犬の骨の病気 | 症状・原因・治療など

公開日: : ペット,

股関節形成不全症

『股関節形成不全症(こかんせつけいせいふぜんしょう)』というのは、犬の“太ももの骨”と“骨盤”をつないでいる、股関節の形が先天的に異常な状態のことを指しています。

最近では「股異形成(こいけいせい)」と呼ばれることもあるようです。

先天的な異常ではあるのですが、子犬の頃はハッキリとした症状を示すことは少なく、生後6ヶ月頃から徐々にその徴候が見られるようになります。

股関節形成不全症になってしまった場合の主な症状としては、「歩行時に腰が左右に揺れる」、「うさぎ跳びやスキップのようなしぐさになる」、「後足をうまく折りたためない」、「運動を嫌う」、「股関節の脱臼」などが見られます。

では、なぜ犬が股関節形成不全症になってしまうのかというと、そのほとんどは「遺伝」が原因となっています。

また、犬の場合、生後60日の間に骨が急速に成長するのですが、この時期に股関節に加わっている力が骨盤の形成に影響するようです。

ですから、「肥満」や「過度の運動」なども、股関節形成不全症の原因となり得ます。

続いて、股関節形成不全症の治療法についてですが、まだ成長期で症状も軽いものであれば「安静療法」ということで、運動を抑え、悪化の防止を狙います。

ですが、ある程度症状が進行してしまっているようなら、“抗炎症薬”や“鎮痛薬”などの「投薬治療」が行われます。

さらに、投薬で効果がなければ「外科治療」ということになるでしょう。

人工関節を使うという治療法もありますが、日本では、まだあまり普及していないようです。

骨粗しょう症


『骨粗しょう症(こつそしょうしょう)』というのは、犬の“骨の密度”が、病的に低くなってしまっている状態のことを指しています。

人間の骨粗しょう症と同じようなものと考えていいでしょう。

一般的には、犬が7歳を超えて“老境”に入ったタイミングで発症することが多いようです。

骨粗しょう症の主な症状としては、「動きがのろい」、「運動を嫌がる」、「動きが固い」、「関節痛」などが見られ、生後6~8週ごろの“若年性骨粗しょう症”の場合には「O脚」になることもあります。

では、なぜ犬が骨粗しょう症になってしまうのかというと、主な原因としては「加齢」が挙げられます。

どうしても年齢が高くなると新陳代謝が落ちてしまい、骨を新たに作るよりも分解する速度の方が速くなるので徐々に骨が削られていくのです。

また、「運動不足」や「栄養不足」が影響することもあります。

栄養に関しては、“カルシウム”が必要なことはもちろんですが、カルシウムを吸収しやすくする“ビタミンD”が不足すると骨粗しょう症になりやすいですので、注意が必要です。

続いて、治療法についてですが、上記の原因を見てもわかるように、「運動療法」と「食事療法」が必要となります。

運動によって骨に刺激が与えられると、骨の分解が抑制されますので、骨粗しょう症の治療にも有効ということになります。

他に、「副甲状腺機能亢進症」が原因となっているケースもありますので、この場合はそちらの治療を併せて行う必要があります。

重症筋無力症


『重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう)』というのは、犬の神経から筋肉に対する指令がうまく伝わらなくなり、筋肉の疲労や脱力がおこってしまう状態のことを指しています。

もう少し詳しく言うと、“アセチルコリン“という神経伝達物質を、神経と筋肉の間で上手に受け渡しできなくなる病気です。

メカニズムとしては、本来であれば体内に入ってきた異物を攻撃するはずの免疫システムが、自分の筋肉を攻撃してしまうというものですので、自己免疫疾患の一種とみなされています。

重症筋無力症の主な症状としては、「筋力の低下」、「食べるのが遅い」、「まぶたが落ちて眠そうな顔」、「ふらふら歩く」、「朝よりも夕方の方が症状が重い」、「食道アカラシア」などが見られます。

では、なぜ犬が重症筋無力症になってしまうのかというと、その原因は「遺伝」によるものだと考えられています。

特に、「ジャックラッセルテリア」や「スプリンガースパニエル」、それに「スムースフォックステリア」などの犬種に多いという傾向があります。

続いて、重症筋無力症の治療法についてですが、基本的には「投薬治療」が効果的なようです。

「コリンエステラーゼ阻害剤」や「免疫抑制薬」、それに「コルチコステロイド」などを投与することで改善が見られます。

また、重症筋無力症は食道アカラシアを併発することが多いですので、「誤嚥性肺炎」を防ぐために、食器を高い位置に固定したり、食後10分程度は頭が下がらないようにするなどの工夫も必要です。

スポンサーリンク

関連記事

norwegian_forest_cat

猫の種類・性格・飼い方・特徴・注意点など>な行の猫

『ノルウェージアンフォレストキャット』というのは、その名の通りノルウェー原産のネコで、体格も態度

記事を読む

7-3

愛犬を暑さ、寒さ、災害から守る為の基礎知識

愛犬を寒さから守る対策 犬は寒さに強いと言われていますが、寒すぎる環境は犬の健康に悪影響を及ぼ

記事を読む

sussex_spaniel

サ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

サセックス・スパニエル 『サセックス・スパニエル』というのは、イギリス原産の犬種で、一度は絶

記事を読む

shutterstock_362789741

犬の内分泌の病気 | 症状・原因・治療など

糖尿病性ケトアシドーシス 『糖尿病性ケトアシドーシス』というのは、犬の糖尿病が長期化すること血

記事を読む

3-4

犬のしつけの基本や状況別対処法のまとめ

犬の最も基本的なしつけ トイレの場所を覚えさせる トイレの場所を覚えさせることも、しつけの一

記事を読む

shutterstock_330388673

犬の寄生虫 | 症状・原因・治療など

犬回虫症 『犬回虫症(いぬかいちゅうしょう)』というのは、“線虫(せんちゅう)“に属する寄生虫

記事を読む

american_carl

猫の種類・性格・飼い方・特徴・注意点など>あ行の猫

アメリカンカール 『アメリカンカール』というのは、アメリカのネコで、その名の通り外向きにカール

記事を読む

1-7

犬を飼うために知っておきたい基礎知識

犬を飼うために知っておきたいこと 近年、身勝手に犬を捨てる人々が多くなってきています。 捨て

記事を読む

kokoro-2

犬の心の病気 | 症状・原因・治療など

分離不安 『分離不安(ぶんりふあん)』というのは、犬の精神的な病のひとつで、その名の通り、

記事を読む

11-1

犬の食事について栄養素や注意したい事のまとめ

犬に必要な栄養素 人間が生きていくうえでは、6大栄養素と言われる炭水化物、脂質、たんぱく質、ビ

記事を読む

強力消臭靴下リンマー
強力消臭靴下リンマーの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【強力消臭靴下リンマー】がオススメ! 靴下を何度も念入りに洗った

ネオテクト
ネオテクトの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

ネオテクト薬用マイクロデオドラントクリームとは、株式会社ヴィジョン

FRESHU(フレッシュー)
FRESHU(フレッシュー)の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【FRESHU(フレッシュー)】が解決! 男のニオイの原因① ~

ファルマスタッフ
ファルマスタッフの詳細・特徴・口コミ

ファルマスタッフは薬剤師の転職をサポートしているサイトであり、日本

ヤクステ
ヤクステの詳細・特徴・口コミ

ヤクステは、株式会社グローアップが運営している薬剤師専門の転職支援

→もっと見る

PAGE TOP ↑