリット・デメリット

こちらでは太陽光発電システムのメリット・デメリットについて、様々な角度からいろいろな情報をご紹介

記事を読む

mimosa

ミモザの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ミモザは、マメ科のオジギソウ属に属する植物の総称です。 日本では、フサアカシアなどといった

記事を読む

lemongrass

レモングラスの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

レモングラスは、レモンに似てさわやかな柑橘系の香りを持ち、イネ科のススキに似ている植物です。

記事を読む

ウィートジャームオイル

ウィートジャームオイル(小麦胚芽油)の効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

ウィートジャームオイル(小麦胚芽油)とは、イネ科に属する小麦の胚芽部分を圧搾することでとり出され

記事を読む

kaigohoken-shisetsu

介護保険施設の種類・特徴・メリット・デメリットなど

ケアハウスとは? ケアハウスは、比較的低価格で利用できる軽費老人ホームの「C型」とも呼ばれてい

記事を読む

black_pepper

ブラックペッパーの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ブラックペッパー(黒胡椒)のアロマオイルはその名の通り、胡椒に独特の刺激的な香りが特徴になってい

記事を読む

sandalwood

サンダルウッドの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

サンダルウッドとは和名を「白檀」といい、別名で「サンダースウッド」とも呼ばれる半寄生性の常緑樹で

記事を読む

人参

キャロットオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

キャロットオイルとは、セリ科に分類されている野菜のニンジンを細かく刻み、オリーブオイル、サンフラ

記事を読む

くるみ

ウォールナッツオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

ウォールナッツオイルとは、ウォールナッツ(クルミ)の仁(種子)を圧搾することによって得られる油の

記事を読む

強力消臭靴下リンマー
強力消臭靴下リンマーの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【強力消臭靴下リンマー】がオススメ! 靴下を何度も念入りに洗った

ネオテクト
ネオテクトの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

ネオテクト薬用マイクロデオドラントクリームとは、株式会社ヴィジョン

FRESHU(フレッシュー)
FRESHU(フレッシュー)の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【FRESHU(フレッシュー)】が解決! 男のニオイの原因① ~

ファルマスタッフ
ファルマスタッフの詳細・特徴・口コミ

ファルマスタッフは薬剤師の転職をサポートしているサイトであり、日本

ヤクステ
ヤクステの詳細・特徴・口コミ

ヤクステは、株式会社グローアップが運営している薬剤師専門の転職支援

→もっと見る

PAGE TOP ↑