犬の皮膚病 | 症状・原因・治療など

公開日: : ペット,

膿皮症

『膿皮症(のうひしょう)』というのは、犬の皮膚上で菌が異常繁殖し、化膿して膿を排出してしまった状態のことを指しています。

基本的には、身体のどの部分でも発症する可能性がありますが、“顔”や“脇”、“股の内側“、“指の間”などにあらわれることが多いようです。

犬が膿皮症になってしまった場合の主な症状としては、発症初期に見られる皮膚表面の小さな発疹である「ホットスポット」や、病気が進行し病変中心部に色素が集まった「ブルアイ」、「かゆみ」、「脱毛」、「化膿」、「患部に触られるのを嫌がる」、「発熱」などが挙げられます。

では、なぜ犬が膿皮症になってしまうのかというと、その原因としては「免疫力の低下」や「栄養不良」、「ホルモン異常」、「薬物の過剰投与」、「シャンプーのしすぎ」、「ブラッシングのしすぎ」などが考えられます。

これらが原因となって「黄色ブドウ球菌」や、まれに「緑濃菌」などが異常繁殖してしまい、それによって膿皮症があらわれるのです。

続いて、膿皮症の治療法についてですが、皮膚の表面だけに発症しているようであれば、基本的には「シャンプー」で皮膚を清潔にするという方法が取られます。

そのうえで「抗生物質」を与えて、細菌の繁殖を抑えるということになるでしょう。

また、他の疾病が原因となって膿皮症になっている場合には、それら「基礎疾患の治療」が優先されることになります。

いずれにしても、菌の異常繁殖が原因ですから、皮膚を清潔にしておくことが必要といえるでしょう。

脂漏症


『脂漏症(しろうしょう)』というのは、犬の皮脂が異常分泌してしまうことによって、皮膚の角質化が進行してしまっている状態のことを指しています。

犬が脂漏性になってしまった場合の主な症状としては、「体臭の悪化」や「被毛のべとつき」、「フケの増加」、「発疹」、「脱毛」などが挙げられます。

これらの症状が見られるようになったら、脂漏性を疑って、獣医さんに相談するほうがいいでしょう。

では、なぜ犬が脂漏性になってしまうのかというと、その原因としては、「ホルモンの異常」、「脂分の多い食生活」、逆に「脂分の少ない食生活」、「内臓の障害」、「ビタミン・ミネラル不足(銅・亜鉛・ビタミンAなど)」、「アレルギー」、「ステロイドの投与」、“ヒゼンダニ”や“ツメダニ”などの「寄生虫感染」、“マラセチア”などの「真菌感染」が挙げられます。

“脂分の多い食生活”が原因となるのは容易に想像できると思いますが、逆の“脂分の少ない食生活”も、足りない脂分を補うために皮脂が過剰分泌されてしまうため脂漏性の原因となり得ます。

ほどよい食事を与えるように気をつけてあげましょう。

続いて、脂漏性の治療法についてですが、“ホルモン異常”など別の疾病が原因となっている場合には、それら「基礎疾患の治療」が優先されることになります。

また、食事中の脂分が原因であれば、「脂分の制限」や「脂分の補給」などを必要に応じて行いましょう。

他にも、「ビタミンやミネラルの補給」や、「抗脂漏シャンプー」を用いるなどの方法が取られます。

ノミ皮膚炎


『ノミ皮膚炎』というのは、ノミの唾液が原因で、患部が赤くなったりかゆくなったりする状態のことを指しています。

ノミが必ずしも犬についているとは限りませんが、もしいるのであれば、1~2ミリ程度の褐色の虫が視認できますし、ウェットティッシュなどで被毛をふき取ると赤いしみのような糞が確認できたり、0.5ミリほどの米粒を小さくしたような卵ができたりするはずです。

