猫の種類・性格・飼い方・特徴・注意点など>ら行の猫

公開日: : ペット,


『ラガマフィン』というのは、アメリカ原産のネコで、1980年代に人為的に作り出された「長毛種」です。
ラガマフィンの原種となっているのは「ラグドール」という品種で、「ペルシャ」や「ヒマラヤン」を掛け合わせることで作られたと言われています。
実は、ここにも経緯があり、元々ラグドールを作り出したアン・ベーカーというブリーダーがいて、そのアンと意見が合わず袂を分かったブリーダーたちがラガマフィンを作り出したということです。
体格的な特徴としては、「ロング&サブスタンシャルタイプ」で胸板が厚いことが挙げられ、成猫になると10キロにたっすることもあるほど大きなネコです。
ただ、成長の度合いは遅く、大人になるまでに3~4年かかるようです。
被毛はとっても柔らかく、毛色は限定されていませんから、今後ますますカラーバリエーションは増えてくるかもしれません。
性格面を見ると、いたって優しく頭も良いようです。
好奇心旺盛で大人になってもよく遊びますので、いつまでも子ネコのような愛らしさは変わりません。
また、たっぷりと運動させてあげることも大切で、登り木やキャットタワーなど、上下運動が出来る環境を整えてあげるといいでしょう。
なんといっても大型種ですから、大きく成長できるように高カロリー高たんぱくの食事を与えてあげてください。
かかりやすい病気としては、「皮膚疾患」や「尿路結石」などが挙げられています。
ただ、今のところ個体数が少ないので、入手はやや難しいようです。

ラッグドール


『ラッグドール』というのは、アメリカ原産のネコで、とてもおとなしい性格の持ち主であることから「ぬいぐるみ」という意味のラッグドールと名付けられました。
ラッグドールの始まりは1960年代のことで、カリフォルニアに住むアン・ベーカーというブリーダーが、ホワイトの「ペルシャ」とシールポイントの「バーマン」を交配し、そこにさらにセーブルの「バーミーズ」を交配させることで誕生しました。
ちなみに、このアン・ベーカーのもとを去ったブリーダーたちが作ったのが「ラガマフィン」であることもよく知られている話です。
体格的な特徴としては、がっしりして筋肉質な「ロング&サブスタンシャルタイプ」のボディを持ち、猫の品種の中では最大クラスといえるほど大きく成長するということが挙げられます。
成猫では体重が10キロを越えることもありますので、その大きさはかなりのものです。
被毛は滑らかなダブルコートで、その手触りはシルクを思わせるような滑らかさ。
また、毛が首から長くなっているということも特徴のひとつといえるでしょう。
性格面を見ると、とにかく温和でやさしいのですが、猫には珍しいといえるほどの従順性は遺伝的な突然変異ではないかとも考えられています。
ただ、遊ぶことも大好きですから、運動できるような環境を用意してあげることも大切です。
上下運動も必要ですから、登り木やキャットタワーなどがあるとベストです。
かかりやすい病気としては「肥満」や「毛球症」などが挙げられていますので、注意してあげましょう。

ラ・パーム(ラパーマ)


『ラ・パーム(ラパーマ)』というのは、アメリカ原産のネコで、健康的なカールヘアを持つことで知られています。
また、巻き毛種である「レックス」には珍しく、「長毛種」であることも特徴のひとつといえるでしょう。
ラ・パームの始まりは、1982年のオレゴンのこと。
農家で生まれた猫の中に、一匹だけ毛のない子猫がいたのです。
この子猫が成長すると、柔らかいカールヘアに身を包むようになりました。
これがラ・パームの元となったのです。
やがてシャムの血統なども入り、様々なヴァリエーションが生まれる中でラ・パームという品種が確立されていきます。
体格的な特徴としては、「セミフォーリンタイプ」の筋肉質の体つきで、とても健康的なイメージを持っています。
これは元々が農場の猫だったため、ネズミを捕るハンターとしての性質が影響しているのでしょう。
そのため、今でも「ワーキングキャット」として重宝されています。
被毛の特徴は、もちろんその巻き毛ですが、成長の一過程で毛がごっそりと抜け落ちて無毛になる時期があるようです。
その後に生えてくるのが、カールの強い毛で、毛質としては太くて絹のようなしなやかさを併せ持っています。
性格面を見ると、とても優しいことが大きな特徴で、愛情深く甘えん坊でもあります。
陽気で活発な上に人間が大好きですから、一緒に遊んであげると、とても喜ぶでしょう。
かかりやすい病気としては、「皮膚疾患」や「尿路結石」などが挙げられていますので、注意してあげてください。

