猫の種類・性格・飼い方・特徴・注意点など>は行の猫

公開日: : ペット,

バーマン

『バーマン』というのは、ミャンマー原産のネコで、「ビルマ(ミャンマー)の聖猫」と呼ばれるほど大切にされてきた歴史を持っています。
バーマンの祖先は古くからミャンマーの寺院で飼われていたのですが、その寺院で世話をしてくれた僧侶が戦争で殺されたときに、僧侶の遺体に飛び乗り、四肢の先以外の体を金色に、そして目をサファイア色に変えて他の僧侶たちを励ましたという伝説が残されています。
そのため、ミャンマーではずっと大切にされてきたのですが、1919年にフランスに持ち込まれたことにより、現在のバーマンという品種が作られたということです。
バーマンの体格は、ボディが長く、骨格・筋肉ともにがっしりとした「ロング&サブスタンシャル」タイプで、丸みのある大きな顔には、間隔の広い両耳、卵形で美しいブルーの大きな目がついています。
「長毛種」ですので、被毛は長くてシルキー、そして何といっても特徴的なのが四肢に見られる白いソックスでしょう。
長毛の割には比較的もつれにくいので、手入れはしやすいと言われています。
また、夏になると被毛が短く生え変わりますので、季節によって印象が大きく変わるネコでもあります。
性格面を見ると、穏やかで優しく、とてもおとなしいことが特徴です。
従順で、飼い主さんの傍で寝ているのが大好きですから、可愛がり甲斐があるネコと言えそうです。
大型種で、そんなに積極的に運動をするタイプではありませんから、遊びながら運動させてあげることも大切です。

ハバナブラウン


『ハバナブラウン』というのは、イギリス原産のネコで、爪先からひげに至るまで、全身がチョコレート色なことからこの名前がついたと言われています。
また、このチョコレート色がハバナ産の葉巻きの色に似ていて、ハバナブラウンが寝ている姿が葉巻きそっくりだということも名前の由来に関係しているようです。
原種となっているのは、チョコレートポイントの遺伝子を持っていた「シャム」と、そのシャムの血統を受け継いた「黒猫」で、この2つを交配させたところ、鮮やかなチョコレート色のハバナブラウンが誕生したということです。
基本的には筋肉質な「セミフォーリンタイプ」で、スリムなボディに長い四肢、そこにシャム譲りのV字型の頭と大きな耳を持っています。
そして、何といっても特徴的なのが深いグリーンの目でしょう。
スリムなボディとグリーンの目により、精悍で神秘的な印象が漂っています。
「短毛種」ですので、もちろん毛は短いのですが、光沢があり、その手触りはシルクを思わせるほど柔らかです。
チョコレートブラウンの被毛とグリーンの目は、なんとも言えないコントラストになっています。
性格面を見ると、シャム譲りの活発さと陽気さを持ち、それでいてわがままさも同居しています。
特に多頭飼いでは、自分がかまってもらえないと嫉妬することもあるようですから、そこは注意が必要です。
しかし、基本的に愛情深く、愛嬌もたっぷりですから、可愛がりたくなるネコといえるでしょう。

バリニーズ


『バリニーズ』というのは、アメリカ原産のネコで、シャムネコの「長毛種」にあたるものです。
もともとシャムには、突然変異で長毛のネコが生まれることがあったのですが、それは正式なシャムとは認められることなく、長い間、陽の目を見ることがなかったのです。
ですが、1940年代になると、その美しく優雅な姿に注目が集まり、「マリオン・ドーシー」と「ヘレン・スミス」という二人のブリーダーの努力の末、バリニーズという種類が確立され、公認されるようになりました。
ちなみに名前の由来は、ロングヘアーでシャム独特の流れるような歩き方をしている姿が、まるでバリ島のダンサーのように優雅だということから来ているようです。
ですからバリ島やインドネシアのネコとは血統的なつながりはありません。
体格はシャムと同じ、筒状で長いボディの「オリエンタルタイプ」で、とても細くスレンダーなのですが筋肉質な体つきです。
ほっそりしたV字型の顔に大きく広がった耳があり、美しいサファイアブルーの瞳がとても印象的です。
被毛は細く光沢があり、長毛種の特徴はシッポによく表れていてフサフサになっています。
性格面を見ると、わがままなのですが愛情深く、飼い主さんと遊ぶのも大好きですから、自然と可愛がりたくなるネコといえるでしょう。
ただし、感受性も強いため、時に神経質な一面を見せることもありますから、そこには注意が必要です。
また、動くことが大好きですので、遊びやすい環境を作ってあげることも大切です。

