猫の種類・性格・飼い方・特徴・注意点など>あ行の猫

公開日: : ペット,

アメリカンカール

『アメリカンカール』というのは、アメリカのネコで、その名の通り外向きにカールした耳が大きな特徴となっています。

比較的新しい品種のネコで、1981年にアメリカのカリフォルニア州で見つかった雑種の野良ネコの子猫から作り出されました。

この子猫の耳が後ろに折れ曲がっていたのですが、その原因は突然変異と考えられているようです。

その後成長して生んだ4匹の子猫のうちの2匹がやはり外向きにカールした耳だったため、その子猫たちを基礎に品種の固定と改良が行われて、今のアメリカンカールが作られました。

耳のカールの具合によってランク付けされていて、第1段階が後方に少しだけ反り返っているもの、第2段階は後方へのカールが大きく際立つもの、そして第3段階が横から見ると完全な三日月形に見えるほどカールが強いものとされています。

性格は、とても人なつっこくおとなしいのですが、それでいて物怖じせず活動的でもあります。

ですが、しつけもしやすく聡明なネコですので、飼い猫向きといえるでしょう。

ただ、「外耳炎」にかかりやすいようですので、気をつけてあげる必要があります。

なお、耳のカールが遺伝する確率は50%程度ということで、生まれてすぐの時にはまっすぐの耳をしています。

生後2~10日で耳がカールし始め、その後はカールの度合いも変化していくのですが、およそ4ヶ月くらいで定着するようです。

新しい品種ということもあり、手に入れるのは、やや難しいようです。

アメリカンショートヘア


『アメリカンショートヘア』というのは、その名の通りアメリカ原産のネコで、日本でも1980年頃から、「アメショー」というニックネームで親しまれている大人気種となっています。

ルーツをたどると、今からおよそ400年前のアメリカ開拓時代に、ピューリタンがイギリスから連れてきた短毛のネコが起源となっているようです。

当初はペットとしてではなく、獲物を獲るハンターとして重宝されたようですが、その愛らしい姿から開拓移民たちの安らぎの存在として定着していきます。

元々がハンターですので、頭でっかちで筋肉質の精悍なスタイルが特徴なのですが、最近の傾向ではちょっと小顔のスッキリしたタイプがアメリカンショートヘアの主流となってきているようです。

ショートヘアという名前の通り「短毛種」で、長い間、厳しい戸外の環境に順応してきましたので、とても厚くてゴージャスな被毛となっています。

日本では「クラシックタビー」が人気ですが、他に「ブラック」や「シェーデッド」、「ホワイト」など、様々な色があります。

また、目の色が被毛の色に準ずるというのも、アメリカンショートヘアの特徴のひとつといえるでしょう。

元ハンターだけあって、性格は大胆で活発、陽気で賢く冒険も大好きなので、人間ともたくさん遊びます。

ただ、運動不足になるとストレスがたまりやすいですので、そこには注意が必要です。

また、かかりやすい病気として「脂漏性皮膚疾患」がありますので、それにも気をつけてあげましょう。

アメリカンボブテイル


『アメリカンボブテイル』というのは、その名の通りアメリカ原産のネコで、1960年代にアリゾナを旅行していた若い夫婦が手に入れた子猫が元になっています。

「ボブテイル」というのは、「短いシッポ」を表す言葉ですが、海外の猫には大変珍しい特徴のため可愛がられていたようです。

後に、その子猫は成長し、シャムネコと交配して子猫が生まれたのですが、その中にやはりボブテイルの子猫がいて、それを見たブリーダーが新しい猫種を作る繁殖計画をはじめました。

