猫アレルギーの原因、症状、治療、予防について

公開日: : ペット,

猫アレルギーとは何か?


猫アレルギーは比較的よく知られたアレルギーのひとつで、発症する人は少なくありません。
自覚がないままアレルギーを持っていることもあるので、猫を飼う前に猫アレルギーについて知っておくことは大切です。

アレルギーの仕組み

アレルギーは、外部から体内に入り込んだウイルスや細菌などの異物を取り除いて体を保護する免疫反応によって起こります。
免疫機能は本来は有害なものに反応しますが、体に害を及ぼさないものにまで過剰に反応することがあります。
最近はこういったアレルギー患者が増加傾向にありますが、その背景には食生活の変化や環境汚染、清潔ブーム、ストレス過多、杉花粉などのアレルゲンの増加などがあると言われています。
アレルギー反応の程度は個人差があり、アレルギーの原因や体のどの部位にあらわれるかによって病名は変化します。
たとえば気管支でアレルギー反応が生じて、気管支が狭まると咳が出たり呼吸が苦しくなったりしますが、それは気管支喘息という名前で呼ばれます。
花粉によって目のかゆみや鼻づまり、鼻水、くしゃみなどがあらわれる場合は、花粉症という病名となります。

猫アレルギーとは

動物によって起こるアレルギーは多くありますが、そのなかでも猫アレルギーは比較的起こりやすいと言われています。
猫は家で飼われることが多く、接する時間がほかの動物よりも長いというのが理由として考えられます。
猫アレルギーの原因は尿や唾液、毛、ふけなどと言われ、皮膚の腫れやくしゃみ、鼻水、眼の充血、咳などの症状があらわれます。
猫アレルギーはほかの多くのアレルギーがそうであるように、アレルゲンだけでなく免疫力や体力の低下、ストレス、疲労、室内のダニやホコリなどが複雑に絡まってアレルギー反応を起こすことがほとんどです。
猫を飼う前に自分や家族にアレルギーがあるかどうか調べるのが最良ですが、飼ってから見つかった場合も工夫次第でアレルギーを出にくくすることは可能だと言われています。

猫アレルギーの症状


猫アレルギーには軽度なものから、比較的重篤なものまで、さまざまな症状があります。
自分にあてはまる症状がないか、確かめておくといいでしょう。

鼻や目、喉の症状

目のかゆみや充血、鼻水、くしゃみ、咳、喉の痛みなどの症状は猫アレルギーのなかでも発生頻度が高いと言われています。
風邪の症状に近いため、はじめは猫アレルギーだと気づかないという人は少なくありません。
症状が軽度の場合は風邪に近い症状で済みますが、重症化すると喘息になる危険性があります。
喘息がひどくなると呼吸困難が起こることもあるため、十分に注意するようにしましょう。
猫アレルギーはわかりやすく、近くに猫がいたり猫と接触したりすることで反応します。
もしもこういったことが起きたら、猫アレルギーを疑ったほうがいいでしょう。
普段は猫がいてもなんともないのに、猫を抱きかかえた途端になんらかの症状があらわれることもあります。
猫の体を覆う毛には目に見えないような微細なほこりがついていることがあり、それがきっかけとなってアレルギー反応が出ることがあるのです。
抱きかかえると鼻や口からそういった物質を吸い込みやすくなり、アレルギー反応が起こりやすいと考えられています。

皮膚、その他の症状

猫アレルギーによって、皮膚が赤くなり、かゆみが生じることがあります。
また、花粉症のような症状が出る、唇の荒れ、胸が締め付けられるような感覚がある場合もあります。
皮膚症状は猫と接触した直後に生じる人もいれば、時間が経ってから起こる人もいます。
時間が経過してから症状が出た場合は猫アレルギーと気づきにくいので、猫と接触した時間などを記録しておくといいでしょう。
唇の腫れは、唇が猫の体から生じるアレルゲンを感知することで起こると言われています。
腫れのほかに、むずむずとしたかゆみを感じることもあります。
手でこすると悪化する恐れがあるので、触らないようにしましょう。
症状が広がると顔全体が赤みを帯びて腫れてしまうこともあるので、注意が必要です。

猫アレルギーの原因


猫アレルギーの原因物質はいくつかに分類できます。
その多くは微細なもので、花粉やほこりよりも小さいと言われています。
そのため、飛散しやすく猫を飼っていない家にも存在することもあります。

