太陽光発電システムのメリット・デメリット

公開日: : 生活

太陽光
こちらでは太陽光発電システムのメリット・デメリットについて、様々な角度からいろいろな情報をご紹介しています。
東日本大震災で原発事故が発生してからというもの、クリーンなエネルギーとして太陽光発電には大きな注目が集まっていますので、導入しようとお考えの方も多いことでしょう。
ですが、太陽光発電システムは、まだ発展途上のシステムでもあるため、クリーンなエネルギーを生み出せるというメリットもありますが、設置やメンテナンスなどでデメリットと感じる部分も残っています。
そこで、その両面を知った上で総合的な判断ができるよう、当サイトの情報をご活用ください。

太陽光発電システムの仕組み

太陽光発電システムの仕組みを一言で表せば、屋根などに設置した太陽電池に太陽の光エネルギーを受けて発電し、その電力を家庭内にある家電製品に供給して使おうというものですね。
ですから、大まかな仕組みとしては決して難しいものではありません。
ただ、電力会社から供給されている電気は「交流電力」のため、家電製品はこの「交流電力」で動くように設計されているのに対し、太陽電池から発電できる電気は「直流電力」ですので、家電製品で使えるように変換してあげる必要があります。
もちろん、そのための変換機も太陽光発電システムの中に組み込まれていますから、特に追加で機器を用意する必要などはありません。
また、一般的な太陽光発電システムでは、発電した電力が家庭での消費量を上回った場合には、電力会社に電気を買い取ってもらえるようになっており、逆に夜間や悪天候などで発電量が少ない場合には従来通り電力会社からの電気を使うことができます。
太陽光発電システムの設備として必要なものは「太陽電池」の他に、直流電力を交流電力に変換するための「パワーコンディショナ」、この2つをつなぐ「接続箱」、家庭内に電気を分ける「分電盤」、電力会社に電気を得る場合に必要な「売電用の電力量計」、それに電力会社から電気を購入するための「買電用の電力量計」などです。
これらの機器を設置してしまえば、日常的な操作というのは特に必要ありませんので、普段は何も意識することなく太陽光で発電された電気を利用することができるようになります。

必要な機器

太陽光発電を利用するためには、専用の機器が必要となります。
まず、まっさきに思い浮かぶのは「太陽電池」ですね。
最近では屋根などに設置している家庭もよく見かけますので、少なくとも一度はご覧になったことがあるという方も多いことでしょう。
ですが、太陽電池さえあれば太陽光発電が使えるのかというと、そうではありません。
太陽電池で作られる電気は直流電力のため、家電製品などで使用できる交流電力に変換してあげる必要があります。
そのために必要なのが「パワーコンディショナ」と呼ばれる機器です。
また、太陽電池とパワーコンディショナをつなぐ「接続箱」というものも必要となります。
さらに、家庭内の各家電製品に電気を振り分けるための「分電盤」も設置され、ここまでで基本的なシステムはできあがりとなります。
その上に、家庭内で消費する電力を上回った場合には電力会社にその電気を売ることができ、逆に悪天候や夜間などで発電量が足りない時には通常通り電力会社から電気が供給されますので、そのための「電力量計」というものも設置されます。
この電力量計には、「売電用」と「買電用」の2つが必要となります。
これらが、太陽光発電に必要な機器ということになりますが、日常的に何らかの操作をする必要というのはありませんので、一度設置してしまえば、あとは特に意識することなく太陽光発電システムによる電気を利用することができます。
初期工事だけは、ある程度大掛かりになりますが、それ以降は気軽に使えるようになるということですね。

デメリット

とてもクリーンなエネルギーであり、しかも家庭に導入すれば電気代が安くなるばかりが、余った電気を電力会社に売ることができるということで、大きな注目を集めている太陽光発電システムですが、デメリットとなる部分がないわけではありません。
メリットだけを見ていると、実際に導入する時や使い始めてから「こんなことは知らなかった、思っていたのと違った」という風にガッカリしてしまうこともあり得ます。
そのようなことがないように、ここでは『太陽光発電のデメリット』について、詳しく考えていきましょう。
まず、大きな問題点になるのが『導入時のコストが高い』ということです。
設置してしまえば電気代の節約にはなりますが、その分、初期工事費用はある程度覚悟する必要があります。
規模によって金額は変わりますが、標準的な一戸建てに太陽光発電を設置するには、平均200万円前後は必要と言われていますので、決して安い買い物ではありませんね。
また、『立地条件や天候に左右されやすい』ということも太陽光発電のデメリットの一つです。
当然ながら、夜間や雨天時には発電できませんし、近くに高層マンションなどが建つと日照条件が変わることもありますから、そこは慎重に考える必要があるでしょう。
また、意外と忘れられがちですが、『太陽光発電システムにも寿命がある』ということも知っておいてください。
現在の平均的な保証期間は10~20年という場合が多いですので、それ以降は何らかのメンテナンスが必要となります。
これも意外と忘れられがちですので、覚えておくようにしてください。

