軽費老人ホームの種類・特徴・入所申し込みの仕方など

公開日: : 生活

介護療養型医療施設とは?

介護療養型医療施設は、別名「療養病床」とも言われており、主に医療機関によって運営されている施設です。
特別養護老人ホームや老人保健施設では対処できない、より重度の介護レベルである高齢者を受け入れているのが特徴です。
提供されるサービスは、食事や排せつなどの介護が中心です。
しかしながら、医療機関による運営であるため、回復期にある寝たきり患者などに対する医療ケアが目的です。
そのため、終身入所するための施設ではなく、あくまでも状態が改善されるまでの施設であるということになります。

入所のメリットとデメリット

介護療養型医療施設では、やはり医療的なケアが充実していることが最大のポイントです。
また、リハビリや機能訓練も盛んに行われているので、高齢者が生活に復帰できるのを全力でサポートしてくれます。
そして、何より費用が安いのが良いところ。
初期費用がかからず、月額も最大で17万円ほどとなっています。
重度の介護状態でも受け入れてもらえるため、老人保健施設と比べるとやや高めとなっています。
こういったメリットが多くありますが、逆にデメリットもあります。
介護療養型医療施設は医療機関の延長のような存在であるため、部屋は多床室だったり、レクリエーションを行ってくれる施設はとても少なくなっています。
あくまでも、高齢者の現在の状態を改善していくことを考えるための施設、ということなのです。

入所対象と申込み

介護療養型医療施設への入所対象は、65歳以上で、要介護レベルが1以上と認められた場合です。
しかし、初期の痴呆症である場合には、60歳以上から入所対象となります。
申し込みは、施設ごとに個別に行うこととなっています。
ケアマネジャーを通して申し込みを行ってもらうのも良いでしょう。
しかし、介護療養型医療施設は新しく施設を建設することが不可能になってしまったため、入所が非常に困難であるというのが現実。
最低でも数か月は待機しなければなりません。
入居希望がある場合には、早い段階で施設の待機状況を確認しておくのが、よりスムーズな申し込みに繋がります。

介護老人保健施設とは?

介護老人保健施設とは、「老健」とも呼ばれる公的機関です。
医療法人や社会福祉法人によって運営されているので、有料老人ホームなどと比べると比較的安い費用で利用できるのが特徴です。
受けられるサービスは、介護サービスや生活の補助です。
重度の要介護状態であっても入所できますが、あくまでも高齢者の在宅復帰をめざすための支援の形を取っているのが、別の施設との大きな違いでしょう。

施設の特徴とメリット、デメリット

介護老人保健施設は、医療法人が運営しているのもあり、医療管理の元での介護や、さまざまなケアが充実しています。
また、在宅復帰のための機能訓練やリハビリテーションの内容も良く、自分自身で頑張って生活したいという高齢者の気持ちに応えてくれます。
そして、内容の充実は大きいですが、費用が安く済むというところが最大のメリットです。
初期費用は無料で、月額費用も8~13万円の間であることが多くなっています。
しかしながら、介護老人保健施設では、在宅復帰が可能かどうかなどを審査し、3ヶ月ごとに入所継続の判定が行われるため、長期入所は困難です。
在宅復帰可能と判断されるなどした場合には、退去しなくてはならないのです。
また、介護老人保健施設の部屋は、複数で共同生活を送る多床室であることがほとんどのため、人によってはストレスをためやすい環境でもあります。
さらに、医療訓練などが中心なので、レクリエーションなどの「楽しみ」を設けている施設がほとんどないのもポイントとなってきます。

入所申し込みの仕方と注意点

介護老人保健施設への入居は、要介護レベル1以上で、65歳以上の高齢者が対象となっています。
入所の申し込みは施設ごとに行い、その後家族の面接などを経て入所が決定します。
また、医療機関からの転院となる場合もあり、その際は紹介状なども同時に提出することになっています。
介護老人保健施設では、1年ほどで退去する高齢者が多いため、比較的入所は簡単です。
しかしながら、都市部にある施設においては人口が多いのもあり、半年ほどの待機期間が必要な場合もあります。
したがって、あらかじめ待機期間や人数を確認しておくことが重要です。

特別養護老人ホームとは?

