猫のワクチン接種 健康維持や病気予防のためのワクチン接種とは

公開日: : ペット,


猫の健康維持のや病気予防のため、ワクチン接種が推奨されています。
接種するかどうか決めるためにはワクチンについて、よく理解を深めておくことが大切です。

ワクチンとは

さまざまな感染症の原因となる病原体の毒性を消失させた、もしくは毒性を弱めたものをワクチンと言います。
ワクチンを接種すると、ウイルスや細菌に対する抗体が体内で生成され、この細菌やウイルスが外部からの敵であることを体が認識します。
そして、本当に病原性をもつウイルスや細菌に感染した際に、効率よく撃退することができます。
そのため、いざ感染症が起きても、軽度な症状で済むことが多いのです。
現在主流となっているワクチンのなかには、重篤化しやすい感染症に対するものもあります。
なかには発症すると命を落とす危険性がある病気もあるため、予防のためにワクチン接種をするのは大きな意味があると言えるのです。

ワクチン接種をするうえで大切なこと

ワクチンによって形成される抗体の効果は、永遠につづくというわけではなく、いつかは切れてしまいます。
免疫も時間の経過とともに少しずつ薄くなるので、予防接種は定期的に受けることが大切です。
子猫の場合は生後しばらくは母親の免疫を受け継いでいますが、しばらくすると消失してしまうので病気への感染リスクが高まります。
そのため、それまでにワクチン接種を済ませておく必要があります。
成猫の場合も1年に1度のワクチン接種が望ましいとされています。
また、ワクチン接種は定期的に行うとともに、体調に問題がないタイミングに接種することが大切です。
愛猫の健康状態に気を配り、体調がいいときに受けるようにしましょう。
ワクチン接種後にアレルギー反応を起こすなどして、なんらかの異変が生じることもあるので、接種後しばらくは様子を頻繁に見るようにすることも重要です。
注意事項などはあらかじめ獣医師に聞いておくなどして、万全の体制で臨むようにしましょう。

感染症のワクチン:猫のワクチンの種類


猫のワクチンには感染しやすいものを中心として、さまざまなものが開発されています。
ここではワクチン接種の対象となることが多い、猫の発症頻度が高い感染症について紹介します。
これらの病気への理解を深め、ワクチン接種を検討するといいでしょう。

猫ウイルス性鼻気管炎

猫ウイルス性鼻気管炎は猫ヘルペスウイルス1型を原因とする、上部呼吸器感染症です。
このウイルスは涼しい場所を求めるため、外気に接触しやすく低体温な口や鼻、眼などに症状があらわれます。
猫だけでなく猫科の動物全般に発症する可能性があり、脳炎を併発したライオンの症例も報告されています。
子猫や老猫など免疫力が低下しているケースでは、肺炎を併発されることも珍しくありません。
妊娠中の猫が感染すると流産する恐れもあるので、注意が必要です。

猫カリシウイルス感染症

ネコカリシウイルスに感染して起こる感染症を、猫カリシウイルス感染症と呼びます。
ウイルスの感染力は強力で、乾燥した環境だと数週間にわたって生きるとも言われています。
子猫が特にかかりすい感染症で、口内炎や舌炎、食欲不振、爪周辺の潰瘍、目の周囲の赤み、よだれ、鼻の潰瘍、鼻水、くしゃみ、高熱などの症状が見られます。
猫ウイルス性鼻気管炎と混合して発症するケースも多く、ウイルスが活性化する冬に起こりやすいことがわかっています。

猫汎白血球減少症

パルボウイルスのひとつである猫汎白血球減少症ウイルスによって起こる感染症を、猫汎白血球減少症と呼びます。
この感染症は致死率が高く、しかも伝染しやすいことがわかっています。
食欲不振や下痢、嘔吐といった食中毒に近い症状が突然あらわれるのが特徴で、特に子猫は重症化しやすいと言われています。
子猫の場合はウイルスが心筋細胞にまで達し、破壊するので心不全や心筋炎が起きて死亡にいたることもあります。
ウイルスをもつ猫との接触、もしくは糞便や吐物を口や鼻を介して取り込むことで感染すると言われています。

