犬を飼い始めて毎年必要な費用について

公開日: : ペット,

『犬を飼い始めて毎年必要な費用』とは

犬を飼いはじめると、さまざまな費用がかかることになります。
ここでは、どういった用途で費用が必要となるのか紹介していきます。

食費などの生活費

食費に関しては、犬の大きさによって食べる量がちがうため、費用にもかなりの差が生じます。
1年にかかる食費は、数万円~10万近くまでいろいろです。
なお、この金額は一般的なドッグフードを与えた場合で、ほかのフードを与える場合はまたちがってきます。
おやつなどを加えた場合、当然ながらこれよりも費用が大きくなることになります。
ペットシーツなどの消耗品も、犬の大きさによって差がありますが、数万円ほどは見ておく必要があるでしょう。

医療費

犬は狂犬病の予防接種が義務づけられているため、必ず受ける必要があります。
また、愛犬を病気から守るため、混合ワクチンを接種することが推奨されています。
どちらも1年に1回受ける必要があるため、医療費として用意しておくことになります。
また、フィラリア予防薬やノミ・ダニ予防薬の投与もしておくと安心なので、医療費に含めておくといいでしょう。
特にノミやダニが繁殖すると人間にまで外を及ぼすことになるので、しっかり予防することが大切です。
それ以外にも、突発的な事故や病気によって医療費が必要となる場合もあるので、別途医療費として用意しておくと不測の事態にも対応しやすくなります。

その他の費用

愛犬をしつけ教室に通わせる場合は、この費用もかかります。
費用はどのドックスクールに通うか、どのコースを選ぶかなどによって変わってくるので、事前に調べておきましょう。
また、犬種によってはトリミング代がかかる場合があります。
自分でトリミングすることもできますが、仕上がりの美しさからほとんどの人がプロに依頼しているようです。
愛犬に去勢手術や避妊手術を受けさせる場合は、その費用も必要となります。
メリット、デメリットの両方があるので、受けさせるかどうかは十分に検討する必要があります。

食事・トイレ備品


犬と暮らすには、さまざまな費用がかかります。
毎月必ずかかる費用と言えば、生活費があります。
どれくらい必要になるかは犬種や大きさ、環境などによってちがってきます。
また、ここで紹介するもののほかに消耗品代などがかかることもあります。

食費

食費がどれくらいかかるかはどんなものを与えるかによって、大きく変わってきます。
比較的安価なのがドライフードですが、小型犬であれば年間36,000円程度、大型犬の場合は72,000円程度かかると言われています。
より高価なフードや手作り食にすると、また金額は変わってくるでしょう。
しつけをするときのご褒美や、小腹がすいたときに与えるものとして、おやつも用意しておくと安心です。
おやつは高カロリーなものもあるので、フードと合わせてカロリー計算をして適切な量を与える必要があります。
犬のおやつは多種多様で、チキンのささみや豚の耳などがよく知られています。
ほかにも豆腐や馬のアキレス腱を用いたものなど、さまざまな素材がつかわれています。
どのおやつを与えるかで費用は変わってきますが、年間で12,000~24,000円ほどが多いでしょう。

ペットシーツやおもちゃ

ペットシーツは、犬や猫のトイレに用いる吸水性にすぐれたシーツのことです。
サイズが豊富なので、トイレのサイズに合わせて選ぶことができます。
薄型のものは収納性が高いですが、吸水性はそれほど高くないため、長時間使用することはできません。
厚型は吸水性が高く繰り返し使用することができますが、ややかさばります。
どのペットシーツを選ぶかによりますが、年間で12,000~18,000円程度見ておけばいいでしょう。
おもちゃもやはり多種多様で、ぬいぐるみやボール、フリスビー、ロープなどがよく用いられます。
犬だけで遊べるものから、飼い主と一緒に遊ぶタイプまでいろいろあるので、用途に合わせて選びます。
費用はおもちゃによって変わってきますが、年間で24,000~36,000円ほどかかると思っておけばいいでしょう。

トリミングの効果・費用


毛が一定の長さ以上伸びない短毛種であれば問題ありませんが、プードルなど毛が伸び続けるような犬種は定期的にトリミングをする必要があります。
トリミングは飼い主自身が行うこともできますが、より美しく仕上げたいのならプロに任せたほうがいいでしょう。
犬のトリミングサロンで行った場合、毛のカットだけでなく、耳掃除や爪切り、ブラッシング、シャンプーなどもしてもらえることが多いので、仕上がりが美しくなります。

