猫の種類・性格・飼い方・特徴・注意点など>ま行の猫

公開日: : ペット,

マンクス

『マンクス』というのは、イギリス原産のネコなのですが、そのルーツは未だに謎につつまれています。
今のところ有力とされているのは、イギリスのマン島で突然変異によって生まれたというもので、マンクスという名前もそこから来ているようです。
マンクスの最大の特徴は、何といっても「シッポがない」ということでしょう。
なぜシッポがないのかということもハッキリとはわかっていませんが、「ノアの方舟に乗る時にシッポを挟まれた」という伝説があると言われています。
ただ、シッポがないといっても大きく3段階に分けられていて、完全にないものは「ランピー・キムリック」、ごくわずかに尾椎が残っているものは「スタンピー」、そしてやや短めのシッポがあるものを「スタンピー」という風に呼んでいます。
マンクスを繁殖させる時には、ランピーとスタンピーを掛け合わせることが絶対とされていて、ランピー同士の場合には死産の可能性が高くなってしまいます。
体型自体は典型的な「コビータイプ」で、つり上がり気味の大きな目も特徴のひとつですが、ピョンピョンと飛び跳ねるような「マンクスホップ」と呼ばれる歩き方も広く知られています。
性格面を見ると、基本的にはとてもおとなしくシャイなネコで、やや神経質なところもあるようです。
ですが、木登りが大好きという活発な面もあり、愛情深く賢い性格の持ち主でもあります。
運動量はそんなに多くありませんので、遊びたい時に遊ばせてあげるという程度で大丈夫でしょう。

マンチカン(マンチキン)


『マンチカン(マンチキン)』というのは、アメリカ原産のネコで、ダックスフントのように足が極端に短いユニークな外見を持っています。
マンチカンがなぜ胴長短足なのか、その理由ははっきりと分かっていませんでしたが、最近になってイエネコの中から自然発生した遺伝子の突然変異だということがわかってきました。
ですが、この短い足は障害になるものではなく、機能的にもまったく問題がないことが明らかになっています。
マンチカンという名前は、「短縮」とか「長い骨が曲がる」という意味合いがある言葉なのですが、実際には骨が曲がっているわけではなく柔軟性も他のネコと変わりありません。
そういった健康上の問題がないということが明らかになり、多くの団体に公認されるようになっています。
体格的には「セミコビータイプ」になり、よく引き締まった筋肉質な身体を持っています。
最大の特徴は胴長短足ですが、運動能力にはまったく問題がありませんし、それどころかジャンプや木登りなども大得意です。
被毛は細くて密生していて、手触りはまるでシルクを思わせるような滑らかさ。
「短毛種」と「長毛種」の両方がありますが、どちらの種類もお手入れは楽だと言われています。
性格面を見ると、明るく元気で好奇心も強いのですが、飼い主には甘えん坊ですので、可愛くて仕方なくなるでしょう。
運動は大好きですから、十分に遊べる環境を作ってあげることが大切です。
「皮膚疾患」や「関節疾患」にかかりやすいと言われていますので、そこには注意してあげましょう。

メインクーン


『メインクーン』というのは、アメリカで初めて自然発生したネコで、長らく地元で愛されてきた品種となります。
そのルーツは諸説唱えられていて、はっきりしたことは分かっていないのですが、北アメリカの土着猫の中から自然発生したということは確かなようです。
自然の中で生き抜いてきたネコですから、大変たくましく、その歴史の中で肉体的にも精神的にも大きく変貌を遂げてきたと考えられています。
体格的にはとてもがっしりした「ロング&サブスタンシャルタイプ」で、しっかりした骨格に強固な筋肉も自然の厳しさによって鍛え上げられてきたのでしょう。
大きくて先の尖った耳や間隔の離れた目、それに幅の広い胸部など、外見的にもそのワイルドさは十分表れています。
また、大型種なので、成猫では体重10キロほどまで成長することもあるようです。
「長毛種」ですので被毛は長く、特にシッポはフサフサとしています。
手触りがシルキーなことも特徴的といえるでしょう。
性格面を見ると、温和で友好的、そして家庭的ということが特徴として挙げられます。
自然の中でワイルドさを身につけたのと同じように、人間と共存する中で、その友好的な性質も磨いてきたのでしょう。
もちろん遊ぶのも大好きですから、たっぷりと運動できる環境を用意してあげることも大切です。
また、ネコ界きっての大型種でもありますので、高カロリー高たんぱくの食事を与えることも忘れないようにして下さい。
また、「毛球症」や「尿路結石」にかかりやすいと言われていますので、注意が必要です。

スポンサーリンク

関連記事

%e2%98%858%ef%bc%8d1

猫の健康チェック、早期発見の為の色々な方法をご紹介!

猫の健康チェック 猫の健康チェック項目として、口を観察するのも有効です。 しかし、普段から口

記事を読む

shutterstock_270374492-e1455099543778

犬の神経の病気 | 症状・原因・治療など

認知症 『認知症(にんちしょう)』というのは、一度は正常に発達していた犬の脳細胞が減少すること

記事を読む

%e2%98%8513%e8%b2%b7%e3%81%86%e5%89%8d%e3%81%ab

猫を飼う前に知っておきたい基礎知識

猫を買う前に確認しとく事:家族・経済的・アレルギーetc. 猫を飼いたいと思った場合、なにから

記事を読む

9-9

犬の散歩>方法、注意点、など

犬の散歩をいつ行うか? 犬のしつけや健康管理の一環として、散歩を行わなければなりません。 で

記事を読む

hana-3

犬の鼻の病気 | 症状・原因・治療など

鼻炎 『鼻炎』というのは、犬の鼻の中の粘膜に炎症が発生した状態のことを指しています。 人

記事を読む

wire_fox_terrier

ワ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

ワイアー・フォックス・テリア 『ワイアー・フォックス・テリア』というのは、イギリス原産の犬種で

記事を読む

mimi-5

犬の耳の病気 | 症状・原因・治療など

外耳炎(がいじえん) 『外耳炎(がいじえん)』というのは、音の通り道となっている「外耳道」と呼

記事を読む

lhasa_apso

ラ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

ラサ・アプソ 『ラサ・アプソ』というのは、チベットが原産の犬種で、チベットの寺院では何千年もの

記事を読む

shutterstock_362789741

犬の内分泌の病気 | 症状・原因・治療など

糖尿病性ケトアシドーシス 『糖尿病性ケトアシドーシス』というのは、犬の糖尿病が長期化すること血

記事を読む

7-3

愛犬を暑さ、寒さ、災害から守る為の基礎知識

愛犬を寒さから守る対策 犬は寒さに強いと言われていますが、寒すぎる環境は犬の健康に悪影響を及ぼ

記事を読む

強力消臭靴下リンマー
強力消臭靴下リンマーの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【強力消臭靴下リンマー】がオススメ! 靴下を何度も念入りに洗った

ネオテクト
ネオテクトの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

ネオテクト薬用マイクロデオドラントクリームとは、株式会社ヴィジョン

FRESHU(フレッシュー)
FRESHU(フレッシュー)の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【FRESHU(フレッシュー)】が解決! 男のニオイの原因① ~

ファルマスタッフ
ファルマスタッフの詳細・特徴・口コミ

ファルマスタッフは薬剤師の転職をサポートしているサイトであり、日本

ヤクステ
ヤクステの詳細・特徴・口コミ

ヤクステは、株式会社グローアップが運営している薬剤師専門の転職支援

→もっと見る

PAGE TOP ↑