犬の泌尿器の病気 | 症状・原因・治療など

公開日: : ペット,

急性腎不全

『急性腎不全(きゅうせいじんふぜん)』というのは、犬の腎臓が突如として機能不全に陥り、身体にとって有害な物質を体外に排出できなくなってしまった状態のことを指しています。

急性腎不全になってしまった場合の主な症状としては、「食欲不振」や「嘔吐」、「下痢」、「高窒素血症」、「尿毒症」、「代謝性アシドーシス」などが挙げられます。

では、なぜ犬が急性腎不全になってしまうのかというと、主に次のような原因があります。

まずは、「腎臓そのものに異常がある」という場合です。

この場合には「腎性急性腎不全」と呼ばれることもあり、“急性腎炎“や“ネフローゼ症候群”、あるいは“薬物”や“閉塞”などによって起こるようです。

また、「腎臓への血流が悪化する」という場合もあり、「腎前性急性腎不全」と呼ばれることもあります。

これは、腎臓そのものには問題はないのに、“出血”や“大量の下痢”、“脱水“、“ショック”、“心不全”などによって腎臓に流れ込む血流が悪化することで発症します。

もう一つ、「排尿の停滞」が原因となることもあります。

これは「腎後性急性腎不全」とも呼ばれるのですが、“尿管“や“膀胱”、“尿道”が炎症を起こしたり、閉塞したりすることで発症します。

治療法については、主に症状を軽減させるための「対症療法」が中心となります。

具体的には、「輸液」や「ホルモン剤投与」、「薬剤投与」などです。

もちろん、他の疾病が原因であれば「基礎疾患の治療」が優先されることになります。

慢性腎不全


『慢性腎不全(まんせいじんふぜん)』というのは、犬の腎臓が慢性的に機能不全に陥った状態のことを指しています。

腎臓は、「ネフロン」と呼ばれる部分で尿のろ過を行っているのですが、このネフロンが徐々に壊れていき、数ヶ月~数年かけて徐々に症状が悪化していきます。

慢性腎不全になってしまった場合の主な症状としては、「食欲不振」や「体重減少」、子犬や老犬であれば「骨の弱化」、「貧血」、「高窒素血症」、そして末期になると「尿毒症」などがあらわれるようになります。

また、病気の進行具合によっては、別の症状が出ることもあるようです。

では、なぜ犬が慢性腎不全になってしまうのかというと、その原因として主に次のようなものが考えられます。

「慢性腎炎」や「水腎症」、「糖尿病」、「間質性腎炎」、「腎硬化症」、「多発性嚢胞腎」などです。

続いて、慢性腎不全の治療法についてですが、主に治療の中心となるのは「対症療法」です。

例を挙げると、「高窒素血症」を改善させるために「輸液」や「ホルモン剤投与」、「腹膜灌流(ふくまくかんりゅう)、血液透析(腎臓を模した機械に血液を流す)、「薬剤投与」といったものが行われます。

また、腎臓機能が悪化することで高血圧が発生することもありますので、その場合は血圧を安定させるために「心臓への投薬」も行われることになります。

他に、タンパク質と塩分量をコントロールした「食事療法」も用いられることが多いでしょう。

急性腎炎


『急性腎炎(きゅうせいじんえん)』というのは、犬の腎臓内部にある「糸球体(しきゅうたい)」と呼ばれる部分に、急性の炎症が発生してしまった状態のことを指しています。

また、「急性糸球体腎炎(きゅうせいしきゅうたいじんえん)」と呼ばれることもあります。

糸球体というのは、腎臓を構成している「ネフロン」という部分の内部にある、毛細血管の塊のことで、血液中の老廃物をろ過するという役割を担っています。

ですから、ここに炎症ができると、ろ過機能が落ちてしまい老廃物が血中に残ったままになってしまうのです。

急性腎炎の主な症状としては、「おしっこが減る」、「食欲不振」、「ぐったりして元気がない」、「嘔吐」、「口からのアンモニア臭」、「高窒素血症」、「尿毒症」などが挙げられます。