メリット

先に太陽光発電のデメリットを見ていきましたが、それらを踏まえた上でも、やはりメリットは多いものです。
そこで改めて、『太陽光発電のメリット』を考えていきましょう。
まずは、なんといっても『クリーンである』ということが最大のメリットと言えますね。
原子力発電は言うに及ばずですが、火力発電であっても石油を燃焼させる時に二酸化炭素や硫黄酸化物、窒素酸化物などの大気汚染物質は発生してしまいます。
ですが、太陽光発電であれば、その手の汚染物質は一切発生しないのです。
もちろん、騒音などもありませんから、住宅街に設置してもトラブルを起こすことがありません。
このように、地球規模でも地域規模でも環境にやさしいのですから、太陽光発電が注目されるのは当然と言えますね。
また、『設置建物を選ばない』ということもメリットの1つです。
日射条件だけは確保しないといけませんが、一戸建てであってもマンションであっても、オフィスビル等でも設置できますし、規模も必要に応じて選ぶことができます。
さらに、他の発電方法に比べて『メンテナンスが簡単』ということもメリットとして挙げられます。
これは、太陽光発電システムがシンプルな仕組みになっているためで、万が一故障などが起きても、比較的簡単に修理することができます。
他に、日常的なところで考えると、『電気代が安くなる』ことや、『余った電気を電力会社に売ることができる』など、『電気代の節約』ができるということも見逃せないメリットと言えますね。

売電とは

太陽光発電を考える上で見逃せないのが、『売電』という仕組みですね。
その名前が示している通り、『電気を売ることができる』というものですが、これは太陽光発電の大きな特徴のひとつといえるでしょう。
家庭用の太陽光発電システムの場合、基本的には発電した電気を家庭内で使うわけですが、使い切れない「余剰電力」が出てきた場合には、その分を電力会社に売ることができます。
あくまで売電できるのは余剰電力だけですので、家庭内で使用する電力量が多ければ、あまり売ることはできないということになりますね。
また、天候によっては発電量が少なくなることもありますし、もちろん夜間は発電できませんので、家庭用の太陽光発電での売電で安定した利益を生むことは難しいといえるでしょう。
ですから、あくまでも『電気代の節約』というニュアンスで考えておくほうが現実的だと思います。
ただし、会社や工場などに設置する『産業用の太陽光発電システム』の場合には、発電した電力をすべて電力会社に売ることができます。
しかも、利用する電力は家庭用と比べてはるかに安い金額で買電できますので、条件としてはかなり有利ということができますね。
特に、工場などの建物であれば、大量のソーラーパネルを設置することもできるでしょうから、発電量も必然的に多くなります。
その電気をすべて売電でき、しかも安い電気を使えるのであれば企業としては導入するメリットはかなりあるでしょう。
これも、太陽光発電を普及させるための一環として設定されている仕組みのようです。

発電量

太陽光発電システムで、実際にどのくらいの発電量が得られるのか?気になるところですね。
ただ、太陽光発電システムと一口に言っても、設置する条件によってその発電量というのは大きく変わってきます。
まず、周辺に太陽光を遮るような建物があるのかどうか、ソーラーパネルを設置する方角はどこ向きなのか、屋根の形や面積はどうなっているのかなど、確認するべきポイントはいくつもあります。
発電量そのものは、ソーラーパネルにどのくらいの太陽光を受けられるのかで変わってきますから、上記の条件というのは重要になってくるのですね。
仮に、屋根の形や面積が同じだったとしても、南向きなのか北向きなのかで違いが出てきますし、太陽光を遮る建物があれば当然に発電量も少なくなります。
これらを踏まえた上で正確な発電量を予想するには、専門の業者に調べてもらうのが確実といえるでしょう。
4人家族の一般的な家庭での年間電力消費量は、およそ4500kWhと言われています。
このうち70~90%、つまりおよそ3150~4050kWhを太陽光発電でカバーすることができれば、日中の電気代をまかなえますので、ひとつの目安にしておくといいでしょう。
これに満たない場合には、太陽光発電にするメリットはないということになりますね。
ただ、ソーラーパネルの性能なども上がってきているようですから、よほど立地条件に問題がなければ、通常の太陽光発電システムで4000kWh程度の発電量は見込めると思います。

