水の種類と特徴をまとめました

公開日: : 最終更新日:2015/12/07 生活

水道水

水道水とは水道の蛇口から出てくる水です。
その味は全国各地で違ってきます。

水道水の定義

日本の水道法という法律で、「導管及びその他工作物によって、水を人の引用に適する水として供給する施設」と定義づけされているのが水道です。
上水道と呼ばれることもあります。
水道によって供給される水が「水道水」と呼ばれるのです。

水質基準

日本における水道法では、厳しい水質基準が設けられています。
この水質基準では、カドミウムや水銀などに許容値が定められ、大腸菌は検出が許されていません。
この基準に沿わなければ、日本国内で「水道水」としての供給はできないのです。
日本の水道水は厳しい水質検査が行われていること、水道技術が世界で最も発達していることから、世界の中でも珍しく水道水をそのまま飲めるようになっています。

高度処理

日本の上水道では、蛇口地点で0.1mg/L以上の塩素が含まれていなければなりません。
この塩素によって大腸菌などのバクテリアの発生を抑えます。
水道の元となる原水が清浄であればそのまま供給できますが、汚れている場合は次亜塩素酸ナトリウムや次亜塩素酸カルシウムを加えて塩素殺菌をする必要があるのです。
しかし、塩素に耐性のある原虫が混入することもあり、このような汚れた原水で飲用の上水道を安全に作るために、高処理技術が開発されました。
高処理技術では、微細な穴の開いたシートでろ過したり、活性炭を使用したり、オゾンを吹き込んだりといったコストのかかる方法で行います。

硬水と軟水

上水の元となる原水がミネラル分を多く含んでいると、上水道で供給される水道水もミネラル分が多い水となります。
ミネラル分の中でも、カルシウムイオンとマグネシウムイオンの割合が高いと硬水、低いと軟水と呼ばれるのです。
日本では一般的に軟水が多いとされています。

安全性

日本の水道水供給には、1980年代後半まで鉛製の給水管が使用されていました。
しかし、水道水へ鉛の溶出が確認され、安全性の観点から近年、ほかの材質の給水管へ取り替えていますが、まだ約7,500kmの鉛製給水管が残っているとされ、問題となっています。

原水

原水とは、浄水する前の水のことで、天然水はすべて原水に分類できます。
普段の生活で飲料用に使用されている水道水は、この原水を浄水処理したものです。

原水の種類

浄水施設が取水する原水にはいくつか種類があります。
ダムから直接取水した水や放流時に取水した水、湖沼水と呼ばれる湖や沼から取水した水、井戸から取水した浅井戸水や深井戸水、湧き水、地下水、河川の水、海水などです。

ミネラルウォーターに使用される原水を7つに分類

鉱水…鉱物質を含んだ天然水のことです。
鉱泉水…豊富なミネラル分や炭酸ガスを含んだ水のこと。
深井戸水…深さ30m以内の井戸から湧き出る地下水のことです。
浅井戸水…深さ8m以内の井戸から湧き出る地下水のこと。
伏流水…荒い砂を含んだ浅い地層を流れる水のことです。
湧き水…地下から地表に湧き出る水のこと。
温泉水…特定の成分を含む温泉水です。

原水の処理方法により4つに分類

ナチュラルウォーター…特定の水源から採水された地下水で、ろ過・沈殿・加熱殺菌以外の処理をしないものです。
ナチュラルミネラルウォーター…特定水源から採水された地下水のうち、地下で移動中に地層中のミネラル成分が溶解したもので、ろ過・沈殿・加熱殺菌以外の処理をしないもの。
ミネラルウォーター…特定水源から採水された地下水のうち、地下で移動中に地層中のミネラル成分が溶解した水で、人工的に処理を施しています。
ボトルドウォーター…飲料可能な蒸留水や純水、河川の表流水、水道水をボトルに詰めたものです。

