軽費老人ホームの種類・特徴・入所申し込みの仕方など

公開日: : 生活

介護療養型医療施設とは?

介護療養型医療施設は、別名「療養病床」とも言われており、主に医療機関によって運営されている施設です。
特別養護老人ホームや老人保健施設では対処できない、より重度の介護レベルである高齢者を受け入れているのが特徴です。
提供されるサービスは、食事や排せつなどの介護が中心です。
しかしながら、医療機関による運営であるため、回復期にある寝たきり患者などに対する医療ケアが目的です。
そのため、終身入所するための施設ではなく、あくまでも状態が改善されるまでの施設であるということになります。

入所のメリットとデメリット

介護療養型医療施設では、やはり医療的なケアが充実していることが最大のポイントです。
また、リハビリや機能訓練も盛んに行われているので、高齢者が生活に復帰できるのを全力でサポートしてくれます。
そして、何より費用が安いのが良いところ。
初期費用がかからず、月額も最大で17万円ほどとなっています。
重度の介護状態でも受け入れてもらえるため、老人保健施設と比べるとやや高めとなっています。
こういったメリットが多くありますが、逆にデメリットもあります。
介護療養型医療施設は医療機関の延長のような存在であるため、部屋は多床室だったり、レクリエーションを行ってくれる施設はとても少なくなっています。
あくまでも、高齢者の現在の状態を改善していくことを考えるための施設、ということなのです。

入所対象と申込み

介護療養型医療施設への入所対象は、65歳以上で、要介護レベルが1以上と認められた場合です。
しかし、初期の痴呆症である場合には、60歳以上から入所対象となります。
申し込みは、施設ごとに個別に行うこととなっています。
ケアマネジャーを通して申し込みを行ってもらうのも良いでしょう。
しかし、介護療養型医療施設は新しく施設を建設することが不可能になってしまったため、入所が非常に困難であるというのが現実。
最低でも数か月は待機しなければなりません。
入居希望がある場合には、早い段階で施設の待機状況を確認しておくのが、よりスムーズな申し込みに繋がります。

介護老人保健施設とは?

介護老人保健施設とは、「老健」とも呼ばれる公的機関です。
医療法人や社会福祉法人によって運営されているので、有料老人ホームなどと比べると比較的安い費用で利用できるのが特徴です。
受けられるサービスは、介護サービスや生活の補助です。
重度の要介護状態であっても入所できますが、あくまでも高齢者の在宅復帰をめざすための支援の形を取っているのが、別の施設との大きな違いでしょう。

施設の特徴とメリット、デメリット

介護老人保健施設は、医療法人が運営しているのもあり、医療管理の元での介護や、さまざまなケアが充実しています。
また、在宅復帰のための機能訓練やリハビリテーションの内容も良く、自分自身で頑張って生活したいという高齢者の気持ちに応えてくれます。
そして、内容の充実は大きいですが、費用が安く済むというところが最大のメリットです。
初期費用は無料で、月額費用も8~13万円の間であることが多くなっています。
しかしながら、介護老人保健施設では、在宅復帰が可能かどうかなどを審査し、3ヶ月ごとに入所継続の判定が行われるため、長期入所は困難です。
在宅復帰可能と判断されるなどした場合には、退去しなくてはならないのです。
また、介護老人保健施設の部屋は、複数で共同生活を送る多床室であることがほとんどのため、人によってはストレスをためやすい環境でもあります。
さらに、医療訓練などが中心なので、レクリエーションなどの「楽しみ」を設けている施設がほとんどないのもポイントとなってきます。

入所申し込みの仕方と注意点

介護老人保健施設への入居は、要介護レベル1以上で、65歳以上の高齢者が対象となっています。
入所の申し込みは施設ごとに行い、その後家族の面接などを経て入所が決定します。
また、医療機関からの転院となる場合もあり、その際は紹介状なども同時に提出することになっています。
介護老人保健施設では、1年ほどで退去する高齢者が多いため、比較的入所は簡単です。
しかしながら、都市部にある施設においては人口が多いのもあり、半年ほどの待機期間が必要な場合もあります。
したがって、あらかじめ待機期間や人数を確認しておくことが重要です。

特別養護老人ホームとは?

