ツインバード コードレススティック型クリーナー ジェットサイクロンJの特徴や感想

公開日: : 最終更新日:2017/01/08 生活, 家電

コードさえなかったら、お部屋を縦横無尽に掃除機かけられるのに。
コードレス掃除機って時間が決まってるから、どんどんパワーダウンしちゃうんじゃない?。
こんな矛盾を一発解決。
それが、ジェットサイクロンJです。

特徴

ほうき間隔で、どんどん使えるコードレスクリーナーなんです。
10時間の充電で、パワフルに20分も使えるんです?使用時に電池残量が少なくなると点滅してお知らせをしてくれます。

前方排気により、床のホコリを巻き上げずお部屋の環境に配慮しています。
軽量2.1kgでスイング機能までついているから、ラクラクのびのびお掃除ができます。

フルフラットで、楽に取り回しできます。
底面近くまで倒してもお掃除できるので、机の下など狭い場所のお掃除にも便利です。

ナイロンのパワーブラシが回転して、じゅうたんや畳の奥のゴミをかき出します。
手元で、強?標準?切の切り替えが可能だから、扱いやすいです。

ゴミ捨ては『ラクステ』機能付きのダストケースでワンタッチで手を汚さずに楽ににゴミ捨てできます。
また、ダストケースとフィルター、アウターフィルターは、簡単に取り外すことができ、水洗いも可能なのでいつも衛生的に使えます。

収納は、部屋の隅にスタイリッシュに収納出来ます。
ハンドルは折りたためるので、さらにコンパクトに収納が可能です。
コンセントは、接続がより簡単なマグネットプラグ充電式です。

使った人からのメッセージ

一人暮らし用に迷わず購入しました。
お部屋は狭くて、収納も少ないので、立てたまま置いておけるのは便利です。
さらに、20分あれば、全部かけ終わってしまうので、とても機能的で能率的だと思います。
一人暮らしの人にお勧めしたいです。

さあ!と言ったとき、さーっとかけられるから手軽で、いつもきれいなお部屋に保てますね。
ほうきの手軽さ、でもちりとりいらずの掃除機ですから衛生環境もばっちり。
ツインバードの腕の見せ所です。

●AMAZONで探すツインバード コードレススティック型クリーナー ジェットサイクロンJ

スポンサーリンク

関連記事

コーヒーで貧困層を救うイタリアの伝統

イタリアでは生活費に困ってしまっている人のために、コーヒーを無料で飲むことができるカフェがあり、

記事を読む

再生可能エネルギーとは、世界の再生可能エネルギーについて調べてみた

再生可能エネルギーの種類 ソーラー発電や風力発電など、自然界にある再生可能な燃力として利用でき

記事を読む

介護保険施設の種類・特徴・メリット・デメリットなど

ケアハウスとは? ケアハウスは、比較的低価格で利用できる軽費老人ホームの「C型」とも呼ばれてい

記事を読む

日立 浴室乾燥暖房機の特徴や感想

お風呂に入ってないときのお風呂場もなにかに使いたい。 意外とデッドスポットだったと思いませんか

記事を読む

日本三大毒草>鳥兜、毒空木、毒芹

皆さんは鳥兜を実際に見た事は有りますか? 鳥兜では無くても毒空木や毒芹など別の毒草でもかま

記事を読む

有料老人ホームの種類・特徴・メリット・デメリット・選び方など

有料老人ホームには、さまざまな分類があります。 そのためどこでも入所させればいいのではなく、求

記事を読む

グレープシードオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

グレープシードオイルとは、ブドウ科に分類されているブドウの木の種子を圧搾し、得られるオイルのこと

記事を読む

カスターオイル(ひまし油)の効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

カスターオイル(ひまし油)とは カスターオイル(ひまし油)とは、キャスターオイルとも呼ばれており、

記事を読む

ジャスミンの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ジャスミンは中国、インドやエジプトなど、ヒマラヤ地域が原産地になっているモクセイ科の常緑の潅木で

記事を読む

TOYOTOMI  扇風機の特徴や感想

TOYOTOMIは冬のファンヒーターやストーブのメーカーだと思っていませんか。 TOYOTOM

記事を読む

NestleSpecial.Tの特徴や感想

茶匠が淹れた味わいを、新しい『スペシャル.T』で、あなたもお茶の世

ツインバード LEDふとんライト LEDベッドライトの特徴や感想

夜起きたとき、トイレに行くときなど、ちょっとだけの明かりがあればと

マルベールロイヤルカラーEXの特徴や感想

白髪って、悩みますよね。 いっそ総白髪にしてしまいたいと放置を決

T-fal ヨーグルトメーカーの特徴や感想

おうちで、ヨーグルトまで手作りできたら、材料まで自分でしっかり確認

薬剤師を転職した理由とは・・・

スキルアップ編 どのような仕事をするにしても、より良い仕事をする

→もっと見る

PAGE TOP ↑