設置費用

太陽光発電の設置費用はどのくらいなのか?これも気になるところだと思います。
太陽光発電システムというのは、屋根の形や向き、それに素材などによって変わってくるものですから、いわば『完全オーダーメイド』のシステムということになります。
つまり、実際の設置費用というのはまちまちということですね。
ただ、ひとつの目安にできるのが、『1kWあたり55万円以下』になるかどうか、というところです。
実は、1kWあたり55万円以下であれば国からの補助金制度が使えるということもあり、費用対効果としても十分にメリットが見込めるんですね。
一般住宅用の太陽光発電の平均容量は4.31kWといわれていますから、設置費用が237万円以下であればOKということになりますね。
逆に、これを上回るようなら、あまり金額的なメリットは望めないと考えたほうがいいでしょう。
ただし、発電効率が良ければ補助金なしでも設置費用を回収できる場合もあるようですので、詳細は専門の業者に相談してシミュレーションしてもらうほうが確実です。
太陽光発電システムは、設置費用がかかるものですが、一度設置してしまえばその後は電気を生み出してくれるものですから、長期的に見れば経済的なプラスになる可能性が高くなります。
つまり、一時的な金額としては決して安いものではありませんが、将来的なことも考えるとお得になるということですね。
しかし、これも条件によって変わってきますので、設置費用を回収できるかどうかが太陽光発電システムを導入するかどうかのポイントと言えそうです。

補助金制度

太陽光発電には『補助金制度』というものがあることをご存知でしょうか?これは、地球環境を考えた場合に二酸化炭素(CO2)の排出をできるだけ抑えたいということから、クリーンなエネルギーである太陽光発電システムを広く普及したいということで始まったものです。
住宅用の太陽光発電システムを設置する際に支給されるものですので、実質的に設置費用を安くすることができるわけですね。
ただし、すべての太陽光発電システムに適用されるというわけではなく、いくつかの条件を満たさなくてはいけません。
まず、発電した電気をすべて売電するのではなく、あくまでも『余剰電力のみを売電するもの』であること、それから『住宅の屋根などに設置しているもの』であることが必要です。
ですが、これは一般住宅用の太陽光発電システムなら該当しますので問題はないでしょう。
また、太陽電池モジュールの最大出力や、パワーコンディショナの定格出力合計値のどちらかが『10kW未満』であるということも条件になりますし、システム自体に不正な改造などが行われていないということも必要です。
さらに、太陽光発電システムの価格が『55万円/kW以下』であることが大きな条件です。
これらを満たさないと、補助金制度の対象外となりますので、事前にきっちりと確認しておいてください。
実際には、設置業者に相談する時から補助金を受けたいということを明言しておいて、その前提で話を進めていくようにしましょう。
具体的な申請方法などについても相談にのってくれる業者を選ぶといいですね。

ローンの種類

太陽光発電システムを設置するためには、およそ200万円前後という決して安くはない費用が必要となります。
ですから、一括購入ではなくローンを組むという方も少なくはないでしょう。
太陽光発電のローンは3%程度という安い金利ですので、比較的利用しやすいと言えます。
具体的には、「銀行」や「信販会社」のローンを活用する方法や、「住宅金融公庫」のローン、「地方自治体」のローン、それに「太陽光発電システムのメーカー」が独自に提供するローンなどがあります。
この中でも、比較的多く使われているのは「銀行」や「信販会社」のローンでしょう。
これらは「ソーラーローン」と呼ばれることもあり、最長15年まで組むことが可能です。
また、リフォームと一緒に太陽光発電システムのローンを組むと、さらに金利が安くなるという場合もあるようです。
施工業者が「銀行」や「信販会社」と提携していることも多いですから、手続きが簡単にできることもメリットの一つと言えますね。
いくつかの条件を満たす必要はありますが、「住宅金融公庫」のローンなら、「銀行」や「信販会社」よりも金利は低くなるようですし、「地方自治体」のローンなら、さらに金利が安くなるか、時には金利自体がないという場合もあるようですね。
「太陽光発電システムのメーカー」のローンは、そのメーカーごとに条件も異なってきますから、他のローンと比べて有利であれば活用してみるのもいいでしょう。
依頼する施工業者とも相談して、もっと使いやすいものを選ぶようにしてみてください。