特別養護老人ホームは、「特養」や「介護老人福祉施設」とも呼ばれています。
有料老人ホームと同様に、要介護状態の高齢者が過ごすための施設ですが、比較してみると利用料金が安いという特徴があります。
運営しているのは、各地方自治体や社会福祉法人です。
特別養護老人ホームでは、介護サービスを受けることができますが、その際医療的な行為に関しては、不可能な処置もあるため、すべての状況に対応できるわけではありません。
しかしながら、一度入所すれば介護サービスは充実しているので、残りの余生を過ごすことができる重要な場所となります。
介護レベルが重度である高齢者の”終の棲家”とも言われています。

施設の特徴と良い点・悪い点

特別養護老人ホームは、高齢者が長期的に入所することができるのが特徴です。
また、生活の支援(掃除、洗濯、買い物など)や介護、援助が充実していて、レクリエーションの提供なども活発です。それだけサービスレベルが高いのにもかかわらず、費用が安いのが良い点です。
しかし、医療行為が必要なケアに関しては、前述したとおりに限定的でもあります。
また、長期入所する高齢者が殆どであり、その場合には平均4年の入所期間であるため、新たに入所希望がある場合はとても難易度が高いというデメリットもあります。
常に30~40万人ほどが待機しているのが現実で、長ければ10年ほど待たされるなどの状況になっています。

入居申し込みの仕方

特別養護老人ホームへの入居希望は、各施設ごとに行うか、自治体の行政窓口で申し込みます。
ケアマネージャーをあいだに立て、申込み申請を行ってもらうのがスムーズです。
その後は、施設の審査委員(医師や介護スタッフなど)によって、介護レベルや、今までの待機期間などを考慮して入居が認められます。
しかしながら、ほとんどが満室という施設が増えてきているため、入所は困難を極めています。
そのため、早いうちから施設ごとの待機人数や、どれくらいの待機期間となっているのかを確認するのが望ましいでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

アロマオイル(精油)選び 絶対に欠かせない4つのポイント

アロマオイル(精油)を選ぶ際、基本的には合成香料や化学物質が入っていない、100%天然のものを選

記事を読む

パナソニック ライスブレッドクッカーの特徴や感想

おうちで、お米で、パンを作りましょう。 お米で、パンが作れるのです。 今までいろんな事情でい

記事を読む

ボリジ(ボラジ)オイル(るりぢさ油)の効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

ボリジオイルまたはボラジオイルとは、ムラサキ科ルリジサ属のボリジ(和名:ルリジサ)の種子から抽出

記事を読む

太陽光発電のメーカーの歴史や特徴のまとめ

シャープ シャープは、1959年から太陽電池の開発に着手してますので、すでに50年を超える歴史

記事を読む

ローズヒップオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

ローズヒップオイルとは、バラ科バラ属の主にイヌバラの実から抽出されるオイルです。 イヌバラはヨ

記事を読む

日本三大饅頭>柏屋「薄皮饅頭」、伊部屋「大手まんぢゅう」、塩瀬総本家「志ほせ饅頭」

饅頭はそのまま食べる派ですか、それとも一手間加えて食べる派ですか? 饅頭と言うと贈答物で頂

記事を読む

カスターオイル(ひまし油)の効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

カスターオイル(ひまし油)とは カスターオイル(ひまし油)とは、キャスターオイルとも呼ばれており、

記事を読む

グレープシードオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

グレープシードオイルとは、ブドウ科に分類されているブドウの木の種子を圧搾し、得られるオイルのこと

記事を読む

グレープフルーツの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

グレープフルーツはアジアを原産としている植物であり、ミカン科に属しています。 現在はアメリ

記事を読む

おススメの写真・動画共有アプリのご紹介

撮影した写真や動画をいろいろなサービスで投稿・共有するのに便利なアプリはいくつかあります。 さ

記事を読む

ツインバード ふろピカッシュEXの特徴や感想

お風呂洗いって大変な家事ですよね。 うっかり怠ると汚れがすぐに目

ツインバード お茶ひき器 緑茶美採の特徴や感想

お茶は丸ごと摂取できる健康食品です。 お茶にして飲むだけではもっ

ツインバード サービス紹介~会社紹介

ツインバードは、ホームセンターや量販店での販売だけの会社ではありま

シャープ スロージューサーの特徴や感想

果物は、おいしくて栄養があるけれど、どうしても一回に食べられる量に

シャープ 電気無水鍋の特徴や感想

素材の味がそのままするお料理が食べられたら、子供たちの好き嫌いもな

→もっと見る

PAGE TOP ↑