犬がノミ皮膚炎になってしまった場合の主な症状としては、「小さな発疹」や「局所的な脱毛」、「かゆみ」、「貧血」などが挙げられます。

上記の確認方法でノミがいることがわかり、さらにこれらの症状が見られるようになったら、ノミ皮膚炎を疑って、獣医さんに相談するほうがいいでしょう。

では、なぜ犬がノミ皮膚炎になってしまうのかというと、その原因はもちろん「ノミの寄生」です。

ただ、犬に寄生するノミの中でも代表的なものは「ネコノミ」と呼ばれている種類です。

このネコノミは、ノミ皮膚炎の原因になるばかりではなく、“ネコ条虫”を媒介することもありますし、時には人間に対しても“刺咬症“を引き起こすことがあります。

続いて、ノミ皮膚炎の治療法についてですが、最初に行われるのが症状を軽減させるための「対症療法」です。

具体的には、かゆみを抑えるための「抗掻痒薬(こうそうようやく)」や、アレルギー反応を軽減させるための「抗アレルギー薬」などが投与されます。

その上で、原因となる「ノミの駆除」が行われます。

また、ノミの駆除は予防としても大切ですので、普段から意識しておきましょう。

白癬


『白癬(はくせん)』というのは、犬の皮膚に“カビ“の一種である「真菌」が皮膚に広がった状態のことを指しています。

また、白癬になると毛が円形に抜け落ちることから、「リングワーム」と呼ばれることもあります。

犬が白癬になってしまった場合の主な症状としては、「円形の脱毛」や「脱毛部にかさぶた」ができるなどが挙げられます。

非常に特徴的な症状ですから、これらが見られる場合には、速やかに獣医さんに相談するほうがいいでしょう。

では、なぜ犬が白癬になってしまうのかというと、その原因としてあげられるのが「白癬菌との接触」です。

すでに、“イヌ小胞子菌,”や“ミクロスポラムカニス”などの「白癬菌」を保有している他の犬や猫と接触すると、感染してしまいます。

他に、“ミクロスポラムカニス”は土壌中にも石膏状小胞子菌として存在していますので、犬が地面で寝転がったり、土をほったりした時に感染するというケースもあります。

続いて、白癬の治療法についてですが、主には殺菌効果のある内服薬や外用薬など「投薬」が行われます。

また、殺菌効果のある薬剤で犬の体を洗う「薬浴」が行われることもあるようです。

さらに、病変部以外の部分に症状の長期化が見られるような場合には、「被毛の刈り取り」が行われることになります。

なお、白癬は人間にも感染する「人獣共通感染症」ですので、飼い主さんの方でもむやみに野良犬や野良猫に触らないよう、注意しておくことが必要となります。

スポンサーリンク

関連記事

11-1

犬の食事について栄養素や注意したい事のまとめ

犬に必要な栄養素 人間が生きていくうえでは、6大栄養素と言われる炭水化物、脂質、たんぱく質、ビ

記事を読む

shutterstock_323872466

犬の心臓の病気 | 症状・原因・治療など

心不全 フィラリア症の症状・原因・治療など 『心不全』というのは、犬の心臓や、心臓と関係す

記事を読む

7-3

愛犬を暑さ、寒さ、災害から守る為の基礎知識

愛犬を寒さから守る対策 犬は寒さに強いと言われていますが、寒すぎる環境は犬の健康に悪影響を及ぼ

記事を読む

%e2%98%8512%ef%bc%8d1

猫の毛の管理について 注意点、ノミ対策、ブラッシング

ホームセンターやペットショップに行くと猫用のシャンプーが売られていますが、実際に猫にはシャンプー

記事を読む

2-1

犬アレルギーの治療や改善方法について

犬アレルギーとは何か? 住宅環境の変化などによって、室内で犬と一緒に過ごすという人が増えてきま

記事を読む

1-7

犬を飼うために知っておきたい基礎知識

犬を飼うために知っておきたいこと 近年、身勝手に犬を捨てる人々が多くなってきています。 捨て

記事を読む

%e2%98%8513%e8%b2%b7%e3%81%86%e5%89%8d%e3%81%ab

猫を飼う前に知っておきたい基礎知識

猫を買う前に確認しとく事:家族・経済的・アレルギーetc. 猫を飼いたいと思った場合、なにから

記事を読む

hatyurui

「爬虫類」大好き!な人だけが知っている。その魅力とは?

犬や猫などとは少しちがって、爬虫類は人によって好き嫌いが分かれやすいと言われています。 しかし

記事を読む

hana-3

犬の鼻の病気 | 症状・原因・治療など

鼻炎 『鼻炎』というのは、犬の鼻の中の粘膜に炎症が発生した状態のことを指しています。 人

記事を読む

somari

猫の種類・性格・飼い方・特徴・注意点など>さ行の猫

サイベリアン 『サイベリアン』というのは、ロシア原産のネコで、その名前は「シベリア」という意味

記事を読む

強力消臭靴下リンマー
強力消臭靴下リンマーの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【強力消臭靴下リンマー】がオススメ! 靴下を何度も念入りに洗った

ネオテクト
ネオテクトの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

ネオテクト薬用マイクロデオドラントクリームとは、株式会社ヴィジョン

FRESHU(フレッシュー)
FRESHU(フレッシュー)の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【FRESHU(フレッシュー)】が解決! 男のニオイの原因① ~

ファルマスタッフ
ファルマスタッフの詳細・特徴・口コミ

ファルマスタッフは薬剤師の転職をサポートしているサイトであり、日本

ヤクステ
ヤクステの詳細・特徴・口コミ

ヤクステは、株式会社グローアップが運営している薬剤師専門の転職支援

→もっと見る

PAGE TOP ↑