犬の目の病気 | 症状・原因・治療など

公開日: : ペット,

チェリーアイ

『チェリーアイ』というのは「第三眼瞼腺逸脱」とも呼ばれ、涙を作る役割を持っている「第三眼瞼腺」という腺組織が、「瞬膜」と呼ばれる眼球を保護するための膜の縁を越えて、外に飛び出してしまうという病気のことです。
犬の目の構造は、上まぶたと下まぶたのほかに瞬膜という第三のまぶたのようなものがあり、これを「第三眼瞼」とよんでいます。
この第三眼瞼の裏にあるのが第三眼瞼腺で、これが瞬膜の外に飛び出してしまうことでチェリーアイとなるのですが、飛び出してしまった第三眼瞼腺は刺激にさらされることになり、炎症を起こしで赤く腫れ上がります。
この赤く腫れ上がっている様子が、まるでサクランボのようなので、チェリーアイという名前がつきました。
チェリーアイになると、犬がまぶしそうに目を細めたり、まばたきの回数が増えたりしますし、どうしても目が気になりますから前足でこすったりすることもあります。
また、「結膜炎」や「角膜炎」が起こるというケースもあるようです。
そこまで行かない場合でも、通常より涙の量が多くなったり、充血したりもしますので、何よりもチェリーアイ自体が見た目にはっきりと分かる症状ですので、異常があることはすぐに確認できるでしょう。
チェリーアイにかかりやすいのは、生後6ヵ月齢から2歳齢くらいの若い犬だと言われています。
原因は、先天的なものもあるのですが、外傷や目の奥に腫瘍が影響するケースもあります。
治療法としては、症状が小さければ抗炎症薬の点眼などが行われますが、症状が大きい場合や再発を繰り返すような時には外科手術が行われることもあります。

ドライアイ


『ドライアイ』というのは、正確には「乾性角結膜炎」と呼ばれ、目の表面が乾いてしまい角膜と結膜とに炎症が生じている状態のことを指します。
ドライアイになってしまう原因は、涙腺の欠如や涙腺の萎縮などの「涙腺異常」で、先天的なものもあるのですが、ウイルスや細菌に感染するなどの後天的要素や、老化による場合などもあるようです。
主な症状には、「結膜の肥厚」や「結膜のにごり」、「結膜からの出血」、「目ヤニの増加」、「角膜に穴が空く」、「まぶたが癒着する」などが挙げられます。
また、上記のほかに、「角膜炎」や」結膜炎」と似た症状として、「激しい痛み」や「足で目をこすろうとする」、「まばたきが増える」、「涙が増える」、「角膜が白くにごる」、「白目が充血する」、「眼球が腫れてやや大きくなる」などが見られるケースもあります。
ドライアイになった場合の治療法にはいくつかのものがありますが、軽度のものであれば、「点眼薬」や「眼軟膏」を用いて、角膜と結膜を乾燥から防ぐようにしてあげます。
通常は、これだけでもある程度の効果が見られるはずですが、これで足りない場合には、「涙促進薬」を投与して、涙の分泌を人工的に増やすという方法も取られます。
これらの薬では効果が見られないほど症状が進行している場合には、外科手術が施されることになります。
具体的には、耳の下にある耳下腺と呼ばれる分泌器官を結膜に移植するというもので、これにより目の表面の乾きを食い止めます。
なるべく早く発見できるよう、少しでも様子がおかしいと感じたら獣医さんに相談してみましょう。

