犬の食道の病気 | 症状・原因・治療など

公開日: : ペット,

食道アカラシア

『食道アカラシア』というのは、犬の食道が異常に大きくなってしまった状態を指しています。

通常は、食道が拡張してしまった状態のことを言うのですが、それ以外に、食べ物を胃に送り込むための「蠕動運動(ぜんどううんどう)」が止まってしまったことを食道アカラシアという場合もあるようです。

食道アカラシアの主な症状としては、食べ物を飛ばすように吐いてしまう「吐出性嘔吐」や、食べ物が誤って気管から肺に入る「吸引性肺炎」、そして肺炎に伴う「呼吸困難」や「発熱」、「咳」などが挙げられます。

では、なぜ犬が食道アカラシアになるのかというと、そもそも“食道炎”や“食道の腫瘍”、または“食道周辺の血管の病変”などの「食道自体の病気」や、“重症筋無力症”、“多発性筋炎”、“アジソン病”などの「他の病気の合併症」などが、主な原因と考えられています。

他に、“グレートデン”や“ジャーマンシェパード”、“ミニチュアシュナウザー”、“ワイヤーフォックステリア”など、犬種によって「遺伝的に発症しやすい」というケースもあります。

食道アカラシアの主な治療法は、他の病気が原因の場合には「基礎疾患の治療」がメインとなり、それ以外の場合には「対症療法」が中心となります。

というのも、食道アカラシアは完治が難しい疾病ですので、現状では症状を抑えることしかできないようなのです。

また、「外科手術」で食道の一部を切り取る場合もあるのですが、あまり大きな効果は期待できないとされています。

急性胃炎


『急性胃炎(きゅうせいいえん)』というのは、犬の胃の粘膜に、突然炎症が生じてしまった状態を指しています。

主な症状としては、突然「反復性嘔吐」を起こす場合や「脱水症状」、あるいは「吐しゃ物の中に血が混じる」というようなものが挙げられます。

では、なぜ犬が急性胃炎を起こすのかというと、基本的には「食べてはいけないものを食べてしまった」ということが原因となっています。

具体的には、刺激物やアルコール類をはじめとする「犬の毒になる食べ物」や、「犬にとって危険な毒物」、「犬にとって危険な有毒植物」などがあります。

他に、“アスピリン”や“インドメタシン”などの「処方薬」や「腐敗物」を口に入れてしまった場合にも急性胃炎を発症しやすくなります。

続いて、急性胃炎の治療法ですが、犬に体力があるようなら、胃の負担を軽減するために「12時間の絶水」と、「24時間の絶食」が行われます。

また、前述のような“異物”を口に入れたことがハッキリと分かってれば、それらの「内容物を吐かせる」ことも大切です。

通常は“食塩水”が用いられますが、“内視鏡”と“鉗子”、または“開腹手術”が行われることもあります。

さらに、急性胃炎になると嘔吐によって“体液”を失ってしまいますから、それを補うための「輸液」が行われます。

輸液で追いつかない場合には「点滴」が用いられることもあります。

基本的には、間違ったものを口にしないことが最大の予防となりますので、普段から気をつけてあげることが大切です。

胃捻転


『胃捻転(いねんてん)』というのは、その名の通り、犬の胃がねじれてしまった状態のことを指しています。

また、飲み込んだ“空気“や、胃の中でガスが“異常発酵“するなどして、病的に胃が膨らんだ状態が前段階となることもあるようです。

胃捻転の主な症状としては、「腹部がふくれる」、「お腹を触ると痛がる」、「嘔吐」、「頻繁なゲップ」、「水を大量に飲む」、「食欲不振」、「大量のよだれ」などがあり、えづくいて吐こうとしても何もでないというようなこともあります。

では、なぜ犬が胃捻転を起こしてしまうのかというと、その原因の一つとして挙げられるのが、前述の“病的に胃が膨らんだ状態”、つまり「胃拡張」です。

また、「食後すぐに運動する」ことも、胃捻転の原因となることがあります。

これは、食事で胃が重くなっている時に運動することで、胃があちこちに動きまわり、腸と絡まってしまうことがあるためです。

また、“グレートデン”や“コリー”、“ボルゾイ”、“ミニチュアダックスフント”、“ペキニーズ”、“コッカースパニエル”といった「犬種」によって発症しやすいという傾向もあるようです。