有名ナチュラルミネラルウォーター

世界の有名なナチュラルミネラルウォーターには、エビアンやボルヴィック、ヴィッテルなどがあります。
日本の有名なナチュラルミネラルウォーターは、六甲のおいしい水、南アルプスの天然水などです。

確認の仕方

市販されている多くの飲料水の分類を確認するには、商品のラベル表示を確認しましょう。
商品ラベルには品名の項目で原水・処理方法による水の種類が記載され、原材料名の項目に原水の種類が記載されています。

天然水

天然水とは、天然成分を豊富に含んでいる水です。
また水道水にあるカルキ臭がないのが特徴となっています。

天然水とミネラルウォーターの違いとは

今やスーパーで世界の色々な天然水を購入できるようになりましたが、ミネラルウォーターには天然水と人工的に作られたミネラルウォーターがあります。
天然水と聞くと、「日本の名水」「○○の天然水」という印象がありますが、厳密には数種類に分類されるのです。
ナチュラルウォーター…天然水のことで、水源から取った天然水は、加熱・殺菌・ろ過以外の処理をしてはならず、またミネラル成分の含有量は問われません。
ナチュラルミネラルウォーター…天然水に加熱・殺菌・ろ過以外の処理をせず、ミネラル成分がはいったもののことで、一般的に「天然水」とイメージされる水です。
ミネラルウォーター…ナチュラルウォーターにミネラル分を加工したものをミネラルウォーターと言い、「天然水」とは表記できません。
ボトルドウォーター…天然水や地下水以外の水源から採取した水の成分を大きく変更したもので、電子水や海洋深層水が分類されます。

安全性について

近年は食に対する信頼性が揺らぐ不祥事が多く、消費者の安全性への意識が高まっています。
水に対しても、健康や安全性を考慮し、不純物が含まれていない天然水が人気です。
天然水のメリットは、水道水のように塩素消毒がされておらず、本来の甘味などの味を感じることができ、ミネラル分が豊富に含まれているので栄養価が高いところにあります。
日本の水道水も海外と比べると安全性が高いですが、塩素消毒や水道管の錆びなどの不安要素から、天然水を選ぶ方も多いです。
また、原発事故による放射能汚染の心配もあり、水道水から天然水の使用に変える方も増えています。
しかし、天然水は採取された地域によって含まれるミネラル成分に差があり、水道水よりも安全基準が低いものもあるので、成分表示をよく確認することが必要です。

●AMAZONで探す天然水

ミネラルウォーター

日本でミネラルウォーターといえば、天然水を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
海外でミネラルウォーターといえば、炭酸水が一般的ですが、日本での普及率は海外ほどではありません。
炭酸水が定着していない日本では、炭酸水と発砲水は同じものと捉えられがちです。
しかしながら、厳密にいえば炭酸水と発砲水は違います。
ここでは、その違いを具体的に説明していきます。

定義

炭酸水と発砲水のどちらにも二酸化炭素が含まれていますが、炭酸水は人工的に二酸化炭素を加え、発砲水は天然発砲となります。
この2つは、優劣を付けられるものではなく、両方とも味がしないので、用途によって使い分けられるのです。
しかしながら、発砲水のほうが炭酸が少なく、ミネラル分は豊富に含まれています。
海外のレストランを利用する際、炭酸水と発砲水のどちらが良いか聞かれることがあり、海外ではその炭酸度の違いで好みも分かれているようです。
何もいわなければ発砲水が出されることが多く、料理と相性が良いのは発砲水といえるでしょう。

自分との相性

海外では、ミネラルウォーターというと、ただの水ではなく炭酸水のことを指すほど普及している飲み物ですが、日本ではまだまだメジャーではありません。
炭酸水は体に良いとされていますが、活用方法を間違えると体調を崩してしまうことがあるので、必要に応じて適切な種類を適量摂取することが大切になってきます。
そのために、自分の体質と相性の良い炭酸水や発砲水を把握し、いくつか用意しておきましょう。