特別養護老人ホームは、「特養」や「介護老人福祉施設」とも呼ばれています。
有料老人ホームと同様に、要介護状態の高齢者が過ごすための施設ですが、比較してみると利用料金が安いという特徴があります。
運営しているのは、各地方自治体や社会福祉法人です。
特別養護老人ホームでは、介護サービスを受けることができますが、その際医療的な行為に関しては、不可能な処置もあるため、すべての状況に対応できるわけではありません。
しかしながら、一度入所すれば介護サービスは充実しているので、残りの余生を過ごすことができる重要な場所となります。
介護レベルが重度である高齢者の”終の棲家”とも言われています。

施設の特徴と良い点・悪い点

特別養護老人ホームは、高齢者が長期的に入所することができるのが特徴です。
また、生活の支援(掃除、洗濯、買い物など)や介護、援助が充実していて、レクリエーションの提供なども活発です。それだけサービスレベルが高いのにもかかわらず、費用が安いのが良い点です。
しかし、医療行為が必要なケアに関しては、前述したとおりに限定的でもあります。
また、長期入所する高齢者が殆どであり、その場合には平均4年の入所期間であるため、新たに入所希望がある場合はとても難易度が高いというデメリットもあります。
常に30~40万人ほどが待機しているのが現実で、長ければ10年ほど待たされるなどの状況になっています。

入居申し込みの仕方

特別養護老人ホームへの入居希望は、各施設ごとに行うか、自治体の行政窓口で申し込みます。
ケアマネージャーをあいだに立て、申込み申請を行ってもらうのがスムーズです。
その後は、施設の審査委員(医師や介護スタッフなど)によって、介護レベルや、今までの待機期間などを考慮して入居が認められます。
しかしながら、ほとんどが満室という施設が増えてきているため、入所は困難を極めています。
そのため、早いうちから施設ごとの待機人数や、どれくらいの待機期間となっているのかを確認するのが望ましいでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

ツインバード お茶ひき器 緑茶美採の特徴や感想

お茶は丸ごと摂取できる健康食品です。 お茶にして飲むだけではもったいないのです。 しかし

記事を読む

フローラルウォーターの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

フローラルウォーターは別名を「ハーブウォーター」ともいい、芳香蒸留水のことをいいます。 よ

記事を読む

タイムの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

タイムは南欧地中海沿岸を原産としているハーブの一種であり、芳香を持つ多年草です。 古代エジ

記事を読む

スマホ決済サービスを比較しました

クレジットカードを決済時につかえるかどうかというのは、顧客にとって非常に重要だと言われています。

記事を読む

お箸の使い方|実はこんなにあった恥ずかしい使い方

和食と密接な関係があるお箸ですが、実は間違った使い方を無意識にしているという人は少なくありません

記事を読む

ニアウリの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ニアウリはフトモモ科の植物であり、ニューカレドニアを原産地としています。 アロマオイルは葉

記事を読む

パナソニック『けむらん亭』の特徴や感想

魚を焼いた時のニオイ、焼き肉をした時のニオイって困りますよね。 ニオイさえでなければ、私の料理

記事を読む

クロモジの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

クロモジ(黒文字)とは、アロマオイルの中では珍しく、日本を原産としているものです。 大抵の

記事を読む

TOYOTOMI  扇風機の特徴や感想

TOYOTOMIは冬のファンヒーターやストーブのメーカーだと思っていませんか。 TOYOTOM

記事を読む

バジルの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

バジルといえば、その葉はトマトとの相性が抜群であり、イタリア料理には欠かすことのできない人気のハ

記事を読む

ツインバード コンパクト精米器 精米御膳の特徴や感想

『おかわり!』の笑顔が見たいのです。 いつものご飯を、もっとおい

DAIKIN 空気清浄機の特徴や感想

大きな携帯電話に見えます。 スッキリスマートなデザインです。

Panasonic 衣類スチーマーの特徴や感想

これからお出かけしようとした途端、洋服のシワに気がついて気になって

CORONA 衣類乾燥除湿器の特徴や感想

外干しがでいないとき、部屋干しばかりでは、毎日気持ちが暗くなってし

TOYOTOMI  扇風機の特徴や感想

TOYOTOMIは冬のファンヒーターやストーブのメーカーだと思って

→もっと見る

PAGE TOP ↑