トリミングの効果

トリミングは犬の体のトータルケアなので、見た目を美しくする以外にもさまざまな効果が期待できます。
そのひとつが、ダニやノミの予防効果です。
毛が長いとダニやノミは潜みやすくなるため、短く毛をカットすることで住みにくくすることができます。
また、足裏の毛が長いとすべりやすくなって転んでしまうので、短くカットすることで転倒を防ぐことができます。
眼球まわりのむだ毛のカットは、毛が目に入ることを防ぎ、涙が過剰分泌されにくくなります。
長毛種は暑い時期は毛と毛の間が高温になりやすく、熱中症のリスクが高まります。
トリミングによって毛を短くカットすることで通気性が高まり、熱中症になりにくくなります。
長毛種は肛門周りが不衛生な状態になりやすいと言われています。
トリミングによって毛を刈ることで、軟便が毛に付着するのを防ぐことができ、衛生的に保つことが可能となります。

トリミングの料金

トリミングサロンによって料金はことなりますが、小型犬の場合はシャンプーが3,000円~、カット5,000円~といった価格設定が多いようです。
料金は犬の体が大きいほど高くなるので、事前に確認しておきましょう。
毛玉がたくさんある場合や特殊なカットをする場合などは、さらに割高となることもあります。
トリミングサロンを選ぶ場合は、料金はもちろんトリマーの技術やサービス内容、犬への接し方などを確認したうえで決めるようにしましょう。

犬の体に寄生するノミ・ダニの予防薬や費用


ノミやダニは犬の体に寄生し、さまざまな悪影響を及ぼします。
それを防ぐには予防薬が有効だと言われています。

ノミやダニの害

ノミが犬の体に寄生すると、かゆみが生じて噛んだりひっかいたりして皮膚が炎症状態になります。
ノミの唾液に含まれる成分によってアレルギー反応が起きることもあり、背中や腰を中心に赤い湿疹のようなものができます。
ノミが増えると吸血される量も増え、貧血状態に陥ることもあります。
条虫と呼ばれる内部寄生虫などを媒介する可能性もあります。
ノミの影響は犬だけでなく飼い主にもおよび、皮膚炎などが引き起こされることもあります。
ノミだけでなく、ダニが犬に寄生することがあります。
犬に寄生するのはマダニという種類で、普段は草むらなどに生息していますが、散歩などをきっかけに犬に寄生するようになります。
顔や耳など、やわらかな皮膚に寄生し、血を吸います。
マダニはごく小さなものですが、血を吸って200倍以上に膨らむため、目でも確認できます。
口で強固に皮膚をとらえているので、無理矢理引っ張ると部分的に皮膚に残って、化膿してしまう場合があります。
マダニは激しいかゆみの原因となりますが、より問題視すべきなのがバベジアという寄生虫や細菌などを媒介することがある点です。
バベジア症候群を発症すると、赤血球がこわされて命を落とすこともあります。

ノミ・ダニ予防薬の価格

ノミ・ダニの予防薬はいろいろなものがありますが、よく用いられるのがスポットタイプです。
スポットタイプは首のうしろに薬剤をたらすというもので、一瞬で済むので犬もいやがらず体への負担もありません。
服用タイプの薬もあり、成虫を駆除するだけでなく、ノミの卵やさなぎの成長を阻害する効果もあります。
メーカーや犬の大きさにもよりますが、どちらも年間で12,000~15,000円程度を見ておけばいいでしょう。
ほかにも、いろいろなタイプの予防薬があるので、使いやすさや効果、継続日数などを参考に選ぶことをおすめします。

犬の病気や怪我の治療方法や治療費


犬を飼っていると、病気になったり怪我をしたりすることがあります。
どちらも予測できないことですが、突発的な事態に備えておくことは愛犬を守るためにも大切です。
場合によっては治療費が高額になることもあるので、ペット保険などに加入して備えておくというのも有効な方法です。