美容効果

炭酸水の気泡には、汚れを取り除いたり、血行を促進したりする作用があります。
この作用により、炭酸水で洗顔をすると、炭酸水の気泡が毛穴の奥に入り込んで、汚れをキレイに取り除き、肌に負担をかけずに美肌を手に入れることができるのです。
しかも、汚れを取り除くだけでなく、古くなった角質も一緒に取り除くことができるとされています。
さらに、炭酸水は保湿やパックをする際にも使用できるのです。
化粧水を使用する前に炭酸水を肌表面に塗布しておくことで、浸透力がアップする効果があります。
炭酸水を美容で使用する際は、さまざまなスキンケア方法と組み合わせてみましょう。

●AMAZONで探すミネラルウォーター

純水

純水とは、不純物やイオン成分を含まない純度の高い水のことをいいます。
さまざまな用途に使用され、飲料用の純水には、不純物を体外へと排出するデトックス効果が期待できるのです。
ろ過や蒸留、イオン交換樹脂などの製造法があり、その方法によって純水の呼び方が違っています。
ここでは、純水を製造する際に不要な不純物や種類をご紹介しましょう。

水道水に含まれる不純物

純水を製造するうえで、水道水は良媒体とされていますが、不純物も多く含まれています。
塩類、カルシウムや炭酸ガスなど、イオンの状態で溶解しているものです。
残留塩素など、水道水の殺菌成分として除去できないものだが、純水を製造するうえでは除去対象となります。
この他に、微細な砂、微生物などの残骸といった有機物、酸素ガスや窒素ガスなど電解しないガスが不純物とされるのです。

RO水

逆浸透膜により放射性物質やダイオキシン、トリハロメタンや環境ホルモンといった有害物質を取り除いた水で、安心安全を誇ります。

脱イオン水

イオン交換樹脂やRO膜を使用して、水分中のイオン成分を取り除いたものを脱イオン水といいます。
水分中の不純物を徹底的に取り除くことで、化学工業や機械工業用の機器の洗浄、医療器具の洗浄、科学や生物関係の実験器具の洗浄、精密機器の半導体の基盤洗浄に不可欠な水です。

蒸留水

水を一度蒸発させ、再び水に戻したものを蒸留水といいます。
通常のろ過過程では取り除ききれないダイオキシンや放射性物質といった有害物質を取り除くことができるのです。
ただ、蒸留すると消毒成分でもある塩素も取り除かれるので、正しく保管・使用しないと雑菌が繁殖する恐れがあるので気をつけましょう。

精製水

水道水に含まれているミネラルや塩素といった不純物を全て取り除いた水のことを精製水といいます。
地下水を蒸留したりイオン交換したりしたもの、または組み合わせて作られ、医療用や工業用、身近なものでいうとコンタクトレンズの洗浄に使用されている水です。

炭酸水

炭酸水とは、炭酸ガスを含む水のことで、ソーダ水やソーダとも言われています。
気泡を立たせ、飲み物に清涼感を与える目的で、多くのソフトドリンクの原料の一つにされるのです。

ガス入りミネラルウォーター

炭酸水は炭酸ガスと水に圧力をかけて製造します。
炭酸水は人工的に製造可能ですが、自然界にも炭酸水は湧き水や温泉などで存在し、飲用可能なものはミネラルウォーターとして販売されているのです。
日本では、炭酸の入っていないミネラルウォーターが主流ですが、海外ではガス入りのミネラルウォーターが主流となっています。