ブドウ膜炎


『ブドウ膜炎』というのは、眼球の中の「ブドウ膜」と呼ばれる部分に炎症が生じた状態のことを指します。
「ブドウ膜」とは、「虹彩」や「毛様体」、「脈絡膜」などの血管に富んだ膜の総称です。
このブドウ膜炎になると、「目ヤニ」が増えたり、「目をこすろうとする」などの日常的なものから、「涙が増える」、「瞳孔が縮む」、「虹彩の変形」、「前房出血」、「角膜の裏側がにごる」など、様々な症状が見られるようになります。
ブドウ膜炎になる主な原因として考えられているのは、「細菌」や「ウイルス」などの感染、「外傷」、「アレルギー」、「中毒」、「角膜炎」や「結膜炎」の悪化などです。
飼い主さんの方で、事前に予防できるものに関しては、注意しておいてあげることが大切です。
また、ブドウ膜炎の治療法ですが、主なものとしては次の3種類が挙げられます。
1つ目は、「基礎疾患の治療」で、ブドウ膜炎が引き起こされている原因となっているのが、上記に示したような別の疾病による場合には、それらの疾病への治療が施されます。
2つ目は「対症療法」で、ブドウ膜炎の原因が特定しきれない場合には、症状を抑えるための治療が主なものとなります。
最後に3つ目は、「免疫療法」で、ブドウ膜炎の発症に免疫系がかかわっていると考えられるような場合には、免疫療法剤などが用いられることもあります。
いずれにしても、目の状態が良くないというのは、犬自身にとっても大変な状況ですので、普段から注意しておいてあげることが大切です。

角膜炎


『角膜炎』というのは、犬の黒目の部分を覆っている、「角膜」という透明な膜に炎症を起こした状態を指します。
その炎症が発生する場所によって、「表層性角膜炎」、「深層性角膜炎」、「潰瘍性角膜炎」などに分類されています。
犬が角膜炎を起こすと、目に違和感を持つため、足で目をこすろうとしたり、目を床や壁にこすりつけようとしたりするようになります。
他にも、「激しい痛み」を感じたり、「まばたきが多くなる」、「涙が多くなる」、「角膜が白くにごる」などの症状があらわれ、「パンヌス」と呼ばれる新生血管が見えることもあります。
犬の角膜炎の原因として挙げられるのは、主に次のようなものです。
「目をこする」、「涙が少ない」、「ビタミン不足」、「シャンプーが目に入る」、「まつげや体毛が目に入る」、「木の枝などで目を引っかく」、「遊んでいるときに他の犬の足や歯が当たる」、「イヌ伝染性肝炎」、その他の「細菌」や「ウイルス」など。
中でも、「イヌ伝染性肝炎」が原因となっている角膜炎は、角膜が青白くにごるために「ブルーアイ」と呼ばれることもあります。
角膜炎の主な治療法は、次の3つとなります。
1つ目は、「点眼薬」によるものですが、市販の点眼薬と併用してしまうと、症状が悪化するケースもありますので、使用する際には獣医師に確認しておきましょう。
2つ目は「エリザベスカラー」を使う方法で、これにより犬は目をこすれなくなりますから、炎症の拡大を防げます。
最後は「前足に包帯を巻く」という方法で、もし犬が目をこすっても、角膜に傷がつきにくくなります。

角膜裂傷


『角膜裂傷』というのは、犬の黒目の表面を覆っている「角膜」という透明の膜が破れてしまい、傷ついている状態を指します。
犬の角膜裂傷の症状は、進行の度合いによって変わってくるのですが、軽症であれば「角膜炎」と似た状態で収まっています。
しかし、中等度になると「角膜のゆがみ」が生じてきますし、さらに重症にると、「眼球表面に内容物が飛び出す」という状態になりますので、決して侮れない病気ということができます。
では、なぜ角膜裂傷になるのかというと、その原因としては、「他の犬やネコなどとのケンカ」、「交通事故」、「木の枝やトゲなどが刺さる」といったことが挙げられます。
いわゆる外傷が原因となりますので、散歩などの時はもちろん、普段から飼い主さんが気をつけてあげることも大切です。
続いて、犬が角膜裂傷になった場合の治療法ですが、主なものとしては次の4つがあります。
1つ目は「点眼薬」による治療で、炎症を抑えるために処方されます。
ただし、市販の点眼薬とは併用できませんから、獣医さんにキチンと相談するようにしてください。
2つ目は「眼瞼縫合」、つまり上下の瞼を縫い合わせるというもので、眼を引っかいたりするのを防ぐことが主な目的です。
「瞬膜」や「第三眼瞼」と呼ばれる眼球の内側から出てくる膜を縫い合わせることもあります。
3つ目は「角膜縫合」で、角膜自体にに深い穴が空いているような場合に行われます。
最後は「眼球摘出」で、あまりにも傷が大きかったり、眼球内部の「水晶体」が外に出てしまったりする場合は、眼球そのものを取り出してしまいます。