やがて、1970年代には最初のスタンダートとなるアメリカンボブテイルが誕生します。

外見上の特徴としては、「ロング&サブスタンシャル」のがっしりした体型を持っていることが挙げられます。

しっかりと発達したアゴや、楕円形の目は、とても精悍な印象を与えています。

前肢に比べて後肢はすこし長く、特徴となっている短いシッポ=ボブテイルは、真っ直ぐものやクルリと巻いているものなど、個性が表れるところでもあります。

毛種としては、やや長めの短毛種に属し、被毛は少し硬めのダブルコートになっています。

中でも一番毛が長いのがシッポで、そのためにシッポが丸く見えています。

見た目には、やや野性的な印象を受けるアメリカンボブテイルですが、性格はそれに反しておとなしく優しいことが特徴。

ですが、社交的で遊ぶのは大好きです。

運動量はやや多めですので、ストレスがたまらないように積極的に遊んであげることが大切です。

アメリカンワイヤーヘア


『アメリカンワイヤーヘア』というのは、その名の通りアメリカ原産で、ゴワゴワと縮れた被毛を持つネコのこと。

このアメリカンワイヤーヘアは、1966年にアメリカンショートヘアから突然変異で産まれた子猫がベースになっている種類です。

この時に産まれた子猫は「アダム」と名付けられていたのですが、現在までアダムと血縁を持たないアメリカンワイヤーヘアは存在していないと言われています。

ですから、アメリカンワイヤーヘアは、すべてアダムの直系の子孫ということになります。

外見上の最大の特徴は、なんといってもその「ワイヤーヘア」、つまり「縮れ毛」です。

全身の毛はもちろん、耳の内側の毛まで先端が丸まったり折れていたりしていますし、ひげもカールしています。

また、この被毛はとても厚く、抜群の弾力性を持っています。

それでいて、あまり硬い毛は生えてきませんので、さわってみると全体的にはウールのような感触となっているのも大きな特徴といえるでしょう。

毛色やパターンに関しては、アメリカンショートヘアとほぼ同じのようです。

体格は中くらいの「セミコビータイプ」で、逞しい筋肉とバランスのよい首、ややつり上がった大きな目など、アメショーゆずりのボス猫体型をしています。

外見からは粗野な印象を受けるのですが、性格的には人なつっこい、おっとりしたネコです。

ですから、飼い猫としても十分に可愛がられる資質を持っているのですが、入手困難なためかアメショーほどには普及していません。”

エキゾティック


『エキゾティック』というのは、アメリカ原産のネコで、『エキゾチックショートヘア』と呼ばれることもある短毛種です。

このエキゾティックは1960年代に、「ペルシャネコ」の特徴を持ちながらも、それでいて手間のかからない短毛種を作りたいということから生み出された、「ペルシャの従兄弟」とも呼べるようなネコです。

当初は、ペルシャと「バーミーズ」などが交配されたのですが、それではペルシャの特徴でもある体型が崩れてしまったようです。

そこで、「アメリカンショートヘア」と交配させてみたところ、ペルシャの特徴を引き継いだ短毛種が見事に誕生したのです。

体型の特徴としては、中~大型の「コビータイプ」で、全身がどっしりとしていて四肢も太く頑丈、それにアゴもしっかりとしているなど、筋肉質なボディを持っていることが挙げられます。

ですが、それでいて少し離れ気味についている丸い目や、つぶれたように上を向いた鼻、口まわりが短い独特の甘え顔など、いつまででも抱っこしていたくなるようなペルシャの特徴は、そのまま引き継がれています。

また、短毛種の中では少し長めの被毛になっていて、その手触りはまるでビロード思わせるほどなめらかです。

毛が短くなったペルシャということから「パジャマ姿のペルシャ」と呼ばれることもあるようですね。

性格的には、温和でおっとりした、とても愛情深いネコなのですが、もう一方の祖先である短毛種のの性質も引き継いでいますので、ちょっぴり活動的な面を見せてくれることもあります。

エジプシャン・マウ


『エジプシャンマウ』というのは、エジプト原産の「短毛種」のネコです。

「マウ」というのは、エジプト語でネコのことを指しますので、まさに「エジプトのネコ」という意味になります。

エジプシャンマウの特徴は、なんといってもストライプが途切れて、スポット模様になっている「スポットタビー(スポッテッドタビー)」。

このスポットタビーを自然発生的に持っているのは、このエジプシャンマウだけだと言われています。

古代エジプトの壁画や巻物に描かれているネコには、エジプシャンマウのようなスポットがありますので、エジプシャンマウのルーツは古代エジプトにあるではないかとも考えられています。

ハッキリとわかっているところでは、1953年にイタリア滞在中のロシア人王女がエジプトからネコを取り寄せ、そのネコをイタリアのネコと交配させたのですが、それがエジプシャンマウのはじまりとなっています。

やがて、その王女は政変のためにアメリカに亡命するのですが、アメリカのブリーダーたちがその愛らしさに関心を持ち、は計画的にブリーディングされるようになったようです。

外見上の特徴としては、「セミフォーリンタイプ」の体型でやや丸めのV字型の頭を持っているのですが、全体的に筋肉が発達しているため、あまり丸々とした印象は受けません。