効果や効能

炭酸水は、飲用すると炭酸により満腹感が得られ、自然と食事制限ができることにより、ダイエットサポートとして役立つ飲料水です。
さらに血行促進効果があり、便通改善や疲労回復などの効果が期待できます。
炭酸が入っていることでのど越しが良くて飲みやすく、ミネラル成分の補給もでき、カロリーもゼロなので健康志向の高い人は愛用する傾向があるのです。
一般的にミネラル分が多く含まれている硬水は、酸味が強く飲みづらいということがありますが、炭酸が入っていることで味覚が変わり飲みやすくなります。
体に疲労感がある場合は体内に疲労物質である尿酸が溜まっている可能性がありますが、炭酸水に含まれる重炭酸が疲労の原因である尿酸と結びつき、体外へと排出を促すことで疲労回復の効果が期待できるのです。
このほかにも、炭酸水は便通改善に効果があります。
炭酸が腸内活動の活発化を促し、便秘や消化不良を改善するのです。
またミネラルウォーターに含まれるマグネシウム成分には便通を促す効果があり、朝の起床時にコップ1杯の炭酸水を摂取すると、すっきりと目覚める効果があります。

リスク

炭酸水は消化管への刺激が強いので、消化性潰瘍や炎症性腸疾患など消化器系疾患のある方の摂取は控えたほうがよいでしょう。
また炭酸水をたくさん飲むと、収縮期血圧、拡張期血圧の値が高くなります。

●AMAZONで探す炭酸水

無発泡水

無発泡水は、日本でミネラルウォーターとして販売されている水のことで、スーパーマーケットやコンビニエンスストア、自動販売機などで簡単に手にすることができる水です。
海外でミネラルウォーターといえば、炭酸入りのミネラルウォーターが一般的ですが、日本で親しまれているミネラルウォーターは、ほぼ全てが無発泡のものといっても過言ではありません。

定義

無発泡水とは、水分とミネラルを効率よく吸収できる水として根強い人気があり、炭酸入りミネラルウォーターと比べて、ガスなしやスティルとも呼ばれます。

日本と海外の違い

ヨーロッパやアメリカなどの西洋諸国では、炭酸入りミネラルウォーターが人気で需要も高くなっています。
しかし、日本では無発泡水のほうが好まれる傾向にあり、炭酸入りミネラルウォーターはまだまだメジャーではありません。
そのため、日本人が海外旅行をする際は、レストランなどで水を注文する場合に意識して「無発泡水」を注文しなければ、発泡水が出てきます。
日本人に炭酸水の普及が進まないのは、日本人にとって炭酸水はジュースというイメージがあるため、糖分が含まれない発泡水に違和感をおぼえる方が多いようです。

発泡タイプか無発砲タイプか

世界中で多くのミネラルウォーターが販売されていますが、同じメーカーの同じブランドで、「ガス入り」と「ガスなし」の2つのタイプを販売しているものがあります。
ガス入り炭酸水は、人工的に製造することが容易なので、こういった商品も数多くあるのです。

国内の有名無発泡水

四万十の原水…日本最後の清流といわれる高知県西部を流れる「四万十川」の最源流から取水された水です。
早地峰霊水…岩手県の万能冷水で、金属も錆びないミネラル量となっています。
六甲のおいしい水…地中深くから外気に触れることなくボトリングした水です。
南アルプスの天然水…南アルプスが育んだ天然水となっています。

海外の有名無発泡水

VESI…エストニア産の飲みやすい硬水です。
Azzurra…イタリア北部の大自然が育んだ天然水となっています。
Hawaiian Springs Water…ハワイで人気となっているミネラルウォーターです。
Crystal Geyser…アメリカのカリフォルニアの大自然から生まれた水で、アメリカでは人気の高い水となっています。
Volvic…フランス産で、大自然の恵みいっぱいのナチュラルミネラルウォーターです。
Contrex…フランス産のミネラルウォーターで、ダイエット効果が高いことで女性のあいだで人気となっています。
evian…フランス産で、氷河期に形成されたフレンチアルプスが15年かけてろ過された水です。

水素水

水素水とは、水分中に分子水素を溶解された水のことです。
水素水は、無味・無臭・無着色であり、世界各地で「奇跡の水」と呼ばれるもののほとんどが水素水だと解明されています。
水素水にはいくつかの種類があり、効果や摂取方法もさまざまです。