ピクシーボブ


『ピクシーボブ』というのは、アメリカ原産の「短毛種」にあたるネコです。
ピクシーボブのルーツをたどると、1985年のアメリカに行き着きます。
アメリカのサンダース夫妻が、山中でワイルドな外見のボブテイルのネコを発見するのです。
やがて、そのネコは子ネコを生むのですが、ブリーダーのブルーワーという人がサンダース夫妻から親子のネコを譲りうけて新種を作ることにとりかかりました。
その時点でブルーワーは、子ネコに「妖精」という意味の「ピクシー」という名前をつけるのですが、そのピクシーと短毛の雄を交配させて生み出されたのが、最初のピクシーボブだったと言われています。
外見的な特徴としては、何といってもワイルドで野性味あふれるボディで、分類としては筋肉質な「ロング&サブスタンシャルタイプ」になります。
その名の通り、シッポは短いボブテイルで、長くても15センチ、短ければ3センチほどしかありません。
被毛は、ヤマネコを思わせるようなブラウンのスポットを持ち、表面はとてもツヤツヤとしています。
一見、ゴワゴワとした印象を受けますが、実際にさわってみると柔らかい感触です。
性格面を見ると、ワイルドな風貌に似合わず物静かで飼い主さんにも忠実です。
それでいて好奇心は旺盛で冒険も大好きですから、いっぱい遊べるような環境を作ってあげるといいでしょう。
グルーミングは、1日1回のブラッシングでOKという手軽さですから、とても飼いやすいネコといえそうです。

ブリティッシュアンゴラ


『ブリティッシュアンゴラ』というのは、イギリス原産のネコで「短毛種」、体型は「オリエンタルタイプ」に分類されるものです。
ブリティッシュアンゴラは、以前「オリエンタルロングヘア」と呼ばれていたため、「オリエンタルショートヘア」の系統のように誤解されることが多いのですが、実際にはまったく違う血統になります。
基本的には「アンゴラ種」ですので、スリムなボディと優雅な美しい尾が最大の特徴です。
細くて長い首からV字形の頭が伸び、その延長線上に大きな耳がついています。
また、透明感のある目が、なんとも言えない優雅さと上品さを感じさせます。
被毛はシルクを思わせるような滑らかさで、程よい長さの上にアンダーコートがありませんから、手入れがしやすい猫種といえるでしょう。
実際に、ブラッシングはほとんど必要ないと言われています。
性格面を見ると、優雅で上品な印象とは裏腹に、活発で好奇心が強くとても社交的です。
飼い主さんには従順で賢いネコでもあるため、ついつい可愛がりたくなる性格と言えそうです。
また、ネコには珍しく水遊びが好きな種類でもありますから、意外性もたっぷりあって、見ていて飽きないネコであることは間違いありません。
前述のとおり、以前はオリエンタルロングヘアと呼ばれていたので、他の種類と混同されることも多いネコです。
他にも似ている名前で「ターキッシュアンゴラ」という種類がありますが、こちらとも完全に別系統ですので混乱しないよう注意してください。

ブリティッシュショートヘア


『ブリティッシュショートヘア』というのは、その名の通りイギリス原産で、ヨーロッパの絵本にもよく登場してくるボス顔のネコのことです。
ブリティッシュショートヘアのルーツをたどると歴史はとても古く、ローマ時代にローマ軍がイギリスに侵攻した際、ネズミ用のハンターとして連れて来られたといわれています。
その後、土着となったネコがブリティッシュショートヘアの原種となります。
1800年代になると、イギリスでは自国産のネコを確立することが盛んになり、ブリーダーたちの努力の末に確立されたのがブリティッシュショートヘアです。
決して派手なネコではないのですが、他にはないどっしりとした低い体型と大きい丸顔に豊かな頬など、まさにボス顔というにふさわしい独特の風貌が特徴的です。
体型は、がっちりとした「セミコビータイプ」で、分厚い胸板と幅広い肩幅は見掛け倒しではなく、実際にスタミナも抜群なようです。
被毛は「短毛種」ですので短いのですが、ごく細かく縮れた毛が厚く密生していて、まるでビロードを思わせるような滑らかな手触りになっています。
カラーは、最近になって様々なものが出ていますが、昔からのスタンダードであるブルーが特に人気です。
性格面を見ると、おだやかでノンビリとした甘えんぼうタイプが多いのですが、それでいてひとりでも生きていけるような逞しさも併せ持っています。
自分で遊ぶのも大好きなネコですが、時には一緒に遊んで、たっぷりと運動もさせてあげてください。