被毛は密集していて、その手触りは、まるでシルクを思わせるようになめらかです。

性格的には、おとなしく少し人見知りもしますが、飼い主には従順で賢いネコですから、とても飼いやすいでしょう。

「皮膚疾患」や「尿路結石」には気をつけてあげる必要があります。

オシキャット


『オシキャット』というのは、アメリカ原産のワイルドな風貌を持つ「短毛種」のネコです。

このオシキャットという名は、豹柄が美しいことで知られているネコ科の野生種である「オセロット」にあやかって付けられたものです。

ただし、これはオセロットと交配されているということではなく、あくまでもヒョウ柄がオセロットに似ているというだけですので、「オセロットのようなネコ」ということで、オシキャットと呼ばれています。

実際には、「チョコレートポイントシャム」と「アビシニアン×シールポイントシャム」など、比較的飼いやすい品種の間から偶然にもスポット模様の魅力的なネコが誕生したということです。

その後、さらに「アメリカンショートヘア」も掛け合わされるようになるとがっしりした体型にとなって、現在のオシキャットになっています。

体型の特徴としては、大きめの「セミフォーリンタイプ」で、骨格・筋肉ともにバランスの良い均整がとれたボディを持っています。

また、シッポが長いことも特徴的といえるでしょう。

毛色は、いわゆるヒョウ柄のスポットですが、エジプシャンマウのような天然ではなく、完全に人工のスポットとなります。

オセロットを思わせるほどワイルドな風貌を持つオシキャットですが、シャムやアビシニアンなどの品種が交配されているせいか、性格は優しくて、とても人なつっこいものです。

ただ、運動は好きですのでストレスをためてしまわないように、タップリと遊べるような環境を作ってあげてください。

オホースアズーレス


『オホースアズーレス』というのは、アメリカ原産の「短毛種」のネコです。

このオホースアズーレスという名前はスペイン語から来ていて、「オホース」は目のことを、そして「アズーレス」は青いという意味を指していますので、「青い目」のネコということになります。

その名の通り、オホースアズーレスの最大の特徴は深い青の瞳で、とても魅力的な輝きを放っています。

オホースアズーレスの起源をたどって行くと、1984年のニューメキシコに行き着きます。

ですから、まだ歴史の浅いネコということになりますね。

野生の猫の中から発見されたと言われていますが、その最初の猫は、「Cornflower」と呼ばれていたようです。

体型の特徴としては、「ドメスティックタイプ」と「シャム」の血を引いた「フォーリン」と呼ばれるスマートなボディです。

また、全身がどんな被毛であっても四肢と口元、それにシッポの先は白くなっているということもオホースアズーレスの特徴のひとつでしょう。

性格的には、賢く感受性が高いということがよく知られています。

その感受性の強さからか、飼い主が誠意をもって接してあげれば、オホースアズーレスもその誠意を返してくれるという、愛らしく素晴らしいネコと言えます。

前述のとおり、まだ歴史の浅い、新しい品種のネコですので、日本では知られていなかったりペットショップなどでもなかなか見つからなかったりしますが、今後は増えてくると思われます。

オリエンタルショートヘア


『オリエンタルショートヘア』というのは、イギリス原産の猫で「シャム猫」にカラフルな毛色とグリーンの瞳をプラスしたものです。

その名の通り、「オリエンタルタイプ」という長く直線的な体型で、胴はほっそりとした円筒状、顔はV字型で長い尾を持っているのが大きな特徴と言えます。

元々は白猫とシャムを交配して「フォーリン・ホワイト」という猫が作られたのですが、その時の白猫の遺伝子の中に様々な毛色が隠れていたため、色とりどりのオリエンタルショートヘアが生まれたと言われています。

ベースとなっている「シャム猫」が猫の一つの理想形と言われていますが、その兄弟筋にあたる猫ですので、ネコ好きにとってはたまらない魅力を持っているといえるでしょう。

その姿はエキゾチックですし、立ち居振る舞いも優雅で洗練されていますが、それでいて気ままで甘えっ子な性格を併せ持っています。

また、様々なカラーの子猫が生まれるという楽しみもありますので、一代だけでなく次の世代まで長く飼い続けたい種類とも言えそうです。

ただし、「皮膚疾患」や「尿路結石」にかかりやすいという特質も持っていますから、その点は気をつけたほうがいいでしょう。

遊び好きですので運動量は多いのですが、ショートヘアという名前の通り短毛の種類ですし、抜け毛も少なめですからお部屋を汚すということはあまり無さそうです。

ただ、毛が短い分だけ寒さにも弱いですので、冬は暖房で居心地の良い場所を作ってあげることや、夏は冷房を調節してあげるなどの工夫が必要となります。

オリエンタルロングヘア


『オリエンタルロングヘア』というのは、「オリエンタルショートヘア」と「バリニーズ」を交配させることで作られた長毛種のネコのことです。

長毛種とはいっても、毛の長さは5cmほどですのでセミロングと言ったほうが正確かもしれません。

体型はオリエンタルショートヘアと同じ「オリエンタルタイプ」ですので、全体のシェイプは長く直線的で胴はほっそりとした円筒状、顔はV字型で長い尾を持っているという点は変わりませんが、毛が長い分だけやや丸みを帯びた雰囲気に見えます。

