犬の内分泌の病気 | 症状・原因・治療など

公開日: : ペット,

糖尿病性ケトアシドーシス

『糖尿病性ケトアシドーシス』というのは、犬の糖尿病が長期化すること血中の「ケトン体」が増加し、様々な障害を引き起こしてしまう状態のことを指しています。

ケトン体は、「アセト酢酸」と「3-ヒドロキシ酪酸(β-ヒドロキシ酪酸)」、そして「アセトン」の総称で、体内に過剰に存在すると様々な弊害をもたらします。

糖尿病性ケトアシドーシスの主な症状としては、「食欲不振」や「水を飲まなくなる」、「元気がない」、「嘔吐」、「下痢」、「昏睡」などが挙げられます。

では、なぜ犬が糖尿病性ケトアシドーシスになってしまうのかというと、それはこの病名が示している通り「糖尿病」が原因です。

適切な治療が行われていれば大丈夫なのですが、糖尿病を「放置」していたり、「治療方法がいい加減」だったりすると、になる可能性がグンと高くなってしまいます。

ですから、犬が糖尿病であることが判明したら、獣医さんの指示に従って、確実な治療を施すようにしてあげてください。

続いて、糖尿病性ケトアシドーシスの治療法についてですが、まずは「インスリン注射」が用いられます。

この治療は緊急を要するため、注射に関しても即効性の高いものが用いられることになります。

また、体内の電解質バランスを回復させるための「輸液」も使われるでしょう。

そして何よりも重要となるのが、原因となっている「糖尿病の治療」です。

当初は、ケトン体を正常値に戻すことが優先されますが、それ以降は基礎疾患である糖尿病を治療し、再発防止に備えます。

低血糖症


『低血糖症(ていけっとうしょう)』というのは、犬の血液中の糖分が少なくなったために、細胞への栄養補給が不完全になってしまっている状態のことを指しています。

低血糖症の主な症状としては、「ぐったりする」、「けいれんを起こす」、「下半身が動かなくなる」、「意識を失う」といったものが挙げられます。

では、なぜ犬が低血糖症になってしまうのかというと、その原因には次のようなものが考えられます。

まず、生後3ヶ月までの“子犬”の場合は、「身体の冷え」や「空腹」、「内臓障害による栄養吸収の悪化」などが原因となります。

性格的に神経質な犬がかかりやすいという傾向もあるようです。

5歳以上の“成犬“の場合は、「空腹」や「興奮」、「過度の運動」などが原因となりやすく、「アイリッシュセッター」や「ゴールデンレトリバー」、「ボクサー」、「スタンダードプードル」、「ジャーマンシェパード」といった大型犬に発症しやすいという傾向があります。

また、7歳以降の“老犬”の場合は、「すい臓の腫瘍」が原因でインスリンの過剰生成が起こるというケースもありますし、年齢にかかわらず”糖尿病”を患っている犬の場合は、インスリン注射の量が多すぎると、低血糖症になってしまいます。

続いて、治療法についてですが、基本的には「糖分補給」が行われます。

ただし、人間とは違って、”チョコレート”は絶対に与えてはいけません。

すい臓の腫瘍など、別の疾病が原因であれば、「基礎疾患の治療」が優先されることになります。

クッシング症候群


『クッシング症候群』というのは、犬の「副腎皮質ホルモン(ふくじんひしつほるもん)」が過剰分泌することで引き起こされる症状のことを指しています。

また、『副腎皮質機能亢進症(ふくじんひしつきのうこうしんしょう)』と呼ばれることもあります。

ちなみに副腎皮質ホルモンは、腎臓の上に位置する「副腎」という名の小さな分泌器官で生成されるホルモンのことで、かなり幅広い働きを担っている、とても重要なものです。

クッシング症候群の主な症状としては、「水をたくさん飲む」、「えさをたくさん食べる」、「おしっこの量や回数が増える」、「おなかがふくれる」、「毛づやが悪くなる」、「胴体が左右対称に脱毛する」、「筋肉が萎縮する」、「甲状腺機能低下症の併発」、「糖尿病の併発」などが挙げられます。