猫のワクチン接種のタイミングと回数


ワクチン接種によって体内につくられる抗体は、時間が経つにつれて薄まっていきます。
そのため、ワクチン接種は定期的に行うことが大切だと言われています。

ワクチン接種のタイミング

子猫のワクチン接種のタイミングについては、成猫よりも重視されます。
人間と同じように子猫も母猫から病気への抗体を受け継ぎます。
しかし受け継いだ抗体は生後8~12週間ほどで消失してしまうため、それから先は自ら抗体をつくる必要性が生じます。
基本的にはなんらかの感染症にかかると、その対する抗体ができますが、死にいたるものもあるためそれは避けたいところです。
そのため、ワクチン接種によって人為的に体内に抗体を生成するのです。
子猫の場合は母親からの抗体が消失したタイミングでワクチンを接種するのが望ましいとされています。
また、ワクチンの効果は一生涯つづくというわけではありません。
そのため、成猫の場合は定期的な接種が望ましく、うすれてきた病原体への抵抗力を再度向上させるということが目的となります。
タイミングについては前回ワクチン接種をしたタイミングから数えて、1年後がひとつの目安となります。
タイミングに関しては個体差もあるため、獣医師にあらかじめ聞いておくといいでしょう。

ワクチン接種の回数

子猫の場合は母親から受け取った抗体がなくなる時期に、一度目のワクチン接種が行われるのが一般的です。
ワクチンの種類に関しては子猫の状態や飼育環境にもよりますが、3種もしくは5種が選ばれることが多いでしょう。
また、猫をブリーダーなどから購入した場合は、ブリーダーのもとにいたころに1度目のワクチン接種が済んでいる場合があるため、きちんと確認しておく必要があります。
ただし、一度目のワクチン接種のときに、母親からの抗体があるとワクチン接種をしても取り除いてしまうことがあります。
そのため、一度目のワクチン接種をしてから、1ヶ月後に2度目のワクチン接種を行うのが最近の主流です。
成猫の場合は、1年に一度のワクチン接種が基本となります。

コアワクチン・ノンコアワクチン:猫のワクチンの種類


猫のワクチンにはさまざまな種類がありますが、コアワクチンとノンコアワクチンの2つに大別することができます。
それぞれどんなものがあるのでしょうか。

コアワクチン

コアワクチンは猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、猫汎白血球減少症の3つの感染症に対するものです。
どれも感染力が非常に高く、感染すると重症化しやすいと言われています。
特に猫汎白血球減少症は致死率が高い、避けるべき感染症と言えます。
感染症の多くは体力がなく、免疫力を十分備えていない動物のほうが重症化しやすいことがわかっています。
そのため、子猫や老猫を飼っている人は、注意したほうがいいでしょう。
コアワクチンはすべての猫が接種したほうがいいと言われています。
3種ワクチンは一般的にこの3つで構成されていることが多く、これを選択する人は多いとされています。

ノンコアワクチン

ノンコアワクチンは複数ありますが、よく知られているのが猫白血病ウイルス感染症と猫免疫不全ウイルス感染症です。
どちらにも共通していますが、これらのもととなるウイルスは免疫系に障害をもたらします。
感染後すぐに体調に異変をきたすことはなく、長めの無症状期を経てから発症するという特徴をもちます。
猫白血病ウイルス感染症は口や喉のリンパ組織から血液、体中のリンパ組織へと拡大していきます。
骨髄にまで達したウイルスは血液中に放出され、二次的に発症した病気によって数年で死んでしまうことがほとんどです。
猫免疫不全ウイルス感染症はいわゆる猫エイズで、潜伏期間を経て発症すると口腔内の疾患や脱水、各種皮膚炎、食欲減退などの症状が起こります。
さらに免疫力が弱くなると、がんや胸膜炎、肺炎、臓器の障害などが引き起こされ、重篤化します。
ノンコアワクチンを接種するかどうかは、感染の可能性の高さで決めるといいでしょう。
猫白血病ウイルス感染症はウイルスをもつ猫の唾液や鼻汁を介して、猫免疫不全ウイルス感染症はけんかなどの噛まれ傷によって感染すると言われています。
完全室内飼いでほかの猫との接触が皆無であれば、感染リスクはかなり低いと考えられるので必ずしも接種しなくてもいいでしょう。