水素水の種類

還元水素水…アルカリイオン化した水素水で、老化の要因である体内の活性酸素の働きを抑え、新陳代謝を促進し、喘息やアトピーなどの皮膚疾患の軽減効果もあります。
高濃度水素水…水素濃度を高めた水素水で、多様な形態で販売されており、濃度の高いものほど効果が期待できます。
過酸化水素水…過酸化水素水の濃度を3%に薄めたものがオキシドールで、殺菌消毒液として使用されています。
また、過酸化水素水による点滴が注目されており、アメリカでは呼吸器疾患や循環器疾患の患者に治療の一環として取り入れられているのです。
活性水素水…水を電気分解すると生まれるのが活性水素で、この活性水素は活性酸素と結合し水となります。
活性水素は原子の中でも最小なので、体の細胞ひとつひとつに行き届くことができるのです。

効果や効能

水素は、抗炎症作用や抗アレルギー作用、基礎代謝促進効果、脂肪燃焼効果、乳酸の抑制効果があるとされ、医療の分野でも応用が期待されています。
さらに、脳内の活性酸素量を減らす効果があり、記憶力の低下を防ぐとされ、認知症やアルツハイマーなどの脳疾患や、脳血管疾患の予防にも効果が期待されているのです。
水素は分子が小さいので、細胞のすみずみまで浸透し、活性酸素を除去したあと、水となり体外へと排出されます。
体質改善効果やアンチエイジング効果が期待できるので、健康や美容に関心を持つ層から注目されている水です。
一般に販売されている水素水は、商品によって水素濃度が異なり、濃度の高いものほど効果が高いとされています。

保存方法

水素水に含まれる水素は、分子が小さいためにペットボトルなどのプラスチック容器に保存すると、分子が通り抜けてしまいます。
水素水を保存する際は、ガラス瓶や金属缶、または金属積層フィルムのパックに保存すると良いでしょう。

●AMAZONで探す水素水

酸素水

酸素水とは、高濃度酸素水のことを指し、通常の空気中に置かれた水よりも酸素の量を多く溶かし込んだ水のことです。
酸素水、酸素強化水と呼ばれることもありますが、「酸素水」自体は商品名となっています。

酸素水の定義

空気中に置いた水は、平衡状態で気温20度時、1リットルあたりの水に約9.3mgの酸素が溶解しています。
一般に市販されている高濃度酸疎水には、その5~30倍もの酸素を含んでいるのです。

販売の歴史

高濃度酸疎水は1999年に「日本食研」から販売されています。
2006年に「アサヒ飲料」が販売を開始し、コンビニエンスストアで商品が並んだことで注目されるようになったのです。
その背景には酸素バーの流行や、スポーツ選手の酸素カプセルでの疲労回復など、酸素が体に良いというイメージが先行したことにあります。

種類

高濃度酸疎水にはいくつか種類があり、水道水から生成したもの、天然水に酸素を配合したもの、ミネラルウォーターに酸素を配合し、デトックス効果を高めたものなどがあります。

用途

市販されている高濃度酸疎水は、おもに飲料用と化粧水として使用されます。
高濃度酸素水は、酸素を体の細胞のすみずみまで供給する働きがあるので、ストレスによる細胞の酸素不足を解消する効果があるのです。
また、慢性疲労や美容・健康にも良いとされていますが、このような効能を主張して販売することは医薬品医療機器等法違反になるので注意しましょう。
こういった事情から、販売メーカーはただの高級ミネラルウォーターとして販売している場合がほとんどです。

化粧水として

高濃度酸疎水が飲料用として大手飲料メーカーから販売されているのに対し、化粧水の分野では大手メーカーの参入はありません。
この原因として考えられるのは、化粧水に用いる原料の中に、酸化によって劣化する原材料があり、酸素との相性が悪いこと、活性酸素が肌に老化をもたらすことが挙げられ、酸素を使用するとイメージが良くないことがあるからです。