眼球脱出


『眼球脱出』というのは、犬の眼球がまぶたの外に飛び出してしまっている状態のことを指しています。
この病気になるのは、「シーズー」や「パグ」、「ボストンテリア」などのように、最初から眼球がある程度外に出ている犬種が多いようです。
犬が眼球脱出になった場合の主な症状は、次の通りです。
まずは「眼球の突出」が見られ、それにより「眼球の炎症」や「眼球の乾燥」が起こり、さらには「眼球の壊死」というところまで進んでいきます。
では、なぜ犬の眼球脱出が起きてしまうのか、その主な原因として挙げられるのは「交通事故」や「ケンカ」、それに「後頭部への衝撃」などで、外部から強いショックを与えられることで、この症状があらわれます。
犬が眼球脱出になった場合の治療法は、主に次の3つが挙げられます。
1つ目は「眼球の整復」。
つまり、まぶたを注意深く引っぱって、眼球を元の位置に戻すという方法です。
これが用いられるのは、主に軽症の場合に限られます。
2つ目は「まぶたの切開」で、むくみがひどく、そのままでは元に戻せない場合に用いられます。
まぶたの一部を切開したら、その状態から眼球の整復を行うことになります。
3つ目は、「眼球の摘出」です。
これは、最後の手段ということになりますが、眼球の損傷がひどくて、整復したとしても視力の回復が見込めないというような場合に用いられます。
軽症であればいいのですが、眼球の摘出が必要な状況になると、かなり大変ですから、普段から外的なショックを受けないよう気をつけてあげるようにしましょう。

眼瞼炎


『眼瞼炎(がんけんえん)』というのは、犬の「眼瞼」、いわゆる「まぶた」の周辺に炎症が発生した状態のことを指しています。
炎症を起こしていますので、「目の周りが赤く腫れる」というのが主な症状となるのですが、他にも「目の周囲の脱毛」や「前足で目をこすりたがる」、「目の周囲が化膿する」、「まばたきが多くなる」、「涙が多くなる」といったような状態にもなります。
犬が眼瞼炎を起こしてしまう原因として考えられるのは、主に以下のようなものがあります。
「アレルギー反応」や「寄生虫の感染」、「真菌や細菌などの感染」などの他に、「目をこすりすぎる」、「交通事故」、「他の犬や猫とのケンカ」といった外傷が元になっているケースもあるようです。
続いて、犬が眼瞼炎になってしまった場合の治療法を見てみると、今のところは主に次の2通りの方法が考えられます。
1つ目は「基礎疾患治療」で、これはその名の通り、眼瞼炎の根本的な原因になっている基礎疾患に対する治療を行います。
上記の原因としてあげた中から言うと、アレルギーに対する治療や各種の感染に対する地超、あるいは事故などによる外傷の治療などが挙げられます。
具体的な治療法は、獣医さんに相談することとなりますが、アレルギー反応がある場合には食べ物や生活環境に注意し、感染に対しては衛生状態を整えてあげることも重要なポイントになります。
また2つ目の治療法として「エリザベスカラー」を使う方法があります。
これは、犬が目をこすろうとするのを防ぐためで、炎症の悪化を抑えることが可能です。

