犬の耳の病気 | 症状・原因・治療など

公開日: : ペット,

外耳炎(がいじえん)

『外耳炎(がいじえん)』というのは、音の通り道となっている「外耳道」と呼ばれる部分に炎症が発生している状態のことを指しています。

基本的には、人間の外耳炎と同じようなものと考えていいでしょう。

犬の外耳炎の主な症状として挙げられるのは、次のようなものです。

まずは「においのある耳垢がたまる」というもので、犬自身も気になるために「耳を触ろうとする」という動作が多くなってきます。

さらに慢性化してしまうと、「外耳道の肥厚」にもつながってくるようです。

では、なぜ犬が外耳炎になってしまうのかというと、主に、黄色ブドウ球菌などによる「細菌感染」や、マラセチアなどによる「真菌感染」、それに「アレルギー」や「ホルモンの異常」などが原因として挙げられます。

また、「垂れ耳」の犬種の場合には、どうしても湿気が耳にこもりやすいため、外耳炎にかかりやすくなってしまうようですので、普段から気をつけてあげるほうがいいでしょう。

続いて、犬の外耳炎の治療法ですが、主なものは次の3つとなります。

1つ目が「抗生物質」の投与で、細菌が特定できたら、それに効果のある抗生物質を選び、投与します。

2つ目は「抗真菌薬」で、これも真菌が特定できたら、それに合わせて効果のあるものを投与します。

3つ目は「外科手術」で、症状が慢性化してしまい、外耳道が肥厚組織で塞がれてしまっているようであれば行われます。

前述のとおり、垂れ耳の犬種に起こりやすい病気ですので、湿気がこもらないよう、特に梅雨時期や夏場などには注意してあげましょう。

中耳炎(ちゅうじえん)


『中耳炎(ちゅうじえん)』というのは、耳の奥にある「中耳」と呼ばれている部分に炎症が発生した状態を指しています。

人間にも中耳炎がありますが、基本的にはそれと同じような症状と考えていいでしょう。

犬の中耳炎の主な症状は、「外耳炎の症状」と似たものですが、それに加えて「聴力の低下」や、「鼓膜に穴が空く」など、より深刻な状況になる場合も考えられます。

では、なぜ犬が中耳炎になるのかというと、その原因はスバリ「外耳炎」です。

ですから、中耳炎の治療法も、まずは「外耳炎の治療」というのが最優先されることになります。

具体的には「抗生物質の投与」、「抗真菌薬の投与」、そして「外科手術」の3つが主な治療法ということになるでしょう。

ただし、鼓膜に穴が空いてしまっているような場合には、薬液による治療は行えませんので、見送られることになります。

このように、犬の中耳炎というのは、外耳炎と深い関係があり、外耳炎が進行した病気と捉えることもできるものです。

前述のとおり、聴力の低下や鼓膜に穴が空くなどの重篤な症状を起こしてしまう場合も少なくはありませんので、できる限りそこまで進行しないうちに適切な治療を施して、完治させてあげたいものです。

そのためには、細菌感染や真菌感染を起こさないように衛生状態に気をつけてあげることや、「垂れ耳」の犬種の場合には耳に湿気がこもらないよう注意してあげるというようなことが有効な予防法になると考えられます。

内耳炎


『内耳炎(ないじえん)』というのは、耳の奥の「内耳」と呼ばれている部分に炎症が発生した状態のことを指しています。

外耳炎や中耳炎などと同様、基本的には人間の内耳炎と同じような病態と考えてよいでしょう。

内耳には、聴覚に関係する「聴神経」と呼ばれる部分と、平衡感覚に関係する「前庭神経」と呼ばれる部分があり、そのどちらに炎症が起きるかによって、現れる症状にも違いが出てきます。

聴神経に炎症が起きている場合には、呼びかけに無反応になるなどの「難聴」の症状が見られ、前庭神経に炎症が起きている場合には、目玉がこきざみに震えてしまう「眼振」や「異常歩行」、それに「頭の傾斜」とった症状があらわれます。