効能

高濃度酸疎水には、皮膚や脳の細胞を活性化したり、免疫力を高めたり、乳酸や脂肪を分解したりする作用があります。
喫煙者やお酒をよく飲む方、美容に関心のある方などは、高濃度酸疎水を飲むことで体を健康に保つ効果が期待できるのです。

●AMAZONで探す酸素水

アルカリイオン水

アルカリイオン水は、飲用アルカリ性電解水のことで、アルカリイオン水整水器などの陰極側で生成される電解水です。
アルカリイオン水のうち、マイナスの還元電位が-200mV以上のものは活性水素水と分類される場合もあります。

製法

アルカリイオン水の製法は企業秘密とされることもあるが、基本的な製法はイオン交換膜を塩橋にして電極間を隔てた電気分解により製造されます。
原水となる水道水にはさまざまなイオンが含まれており、どのイオンが酸化および還元されるかは原水によって異なるのが特徴です。
電解時に、陰極で水素が発生し溶液がアルカリ性となるので、これを取り出し飲用にし、陽極では水酸化物イオンが酸化されて酸素を発生するので、酸性の溶液が生成されます。

機能

アルカリイオン水は料理面で特性が強調されることがあります。
弱酸性物質はアルカリ性にするとイオン化するので水溶性が増大する効果があるのです。
日本料理でいえば、昆布の旨味成分である弱酸性物質のグルタミン酸が通常の2倍も抽出できるとされています。
飲用や料理用以外にも、洗顔やお風呂に用いるとピーリング効果があるので肌がすべすべになる効果が期待できるといわれています。

洗浄効果

アルカリイオン水の洗浄性能についてはさまざまな効果があります。
厨房や食品加工場など食品を取り扱う場所で、油汚れ、床やカーペット、ガラスやテーブルなどの掃除に使用されています。
また、ステンレスやメラミン樹脂、アクリルなどの食器洗いにも利用可能です。

歯科治療

アルカリイオン水は、虫歯の原因である歯垢やバイオフィルム、歯周病の原因菌など、口腔疾患の原因に洗浄効果があるとされ、研究が進められています。

天然のアルカリイオン水

日本には天然アルカリイオン水が存在しており、その性質はアルカリイオン水と何も変わりませんが、天然アルカリイオン水はアルカリ性を持続する時間が長いことが特徴となっています。
電気分解によって生成されたアルカリイオン水はアルカリ性の持続時間が短く、対して天然アルカリイオン水は大自然の中でゆっくりと育まれたことにより、アルカリ性を長時間にわたって持続できるのが特徴です。

●AMAZONで探すアルカリイオン水

海洋深層水

海洋深層水は、深度200m以深の深海に分布している、表層とは異なった特徴を持つ海水のことです。
この定義により、海水の90%以上が海洋深層水に分類されます。

2つの深層水

海洋学上、深層水は大洋の深層に分布し、地球上の2ヶ所(グリーンランド沖と南極海)で形成される深層水のことを指します。
この深層水は熱塩循環により、約2000年の歳月をかけて世界中の海洋を移動しており、千年単位の地球の気候変動にも重要な関わりを持っているのです。
これに比べ、産業用の海洋深層水は、分布を問わず深度200m以深の海水をひとくくりに定義したもので、単純計算で地球上の海水の約95%が海洋深層水となります。

清浄性

人間の生活排水で汚染された河川水の影響が無く、化学物質による汚染がありません。
さらに太陽光が届かないので、プランクトンなどが生育せず、有害な雑菌等が表層水の1/1000以下と少ないのです。
これにより、深層水は表層水と比べて科学的に清浄であるといえます。
しかし日本の衛生基準では、飲用するためにはろ過が必須となっているのです。

豊富な栄養塩類

表層水に比べて、海洋深層水には植物プランクトンの成長に欠かせない無機栄養塩類が豊富に含まれています。
これは深層水中には植物プランクトンが少ないので、表層から沈降してくる魚類の死骸が分解され、その際に生じた無機栄養塩類が消費されずに溜まっているからです。