太陽光発電システムの寿命

初期費用を考えると、決して安いとはいえない太陽光発電システムですが、実際に設置するとどのくらいの期間使うことができるのでしょうか?メーカーや製品によって多少の違いはあるようですが、基本的に太陽光発電システムはモーターなどの可動部品がありませんので、寿命は長いと考えて良いようです。
平均すると、20~30年というのが、一般的な太陽光発電システムの寿命といえるでしょう。
ちなみに、シャープが初めて太陽電池を設置したのは1966年のことで、それは今でも稼働していると言いますから、実に45年以上ですね。
材質などによっても変わってくるのでしょうが、そう簡単に寿命が尽きるというものではないでしょう。
ただし、メーカーによる保証期間は10年間となっている場合が多いようです。
これは『出力保証』の期間となっていて、10年間は一定以上の出力を保証するというものですが、その出力は『公称定格出力の81%』とされています。
ということは、10年を過ぎると公称定格出力の81%は下回るかもしれませんが、11年目からすぐに使えなくなるというわけではないのですね。
なお、この10年保証というのは、太陽光を受けるモジュールについてのもので、パワーコンディショナをはじめとする周辺機器については、保証期間を1年と決めているメーカーが多いようです。
ですが、パワーコンディショナの寿命も10~15年と言われていますので、一度設置すれば当面は問題がないと考えても大丈夫でしょう。

太陽光発電と屋根の関係

「太陽光発電システムを導入しよう」と思っても、屋根の形状などによっては設置ができないというケースもあります。
そこで、太陽光発電と屋根の関係についても詳しく見ていきましょう。
まず、太陽光発電に適している屋根というのは、『面積が広い』ことと『日当たりが良い』という条件を満たしているものです。
日当たりにも関係してきますが『南向き』であれば、さらに良い条件といえるでしょう。
言うまでもなく、日当たりが良いほど発電量が増えるのですから、これらの条件を満たしている方が有利となるわけですね。
では、太陽光発電に不向きな屋根がどんなものかというと、上記3つの条件の内のどれかが欠けてしまっているものということになります。
『面積が狭い』ものや『北向き』で『日当たりが悪い』屋根は、どうしても不利になります。
とは言え、これも度合いによりますので、専門の業者に相談してみると打開策が見つかる場合もあります。
最近の太陽光発電システムは進化していますから、多少面積が狭かったり日当たりが悪かったりしても、それをカバーできる製品もあるようですから、まずは相談してみるといいでしょう。
ただし、上記の条件を満たしていたとしても、建物自体の老朽化が進みすぎている場合には、太陽光発電システムを設置することはできません。
また、トタン屋根など、重さに耐えられないような材質の場合も無理ですね。
稀に、一見問題がないような屋根でも、詳しく調査すると設置できないというケースもあるようですから、いずれにしても専門の業者に相談することが必要でしょう。

施工の業者選び

太陽光発電システムの施工というのは、何回も行うものではありませんので慎重に決めたいものですね。
工事が終わってから、「実は別の業者の方が良かった・・・」なんてことがわかっても、どうしようもありませんから。
ですが、一口に太陽光発電の施工業者と言っても、かなりたくさんあり、なかなか見極めるのは難しいものです。
金額は安くても仕事がずさんだったり、逆に仕事は丁寧でも相場以上に高い金額だったりと、業者によって様々な条件が考えられます。
どこで見極めればいいのか、そのポイントを見つけるのも難しいのですが、ひとつ目安にできるのは、『多くのメーカーの製品を扱っている業者を選ぶ』ということでしょう。
というのも、太陽光発電システムはメーカーによって特色があり、屋根の形状や材質などによって、どのメーカーの製品が適しているかが変わってくるものなのです。
ですから、取り扱いメーカーが少ない業者だと、最適な製品を設置できない可能性が高くなります。
そうならないよう、なるべく多くのメーカーの製品を扱っている業者を選び、自分の家の屋根にはどの太陽光発電システムがいいのかを相談しながら決めていくのがいいでしょう。
業者から製品の提案があったら、「どういうところが自分の家の屋根に合っているのか」、「他のメーカーの製品を設置した場合には、どんなメリットやデメリットがあるのか」など、細かいことまで質問し、それに対してハッキリとした返答をもらえるかどうかを判断の目安にするといいかもしれません。