犬の怪我

犬の元気があればあるほど、怪我のリスクは高まります。
散歩中にガラスなどの鋭利なものを踏んでしまった、ほかの犬と遭遇したときにけんかをしてかみ傷などができてしまったなど、その原因や怪我の種類はさまざまです。
犬に起こりやすい怪我のひとつが、骨折です。
運動中の骨折や高い場所からの落下などによって、骨折が起こることがあります。
そういった場合は応急処置を施してから、動物病院で治療をする必要があります。
怪我の内容や程度、治療を受ける動物病院によって必要となる費用は異なります。
目安としては、通院の場合は3,000~10,000円、入院の場合は3,000~12,000円、手術の場合は100,000~400,000円程度となります。
手術は特に高額で100万円以上かかることもあります。

犬の病気

犬のかかりやすい病気はさまざまなものがあり、それぞれ治療方法や費用は異なります。
たとえば、犬が発症しやすい外耳炎の場合、軽い炎症であれば塗り薬だけの治療で済むので5,000円程度の出費で済みます。
ただし、炎症が悪化してしまった場合は感染原因を明確にするための検査費用などが別途必要になります。
場合によっては手術の必要もあるので、高額となる可能性があります。
結膜炎も犬がかかりやすい病気ですが、点鼻薬で済めば5,000円程度で済みます。
しかし、悪化している場合は検査などが必要になるため、1万円以上かかることもあります。
治療費がかかりやすい病気としては、心臓病などが挙げられます。
治療薬が高額なうえに、入院しなければいけない場合もあるので、何十万とかかることも少なくありません。

スポンサーリンク

関連記事

11-1

犬の食事について栄養素や注意したい事のまとめ

犬に必要な栄養素 人間が生きていくうえでは、6大栄養素と言われる炭水化物、脂質、たんぱく質、ビ

記事を読む

5-4

犬の食事>ドッグフードの知識を持ってますか?

成分一覧 ペットショップなどで売られているドッグフードには、成分表が記載されています。 肉な

記事を読む

mimi-5

犬の耳の病気 | 症状・原因・治療など

外耳炎(がいじえん) 『外耳炎(がいじえん)』というのは、音の通り道となっている「外耳道」と呼

記事を読む

manx

猫の種類・性格・飼い方・特徴・注意点など>ま行の猫

マンクス 『マンクス』というのは、イギリス原産のネコなのですが、そのルーツは未だに謎につつまれ

記事を読む

turkish_angora

猫の種類・性格・飼い方・特徴・注意点など>た行の猫

ターキッシュアンゴラ 『ターキッシュアンゴラ』というのは、トルコ原産の「長毛種」で、トルコでは

記事を読む

2%ef%bc%8d5-e1454546820864

キャットフードについての基礎知識

水分含有量による分類 キャットフードはどの程度の水分を含むかによって、数種類に分けられます。

記事を読む

lhasa_apso

ラ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

ラサ・アプソ 『ラサ・アプソ』というのは、チベットが原産の犬種で、チベットの寺院では何千年もの

記事を読む

norwegian_forest_cat

猫の種類・性格・飼い方・特徴・注意点など>な行の猫

『ノルウェージアンフォレストキャット』というのは、その名の通りノルウェー原産のネコで、体格も態度

記事を読む

sussex_spaniel

サ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

サセックス・スパニエル 『サセックス・スパニエル』というのは、イギリス原産の犬種で、一度は絶

記事を読む

shutterstock_134583359

犬の感染症 | 症状・原因・治療など

細菌性腸炎 『細菌性腸炎(さいきんせいちょうえん)』というのは、その名の通り、細菌が原因となっ

記事を読む

強力消臭靴下リンマー
強力消臭靴下リンマーの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【強力消臭靴下リンマー】がオススメ! 靴下を何度も念入りに洗った

ネオテクト
ネオテクトの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

ネオテクト薬用マイクロデオドラントクリームとは、株式会社ヴィジョン

FRESHU(フレッシュー)
FRESHU(フレッシュー)の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【FRESHU(フレッシュー)】が解決! 男のニオイの原因① ~

ファルマスタッフ
ファルマスタッフの詳細・特徴・口コミ

ファルマスタッフは薬剤師の転職をサポートしているサイトであり、日本

ヤクステ
ヤクステの詳細・特徴・口コミ

ヤクステは、株式会社グローアップが運営している薬剤師専門の転職支援

→もっと見る

PAGE TOP ↑