愛犬を暑さ、寒さ、災害から守る為の基礎知識

公開日: : ペット,

愛犬を寒さから守る対策

犬は寒さに強いと言われていますが、寒すぎる環境は犬の健康に悪影響を及ぼします。
また、最近は室内で過ごす犬が増え、寒さに対応できない犬が多くなっているとも言われています。
犬の健康を保つためにも、寒さ対策を万全にしておくようにしましょう。

室外犬の寒さ対策

犬小屋は日あたりがよく、風が吹き込みにくい場所に移動するようにしましょう。
隙間がある場合は、段ボールや板などでふさいですきま風が入り込まないようにします。
湯たんぽは電源などがなくても利用できるので、寒さ対策として活用したいアイテムです。
犬用の湯たんぽでもいいですが、ペットボトルにお湯を入れてタオルなどにくるんだだけでも十分温かいでしょう。
フリースや毛布なども犬小屋に入れて、できるだけあたたかくしておきます。
寒さが厳しい日や雪が降っているときなどは、室内で過ごさせることが望ましいでしょう。
高齢犬も寒さによって体に負担がかかりやすいので、できるだけ室内で過ごさせることをおすすめします。

室内犬の寒さ対策

室内はある程度暖かいですが、寒さが厳しい場合はエアコンなどで調節したほうがいいでしょう。
設定温度は20~25度くらいで、乾燥対策のために湿度も調整しておくと安心です。
暖房器具は犬がやけどする恐れがあるので、サークルなどで囲っておきます。
暖房機器やホットカーペットの間近にクレートを設置すると熱中症になる恐れがあるので注意しましょう。
ハウス内でも快適に過ごせるように、毛布やフリースなどを敷いておきます。
周囲を段ボールで囲うのも、寒さ対策としておすすめです。
散歩のときなどは洋服を身につけるようにすると、温度変化がゆるやかになって体への負担がかかりにくくなります。
暖房が効きすぎた室内で過ごすと被毛が冬毛に抜けかわらないため、かえって寒さを感じやすくなります。
寝床にペット用ヒーターを入れるなどして、局所的にあたためてあげたほうがいいでしょう。
寒さに弱い犬の場合は、室内でも洋服を着せるといいかもしれません。

愛犬を暑さから守る対策


犬は一般的に暑さに弱いと言われており、きちんと対策してあげないと弱ってしまいます。
特に寒冷地生まれの犬や長毛種は暑さに弱いので、しっかり対策するようにしましょう。

室内犬の暑さ対策

エアコンをつけないで窓を閉めた状態の室内は、かなりの暑さになります。
その状態が長時間つづくと熱中症を起こして、死んでしまうこともあるので注意が必要です。
犬は汗による体温調節ができず、体温調節の役目をもつ汗腺は肉球にしかありません。
そのため、口ではあはあと息をして、体温を少しでも低下させようとします。
体温をできるだけ下げるためには水をたくさん飲む必要があるので、新鮮な水をたっぷり用意しておいてあげましょう。
犬をケージに入れるときは、直射日光が犬に当たらないように注意します。
あまりに暑いときはエアコンをつけておく必要がありますが、冷たい空気は下のほうに流れやすいので、犬にとっては寒い場合があります。
冷えすぎると体調を崩しやすくなるので、温度や湿度には気をつける必要があります。

屋外犬の暑さ対策

暑い季節になったら、犬小屋をできるだけ涼しい場所に移すようにしましょう。
犬が過ごす場所がコンクリートの上なら、ウッドパネルやすのこなどを敷いて、温度が上がりすぎないようにするのがおすすめです。
犬は暑いときに涼しい場所ですごそうとして地面を掘ります。
コンクリートだとそれができないので、かわりにウッドパネルやすのこを敷くことで過ごしやすくしてあげるのです。
犬小屋のなかも同様にすのこを敷いて、通気性を高めるといいでしょう。
また、犬が日中移動する範囲内に日陰をつくってあげることも大切です。
園芸用の寒冷紗などを利用すると、かんたんに日陰をつくることができます。
黒色だと暑くなりやすいので、シルバーや白色などのものを利用するといいでしょう。
さらによしずなどを立てかけるとより涼しく過ごせますが、犬が倒す恐れがあるのでしっかり固定します。
風通しがよくない庭の場合は、犬が届かない場所に扇風機を設置するなどするといいでしょう。