これらの症状が見られるようになったら、注意してあげましょう。

では、なぜ犬がクッシング症候群になってしまうのかというと、まず考えられる原因は「年齢」によるものです。

概ね、8~12歳の“老犬”に発症するケースが多いので、その年令に差し掛かったら気をつける必要があります。

また、「プードル」や「ダックスフント」、「ボクサー」、「ボストンテリア」、「ポメラニアン」などの犬種にかかりやすいことも特徴の一つです。

他に「脳内の腫瘍」や「副腎の腫瘍」、「薬の副作用」なども原因になりやすいと言えます。

続いて、クッシング症候群の治療法についてですが、上記にあるような別の疾病が原因の場合には、それら「基礎疾患の治療」が行われます。

副腎皮質の働きを弱めるための「投薬治療」が起こるというケースもあるようです。

スポンサーリンク

関連記事

neapolitan_mastiff

ナ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

ナポリタン・マスティフ 『ナポリタン・マスティフ』というのは、イタリア原産の犬種で、祖先はロ

記事を読む

%e2%98%8510%ef%bc%8d1

猫を飼い始める前に知っておきたい必要な費用とは

猫を飼い始める前に知っておきたい必要な費用とは 最近のペットブームを受けて、さまざまな動物を飼

記事を読む

1-7

犬を飼うために知っておきたい基礎知識

犬を飼うために知っておきたいこと 近年、身勝手に犬を捨てる人々が多くなってきています。 捨て

記事を読む

mastiff

マ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

マスティフ 『マスティフ』というのは、イギリス原産の犬種で、もの静かで観察力に優れ、いつでも沈

記事を読む

12-1

犬を迎える為に知っておきたい基礎知識

愛犬の名前を決める重要性や名前を決めるコツ 犬を飼ったらまず何をすべきか。 しつけをして、基

記事を読む

shutterstock_270374492-e1455099543778

犬の神経の病気 | 症状・原因・治療など

認知症 『認知症(にんちしょう)』というのは、一度は正常に発達していた犬の脳細胞が減少すること

記事を読む

shutterstock_272716463-e1455098759264

犬の肺の病気 | 症状・原因・治療など

咽頭炎 『咽頭炎(いんとうえん)』というのは、犬ののどに炎症が発生した状態のことを指しています

記事を読む

hatyurui

「爬虫類」大好き!な人だけが知っている。その魅力とは?

犬や猫などとは少しちがって、爬虫類は人によって好き嫌いが分かれやすいと言われています。 しかし

記事を読む

7%ef%bc%8d1-e1454549131631

猫の去勢について、様々な観点から考えてみました

愛猫の生殖機能を人為的に奪うことへの抵抗、あるいは金銭的な理由などから、去勢・避妊手術を躊躇する

記事を読む

colorpoint_shorthair

猫の種類・性格・飼い方・特徴・注意点など>か行の猫

カラーポイントショートヘア 『カラーポイントショートヘア』というのは、「シャムネコ」と「アメリ

記事を読む

強力消臭靴下リンマー
強力消臭靴下リンマーの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【強力消臭靴下リンマー】がオススメ! 靴下を何度も念入りに洗った

ネオテクト
ネオテクトの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

ネオテクト薬用マイクロデオドラントクリームとは、株式会社ヴィジョン

FRESHU(フレッシュー)
FRESHU(フレッシュー)の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【FRESHU(フレッシュー)】が解決! 男のニオイの原因① ~

ファルマスタッフ
ファルマスタッフの詳細・特徴・口コミ

ファルマスタッフは薬剤師の転職をサポートしているサイトであり、日本

ヤクステ
ヤクステの詳細・特徴・口コミ

ヤクステは、株式会社グローアップが運営している薬剤師専門の転職支援

→もっと見る

PAGE TOP ↑