安定した定温性

深層水は、水温や含まれる成分が年間を通して一定であり、水質が安定しています。

産業活用

海洋深層水は、清潔で安全性が高く、またミネラル成分を豊富に含んでいるので、飲料用水として優れているとされています。
産業や医療業界でも注目され、各方面で研究利用が進んでいますが、普段の生活で利用できるものといえば、ミネラルウォーターが代表的です。
ミネラルウォーターのほかにも、化粧品、バスグッズ、入浴剤、アルコール類、水産加工品などでも商品化されています。

●AMAZONで探す海洋深層水

電解水

電解水は、食塩などの電解質を添加して電気分解することで得られる物質を混ぜ合わせた水のことです。
電気分解する際、陰極側からはアルカリ性を示すアルカリイオン水が生成され、陽極側からは塩素を含んだ酸性を示す酸性電解水が生成されます。
また、特徴により多くの種類が存在し、水道水から殺菌効果の高いオゾンを含むオゾン水を生成する技術も開発されているのです。

種類

アルカリ性電解水と酸性電解水は、それぞれ効果が違います。
アルカリ性電解水は、たんぱく質などを融解する作用があり、洗浄力に優れているので、工場の金属や機械などを洗浄する際に使用されているのが特徴です。
酸性電解水は、塩素を含んでいるので殺菌効果があり、生野菜などの加熱処理がしにくいものの殺菌処理に使用されています。
酸性電解水は、塩素系の殺菌水として効果が認められているだけに安全性が気になりますが、酸性度が高くないので使用時の手荒れ・肌荒れの心配がありません。

アルカリ性電解水とは

自然状態でアルカリ性を示し、脂汚れなどを落とす洗剤効果があります。
一般に掃除用として販売されているアルカリ電解水は、食塩水の電気分解によって生成された水酸ナトリウムの約0.2%水溶液です。
この濃度が5%以上になると劇物扱いとなり、一般向けに販売することは禁止されています。
市販されているものは酸性度が高くないため、使用しても手あれや肌荒れの心配はありませんが、インターネットで販売されているものには注意が必要です。
ネット販売されているものには成分や濃度を表記していないものもあり、アルカリ性が強いものを使用すると手荒れや肌荒れを引き起こす原因になります。
洗浄効果のあるアルカリ電解水ですが、これは料理の分野では重曹のように抽出成分をより多く引き出す用途で使用されており、歯科医療の分野でも使用が模索されているものです。
このほかにも、アルカリ性電解水で米を栽培し、品種改良に役立てる研究も行われています。

強酸性電解水とは

強酸性電解水は強酸水や強酸化水とも呼ばれます。
1987年に強酸化オキシライザーが誕生したことで開発され、強い殺菌力を持つ水です。
日本では、食品の洗浄・消毒に使用されていますが、最終食品の完成前に完全除去することが厚生省告示により定められています。
高い殺菌・洗浄効果から、食品だけでなく医療分野や農業分野などの産業分野で採用されているものでもあります。

還元水

還元水は、電気分解によって生成される水のことです。
電気分解するときにマイナス電極側から生成され、還元力を持っていますが、時間が経過するごとに酸化してしまいます。

活性水素水の一種

医療分野や食品衛生用に使用される電解水生成装置は、食塩水を原料とし、電圧をかけてアルカリ性または酸性の水を生成する装置です。
この電解水のうち酸性の水は活性種として次亜塩素酸を含んでおり、除菌や消毒用に使われます。
アルカリ性の水は、マイナスの還元電位が-200mV以上のものが活性水素水として研究材料にされているのです。
活性酸素による酸化状態を還元させる作用があることから、還元水と呼ばれます。

効能

水には酸化力のあるものと、還元力のあるものがあります。
医薬品は酸化力を持っており、野菜やビタミンC、ビタミンEは還元力を持っているのです。
人間は酸素を消費して生命活動を行いますが、活性酸素によって体を酸化させてしまうことが、さまざまな病気の原因となるとされています。
還元水には、過酸化状態の体を健康な状態に還元する作用があるのです。