取り付けに関するトラブル

太陽光発電システムの取り付けに関するトラブルで一番多いのが、『雨漏り』です。
太陽電池を屋根に取り付けたことが原因とされていますが、もちろん適切な工事を行なっていれば雨漏りなどは起こしませんから、本当の原因は『施工業者の経験不足』ということになるでしょう。
工事を依頼する側からすると、とんでもない話ですが、実際に太陽光発電システムの設置で雨漏りを起こしているという例は少なくありません。
この背景には、不況のために住宅関連の工事が少なくなり、それに引き換え太陽光発電の工事が増えてきたため、建築関係の業者が太陽光発電に参入してきているという事情があるようです。
もちろん、実際に太陽光発電の施工を行うには、メーカーが指定する『工事業者ID』というものが必要なのですが、これは数日間の研修を受ければ取得できるものなのです。
そのため、最低限の知識や、研修の中での設置実習の経験はあっても、実際の施工経験が少ないためにトラブルが起きてしまうというわけですね。
建物の築年数によっては、外見上の問題はなくても太陽光発電システムの重量を支えるには問題があるというケースもあるようですから、的確な判断をするには、それなりの経験知が必要となるのでしょう。
また、稀に漏電などを起こして火災につながってしまうというケースもあるようです。
そのようなことがないように、できれば関連業者の評判なども聞いた上で、本当に安心できる施工業者を見つけたいものですね。

訪問販売でのトラブル

太陽光発電についての関心が広まっている今、実は訪問販売でのトラブルというものもかなり増えてきているようです。
環境にやさしいクリーンな発電方法として行政からも後押しされていますし、電気代の節約や、余剰電力を売ることもできるということで、興味を持っている人も少なくありません。
そこに付けこむような形で強引に契約を迫ってくる訪問販売の業者がいるんですね。
とは言っても、決して詐欺ではなく本当に太陽光発電の施工はしてくれるのですが、その方法があまりにも強引なのでトラブルに発展してしまっているということなのです。
もちろん太陽光発電自体にはメリットも多いですし、魅力的なものなのですが、実際に設置できるかどうかは建物の築年数や屋根の形状などによって変わってきます。
ですから、それらをキチンと調査し、安全性を見極めた上で契約するというのが本来の順序であり、信頼できる施工業者のスタンスです。
ですが、自分たちの利益だけを考えて、家や屋根の状態などはお構いなしに、とにかく契約を迫ってくるような業者であれば、間違いなく断ったほうが安全です。
訪問販売で強引に契約させようとするような業者であれば、工事にも不備が出る可能性も高いでしょうから、雨漏りなどのトラブルが起きることも十分に考えられますし、アフターケアなども望めないことでしょう。
ですから、もしもそのような業者の訪問販売を受けることがあれば、毅然とした態度で断る勇気を持つことも大切です。

蓄電池とは

『蓄電池』というのは、その名の通り電力を蓄えて、何度も充電や放電を繰り返し行うことができる電池のことですね。
乾電池などにも蓄電池タイプのものがありますが、電力問題や節電意識が高まっている現在、注目されているのが『家庭用の蓄電池』です。
実際に現在市販されている蓄電池には、「住宅用蓄電池」と「業務用蓄電池」の2種類があるのですが、これらは主に「蓄えることができる電気の容量」と「販売価格」に大きな違いがあるようです。
当然ながら、業務用の方が大量の電気を必要としますし、その分だけ価格も高くなるということなのですが、メーカーによっては明確な差を持たずにどちらでも使うことができるような製品も販売されています。
太陽光発電システムを使えば、家庭で発電することができるわけですが、悪天候の時や夜間などには発電ができませんね。
そこで、この蓄電池を併用する形にして対応できる製品も出ています。
そうすれば、太陽光発電システムの最大のデメリットである発電できない時をカバーできますので、一番安心できて便利なスタイルということになりますね。
特に、東日本大震災以降は注目が集まっていますので、今後ますます太陽光発電システムと蓄電池の組み合わせは普及していくことでしょう。
ただ、現状では住宅用の蓄電池はまだまだ少ないようですので、今すぐ導入するのではなくても事前に情報を知っておいて、良いものが見つかった時に購入するというようなスタンスで考えておくこともいいと思います。

