犬の肺の病気 | 症状・原因・治療など

公開日: : ペット,

咽頭炎

『咽頭炎(いんとうえん)』というのは、犬ののどに炎症が発生した状態のことを指しています。

咽頭炎の主な症状としては、次のようなものが挙げられます。

「咳」や「食欲不振」、「首のリンパが腫れる」、「よだれが増える」、「えづく(吐くしぐさをするが何も出ない)」、「呼吸困難」、「泣き声が変わる」などです。

「咽頭」というのは、口と食道との間にある部分で、ここに炎症ができると、痛みで食事にも支障をきたしやすくなります。

では、なぜ犬が咽頭炎になるのかというと、「毒物の吸引や吸入」、「誤飲、及び誤食によるのどの傷」、「鼻炎の波及」、「口内炎の波及」、「ジステンパー」などが原因とされていて、短頭種であれば、「咽頭軟骨の先天的異常」という場合もあるようです。

毒物の吸引や吸入、それに誤飲や誤食などは、普段から飼い主さんが気をつけてあげることが必要でしょう。

生活環境や衛生状態を整えてあげることで、かなり予防することができるはずです。

続いて、治療法についてですが、基本的には咽頭炎が単独で発症するということは考えにくく、他の疾患の周辺症状としてあらわれるものです。

そのため、原因となっている「基礎疾患の治療」を行うことが最優先となります。

具体的には、「異物の除去」や、“ネブライザー”などの器具を用いて「薬剤を吸引させる」といったことが行われます。

言うまでもないことですが、のどは食事をする上でも呼吸をする上でも、とても重要な器官ですので、苦しそうにしていれば速やかに獣医さんに連れていきましょう。

気管支炎


『気管支炎(きかんしえん)』というのは、犬の「気管」に炎症が発生した状態のことを指しています。

のどと肺を結んでいる管のことを気管と言いますが、この気管から枝分かれしている部分のことを「気管支」と呼んでいます。

気管支炎の主な症状としては、「乾いた咳」や「食欲不振」、「ぐったりして元気がない」、「呼吸困難」、「運動を嫌がる」などが挙げられます。

では、なぜ犬が気管支炎になるのかというと、その原因としては次のようなものがあります。

まずは「感染症」で、“犬アデノウイルII型”や“イヌパラインフルエンザウイルス”、“イヌヘルペスウイルス”などに感染すると、その症状の一つとして気管支を発症することがあります。

また、線虫類の幼虫が気管に入る“フィラリア症”などの「寄生虫症」が原因となるケースもあります。

それ以外にも、「異物の誤飲や吸引」などで気管に傷が付くというケースもありますから、これに関しては普段から気をつけてあげることが必要です。

続いて、気管支炎の治療法についてですが、上記の通り、他の疾病が原因となっているケースが多いですので、まずは「基礎疾患の治療」が優先されることになります。

その上で、症状を軽減させるための「対症療法」が行われるというのが、一般的な流れとなるでしょう。

異物の誤飲や吸引が原因の場合には、その異物を取り除くことも必要となります。

ですが、できるだけ誤飲などがないように、生活環境を整えてあげることが大切といえるでしょう。

気管支狭窄


『気管支狭窄(きかんしきょうさく)』というのは、犬の「気管」、または「気管支」が狭くなり、空気がうまく通過できなくなった状態のことを指しています。

気管というのは、のどと肺を結ぶ管のようなもので、そこから枝分かれしているのが気管支なのですが、これらは首の動きに合わせて変形できるよう、とても柔軟になっています。

ですから、首の動きによる損傷はないようになっているのですが、外部からの刺激には弱く容易に変形してしまうという側面も持っています。

そのために気管支狭窄も起こってしまうのですが、主な症状としては「呼吸困難」や、口内が青紫になる「チアノーゼ」などが挙げられます。

では、なぜ犬が気管支狭窄になるのかというと、まずは「気管の目詰まり」が原因として多いようです。

本来なら、気管が目詰まりすることはないはずなのですが、口に入れるべきではないものを入れてしまう“誤飲”や“誤食”によって、異物が気管や気管支に挟まってしまうのです。