眼瞼外反症


『眼瞼外反症(がんけんがいはんしょう)』というのは、犬のまぶたが外側にめくれ上がってしまっている状態のことを指します。
「セントバーナード」や「ブルドッグ」、「コッカースパニエル」、「クランバースパニエル」などの犬種に発症することが多く、大多数は下まぶたに発症するようです。
この眼瞼外反症になると、主な症状として次のようなものが挙げられます。
まずは「角膜炎」や「結膜炎」と同じような症状があらわれる他、「涙が多くなる」、「目やにが多くなる」というような状態になり、さらに「前足で目をこすろうとする」、「流涙症の症状」などが見られることもあります。
このように、犬が眼瞼外反症になってしまう原因として考えられるのは、主に次の3つです。
1つ目は、特定の犬種となりますが「先天的」なものがある場合、2つ目は「外傷に伴う顔面神経マヒ」、そして3つ目が「結膜炎の後遺症」というものです。
この内、先天的なものに関してはやむを得ないということになりますが、外傷や結膜炎については普段から注意していれば予防することも可能でしょう。
続いて眼瞼外反症の治療法ですが、現在の主なものとしては、次の3つが挙げられます。
1つ目は「角膜炎」や「結膜炎」の治療で、多くの場合はこれらの炎症を併発していますから、その治療を行うことが眼瞼外反症にも有益となります。
2つ目は「ドライアイ」の治療で、涙が外に流れ出ることが多いですから、点眼薬や眼軟膏などを使用するというケースもあります。
3つ目は「まぶたの整形」で、これは外反の度合いがひどい場合に用いられます。

眼瞼内反症=逆まつげ


『眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)』というのは、犬のまぶたが内側に曲がりこんだ状態のことで、これにより『逆まつげ』を起こしてしまうことが多くあります。
眼瞼内反症の主な症状としては、「結膜炎」や「角膜炎」の症状、「前足で目をこすろうとする」、「目やにが増える」、「涙が増える」、「まぶたがけいれんする」といったものが挙げられ、その他に上記の通り「逆まつげ」も加わります。
逆まつげの原因の一つは、眼瞼内反症ということになりますが、反対に逆まつげが眼瞼内反症の原因となるケースもあるようです。
その他の眼瞼内反症の原因としては「先天的なまぶたの内反」、「結膜炎や外傷の後遺症」、あるいは「結膜炎による浮腫」などが挙げられます。
また、逆まつげに関しては、まつげが角膜に向かって生えてしまっている「乱生」や、まつげが2列になって内側に生えてしまっている「重生」なども大きな原因となります。
犬が眼瞼内反症になった場合の治療法は、結膜炎や角膜炎を起こす原因となっている「まつ毛を抜く」ということになります。
軽度であれば、これで大丈夫ですが、まぶたの変形が重度の場合には「内反矯正手術」によって整形を行うというケースもあるようです。
逆まつげの場合は、「まつげの脱毛」が主な治療法ですが、電気的脱毛が用いられることが多く、時には毛根自体を切除してしまうという場合もあります。
眼瞼内反症と逆まつげは、互いに関連しあっている病気ですので、並行して治療するというケースも多いようです。

結膜炎


『結膜炎』というのは、犬の眼球の、白目からまぶたの裏側を覆っている「結膜」に炎症が発生した状態のことです。
人間にも多い病気ですが、犬にも非常に多く見られる病態として知られています。
犬の結膜炎の主な症状としては、次のものが挙げられます。
まずは「白目の部分の充血」で、犬のまぶたをめくり上げて確認すると、容易に充血部を見ることができます。
他に「前足で目をこすろうとする」、「床や壁に目をこすりつける」、「まばたきが多くなる」、「涙が多くなる」などがあり、ほかに「眼球が腫れてやや大きくなる」というようなケースもあるようです。
では、なぜ犬が結膜炎になるのかというと、「目にゴミや異物が入る」、あるいは「シャンプーなどが目に入る」といったものから、「細菌やウイルスなどへの感染」、「何らかのアレルギー症状」、それに「副鼻腔炎の波及」などが主な原因として考えられます。
この内、ゴミや異物が入るといった物理的な刺激の場合には、片方の目にだけ症状が現れることが多く、アレルギーや感染症などが原因の場合には、両方の目に症状が現れることが多いようです。
結膜炎の主な治療法としては、炎症を抑えるために「点眼薬」や「眼軟膏」を用いる方法や、眼球周辺の被毛が炎症を引き起こしているのであれば「眼の周辺の毛をカット」したり、眼の周辺を清潔に保つために、「ほう酸水などで洗浄」するという場合もあります。
他に、「エリザベスカラー」を用いたりするケースもあるようです。