生ワクチン・不活化ワクチン:猫のワクチンの種類


猫を対象としたワクチンには、生ワクチンと不活化ワクチンの2種類があります。
ほかに遺伝子組み換えワクチンというものもありますが、日本国内では使われることは少ないので、多くはこの2種のどちらかと考えていいでしょう。
それぞれの特徴を理解し、ワクチン接種の参考にすることは大切です。
なお、接種方法や接種の時期に関しては、どちらも大きな違いはありません。

生ワクチンとは

生ワクチンは、毒性を弱めた微生物やウイルスを用いたワクチンです。
毒性を弱める方法はいくつかありますが、ウイルスの場合は試験管内の細胞などで何代にもわたって継代する方法が行われることが多いでしょう。
継代することにで、突然変異が生じて猫に対して病原性が弱まるのです。
体内で最近やウイルスが増殖し、免疫を獲得していくというものです。
取り込める免疫力は強いですが、その分副反応が起こる可能性が高いと言われています。
気管支敗血症や猫クラミジア感染症、猫ウイルス性鼻気管炎、猫汎白血球減少症、猫カリシウイルス感染症などを対象としたワクチンに用いられています。
母猫からの移行抗体の影響を受けにくいという特徴がありますが、自然感染にきわめて近い軽度な症状があらわれることがあります。

不活化ワクチンとは

化学処理などによって死滅させた細菌やウイルス、リケッチアなどを用いたワクチンを不活化ワクチンと言います。
用いる最近などが完全に死滅しているため、子猫や妊娠中の猫でも、疾患が起こることはほとんどありません。
免疫不全が見られる猫であっても、比較的安全に接種可能です。
安全性が高い反面、獲得した免疫力はあまり長つづきしないというデメリットもあります。
また、効果があらわれるまでにやや時間がかかるのも不活化ワクチンの特徴と言えます。
猫クラミジア感染症、皮膚糸状菌症、猫ウイルス性鼻気管炎、猫汎白血球減少症、猫カリシウイルス感染症、猫白血病ウイルス感染症、猫エイズウイルス感染症などを対象としたワクチンに用いられています。

子猫のワクチン接種の時期


最低限のワクチン接種はすべての猫に推奨されますが、子猫は抵抗力や体力がまだ十分備わっていないので、特に接種が推奨されます。
子猫のワクチン接種は成猫とはタイミングや回数が異なるので、しっかり頭に入れて計画的に接種させることが大切です。

子猫と受動免疫

生後間もない子猫には、母猫から受け継いだ受動免疫というものが備わっています。
受動免疫は外部からの異物を取り除く抗体のことで、子猫は初乳を介してこれを受け取ります。
抗体は出産後24時間以内の母猫の初乳に含まれており、これを飲むことで子猫はさまざまな感染症から身を守ることができるのです。
この受動免疫の効果は、生後8~12週まで働くと言われています。
この受動免疫が働いている期間は、ワクチン背接種をしても異物と判断されて排除されるため、ワクチンによる免疫が生成されません。
子猫にあらたに免疫を植えつけるには、母猫から受け継いだ受動免疫が消滅する14~16週ころのワクチン接種する必要があります。

子猫のコアワクチン接種プログラム

全米猫獣医協会や世界小動物獣医協会はガイドラインでは、コアワクチン接種プログラムとして、子猫が初乳を飲んでいるのなら、8~9週頃に初回ワクチン接種することを推奨しています。
そして、初年度の最終接種は、母猫からの移行抗体がかなり薄まったと推定される14~16週にできるようコントロールします。
母猫の初乳を飲んでいない子猫の場合は、8週齢までの免疫が十分に備わっていないので、1度目の接種は少し早い時期がいいとされています。
抗体をつくりだせるのは4週齢ころとされていますが、副作用のリスクや個体差を考え、6週齢ころから開始するのが主流です。
子猫のころに計画的なワクチン接種が行われると、免疫が保たれやすくなると言われています。
子猫を飼いはじめた場合は、ワクチンの回数や時期を獣医師としっかり話したうえで、計画的に接種するようにしましょう。

成猫のワクチン接種の時期と接種間隔


猫の健康を守るため、感染症のリスクを軽減するために、ワクチン接種は大きな意味をもちます。
成猫の場合、ワクチン接種のタイミングや接種の間隔はどのようにしたらいいのでしょうか。