愛犬を災害から守るための準備・対策


地震が起きやすい日本では、日頃から行う防災対策が大きな意味をもちます。
防災対策は、人間だけでなく、一緒に暮らしている愛犬にも必要だと言えます。

愛犬のために準備しておきたいもの

地震が起こるとしばらくはライフラインがしばらく断裂される可能性があるため、3~5日分のフードは常に用意しておくと安心です。
キャリーバッグやクレート、リード、首輪など必要なグッズもしっかり準備しておきましょう。
怪我や病気で獣医師の診察を受ける可能性もあるので、健康手帳や服用中の薬、飼育記録なども用意します。
身元確認が必要になる場合も考えて、迷子札やマイクロチップ、鑑札などもあると安心です。

注意すべきこと

避難所にはさまざまなペットが集まるため、なんらかの病気に感染する可能性があります。
そういった事態に備えて、狂犬病予防注射はもちろん、混合ワクチンの接種も済ませておきましょう。
震災時は自分が避難するだけでも大変なので、ペットをつれて移動するのはより困難だと言えます。
犬をたくさん飼っていると、そういった困難が大幅に増えます。
そういったことを考慮して、一緒に避難できる範囲で犬を飼うことが大切です。

日頃からのトレーニング

災害時には人間だけでなく、犬もパニックになりやすいので、日頃から訓練をしておくと安心です。
避難所などではハウスに入っていることになるので、普段からおとなしく入っていられるように訓練します。
怪我や体調不良を起こすことがあるので、飼い主や獣医師、トリミングサロンのスタッフなどいろいろな人に日頃から触れてもらい、いざというときに触診などが問題なくできるようにしておきましょう。
家で過ごすことの多い犬だと、災害時に避難したときにストレスを感じやすくなります。
さまざまな場所に連れて行って、ほかの場所で過ごす練習をすることが大切です。
災害時には足下が悪くなる恐れがあるので、そういった場所でも問題なく歩けるようにしておくことも大切な訓練です。

スポンサーリンク

関連記事

犬の散歩>方法、注意点、など

犬の散歩をいつ行うか? 犬のしつけや健康管理の一環として、散歩を行わなければなりません。 で

記事を読む

犬を迎える為に知っておきたい基礎知識

愛犬の名前を決める重要性や名前を決めるコツ 犬を飼ったらまず何をすべきか。 しつけをして、基

記事を読む

犬の泌尿器の病気 | 症状・原因・治療など

急性腎不全 『急性腎不全(きゅうせいじんふぜん)』というのは、犬の腎臓が突如として機能不全に陥

記事を読む

猫を飼い始める前に知っておきたい必要な費用とは

猫を飼い始める前に知っておきたい必要な費用とは 最近のペットブームを受けて、さまざまな動物を飼

記事を読む

犬の食事>ドッグフードの知識を持ってますか?

成分一覧 ペットショップなどで売られているドッグフードには、成分表が記載されています。 肉な

記事を読む

猫の種類・性格・飼い方・特徴・注意点など>ら行の猫

『ラガマフィン』というのは、アメリカ原産のネコで、1980年代に人為的に作り出された「長毛種」で

記事を読む

猫の殺処分を減らしたい!

安易に猫を増やさない 猫に避妊手術を受けさせ、安易に数を増やさないことが殺処分数の減少につなが

記事を読む

猫の種類・性格・飼い方・特徴・注意点など>な行の猫

『ノルウェージアンフォレストキャット』というのは、その名の通りノルウェー原産のネコで、体格も態度

記事を読む

猫の種類・性格・飼い方・特徴・注意点など>か行の猫

カラーポイントショートヘア 『カラーポイントショートヘア』というのは、「シャムネコ」と「アメリ

記事を読む

犬アレルギーの治療や改善方法について

犬アレルギーとは何か? 住宅環境の変化などによって、室内で犬と一緒に過ごすという人が増えてきま

記事を読む

シャープ プラズマクラスターの特徴や感想

左側の一番上のドットだけ赤いブドウの形をしたマークがついた空気清浄

ドルチェ ゲストの特徴や感想の特徴や感想

一杯のコーヒーに、心が癒されることありませんか。 なにも考えたく

パナソニック ライスブレッドクッカーの特徴や感想

おうちで、お米で、パンを作りましょう。 お米で、パンが作れるので

マイクロプレイン フードグレーターの特徴や感想

切れ味のよりよいキッチングッズに恵まれるか恵まれないかで、その人の

タイガー THE炊きたての特徴や感想

日本のおいしいごはんを追い求めたら『土の火技』にたどり着きました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