犬の耳の病気 | 症状・原因・治療など

公開日: : ペット,

外耳炎(がいじえん)

『外耳炎(がいじえん)』というのは、音の通り道となっている「外耳道」と呼ばれる部分に炎症が発生している状態のことを指しています。

基本的には、人間の外耳炎と同じようなものと考えていいでしょう。

犬の外耳炎の主な症状として挙げられるのは、次のようなものです。

まずは「においのある耳垢がたまる」というもので、犬自身も気になるために「耳を触ろうとする」という動作が多くなってきます。

さらに慢性化してしまうと、「外耳道の肥厚」にもつながってくるようです。

では、なぜ犬が外耳炎になってしまうのかというと、主に、黄色ブドウ球菌などによる「細菌感染」や、マラセチアなどによる「真菌感染」、それに「アレルギー」や「ホルモンの異常」などが原因として挙げられます。

また、「垂れ耳」の犬種の場合には、どうしても湿気が耳にこもりやすいため、外耳炎にかかりやすくなってしまうようですので、普段から気をつけてあげるほうがいいでしょう。

続いて、犬の外耳炎の治療法ですが、主なものは次の3つとなります。

1つ目が「抗生物質」の投与で、細菌が特定できたら、それに効果のある抗生物質を選び、投与します。

2つ目は「抗真菌薬」で、これも真菌が特定できたら、それに合わせて効果のあるものを投与します。

3つ目は「外科手術」で、症状が慢性化してしまい、外耳道が肥厚組織で塞がれてしまっているようであれば行われます。

前述のとおり、垂れ耳の犬種に起こりやすい病気ですので、湿気がこもらないよう、特に梅雨時期や夏場などには注意してあげましょう。

中耳炎(ちゅうじえん)


『中耳炎(ちゅうじえん)』というのは、耳の奥にある「中耳」と呼ばれている部分に炎症が発生した状態を指しています。

人間にも中耳炎がありますが、基本的にはそれと同じような症状と考えていいでしょう。

犬の中耳炎の主な症状は、「外耳炎の症状」と似たものですが、それに加えて「聴力の低下」や、「鼓膜に穴が空く」など、より深刻な状況になる場合も考えられます。

では、なぜ犬が中耳炎になるのかというと、その原因はスバリ「外耳炎」です。

ですから、中耳炎の治療法も、まずは「外耳炎の治療」というのが最優先されることになります。

具体的には「抗生物質の投与」、「抗真菌薬の投与」、そして「外科手術」の3つが主な治療法ということになるでしょう。

ただし、鼓膜に穴が空いてしまっているような場合には、薬液による治療は行えませんので、見送られることになります。

このように、犬の中耳炎というのは、外耳炎と深い関係があり、外耳炎が進行した病気と捉えることもできるものです。

前述のとおり、聴力の低下や鼓膜に穴が空くなどの重篤な症状を起こしてしまう場合も少なくはありませんので、できる限りそこまで進行しないうちに適切な治療を施して、完治させてあげたいものです。

そのためには、細菌感染や真菌感染を起こさないように衛生状態に気をつけてあげることや、「垂れ耳」の犬種の場合には耳に湿気がこもらないよう注意してあげるというようなことが有効な予防法になると考えられます。

内耳炎


『内耳炎(ないじえん)』というのは、耳の奥の「内耳」と呼ばれている部分に炎症が発生した状態のことを指しています。

外耳炎や中耳炎などと同様、基本的には人間の内耳炎と同じような病態と考えてよいでしょう。

内耳には、聴覚に関係する「聴神経」と呼ばれる部分と、平衡感覚に関係する「前庭神経」と呼ばれる部分があり、そのどちらに炎症が起きるかによって、現れる症状にも違いが出てきます。

聴神経に炎症が起きている場合には、呼びかけに無反応になるなどの「難聴」の症状が見られ、前庭神経に炎症が起きている場合には、目玉がこきざみに震えてしまう「眼振」や「異常歩行」、それに「頭の傾斜」とった症状があらわれます。