では、なぜ犬が急性腎炎になってしまうのかというと、その原因として「ウイルスや細菌への感染」と「毒物の摂取」が考えられます。

どちらも生活環境や衛生状態が大きく関係してきますので、普段からそれらを整えてあげるように注意しておいてあげるといいでしょう。

特に、毒物となるものを口に入れてしまわないよう気をつけておくことは大切です。

続いて、急性腎炎の治療法についてですが、別の疾病が原因の場合には、それら「基礎疾患の治療」が優先されることになります。

その上で、症状を軽減させるための「対症療法」が行われ、さらには“炭水化物“や“脂肪”など、“タンパク質以外”の「栄養補給」も重要となってきます。

スポンサーリンク

関連記事

shutterstock_272716463-e1455098759264

犬の肺の病気 | 症状・原因・治療など

咽頭炎 『咽頭炎(いんとうえん)』というのは、犬ののどに炎症が発生した状態のことを指しています

記事を読む

4-1

犬の性格について知っておきたい基礎知識

犬の性格は育て方で変わる 人間には性格がありますが、同じように、犬にも性格があります。 基本

記事を読む

hana-3

犬の鼻の病気 | 症状・原因・治療など

鼻炎 『鼻炎』というのは、犬の鼻の中の粘膜に炎症が発生した状態のことを指しています。 人

記事を読む

3%ef%bc%8d1-e1454547439132

猫の噛み癖の原因や対処法について

猫の噛み癖の原因や対処法について さまざまな原因で、猫が人に噛みつくことがあります。 そうい

記事を読む

%e2%98%8512%ef%bc%8d1

猫の毛の管理について 注意点、ノミ対策、ブラッシング

ホームセンターやペットショップに行くと猫用のシャンプーが売られていますが、実際に猫にはシャンプー

記事を読む

manx

猫の種類・性格・飼い方・特徴・注意点など>ま行の猫

マンクス 『マンクス』というのは、イギリス原産のネコなのですが、そのルーツは未だに謎につつまれ

記事を読む

shutterstock_323872466

犬の心臓の病気 | 症状・原因・治療など

心不全 フィラリア症の症状・原因・治療など 『心不全』というのは、犬の心臓や、心臓と関係す

記事を読む

wire_fox_terrier

ワ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

ワイアー・フォックス・テリア 『ワイアー・フォックス・テリア』というのは、イギリス原産の犬種で

記事を読む

%e2%98%8513%e8%b2%b7%e3%81%86%e5%89%8d%e3%81%ab

猫を飼う前に知っておきたい基礎知識

猫を買う前に確認しとく事:家族・経済的・アレルギーetc. 猫を飼いたいと思った場合、なにから

記事を読む

thai_ridgeback_dog

タ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

タイ・リッジバック・ドッグ 『タイ・リッジバック・ドッグ』というのは、タイ原産の犬種で、いつも

記事を読む

zojirushi-tukitate
象印 精米器 つきたて風味の特徴や感想

お米は、研ぐ前ぎりぎりのつきたてで炊いた方が絶対おいしいごはんがで

4-21-2
日本三大金魚生産地>大和郡山市、弥富市、江戸川区

観賞魚の金魚を飼ったことがある人、いま飼っているという人は多いでし

メディウェル
メディウェルの詳細・特徴・口コミ

メディウェルは、東京証券取引所一部に上場している株式会社アインファ

40-11-9
日本三大葱>下仁田ねぎ、岩津ねぎ、博多万能ねぎ

日本国内にはたくさんの日本三大○○がありますが、葱(ねぎ)にも三大

no image
ツインバード コードレススティック型クリーナー ジェットサイクロンJの特徴や感想

コードさえなかったら、お部屋を縦横無尽に掃除機かけられるのに。 コー

→もっと見る

PAGE TOP ↑