主な原因

猫アレルギーの原因はいくつかありますが、そのなかでも猫の脂線から分泌される糖タンパクと、唾液に多く見られる物質が主な原因と考えられています。
糖タンパクは猫の皮膚にある脂線のほか、唾液線や肛門線などからも分泌されます。
猫1匹あたり67mgほどの糖タンパクをもつと言われ、顔まわりや首は特に密集していることがわかっています。
唾液に含まれるアレルゲンは顎下線と呼ばれる唾液を分泌する組織に多く見られ、毛づくろいをするときにフケや毛にくっつくことで空気中に飛散します。
飛散したアレルゲンは壁や床に付着し、それを人間が吸い込むことになります。
空気に触れていて、ホコリなどが蓄積しやすい場所はアレルゲンの温床となりやすいので、こまめに掃除することが大切です。
猫アレルギーをもつ半数以上の人は、この物質に対する抗体をもつとも言われています。

アレルゲンの拡散

去勢手術を受けていない雄猫はホルモンの関係で、皮脂が生じやすいと言われています。
そのため、アレルギーの原因物質が多く出やすいとされています。
飼い猫だけではなく、人間が猫カフェや猫を飼っている人の家に行く、あるいは野良猫と接触するなどして服にアレルギー物質が付着することがあります。
その状態で帰宅すると室内にアレルギー物質が拡散しやすくなり、アレルギー症状が出やすくなることがあります。
猫アレルギーの予防にはこまめな掃除が大切となりますが、掃除によってかえってアレルギー物質が拡散する場合があります。
ホコリが蓄積した状態で掃除機をかけると、掃除機の排出風や動きによってアレルギー物質が空気中に舞い上がります。
そして掃除がおわったあとに再び床に落ちるため、きれいになったと思っても実際には状況は変わっていないということもあるのです。

猫アレルギーの治療法


猫アレルギーは発症者は多いものの、なぜアレルギー反応が起きるかという根本的な仕組みはいまだ解明にはいたっていません。
そのため、猫アレルギーが起きても、根本治療はむずかしく、対処療法が治療の主体となります。

アレルギー薬

アレルギー治療においてよく用いられるのが、抗ヒスタミン薬です。
ヒスタミンという炎症誘発物質が体に働きかけると、涙や鼻水が出やすくなります。
抗ヒスタミン薬はヒスタミンの働きを抑えて、症状を出にくくされる作用があります。
ステロイド薬が猫アレルギーの治療に用いられることもあります。
ステロイド薬は免疫の働きを抑制する働きがあるため、アレルギー反応が起きにくくなります。
抗炎症作用にもすぐれているため、アレルギーの治療には最適ですが、副作用のリスクがあるため使用には慎重さが求められます。

薬治療での注意点

アレルギー薬は、症状の抑制や予防には効果的ですが、根本的な完治ではありません。
アレルギーが起きないようにするには、原因物質をできる限り取り除く工夫などが必要となります。
薬を服用して猫アレルギーの症状がおさまったからといって、服用を中止するとアレルギー症状が再発することは珍しくありません。
薬治療と並行して、アレルギーが起こりにくい工夫や環境づくりが大切となるのです。

新しい治療法

さまざまな研究によって、猫アレルギーが起きるメカニズムは少しずつ解明されつつあります。
これから研究が進めば、アレルギー反応を効率よく抑え込むような薬が開発される可能性は十分あります。
海外では「減感作療法」という免疫療法についての研究が行われています。
減感作療法は低濃度のアレルゲンに人為的に接触され、体を少しずつ慣れさせるというものです。
さまざまなアレルギーで、その治療効果は実証されています。
今後研究がさらに進むことで減感作療法がより身近なものになれば、猫アレルギーを根本的になおせるようになるかもしれません。

猫アレルギーの予防や改善方法


猫アレルギーにはさまざまな症状がありますが、悪化すると危険な状態となることもあります。
そのため、予防することが大切となりますが、どういった方法があるのでしょうか。

アレルゲンが溜まりやすい場所の改善

シーツやカーテン、枕、マットレス、敷物などの布製品は、アレルゲンが溜まりやすいことがわかっています。
こういったものはこまめに洗濯や掃除をする、あるいは交換することが望ましいでしょう。
ぬいぐるみなども高確率でアレルゲンが付着しているので、定期的に洗濯することをおすすめします。
カーペットもアレルゲンが蓄積しやすいので、フローリングやビニール製のカーペットなどにしておくと安心です。