続いて、胃捻転の主な治療法ですが、まずは「胃拡張の解消」が行われます。

これは、胃にチューブを入れたり太い針を刺したりして、胃の中のガスを抜くという方法です。

他に「外科手術」で、ねじれた胃を元の位置に戻すという場合もあります。

胃捻転は、命に関わることもある病気ですので、なるべく早く治療してあげることが大切です。

慢性胃炎


『慢性胃炎(まんせいいえん)』というのは、犬の胃の粘膜に繰り返し炎症が起こってしまう状態のことを指しています。

主な症状としては、数週間にもわたるような「断続的な嘔吐」、「食欲不振」、「体重減少」などがあり、それ以外にも「水を大量に飲む」ようになったり、「お腹を触ると痛がる」ようになったりすることもあります。

では、なぜ犬が慢性胃炎になるのかというと、その原因としてもっとも多いものが「急性胃炎からの発展」です。

急性胃炎を繰り返していると慢性胃炎になりやすいですから、気をつけてあげることが大切です。

他に、慢性の「尿毒症」、「胃の運動の停滞」、何らかの理由によって「胃の出口がふさがれる」、さらには「胃潰瘍」や「胃の腫瘍」などが原因となるケースもあります。

続いて、犬が慢性胃炎になった場合の治療法についてですが、上記のような他の疾病が原因となっている場合であれば、それら「基礎疾患の治療」が優先して行われることになります。

特に、慢性胃炎に有効な治療法というものは確立されていませんから、通常は症状を軽減するための「対症療法」が行われるということがほとんどとなります。

具体的には、「胃酸の分泌を抑える薬」を投与することや、「食事療法」として、“高繊維”で“低脂肪食“に切り替えるといったことが行われています。

人間の場合でもそうですが、胃炎になると栄養補給ができなくなり体力も落ちてしまいやすいですので、なるべく普段から気をつけてあげることが大切といえるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

9-9

犬の散歩>方法、注意点、など

犬の散歩をいつ行うか? 犬のしつけや健康管理の一環として、散歩を行わなければなりません。 で

記事を読む

3-4

犬のしつけの基本や状況別対処法のまとめ

犬の最も基本的なしつけ トイレの場所を覚えさせる トイレの場所を覚えさせることも、しつけの一

記事を読む

european_burmese

猫の種類・性格・飼い方・特徴・注意点など>や行の猫

『ヨーロピアンバーミーズ』というのは、ミャンマー原産のネコで、ペルシャと交配することで生まれまし

記事を読む

shutterstock_272716463-e1455098759264

犬の肺の病気 | 症状・原因・治療など

咽頭炎 『咽頭炎(いんとうえん)』というのは、犬ののどに炎症が発生した状態のことを指しています

記事を読む

1%ef%bc%8d3-1-e1454547223285

猫のトイレの上手なしつけと手順について

猫は犬などと比べて、トイレを覚えやすいと言われています。 そのため、はじめて猫を飼う人でも比較

記事を読む

shutterstock_134583359

犬の感染症 | 症状・原因・治療など

細菌性腸炎 『細菌性腸炎(さいきんせいちょうえん)』というのは、その名の通り、細菌が原因となっ

記事を読む

%e2%98%8510%ef%bc%8d1

猫を飼い始める前に知っておきたい必要な費用とは

猫を飼い始める前に知っておきたい必要な費用とは 最近のペットブームを受けて、さまざまな動物を飼

記事を読む

ragamuffin

猫の種類・性格・飼い方・特徴・注意点など>ら行の猫

『ラガマフィン』というのは、アメリカ原産のネコで、1980年代に人為的に作り出された「長毛種」で

記事を読む

%e2%98%8513%e8%b2%b7%e3%81%86%e5%89%8d%e3%81%ab

猫を飼う前に知っておきたい基礎知識

猫を買う前に確認しとく事:家族・経済的・アレルギーetc. 猫を飼いたいと思った場合、なにから

記事を読む

hana-3

犬の鼻の病気 | 症状・原因・治療など

鼻炎 『鼻炎』というのは、犬の鼻の中の粘膜に炎症が発生した状態のことを指しています。 人

記事を読む

強力消臭靴下リンマー
強力消臭靴下リンマーの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【強力消臭靴下リンマー】がオススメ! 靴下を何度も念入りに洗った

ネオテクト
ネオテクトの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

ネオテクト薬用マイクロデオドラントクリームとは、株式会社ヴィジョン

FRESHU(フレッシュー)
FRESHU(フレッシュー)の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【FRESHU(フレッシュー)】が解決! 男のニオイの原因① ~

ファルマスタッフ
ファルマスタッフの詳細・特徴・口コミ

ファルマスタッフは薬剤師の転職をサポートしているサイトであり、日本

ヤクステ
ヤクステの詳細・特徴・口コミ

ヤクステは、株式会社グローアップが運営している薬剤師専門の転職支援

→もっと見る

PAGE TOP ↑