還元水の種類

還元水にはいくつか種類がありますが、代表的なものを紹介しましょう。
湧き水や井戸水…マイナスの電気エネルギーを持つ天然の還元水が存在しています。
ミネラル還元水…ほぼ中性で、マイナスの還元電位を持つ水です。
アルカリイオン水…マイナスの還元電位を持つイオン水のこと。
金属イオン式還元水…金属を使って水を還元するもの、スティック式のもの、浄水器式のものがあります。

還元水ではない還元水

健康に有効な還元水ですが、一般に販売されている還元水のなかには普通の浄水器なのに還元水と謳って販売されているものがあります。
還元水は-200mV以上の強い還元電位を持つ水のことを指しますが、販売メーカーによってはその基準を満たしていない低酸化水を還元水として販売していることが多いです。
さらに還元水は時間が経つと酸化水に変化するので、一般に販売されている還元水は消費者の手元に渡る頃には還元力のない酸化水になっている場合が多いです。
確実に還元水を手に入れるためには、特別な井戸を掘削するか、還元水を生成する機器を導入するしか方法がありません。

●AMAZONで探す還元水

スポンサーリンク

関連記事

sandalwood

サンダルウッドの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

サンダルウッドとは和名を「白檀」といい、別名で「サンダースウッド」とも呼ばれる半寄生性の常緑樹で

記事を読む

ホホバオイル

ホホバオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

ホホバオイルとは ホホバオイルとは、シモンジア科シモンジア属に属するホホバの種から抽出されたオ

記事を読む

blue-led

青色発光ダイオード(LED)の何がすごいんだろう?

いまや生活のあらゆる場で使用されているLED。 中でも、青色LEDの登場はこれまでの生活を激変

記事を読む

カスターオイル

カスターオイル(ひまし油)の効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

カスターオイル(ひまし油)とは カスターオイル(ひまし油)とは、キャスターオイルとも呼ばれており、

記事を読む

teiketsuatsu

「低血圧の人は朝起きるのが苦手」早起きと血圧は関係あるの?

朝起きるのが苦手な人にたずねると、「私、低血圧だから…」とよく言われますが、朝起きることと、血圧

記事を読む

人参

キャロットオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

キャロットオイルとは、セリ科に分類されている野菜のニンジンを細かく刻み、オリーブオイル、サンフラ

記事を読む

kakeibo-appli

おススメの節約・貯蓄の為の家計簿アプリでしっかり貯めよう!

少しでも節約をして貯金したいという人にとって、日々の支出や収入を把握するのは大切なことです。

記事を読む

lavandin

ラバンジンの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ラバンジンは、ラベンダーとスパイクラベンダーの交配種です。 シソ科であり見た目はラベンダー

記事を読む

cedarwood

シダーウッドの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

シダーウッドという場合、アロマオイルであればシダーウッド・アトラス、シダーウッド・バージニアンと

記事を読む

yuryo-roujinhome

有料老人ホームの種類・特徴・メリット・デメリット・選び方など

有料老人ホームには、さまざまな分類があります。 そのためどこでも入所させればいいのではなく、求

記事を読む

強力消臭靴下リンマー
強力消臭靴下リンマーの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【強力消臭靴下リンマー】がオススメ! 靴下を何度も念入りに洗った

ネオテクト
ネオテクトの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

ネオテクト薬用マイクロデオドラントクリームとは、株式会社ヴィジョン

FRESHU(フレッシュー)
FRESHU(フレッシュー)の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【FRESHU(フレッシュー)】が解決! 男のニオイの原因① ~

ファルマスタッフ
ファルマスタッフの詳細・特徴・口コミ

ファルマスタッフは薬剤師の転職をサポートしているサイトであり、日本

ヤクステ
ヤクステの詳細・特徴・口コミ

ヤクステは、株式会社グローアップが運営している薬剤師専門の転職支援

→もっと見る

PAGE TOP ↑