ロシアンブルー


『ロシアンブルー』というのは、ロシア原産のネコで、まるで妖精を思わせるような美しい被毛を持つことでよく知られている品種です。
伝えられているところでは、ロシアの貴族が大切に育てていたネコだと言われていますが、現在のロシアンブルーは、イギリスやスウェーデンのブリーダーたちによって改良されたもので、このロシアンブルーという名前もイギリスでつけられました。
体格的な特徴としては、スリムな「フォーリンタイプ」のボディで、美しいグリーンの目や、「ロシアンスマイル」と呼ばれている微笑んでいるのように丸みを帯びた口元などが挙げられます。
被毛は、その名が表している通り美しいブルーで、短く厚く、それでいて細く、シルバーのティッキングによってキラキラと輝いているように見えます。
また、その美しさは見た目だけではなく、手触りがシルクを思わせるような滑らかさであることも大きな特徴といえるでしょう。
性格面を見ると、実におとなしく、鳴くことも少ないため「ボイスレスキャット」と呼ばれることもあるほどです。
ですが、それが上品さも醸し出し、ブルーの被毛と相まって独特の存在感を放っています。
また、日本でブリードされるようになってからは、内気な性格も多少は緩和されてきているようです。
基本的には、ほっそりとした体型のネコですから、あまり食べさせ過ぎないように注意することも大切です。
それから、適度な運動ももちろん必要。
「皮膚疾患」や「尿路結石」にかかりやすいと言われていますので、そこにも注意してあげてください。

スポンサーリンク

関連記事

犬の耳の病気 | 症状・原因・治療など

外耳炎(がいじえん) 『外耳炎(がいじえん)』というのは、音の通り道となっている「外耳道」と呼

記事を読む

犬の口の病気 | 症状・原因・治療など

歯周病 『歯周病(ししゅうびょう)』というのは、犬の歯の表面などで細菌が毒素を作り出し、その結

記事を読む

犬の感染症 | 症状・原因・治療など

細菌性腸炎 『細菌性腸炎(さいきんせいちょうえん)』というのは、その名の通り、細菌が原因となっ

記事を読む

ヤ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

ヨークシャー・テリア 『ヨークシャー・テリア』というのは、イギリス原産の犬種で、ヨーロッパの上

記事を読む

犬の食事について栄養素や注意したい事のまとめ

犬に必要な栄養素 人間が生きていくうえでは、6大栄養素と言われる炭水化物、脂質、たんぱく質、ビ

記事を読む

猫の病気の症状と原因

猫の病気の症状や原因などの紹介を行っています。 猫は言葉を話さず、痛みもあまり訴えない動物とな

記事を読む

犬を迎える為に知っておきたい基礎知識

愛犬の名前を決める重要性や名前を決めるコツ 犬を飼ったらまず何をすべきか。 しつけをして、基

記事を読む

犬を飼う為に必要な基本的な費用とは?

犬を飼うための基本的な初期費用 ペットと暮らしたいと考える人は多く、最近ではさまざまな動物がペ

記事を読む

犬の寄生虫 | 症状・原因・治療など

犬回虫症 『犬回虫症(いぬかいちゅうしょう)』というのは、“線虫(せんちゅう)“に属する寄生虫

記事を読む

犬の散歩>方法、注意点、など

犬の散歩をいつ行うか? 犬のしつけや健康管理の一環として、散歩を行わなければなりません。 で

記事を読む

ツインバード ふろピカッシュEXの特徴や感想

お風呂洗いって大変な家事ですよね。 うっかり怠ると汚れがすぐに目

ツインバード お茶ひき器 緑茶美採の特徴や感想

お茶は丸ごと摂取できる健康食品です。 お茶にして飲むだけではもっ

ツインバード サービス紹介~会社紹介

ツインバードは、ホームセンターや量販店での販売だけの会社ではありま

シャープ スロージューサーの特徴や感想

果物は、おいしくて栄養があるけれど、どうしても一回に食べられる量に

シャープ 電気無水鍋の特徴や感想

素材の味がそのままするお料理が食べられたら、子供たちの好き嫌いもな

→もっと見る

PAGE TOP ↑