IRIS 無加水鍋の特徴や感想

公開日: : 最終更新日:2017/04/15 生活


素材のうまみをにがさない無加水鍋で、食卓を、そしてあなたの食生活を変えてみませんか。
お口から入るうまみや栄養素の量が違います。

特徴など

無加水鍋は素材に含まれる水分を活用し、最低限の水分で、素材のうまみを活かしたおいしい料理のための調理ツールです。

無加水調理で栄養素を逃がしません。
鍋とふたの間に蒸気の膜を作り、うまみを含んだ蒸気を閉じ込め、さらにふたの裏側の凸部が効率良く蒸気を循環させます。
また、取っ手部分のつまみの切り替えで蒸気をコントロ ールできます。

さらに、遠赤外線効果で芯まで加熱します。
セラミックコーティングをしたことで遠赤外線を放出します。
それによって、加熱効果が高まり、食材の芯までしっかり火が通るのです。
セラミック加工は、汚れがするっと落ちるので、洗いやすいこと間違いなし。

また、セラミックコーティングが調理面として丈夫ですし、アルミダイキャスト&厚底設計は熱変形に強くて、鍋を長持ちさせます。
たとえば、ほうれん草のおひたしは、洗って鍋に入れて中火1分でできますし、とうもろこしは、当たって鍋に入れて中火5分でできます。
さらに、ごはんまで炊けます。

無加水鍋のラインナップは、色が3色展開。
形は、直系20cmと28cmで浅型・標準・深型の3種類。
あなたの料理の仕方や、作る料理の種類で選べま
す。

使った人からのメッセージ

よけいな水は入れないで、濃い素材の味が食べたかったので、大変満足しております。
遠赤外線効果で、料理の時短もできました。
いつもと同じ材料なのに、おいしいねと家族に喜んでもらっています。

お鍋が変わると料理も変わります。
料理がおいしく変わると、あなたの家族の笑顔まで変わります。
ただお鍋を変えただけなのに、いろんなものがより良い方向に変わっていくのは、とても素敵なことです。

●AMAZONで探すIRIS 無加水鍋

スポンサーリンク

関連記事

VO5と薬用へアクロン=理容師一筋60年のオーナーお勧めの男性化粧品の特徴や感想

理容師一筋60年のオーナーがお勧めする男性化粧品二品です。 どちらも理容室専用をお買い求めくだ

記事を読む

TOYOTOMI  扇風機の特徴や感想

TOYOTOMIは冬のファンヒーターやストーブのメーカーだと思っていませんか。 TOYOTOM

記事を読む

お箸の使い方|実はこんなにあった恥ずかしい使い方

和食と密接な関係があるお箸ですが、実は間違った使い方を無意識にしているという人は少なくありません

記事を読む

「エコウィル」「エネファーム」エコで快適な生活を実現!

ガス発電による排熱発電 都市ガスやLPガスなどのガス燃料で、発電できることをご存知でしょうか。

記事を読む

メリッサの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

メリッサの語源はギリシャ語で「みつばち」、ラテン語で「はちみつ」ともいわれています。 いず

記事を読む

軽費老人ホームの種類・特徴・入所申し込みの仕方など

介護療養型医療施設とは? 介護療養型医療施設は、別名「療養病床」とも言われており、主に医療機関

記事を読む

パナソニック マットレス布団乾燥機の特徴や感想

冬も夏も1年中、気軽にふわっとしたお布団で眠りたい。 だれしもが憧れる生活です。 しかし

記事を読む

カレンデュラオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

カレンデュラオイルとは カレンデュラオイルとは、キク科に分類されているカレンデュラの花を浸出油

記事を読む

セサミオイル(胡麻油)の効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

セサミオイル(胡麻油)とは、ゴマ科に属するゴマの種子圧搾することにより抽出された油のことをいいま

記事を読む

ウォシュレットあれこれ・・・・色々な機能やメーカーのお話し

人間は生きるために食べることが大切であると同時に、排泄も重要な生命活動となります。体内の不要

記事を読む

ツインバード ミラーデザインシリーズの特徴や感想

ツインバードから、よりお部屋のインテリアにマッチして、なおなお上品

ツインバード フローズンスィーツメーカー『LULUNA』の特徴や感想

ツインバードから、ゆったりとした夜を味わう新ブランド『LULUNA

ツインバード ジェットサイクロン フキトリッシュNEOの特徴や感想

掃除機で、たぶんゴミは吸い取りきれているけど、足の裏がなんかベタつ

ミヨシ石鹸 素足キレイ泡せっけんの特徴や感想

シトラスミントのニオイが、足の指先からスキッとさせるいい感じです。

iRobot ブラーバの特徴や感想

素足で家の中に入ると、床のざらつきが、意外と気になりませんか。

→もっと見る

PAGE TOP ↑