ペルシャ


『ペルシャ』というのは、イギリス原産で美しいロングヘアが魅力のゴージャスなネコです。
この名前を知らない人はいないといえるほど有名なネコですが、実際に多くのネコ種の交配に使われていますから、「ネコ界の王様」と呼ばれることもあるようです。
ですが、ルーツに関してはハッキリとしたことがわからず、未だに諸説が入り乱れています。
ヨーロッパの宮廷でもてはやされたネコとしても知られていて、その時代には、宮廷内ではもちろん移動中の馬車や、肖像画を描くときなどに貴婦人たちがこぞってペルシャを抱いていたようです。
当時の貴婦人たちが求めたのはエレガントでゴージャスなルックスと、おとなしい性質でしたので、ペルシャはまさにピッタリな猫だったのでしょう。
体格的には典型的な「コビータイプ」で、丸々として太っているように見えますが、実は筋肉質なボディの持ち主です。
まん丸な目とつぶれた鼻が特徴的で、それがネコ界の王様にふさわしい威厳を感じさせます。
被毛はフササフのダブルコートで、特に首周りとシッポはツヤツヤでなめらかなゴージャスさを誇っています。
性格面を見ると、とにかく穏やか温和という言葉がこれほど似合うネコもいないでしょう。
めったに鳴きませんし、一人でも全く平気ですから、飼い主さんの手をわずらわせることもありません。
運動もそんなに必要ではありませんから、せがんできた時に遊んであげる程度でいいでしょう。
ただし、ロングヘアで抜け毛も多いので、毛を食べてしまわないよう掃除はしっかりとしてあげてください。

ヒマラヤン


『ヒマラヤン』というのは、イギリスとアメリカを原産とするもので、ペルシャとシャムという2大人気ネコの特徴を併せ持つ、愛猫家にとっては夢のネコともいえるものです。
ですが、当初は苦労の連続で、様々な試行錯誤が繰り返されたようですが、30年以上の時を経てようやく完成したのが現在のヒマラヤンなのです。
ヒマラヤンの特徴は、何といっても、ペルシャの持つ「ずんぐりむっくりした体型」と「つぶれた顔」、それに「ふさふさのコート」と、シャムの持つ特徴的なポイントカラーを併せ持っていることでしょう。
ボディは典型的な「コビータイプ」で、一見すると丸々と太ってそうですが、実際には筋肉もしっかりとついています。
また、ブルーの美しい目も特徴的で、その威厳のある顔立ちは「ネコ界きっての哲学者」といわれるほど。
フササフの被毛はとてもゴージャスで、特に首周りとシッポは密集していますし、肌触りも驚くほどなめらかです。
性格面を見ると、やはりペルシャ譲りの穏やかで温和なネコで、ゴロゴロしている時が一番幸せそうに見えます。
めったに鳴かないほど静かなネコですが、そこもペルシャから受け継いでいるのでしょう。
もちろん家具を駆け上ったりはしませんので、ペルシャが持つ室内ネコとしての長所をすべて引き継いでいるようです。
運動はさほど必要ではありませんので、基本的には飼い主さんがあまり構う必要はありません。
ただ、「毛球症」や「眼病」にかかりやすいと言われていますので、そこには注意が必要です。

ベンガル


『ベンガル』というのは、イギリス原産のネコで、野生種特有のくっきりとした斑点模様を家猫に導入するという目的で作られたものです。
そのため、野生のベンガルヤマネコと家猫を交配して作られ、ベンガルという名前もそこに由来しています。
ただし、野生ネコ独特の攻撃性が残っているといけませんので、野生種との交配後に家猫と3世代を経たものしかベンガルとは認めないという厳しい規制があります。
しかし、そのおかげで性格的には穏やかでありながら、野生種独特のワイルドな斑点模様を持つネコとして多くの猫好きを魅了しているのです。
体格的な特徴としては、「ロング&サブスタンシャルタイプ」の筋肉質のがっしりした体型であることが挙げられます。
たくましい頭に大きく開いた耳、そしてバネのある四肢はワイルドな魅力にあふれているといえるでしょう。
「短毛種」ですので被毛は短めですが、キラキラと輝く美しいコートで、その手触りもシルクやミンクを思わせるほどにしっとりとしてなめらかです。
性格面を見ると、前述のとおり攻撃性はありませんが、社交的で明るく自立心にも富んでいます。
何歳になっても、おもちゃで遊んだり甘えたりするのが大好きな一面も持っていますので、飼い主さんとしては可愛くて仕方なくなることでしょう。
運動量は多く、そのワイルドな容姿に似合う跳躍力を持っていますので、キャットタワーなど上下運動が出来る環境を整えてあげるといいでしょう。
ただ、「皮膚疾患」や「ストレス性疾患」にかかりやすいと言われていますので、注意してください。