蓄電池を活用するメリット・デメリット

蓄電池を活用する上でも、様々なメリットとデメリットが存在します。
まずはメリットから見ていきましょう。
一番のメリットといえば、なんといっても『停電の時でも電気が使える』ということですね。
これは、特に災害時などには大きな力を発揮するメリットということができます。
さらに『太陽光発電システムで作った電気を蓄えられる』ということも大きなメリットです。
太陽光発電が持つ、「夜間や悪天候の時に発電できないという」という弱点を十分にカバーすることができるので、太陽光発電と蓄電池を組み合わせておけば万全の体制と言えそうです。
その上、『節電対策』にもなりますから今後の社会の方向性とも合致していると言えますね。
逆に、デメリットにはどのようなものがあるのかというと、今のところは『価格が高い』ということが筆頭に挙げられます。
現状は、十数万~数百万円と金額にばらつきもありますが、ある程度の規模のものであれば百万単位の投資にはなってきます。
今後の普及によって金額も下がってくるでしょうが、それにはもう少し時間がかかりそうです。
また、これはデメリットと言えるかどうかは微妙ですが、『蓄電池にも寿命がある』ということも予め考えておかないといけません。
当然ながら、無期限に使えるというわけではありませんので、いずれは買い換える必要が出てきます。
使う頻度にもよるのですが、一般的な家庭用の蓄電池の場合、毎日使うのであれば2~3年、あまり使わなければ5~10年程度が寿命だといわれています。
設置する時には、それも併せて考えておく必要があるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

パナソニック『けむらん亭』の特徴や感想

魚を焼いた時のニオイ、焼き肉をした時のニオイって困りますよね。 ニオイさえでなければ、私の料理

記事を読む

ユズの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

ユズは、日本でも古くから活用されてきたなじみの深い柑橘系の植物です。 ユズは四国がおもな産

記事を読む

象印 ホームベーカリー パンくらぶの特徴や感想

おうちで、パンが焼けたなら、朝は必ず違うものになる。 自分でパンを作ってみたいと思ったことあり

記事を読む

HUrom スロージューサーの特徴や感想

ヒューロムは、1974年の創業以来、スロージューサーのパイオニアとして開発に開発を重ね、世界累計

記事を読む

スイートアーモンドオイルの効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

スイートアーモンドオイルとは、バラ科に属するアーモンドの木の仁(種子)を圧搾することで得られる植

記事を読む

パナソニック ライスブレッドクッカーの特徴や感想

おうちで、お米で、パンを作りましょう。 お米で、パンが作れるのです。 今までいろんな事情でい

記事を読む

ヘーゼルナッツオイル(はしばみ油)の効果、効能、使い方、食べ方、注意点のまとめ

ヘーゼルナッツオイルとは、カバノキ科ハシバミ属(和名:ハシバミ)の果実から得られるオイルです。

記事を読む

日本抗菌 HOTAPASUI ホタパ水の特徴や感想

無添加HOTAPASUI、ホタパ水とお呼びください。 一年中、家中の除菌に使えます。 コンパ

記事を読む

「エコウィル」「エネファーム」エコで快適な生活を実現!

ガス発電による排熱発電 都市ガスやLPガスなどのガス燃料で、発電できることをご存知でしょうか。

記事を読む

フローラルウォーターの特徴や効果、使い方、注意点を解り易く

フローラルウォーターは別名を「ハーブウォーター」ともいい、芳香蒸留水のことをいいます。 よ

記事を読む

DeLonghi 珈琲エスプレッソメーカーの特徴や感想

オイルヒーターなどで知られるデロンギは、1902年に北イタリアのト

ツインバード ジェットサイクロン ブロワプラスの特徴や感想

ベットを家族としているご家庭が増えました。 そこで、問題点となる

IRIS 無加水鍋の特徴や感想

素材のうまみをにがさない無加水鍋で、食卓を、そしてあなたの食生活を

Haier 冷凍冷蔵庫の特徴や感想

一人暮らしをするとき、なによりも必要な家電は冷蔵庫です。 ハイア

HUrom スロージューサーの特徴や感想

ヒューロムは、1974年の創業以来、スロージューサーのパイオニアと

→もっと見る

PAGE TOP ↑