ワクチンの接種時期

細胞の反応ははじめは弱くても、回数を重ねることで強まることはよく知られています。
そのため、ワクチンは初年度は何度か接種するのが基本の考え方となります。
猫によっては1度のワクチン接種で強い免疫が生成されることもありますが、できるだけ免疫を継続させたいのならはじめは何度か接種したほうがいいとされています。
成猫のワクチン接種の場合、子猫のころの最終接種から1年後に行われるのが一般的です。
ワクチンの効果は1年ほどしか継続しないと言われているため、追加接種も1年後ということになります。

成猫のワクチン接種間隔

子猫はともかく、成猫にはワクチン接種は必要ないのではと考える人がいますが、そんなことはありません。
成猫のワクチン接種の目的は、低下してきた病原菌への抵抗力を再度向上させることにあります。
定期的に接種することで、常に必要な抵抗力が機能するようにすることが大切なのです。
そのため、日本では1年に1度のワクチン接種が推奨されてきました。
しかし、接種間隔についてアメリカでは2~3年に一度でも問題ないという意見も出ています。
接種率とその効果のちがいによって、こういった差が生じると考えられます。
日本国内のワクチン接種率が10~20%なのに対して、アメリカでのワクチン接種率は50%以上と言われています。
そのため、アメリカに比べて、日本ではほかの猫と接したとき、あるいはほかの猫と接した飼い主を通してウイルス感染するリスクが高いと言えます。
また、日本では数年に1度のワクチンで十分な免疫を維持できるかということが実際には証明されていません。
そういったことから、日本では1年に一度のワクチン接種が望ましいと考えられているのです。

猫のワクチン接種の副作用


人間のワクチンに副作用のリスクがあるように、猫用のワクチンにも副作用のリスクは潜んでいます。
ワクチン接種を検討する場合は、効果だけでなく副作用への理解を深めておくことが大切です。

一般的な副作用

接種後から一定の間、食欲がなくなったり、元気がなくなったりする猫もいますが、24時間以内で改善されるようなら一般的な副作用の範疇と考えていいでしょう。
24時間を超えてもこういった症状がつづく場合は獣医師に相談します。
また、注射した場所に出血が見られる場合も、獣医師に診てもらう必要があります。
接種後24時間はできるだけ安静にして、リラックスできる環境で過ごさせることが大切です。
激しい運動やシャンプーなども避けて、異変が生じたら獣医師に相談するようにしましょう。

アナフィラキシー・ショック

ワクチン接種で起こる副作用のなかでもっとも注意しなければいけないのが、アナフィラキシー・ショックと呼ばれる強いアレルギー反応です。
アナフィラキシー・ショックは体に侵入した異物に対して、免疫機構が過剰反応することで起きます。
あまりに強い反応が起きるために、かえって体には悪影響がおよぼされます。
全米猫獣医師協会によるデータでは、ワクチン接種によって0.01~0.05%の割合でアナフィラキシー・ショックは起こるとされています。
接種後10~15分ほどで血液低下やけいれん、嘔吐、呼吸困難など重篤な症状があらわれることが多いとされています。
アナフィラキシー・ショックが起こったら、できるだけ早く治療を開始しなければ死にいたる可能性があります。
万が一の事態に備えて、接種後30分ほどは動物病院内もしくは近くで待っていたほうがいいでしょう。
また、1度でもワクチンによってアナフィラキシー・ショックが起こってしまったら、次回から同メーカーのワクチン接種は控えなければいけません。
次回のワクチン接種に備えて、ワクチン名は記録しておくようにしましょう。

猫のワクチン接種の接種前と後の注意点


ワクチン接種後にいつもと変わりなく過ごす猫もいますが、猫によっては副作用が起きたり、体調が悪化したりすることがあります。
いつもと様子がちがったら獣医師に相談するなどして、普段以上に体調に注意を向けてあげることが大切です。