とはいっても、オリエンタルロングヘアの被毛は細くやわらかく、下毛がありませんし体にそって寝ていますので、あまりロングヘアという印象は受けないかもしれません。

性格的にはシャム猫の血統を引いていますし、オリエンタルショートヘアと似ていますので、非常に活発で好奇心旺盛というところは変わりません。

遊ぶのも大好きですから、適度に運動できる環境を作ってあげないとストレスがたまりやすいという面があります。

それに、元々がスリムな種類ですから、食べた分はしっかり運動させてあげることは大切といえるでしょう。

とてもお茶目で甘えん坊ですし、いつも特別な人の足元や近くにいたがるという性格ですから、ネコ好きな人にとっては可愛くてたまらないタイプのネコといえるでしょう。

オリエンタルロングヘアもショートヘアと同じように「皮膚疾患」や「尿路結石」には気をつけてあげてください。

平均寿命は15~20年と言われてます。

スポンサーリンク

関連記事

neapolitan_mastiff

ナ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

ナポリタン・マスティフ 『ナポリタン・マスティフ』というのは、イタリア原産の犬種で、祖先はロ

記事を読む

6-11

犬のワクチン接種について、時期、種類、費用、副作用など

犬のワクチンとは? 感染症の予防のため、愛犬にワクチンを接種させる人は少なくありません。 ま

記事を読む

%e2%98%855%ef%bc%8d2

猫の爪とぎの理由と問題点としつけ方、防ぎ方

猫が爪をとぐのは本能的な行動で、程度の差はあるものの多くの猫に見られます。 なぜ猫は爪をとぐの

記事を読む

3-4

犬のしつけの基本や状況別対処法のまとめ

犬の最も基本的なしつけ トイレの場所を覚えさせる トイレの場所を覚えさせることも、しつけの一

記事を読む

2-12-19

猫の病気の症状と原因

猫の病気の症状や原因などの紹介を行っています。 猫は言葉を話さず、痛みもあまり訴えない動物とな

記事を読む

1-7

犬を飼うために知っておきたい基礎知識

犬を飼うために知っておきたいこと 近年、身勝手に犬を捨てる人々が多くなってきています。 捨て

記事を読む

pug

ハ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

パグ 『パグ』というのは、中国原産の犬種で、暑さにめっぽう弱いことでも知られている「小型犬」で

記事を読む

9-9

犬の散歩>方法、注意点、など

犬の散歩をいつ行うか? 犬のしつけや健康管理の一環として、散歩を行わなければなりません。 で

記事を読む

shutterstock_323872466

犬の心臓の病気 | 症状・原因・治療など

心不全 フィラリア症の症状・原因・治療など 『心不全』というのは、犬の心臓や、心臓と関係す

記事を読む

3%ef%bc%8d1-e1454547439132

猫の噛み癖の原因や対処法について

猫の噛み癖の原因や対処法について さまざまな原因で、猫が人に噛みつくことがあります。 そうい

記事を読む

zojirushi-tukitate
象印 精米器 つきたて風味の特徴や感想

お米は、研ぐ前ぎりぎりのつきたてで炊いた方が絶対おいしいごはんがで

4-21-2
日本三大金魚生産地>大和郡山市、弥富市、江戸川区

観賞魚の金魚を飼ったことがある人、いま飼っているという人は多いでし

メディウェル
メディウェルの詳細・特徴・口コミ

メディウェルは、東京証券取引所一部に上場している株式会社アインファ

40-11-9
日本三大葱>下仁田ねぎ、岩津ねぎ、博多万能ねぎ

日本国内にはたくさんの日本三大○○がありますが、葱(ねぎ)にも三大

no image
ツインバード コードレススティック型クリーナー ジェットサイクロンJの特徴や感想

コードさえなかったら、お部屋を縦横無尽に掃除機かけられるのに。 コー

→もっと見る

PAGE TOP ↑