これは、飼い主さんの注意で防ぐことができるでしょう。

また、気管の外側に炎症や腫瘍があると、それらが気管を圧迫することで気管支狭窄になってしまうというケースもあるようです。

続いて、治療法についてですが、気管が目詰まりしている場合なら、まずは「異物の除去」が最優先となります。

気管周辺の炎症や腫瘍が原因であれば、それら「基礎疾患の治療」が必要となるでしょう。

いずれにしても、気管は柔らかくデリケートな部分ですので、注意してあげることが大切です。

スポンサーリンク

関連記事

gann-2

犬のがん | 症状・原因・治療など

乳ガン 『乳ガン』というのは、犬の乳房や乳腺にできる腫瘍のことで、おもにメス犬が発症するもので

記事を読む

yorkshire_terrier

ヤ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

ヨークシャー・テリア 『ヨークシャー・テリア』というのは、イギリス原産の犬種で、ヨーロッパの上

記事を読む

hifu-4

犬の皮膚病 | 症状・原因・治療など

膿皮症 『膿皮症(のうひしょう)』というのは、犬の皮膚上で菌が異常繁殖し、化膿して膿を排出して

記事を読む

6%ef%bc%8d1-e1454548165860

猫のワクチン接種 健康維持や病気予防のためのワクチン接種とは

猫の健康維持のや病気予防のため、ワクチン接種が推奨されています。 接種するかどうか決めるために

記事を読む

%e2%98%854%ef%bc%8d1

猫アレルギーの原因、症状、治療、予防について

猫アレルギーとは何か? 猫アレルギーは比較的よく知られたアレルギーのひとつで、発症する人は少な

記事を読む

1-7

犬を飼うために知っておきたい基礎知識

犬を飼うために知っておきたいこと 近年、身勝手に犬を捨てる人々が多くなってきています。 捨て

記事を読む

%e2%98%855%ef%bc%8d2

猫の爪とぎの理由と問題点としつけ方、防ぎ方

猫が爪をとぐのは本能的な行動で、程度の差はあるものの多くの猫に見られます。 なぜ猫は爪をとぐの

記事を読む

2-12-19

猫の病気の症状と原因

猫の病気の症状や原因などの紹介を行っています。 猫は言葉を話さず、痛みもあまり訴えない動物とな

記事を読む

hinyouki-3

犬の泌尿器の病気 | 症状・原因・治療など

急性腎不全 『急性腎不全(きゅうせいじんふぜん)』というのは、犬の腎臓が突如として機能不全に陥

記事を読む

syokudou-3

犬の食道の病気 | 症状・原因・治療など

食道アカラシア 『食道アカラシア』というのは、犬の食道が異常に大きくなってしまった状態を指して

記事を読む

zojirushi-tukitate
象印 精米器 つきたて風味の特徴や感想

お米は、研ぐ前ぎりぎりのつきたてで炊いた方が絶対おいしいごはんがで

4-21-2
日本三大金魚生産地>大和郡山市、弥富市、江戸川区

観賞魚の金魚を飼ったことがある人、いま飼っているという人は多いでし

メディウェル
メディウェルの詳細・特徴・口コミ

メディウェルは、東京証券取引所一部に上場している株式会社アインファ

40-11-9
日本三大葱>下仁田ねぎ、岩津ねぎ、博多万能ねぎ

日本国内にはたくさんの日本三大○○がありますが、葱(ねぎ)にも三大

no image
ツインバード コードレススティック型クリーナー ジェットサイクロンJの特徴や感想

コードさえなかったら、お部屋を縦横無尽に掃除機かけられるのに。 コー

→もっと見る

PAGE TOP ↑