ワクチン接種後にできる腫瘤

ワクチンの効果が発揮されて体内に抗体が生成されるまでには、2~3週間ほど必要だと言われています。
そのため、その間はほかの猫との接触や、猫を外に連れ出すことは極力控えたほうがいいでしょう。
また、全米猫獣医師協会のデータによると、0.01%ほどの猫がワクチン接種した箇所が盛り上がって腫瘤が生じることが報告されています。
ワクチン接種が影響してできる腫瘤は炎症性肉芽腫と呼ばれるもので、皮膚が炎症状態となることで起こります。
不活化ワクチンの効果を向上させるために加えられる、アジュバントという添加物が原因とも言われますが、なぜこういった反応が起こるのかははっきりとわかっていません。
数週間経過しても腫れがそのまま残っていて、手で触れるとしこりがあることがわかったら、獣医師に診てもらいましょう。
割合としては多くはありませんが、がんに変化することもあるので油断は禁物です。

ワクチン接種前に注意したいこと

ワクチン接種の前日の夜は、猫の体調に気を配りましょう。
食欲不振や下痢など、なんらかの不調が見られたらワクチン接種は延期したほうが無難です。
よく観察して体調に問題がない場合は、獣医師によって内外部寄生虫の有無を確かめる検査や心音聴診、体温測定、問診、触診などがひととおり行われます。
体調に異常がみつからず、ワクチン接種をしても問題ないと判断された場合に限って、ワクチン接種は行われます。
ワクチン接種後に体調を崩す場合があるので、接種は午前中にしておくといいでしょう。
また、妊娠中の猫には原則的にワクチン接種は行わないので、出産予定がある場合は交配の3週間以上前にワクチンを接種しておく必要があります。

スポンサーリンク

関連記事

9-9

犬の散歩>方法、注意点、など

犬の散歩をいつ行うか? 犬のしつけや健康管理の一環として、散歩を行わなければなりません。 で

記事を読む

%e2%98%859%ef%bc%8d5

猫の殺処分を減らしたい!

安易に猫を増やさない 猫に避妊手術を受けさせ、安易に数を増やさないことが殺処分数の減少につなが

記事を読む

hatyurui

「爬虫類」大好き!な人だけが知っている。その魅力とは?

犬や猫などとは少しちがって、爬虫類は人によって好き嫌いが分かれやすいと言われています。 しかし

記事を読む

ketsueki-3

犬の血液の病気 | 症状・原因・治療など

白血病 『白血病(はっけつびょう)』というのは、犬の骨髄内にある“造血細胞”が遺伝子変異を起こ

記事を読む

5-4

犬の食事>ドッグフードの知識を持ってますか?

成分一覧 ペットショップなどで売られているドッグフードには、成分表が記載されています。 肉な

記事を読む

%e2%98%855%ef%bc%8d2

猫の爪とぎの理由と問題点としつけ方、防ぎ方

猫が爪をとぐのは本能的な行動で、程度の差はあるものの多くの猫に見られます。 なぜ猫は爪をとぐの

記事を読む

hinyouki-3

犬の泌尿器の病気 | 症状・原因・治療など

急性腎不全 『急性腎不全(きゅうせいじんふぜん)』というのは、犬の腎臓が突如として機能不全に陥

記事を読む

10-1

犬を飼う為に必要な基本的な費用とは?

犬を飼うための基本的な初期費用 ペットと暮らしたいと考える人は多く、最近ではさまざまな動物がペ

記事を読む

sussex_spaniel

サ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

サセックス・スパニエル 『サセックス・スパニエル』というのは、イギリス原産の犬種で、一度は絶

記事を読む

8-6

犬の殺処分を減らしたい

飼い主が犬を捨てる理由とは・・・ 道端や公園などで、犬が捨てられているのをよく見かけます。

記事を読む

強力消臭靴下リンマー
強力消臭靴下リンマーの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【強力消臭靴下リンマー】がオススメ! 靴下を何度も念入りに洗った

ネオテクト
ネオテクトの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

ネオテクト薬用マイクロデオドラントクリームとは、株式会社ヴィジョン

FRESHU(フレッシュー)
FRESHU(フレッシュー)の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【FRESHU(フレッシュー)】が解決! 男のニオイの原因① ~

ファルマスタッフ
ファルマスタッフの詳細・特徴・口コミ

ファルマスタッフは薬剤師の転職をサポートしているサイトであり、日本

ヤクステ
ヤクステの詳細・特徴・口コミ

ヤクステは、株式会社グローアップが運営している薬剤師専門の転職支援

→もっと見る

PAGE TOP ↑