パナソニック ライスブレッドクッカーの特徴や感想

公開日: : 最終更新日:2017/02/23 生活, 家電


おうちで、お米で、パンを作りましょう。
お米で、パンが作れるのです。
今までいろんな事情でいわゆる普通のパンを食べられなかった人も、お米で、パンが食べられるのです。
お米で作ったパンは、もちもち感たっぷりなんです。

特徴

簡単に、お米パン一斤分ができるまでをご紹介します。
米パンケースに、白米220gが420gになるまでお水を足します。
そこに、バター10g砂糖大さじ2、塩小さじ1。

グルテン・イースト容器に小麦グルテン50gとドライイースト小さじ1セット。
あとは、ライスブレッドクッカーにまかせるだけです。

じっくりと米粒をすりつぶすお米ミルと、ゆっくりねり工程でふくらみやすい生地を作ります。
あとは、新加熱構造で熱を逃がさず、焼きムラを抑えてきれいに焼き上げて、完成です。

これが、約4時間30分の工程なんです。
具材を混ぜて、練り込んで、自分流のお米食パンが簡単にできあがるというわけです。
運転音が気にならない低騒音化設計です。

<お手入れの仕方>
お米をすりつぶすミルの刃先が鋭利じゃないから、手を切るような心配がないミル設計。
だから、分解して取り外して丸洗いできますから、いつでも庫内は清潔です。
また、本体は、コンパクトにできています。

横幅約33%ダウン、設計面積約25%ダウン、重さも約33%ダウンの8kgの軽さです。
だからキッチンにピッタリ。
場所をとりませんし、軽々持てます。

使った人からのメッセージ

ひじきを生地に練り込んで、にんじんを混ぜ込んだパンを作ってみました。
また、お米だから野菜や茶葉、海藻なども練り込んで食感を楽しんでいます。
お米ゆらいだからか、かみごたえもあり、意外と腹持ちもいいので、ちょっとしたダイエットになるかなと考えています。

お米だから、なおなおヘルシー。
日本人のお口に合うパンなのかもしれません。
お米なら、台所にだいたいありますから、夜中にしまったということなく、簡単にチャレンジできるライスブレンドクッカー様々です。

パナソニック ライスブレッドクッカー

スポンサーリンク

関連記事

介護保険施設の種類・特徴・メリット・デメリットなど

ケアハウスとは? ケアハウスは、比較的低価格で利用できる軽費老人ホームの「C型」とも呼ばれてい

記事を読む

ティートリー・ティーツリーの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ティートリー、ティーツリーは、オーストラリアのニューサウスウェールズを原産としている高木です。

記事を読む

シトロネラの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

シトロネラは、スリランカを原産とするイネ科の植物です。 現在はマダガスカル、ビルマ、南米で

記事を読む

スマホ決済サービスを比較しました

クレジットカードを決済時につかえるかどうかというのは、顧客にとって非常に重要だと言われています。

記事を読む

太陽光発電のメーカーの歴史や特徴のまとめ

シャープ シャープは、1959年から太陽電池の開発に着手してますので、すでに50年を超える歴史

記事を読む

青色発光ダイオード(LED)の何がすごいんだろう?

いまや生活のあらゆる場で使用されているLED。 中でも、青色LEDの登場はこれまでの生活を激変

記事を読む

ツインバード ワイアレスドアスコープモニター ワイアレステレビドアホンの特徴や感想

今の世の中、ピンポンが鳴ったからと言って気軽にドアを開けることはできません。 家の中にいて、鳴

記事を読む

グロブルスの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

グロブルスは多くの種類があるユーカリの中でも、一般的にアロマオイルとして使用されているものです。

記事を読む

ククイナッツオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

ククイナッツオイルとは ククイナッツオイルとはトウダイグサ科に属し、ハワイの州木に指定されてい

記事を読む

アレッポからの贈り物の特徴や感想

国産の純粋石鹸から、ちょっとだけ大人向けに、さらに洗髪にもいい石鹸をご紹介します。 『アレッポ

記事を読む

夏の夜長に最適?ほっこり系ホラー漫画

夏といえばホラー。貞子VS伽耶子が話題になっていますが、あまりにも

女子必見!キレイも節約も叶える方法

女子はわがままなんですよね… みなさんは毎月貯金はしています

無料で遊べる!夏にぴったりホラーゲーム

夏といえばやっぱりホラーですよね。動画配信サービスなどでもホラーゲ

節約するならここ!おすすめの銀行口座【3選】

銀行の口座を作る際、どの口座を選べばよいか迷ってしまう人も多い

いまさらながら【NISA】とは?メリット・デメリットを紹介

NISA口座を利用しているという方も多いのではないでしょうか。

→もっと見る

PAGE TOP ↑