では、なぜ犬の内耳炎が起きるのかというと、一つは中耳炎と同じく「外耳炎の悪化」が挙げられるのですが、他に「腫瘍」が原因となっている場合もあるようです。

続いて、犬の内耳炎の治療法ですが、今のところは主に次の2つが主なものとなります。

1つ目は「副腎皮質ホルモン薬」、つまり「ステロイド」などの投与で、これにより炎症を抑え込みます。

他に、「ビタミン類」が投与されることもあるようです。

2つ目は「基礎疾患の治療」ということで、内耳炎の原因が腫瘍などの疾病であれば、そちらの治療が優先されることになります。

ただし、今のところは「難聴」に対する効果的な治療はないといわれていますので、なるべく早期に発見してあげて、適切な対処をすることが大切です。

耳血腫


『耳血腫(じけっしゅ)』というのは、犬の耳の“ひらひらした部分”である「耳介(じかい)」に、血液や漿液がたまってしまい、腫れ上がった状態のことを指しています。

ですから、この耳血腫の主な症状は「耳介の腫れ」ということになるのですが、犬自身も違和感を持つため、耳を触られることを嫌がるようになります。

では、なぜ犬が耳血腫になるのかというと、主な原因としては「打撲」、「他の犬や猫などとのケンカ」、それに「免疫異常」などが挙げられます。

免疫異常に関しては事前に対処することは難しいですが、打撲やケンカなどは飼い主さんが気をつけておいてあげれば避けられると思いますので、留意しておくといいでしょう。

続いて、犬の耳血腫の治療法ですが、主には次のものが挙げられます。

まずは「注射」で、これはなにか薬剤を投与するのではなく、患部に注射針を指すことで、たまった液体を抜き取るというものです。

注射で追いつかないようであれば、「切開」することでたまった液体を排出するという場合もあるようです。

これらが基本的な治療法ですが、他にも、二次感染を防ぐ目的で「抗生物質の投与」が行われることもあります。

さらに、犬自身が患部を触ってしまわないように「エリザベスカラー」を装着することも少なくはありません。

主に打撲やケンカなどが原因ですし、耳介が腫れ上がってしまうわけですから、犬が違和感を持つことはもちろん、痛みも感じることでしょう。

なるべく普段から気をつけてあげたいものです。

耳疥癬


『耳疥癬(みみかいせん)』というのは、犬の耳の中で“ダニ”が繁殖した状態のことを指しています。

通常、犬の身体に寄生するのは「ヒゼンダニ」という種類ですが、耳の中で繁殖するのは「ミミヒゼンダニ」と呼ばれる、体長0.3mm~0.5mm程度のものとなります。

このミミヒゼンダニは、「耳垢」や傷ついた皮膚の「カサブタ」、それに「リンパ液」を主な栄養源とし、耳の中だけに寄生するという特徴を持っています。

犬が耳疥癬になると、「耳の黒ずみ」、「耳から悪臭が漂う」、「耳垢がたまる」、「耳をかく」、「頭を振る」などの症状があらわれ、特に「耳の黒ずみ」や「悪臭」で気づくことが多いようです。

犬の耳疥癬の原因は、前述のとおり「ミミヒゼンダニの寄生」なのですが、他に「耳あかの手入れ不足」など、衛生状態も大きく関係してきますので注意しておいてあげましょう。

続いて、耳疥癬の治療法ですが、基本的には「耳掃除」を行なって、たまった耳垢をキレイに取り除いてあげることが大切です。

さらに、ミミヒゼンダニを駆虫するための薬剤である「駆虫薬」を投与するのですが、この薬で成ダニが死んだとしても卵が生き残っていますので、1週間に2~3回程度は駆虫薬を投与し、完全にダニのサイクルを途断することが必要です。

ミミヒゼンダニの繁殖は、やむを得ない部分もあるのですが、耳掃除を丁寧にしてあげるなど、衛生管理に気をつけることでかなり予防につなげられますので、日頃から注意してあげてください。

スポンサーリンク

関連記事

ハ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

パグ 『パグ』というのは、中国原産の犬種で、暑さにめっぽう弱いことでも知られている「小型犬」で

記事を読む

犬の食道の病気 | 症状・原因・治療など

食道アカラシア 『食道アカラシア』というのは、犬の食道が異常に大きくなってしまった状態を指して

記事を読む

猫の健康チェック、早期発見の為の色々な方法をご紹介!

猫の健康チェック 猫の健康チェック項目として、口を観察するのも有効です。 しかし、普段から口

記事を読む

ヤ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

ヨークシャー・テリア 『ヨークシャー・テリア』というのは、イギリス原産の犬種で、ヨーロッパの上

記事を読む

犬アレルギーの治療や改善方法について

犬アレルギーとは何か? 住宅環境の変化などによって、室内で犬と一緒に過ごすという人が増えてきま

記事を読む

「爬虫類」大好き!な人だけが知っている。その魅力とは?

犬や猫などとは少しちがって、爬虫類は人によって好き嫌いが分かれやすいと言われています。 しかし

記事を読む

タ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

タイ・リッジバック・ドッグ 『タイ・リッジバック・ドッグ』というのは、タイ原産の犬種で、いつも

記事を読む

犬の神経の病気 | 症状・原因・治療など

認知症 『認知症(にんちしょう)』というのは、一度は正常に発達していた犬の脳細胞が減少すること

記事を読む

猫の噛み癖の原因や対処法について

猫の噛み癖の原因や対処法について さまざまな原因で、猫が人に噛みつくことがあります。 そうい

記事を読む

犬の皮膚病 | 症状・原因・治療など

膿皮症 『膿皮症(のうひしょう)』というのは、犬の皮膚上で菌が異常繁殖し、化膿して膿を排出して

記事を読む

DeLonghi 珈琲エスプレッソメーカーの特徴や感想

オイルヒーターなどで知られるデロンギは、1902年に北イタリアのト

ツインバード ジェットサイクロン ブロワプラスの特徴や感想

ベットを家族としているご家庭が増えました。 そこで、問題点となる

IRIS 無加水鍋の特徴や感想

素材のうまみをにがさない無加水鍋で、食卓を、そしてあなたの食生活を

Haier 冷凍冷蔵庫の特徴や感想

一人暮らしをするとき、なによりも必要な家電は冷蔵庫です。 ハイア

HUrom スロージューサーの特徴や感想

ヒューロムは、1974年の創業以来、スロージューサーのパイオニアと

→もっと見る

PAGE TOP ↑