では、なぜ犬の内耳炎が起きるのかというと、一つは中耳炎と同じく「外耳炎の悪化」が挙げられるのですが、他に「腫瘍」が原因となっている場合もあるようです。

続いて、犬の内耳炎の治療法ですが、今のところは主に次の2つが主なものとなります。

1つ目は「副腎皮質ホルモン薬」、つまり「ステロイド」などの投与で、これにより炎症を抑え込みます。

他に、「ビタミン類」が投与されることもあるようです。

2つ目は「基礎疾患の治療」ということで、内耳炎の原因が腫瘍などの疾病であれば、そちらの治療が優先されることになります。

ただし、今のところは「難聴」に対する効果的な治療はないといわれていますので、なるべく早期に発見してあげて、適切な対処をすることが大切です。

耳血腫


『耳血腫(じけっしゅ)』というのは、犬の耳の“ひらひらした部分”である「耳介(じかい)」に、血液や漿液がたまってしまい、腫れ上がった状態のことを指しています。

ですから、この耳血腫の主な症状は「耳介の腫れ」ということになるのですが、犬自身も違和感を持つため、耳を触られることを嫌がるようになります。

では、なぜ犬が耳血腫になるのかというと、主な原因としては「打撲」、「他の犬や猫などとのケンカ」、それに「免疫異常」などが挙げられます。

免疫異常に関しては事前に対処することは難しいですが、打撲やケンカなどは飼い主さんが気をつけておいてあげれば避けられると思いますので、留意しておくといいでしょう。

続いて、犬の耳血腫の治療法ですが、主には次のものが挙げられます。

まずは「注射」で、これはなにか薬剤を投与するのではなく、患部に注射針を指すことで、たまった液体を抜き取るというものです。

注射で追いつかないようであれば、「切開」することでたまった液体を排出するという場合もあるようです。

これらが基本的な治療法ですが、他にも、二次感染を防ぐ目的で「抗生物質の投与」が行われることもあります。

さらに、犬自身が患部を触ってしまわないように「エリザベスカラー」を装着することも少なくはありません。

主に打撲やケンカなどが原因ですし、耳介が腫れ上がってしまうわけですから、犬が違和感を持つことはもちろん、痛みも感じることでしょう。

なるべく普段から気をつけてあげたいものです。

耳疥癬


『耳疥癬(みみかいせん)』というのは、犬の耳の中で“ダニ”が繁殖した状態のことを指しています。

通常、犬の身体に寄生するのは「ヒゼンダニ」という種類ですが、耳の中で繁殖するのは「ミミヒゼンダニ」と呼ばれる、体長0.3mm~0.5mm程度のものとなります。

このミミヒゼンダニは、「耳垢」や傷ついた皮膚の「カサブタ」、それに「リンパ液」を主な栄養源とし、耳の中だけに寄生するという特徴を持っています。

犬が耳疥癬になると、「耳の黒ずみ」、「耳から悪臭が漂う」、「耳垢がたまる」、「耳をかく」、「頭を振る」などの症状があらわれ、特に「耳の黒ずみ」や「悪臭」で気づくことが多いようです。

犬の耳疥癬の原因は、前述のとおり「ミミヒゼンダニの寄生」なのですが、他に「耳あかの手入れ不足」など、衛生状態も大きく関係してきますので注意しておいてあげましょう。

続いて、耳疥癬の治療法ですが、基本的には「耳掃除」を行なって、たまった耳垢をキレイに取り除いてあげることが大切です。

さらに、ミミヒゼンダニを駆虫するための薬剤である「駆虫薬」を投与するのですが、この薬で成ダニが死んだとしても卵が生き残っていますので、1週間に2~3回程度は駆虫薬を投与し、完全にダニのサイクルを途断することが必要です。

ミミヒゼンダニの繁殖は、やむを得ない部分もあるのですが、耳掃除を丁寧にしてあげるなど、衛生管理に気をつけることでかなり予防につなげられますので、日頃から注意してあげてください。

スポンサーリンク

関連記事

2%ef%bc%8d5-e1454546820864

キャットフードについての基礎知識

水分含有量による分類 キャットフードはどの程度の水分を含むかによって、数種類に分けられます。

記事を読む

shutterstock_362789741

犬の内分泌の病気 | 症状・原因・治療など

糖尿病性ケトアシドーシス 『糖尿病性ケトアシドーシス』というのは、犬の糖尿病が長期化すること血

記事を読む

lhasa_apso

ラ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

ラサ・アプソ 『ラサ・アプソ』というのは、チベットが原産の犬種で、チベットの寺院では何千年もの

記事を読む

hana-3

犬の鼻の病気 | 症状・原因・治療など

鼻炎 『鼻炎』というのは、犬の鼻の中の粘膜に炎症が発生した状態のことを指しています。 人

記事を読む

syokudou-3

犬の食道の病気 | 症状・原因・治療など

食道アカラシア 『食道アカラシア』というのは、犬の食道が異常に大きくなってしまった状態を指して

記事を読む

kai_dog

カ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

甲斐犬 『甲斐犬』というのは、日本の「山梨県」や「南アルプス山脈地帯」原産の犬種で、オオカミ

記事を読む

%e2%98%8511%ef%bc%8d1

猫の食事、必要な栄養素や食欲不振の対処法

猫を飼う上で大事なことのひとつが食生活です。 猫の食生活は年齢や個体によって好みが違うので、そ

記事を読む

1-7

犬を飼うために知っておきたい基礎知識

犬を飼うために知っておきたいこと 近年、身勝手に犬を捨てる人々が多くなってきています。 捨て

記事を読む

4-1

犬の性格について知っておきたい基礎知識

犬の性格は育て方で変わる 人間には性格がありますが、同じように、犬にも性格があります。 基本

記事を読む

norwegian_forest_cat

猫の種類・性格・飼い方・特徴・注意点など>な行の猫

『ノルウェージアンフォレストキャット』というのは、その名の通りノルウェー原産のネコで、体格も態度

記事を読む

強力消臭靴下リンマー
強力消臭靴下リンマーの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【強力消臭靴下リンマー】がオススメ! 靴下を何度も念入りに洗った

ネオテクト
ネオテクトの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

ネオテクト薬用マイクロデオドラントクリームとは、株式会社ヴィジョン

FRESHU(フレッシュー)
FRESHU(フレッシュー)の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【FRESHU(フレッシュー)】が解決! 男のニオイの原因① ~

ファルマスタッフ
ファルマスタッフの詳細・特徴・口コミ

ファルマスタッフは薬剤師の転職をサポートしているサイトであり、日本

ヤクステ
ヤクステの詳細・特徴・口コミ

ヤクステは、株式会社グローアップが運営している薬剤師専門の転職支援

→もっと見る

PAGE TOP ↑