ボンベイ


『ボンベイ』というのは、アメリカ原産のネコで、黒豹を思わせるような漆黒のボディに金色の目が輝いている、なんとも言えない精悍さと優雅さを持ち合わせています。
原種となっているのは「バーミーズ」と、ブラックの「アメリカンショートヘア」で、ボンベイという名前は黒豹が生息するインドの都市、ボンベイが由来です。
体格的な特徴としては、「セミコビータイプ」のがっちりした骨格にしっかりとした筋肉が付いていることが挙げられます。
また、V字型の短い顔には先端の丸い耳がつき、丸くて大きな目を持っていることもボンベイの特徴のひとつです。
「短毛種」ですので、被毛は短く滑らかで、まるでエナメルを思わせるような独特の光沢があります。
黒い猫は他の品種でもありますが、これほどつややかな毛の質や、他の色をまったく交えない毛色というのは、ボンベイならではのものといえるでしょう。
性格面を見ると、バーミーズのよい性質を受け継いでいて、穏やかで頭もよく、人間のことも大好きです。
その精悍で神秘的なルックスとは裏腹に、遊び好きだったりもしますので、とても飼いやすいネコといえるでしょう。
また、鳴き声も小さいですので、日本の飼い猫としては最適といえるかもしれません。
ただ、運動は大好きですから、運動不足になるとストレスが溜まってしまいます。
適度に運動できる環境を整えてあげることは大切です。
また、「皮膚疾患」や「尿路結石」にかかりやすいと言われていますので、その点は注意をしてあげてください。

スポンサーリンク

関連記事

manx

猫の種類・性格・飼い方・特徴・注意点など>ま行の猫

マンクス 『マンクス』というのは、イギリス原産のネコなのですが、そのルーツは未だに謎につつまれ

記事を読む

ragamuffin

猫の種類・性格・飼い方・特徴・注意点など>ら行の猫

『ラガマフィン』というのは、アメリカ原産のネコで、1980年代に人為的に作り出された「長毛種」で

記事を読む

9-9

犬の散歩>方法、注意点、など

犬の散歩をいつ行うか? 犬のしつけや健康管理の一環として、散歩を行わなければなりません。 で

記事を読む

turkish_angora

猫の種類・性格・飼い方・特徴・注意点など>た行の猫

ターキッシュアンゴラ 『ターキッシュアンゴラ』というのは、トルコ原産の「長毛種」で、トルコでは

記事を読む

8-6

犬の殺処分を減らしたい

飼い主が犬を捨てる理由とは・・・ 道端や公園などで、犬が捨てられているのをよく見かけます。

記事を読む

kokoro-2

犬の心の病気 | 症状・原因・治療など

分離不安 『分離不安(ぶんりふあん)』というのは、犬の精神的な病のひとつで、その名の通り、

記事を読む

11-1

犬の食事について栄養素や注意したい事のまとめ

犬に必要な栄養素 人間が生きていくうえでは、6大栄養素と言われる炭水化物、脂質、たんぱく質、ビ

記事を読む

%e2%98%8511%ef%bc%8d1

猫の食事、必要な栄養素や食欲不振の対処法

猫を飼う上で大事なことのひとつが食生活です。 猫の食生活は年齢や個体によって好みが違うので、そ

記事を読む

sussex_spaniel

サ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

サセックス・スパニエル 『サセックス・スパニエル』というのは、イギリス原産の犬種で、一度は絶

記事を読む

lhasa_apso

ラ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

ラサ・アプソ 『ラサ・アプソ』というのは、チベットが原産の犬種で、チベットの寺院では何千年もの

記事を読む

強力消臭靴下リンマー
強力消臭靴下リンマーの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【強力消臭靴下リンマー】がオススメ! 靴下を何度も念入りに洗った

ネオテクト
ネオテクトの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

ネオテクト薬用マイクロデオドラントクリームとは、株式会社ヴィジョン

FRESHU(フレッシュー)
FRESHU(フレッシュー)の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【FRESHU(フレッシュー)】が解決! 男のニオイの原因① ~

ファルマスタッフ
ファルマスタッフの詳細・特徴・口コミ

ファルマスタッフは薬剤師の転職をサポートしているサイトであり、日本

ヤクステ
ヤクステの詳細・特徴・口コミ

ヤクステは、株式会社グローアップが運営している薬剤師専門の転職支援

→もっと見る

PAGE TOP ↑