HEPAフィルターの活用

HEPAフィルターは空気中の微細なホコリやゴミを除去して、空気をきれいにする効果のあるエアフィルターのひとつです。
空気清浄機や掃除機にこうったフィルターを用いることで、アレルゲンを効率よく除去することができます。
一般的なフィルターでは小さな粒子には効果が発揮されませんが、HEPAフィルターは高い粒子捕集率をほこります。

猫に触れたら手洗い

猫は自分では触れない顎下や首をさわられることを喜びます。
しかしこういった場所にはアレルゲンが多く存在するため、猫に触ったらすぐに手を洗うようにしたほうがいいでしょう。

こまめなブラッシングとシャンプー

こまめにブラッシングをすると抜け毛が減るため、アレルギーとの接触頻度は下がります。
シャンプーもアレルゲンを減らすには有効な方法なので、定期的に洗うようにしましょう。

猫が入れない場所をつくる

アレルゲンが家中に飛散するのを防ぐには、猫専用の場所を用意するのが効果的です。
ただし、あまりに狭いと猫のストレスの原因となってしまうので、ある程度の広さは必要となります。

ほかのアレルゲンも排除

猫アレルギーがある状態でほかのアレルギーが起こると、症状は悪化しやすくなります。
猫を外に出せば室内に飛散するアレルゲンは減少させられますが、ダニや花粉などのアレルゲンを持ち込む恐れがあるため避けたほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

ketsueki-3

犬の血液の病気 | 症状・原因・治療など

白血病 『白血病(はっけつびょう)』というのは、犬の骨髄内にある“造血細胞”が遺伝子変異を起こ

記事を読む

1%ef%bc%8d3-1-e1454547223285

猫のトイレの上手なしつけと手順について

猫は犬などと比べて、トイレを覚えやすいと言われています。 そのため、はじめて猫を飼う人でも比較

記事を読む

neapolitan_mastiff

ナ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

ナポリタン・マスティフ 『ナポリタン・マスティフ』というのは、イタリア原産の犬種で、祖先はロ

記事を読む

2-12-19

猫の病気の症状と原因

猫の病気の症状や原因などの紹介を行っています。 猫は言葉を話さず、痛みもあまり訴えない動物とな

記事を読む

shutterstock_134583359

犬の感染症 | 症状・原因・治療など

細菌性腸炎 『細菌性腸炎(さいきんせいちょうえん)』というのは、その名の通り、細菌が原因となっ

記事を読む

6-11

犬のワクチン接種について、時期、種類、費用、副作用など

犬のワクチンとは? 感染症の予防のため、愛犬にワクチンを接種させる人は少なくありません。 ま

記事を読む

5-4

犬の食事>ドッグフードの知識を持ってますか?

成分一覧 ペットショップなどで売られているドッグフードには、成分表が記載されています。 肉な

記事を読む

hone-1

犬の骨の病気 | 症状・原因・治療など

股関節形成不全症 『股関節形成不全症(こかんせつけいせいふぜんしょう)』というのは、犬の“太も

記事を読む

mastiff

マ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

マスティフ 『マスティフ』というのは、イギリス原産の犬種で、もの静かで観察力に優れ、いつでも沈

記事を読む

%e2%98%859%ef%bc%8d5

猫の殺処分を減らしたい!

安易に猫を増やさない 猫に避妊手術を受けさせ、安易に数を増やさないことが殺処分数の減少につなが

記事を読む

強力消臭靴下リンマー
強力消臭靴下リンマーの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【強力消臭靴下リンマー】がオススメ! 靴下を何度も念入りに洗った

ネオテクト
ネオテクトの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

ネオテクト薬用マイクロデオドラントクリームとは、株式会社ヴィジョン

FRESHU(フレッシュー)
FRESHU(フレッシュー)の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【FRESHU(フレッシュー)】が解決! 男のニオイの原因① ~

ファルマスタッフ
ファルマスタッフの詳細・特徴・口コミ

ファルマスタッフは薬剤師の転職をサポートしているサイトであり、日本

ヤクステ
ヤクステの詳細・特徴・口コミ

ヤクステは、株式会社グローアップが運営している薬剤師専門の転職支援

→もっと見る

PAGE TOP ↑