前房出血(ぜんぼうしゅっけつ)


『前房出血(ぜんぼうしゅっけつ)』というのは、犬の目の中の角膜と虹彩の間にある「前眼房(ぜんがんぼう)」と呼ばれる部分に出血が起こってしまっている状態のことです。
この前房出血になると、「眼球が真っ赤に染まる」、「歩行が不安定になる」、「目を気にするしぐさを見せる」といったような症状が見られることが多くなります。
では、なぜ犬が前房出血を起こしてしまうのかというと、その主な原因としては「事故」や「外傷」、「血管の先天異常」、「血液凝固障害」、「血管の弱化」、「ブドウ膜炎」、「慢性緑内障」などが挙げられます。
先天異常や血管系の障害などは獣医さんでないと対応が難しいですが、事故や外傷などは普段から注意することで防げる可能性が高いですから、気をつけてあげるようにしましょう。
続いて、犬の前房出血の治療法ですが、主に次の3つのものが挙げられます。
1つ目は「経過観察」で、出血量が少ない場合であれば、そのまま放置しておいても血液が体内に吸収されてしまうことが多いようです。
2つ目は「基礎疾患の治療」で、前房出血が「ブドウ膜炎」や「慢性緑内障」の周辺症状として出ているのであれば、そちらの治療を優先することになります。
最後が「虹彩の癒着予防」で、瞳孔の大きさを調整する「虹彩」と呼ばれる部分が癒着してしまうことがあるため、強制的に開閉することで園予防をするという方法です。
人間でもそうですが、目の疾患というのは歩行などの日常生活に支障をきたしますので、見つかった場合には早急な対処が必要となります。

網膜剥離


『網膜剥離(もうまくはくり)』というのは、犬の眼球内部にある「網膜」の部分が、土台からはがれてしまっている状態のことを指しています。
人間にも起こる病気の一つですが、犬にとっても重大な疾患となり、その症状は軽い場合でも「視力障害」、重篤な場合には「失明」を起こしてしまうケースまでありえます。
では、なぜ犬が網膜剥離を起こしてしまうのかというと、その原因は次のようなものが考えられます。
「コリー」などの犬種では、「先天的な奇形」という場合もあり、その他には「網膜の炎症」や「外傷」、それに「事故」などが原因となることが多いようです。
さらには、眼球内を満たしているゼリー状の組織である「硝子体(しょうしたい)」が炎症を起こし、それにより網膜剥離を起こすこともあります。
続いて、犬が網膜剥離を起こした場合の治療法ですが、次の2つが代表的なものとなっています。
1つ目は「基礎疾患の治療」で、網膜剥離が引き起こされている原因が別の疾病の場合には、まずそちらの治療が優先されることになります。
この場合は、基礎疾患を正確に特定することが重要なポイントになるといえるでしょう。
続いて2つ目は「対症療法」で、疾患の原因を取り除くのではなく、症状を軽減させることが目的ということになります。
このように、網膜剥離そのものへの確実な治療法というのは、まだ確立されていませんので、なるべく事故や外傷などの原因を作らないように注意してあげることが大切です。

流涙症


『流涙症(りゅうるいしょう)』というのは、犬の目の周辺に、常に涙があふれている状態のことを指しています。
主に「マルチーズ」や白の「トイプードル」、「シーズー」といった、毛色の薄い犬種でよく見られる病気です。
また、あふれ出した涙が目頭から鼻の横にかけての被毛にこびりつくと、変色して「涙やけ」と呼ばれるものになります。
流涙症の主な症状は、「涙が出る」、「涙やけができる」という他に、「目やにが増える」、「鼻の横に湿疹ができる」、「湿疹部をこすろうとする」などというものがあります。
では、なぜ犬が流涙症になるのかというと、「涙の過剰分泌」や「眼輪筋の衰え」、「鼻炎」、「結膜炎」、「角膜炎」などが原因であり、他にも「ゴミや毛が目に入る」ことや、分泌された涙を排出する役割をしている「涙小管」が目詰まりすることなども挙げられます。
続いて、犬の流涙症の治療法としては、次の3つがあります。
まず、目に入った異物が原因の場合は、その「異物事体を除去」します。
ゴミなどの場合には目薬で洗い流し、毛の場合には、目の周辺にある無駄毛をカットします。
次に、結膜炎や角膜炎、鼻炎などが原因であれば、それら「基礎疾患への治療」が行われます。
最後が「涙小管洗浄」で、これは涙小管の目詰りを「カニューレ」と呼ばれる器具で洗浄するというものです。
目の疾患の中では、比較的軽いものと言えますが、常に涙があふれている状態というのは犬にとっても深いでしょうから、早めに対処してあげたいものです。

スポンサーリンク

関連記事

%e2%98%8510%ef%bc%8d1

猫を飼い始める前に知っておきたい必要な費用とは

猫を飼い始める前に知っておきたい必要な費用とは 最近のペットブームを受けて、さまざまな動物を飼

記事を読む

hatyurui

「爬虫類」大好き!な人だけが知っている。その魅力とは?

犬や猫などとは少しちがって、爬虫類は人によって好き嫌いが分かれやすいと言われています。 しかし

記事を読む

2-1

犬アレルギーの治療や改善方法について

犬アレルギーとは何か? 住宅環境の変化などによって、室内で犬と一緒に過ごすという人が増えてきま

記事を読む

shutterstock_323872466

犬の心臓の病気 | 症状・原因・治療など

心不全 フィラリア症の症状・原因・治療など 『心不全』というのは、犬の心臓や、心臓と関係す

記事を読む

shutterstock_272716463-e1455098759264

犬の肺の病気 | 症状・原因・治療など

咽頭炎 『咽頭炎(いんとうえん)』というのは、犬ののどに炎症が発生した状態のことを指しています

記事を読む

3-4

犬のしつけの基本や状況別対処法のまとめ

犬の最も基本的なしつけ トイレの場所を覚えさせる トイレの場所を覚えさせることも、しつけの一

記事を読む

8-6

犬の殺処分を減らしたい

飼い主が犬を捨てる理由とは・・・ 道端や公園などで、犬が捨てられているのをよく見かけます。

記事を読む

%e2%98%855%ef%bc%8d2

猫の爪とぎの理由と問題点としつけ方、防ぎ方

猫が爪をとぐのは本能的な行動で、程度の差はあるものの多くの猫に見られます。 なぜ猫は爪をとぐの

記事を読む

mastiff

マ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

マスティフ 『マスティフ』というのは、イギリス原産の犬種で、もの静かで観察力に優れ、いつでも沈

記事を読む

6%ef%bc%8d1-e1454548165860

猫のワクチン接種 健康維持や病気予防のためのワクチン接種とは

猫の健康維持のや病気予防のため、ワクチン接種が推奨されています。 接種するかどうか決めるために

記事を読む

強力消臭靴下リンマー
強力消臭靴下リンマーの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【強力消臭靴下リンマー】がオススメ! 靴下を何度も念入りに洗った

ネオテクト
ネオテクトの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

ネオテクト薬用マイクロデオドラントクリームとは、株式会社ヴィジョン

FRESHU(フレッシュー)
FRESHU(フレッシュー)の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【FRESHU(フレッシュー)】が解決! 男のニオイの原因① ~

ファルマスタッフ
ファルマスタッフの詳細・特徴・口コミ

ファルマスタッフは薬剤師の転職をサポートしているサイトであり、日本

ヤクステ
ヤクステの詳細・特徴・口コミ

ヤクステは、株式会社グローアップが運営している薬剤師専門の転職支援

→もっと見る

PAGE TOP ↑