犬の寄生虫 | 症状・原因・治療など

公開日: : ペット,

犬回虫症

『犬回虫症(いぬかいちゅうしょう)』というのは、“線虫(せんちゅう)“に属する寄生虫の一種、「回虫(かいちゅう)」によって引き起こされる病気のことを指しています。

回虫というのは、犬だけでなく人間やネコなど、哺乳類の小腸に寄生しているもので、ミミズに似た体型を持っています。

犬が回虫症になってしまった場合の主な症状としては、「食欲不振」や「下痢」、「嘔吐」、「腹痛」、「腹部のふくらみ」、「子犬の発育不良」、「体重減少」、「貧血」、「毛づやの悪化」などが挙げられ、時にはひものような回虫を吐き出すこともあるようです。

これらの症状が見られるようになったら、犬回虫症を疑って、獣医さんに相談するほうがいいでしょう。

犬回虫症の原因は、言うまでもなく回虫が寄生してしまうことなのですが、その感染経路には、大きく分けて2通りあると考えられています。

1つ目は「経口感染」で、他の犬の糞便を食べてしまうことで感染するというものです。

2つ目は「垂直感染」で、すでに感染している母犬から胎盤を経由して子犬に回虫が伝染ってしまうというものです。

続いて、犬回虫症の治療法についてですが、基本的には「駆虫薬」が投与されることになります。

通常は、与してから2週間くらいで、もう一度検査を行い、必要であれば再度投薬されるという手順を踏むことになります。

確実に駆除できるよう、徹底しておくことが大切といえるでしょう。

また、他の犬の糞便を食べてしまわないよう、散歩の時などに注意しておくことも大切です。

フィラリア症


『フィラリア症』というのは、寄生虫の一種である「フィラリア」が原因となって引き起こされる症状全般のことを指しています。

一般的には、「犬糸状虫(いぬしじょうちゅう)」と呼ばれる、犬の心臓と肺動脈に寄生するものがよく知られています。

犬のフィラリア症には、“急性”と“慢性”の2種類があり、それぞれに症状も異なります。

まず「急性フィラリア症」は、「大静脈症候群,」や「ベナカバシンドローム」などと呼ばれることもあるのですが、主な症状としては、「赤褐色の尿」、「元気が無くなる」、「黄疸」、「呼吸困難」などが挙げられ、放置していると死に至ります。

また「慢性フィラリア症」の方では、気管支静脈の血流悪化による「咳」、「息切れ」、「散歩を嫌がる」、「肝臓や腎臓の障害」、「腹水」、「水を異常にほしがる」、「四肢のむくみ」などが挙げられます。

これらの症状が見られるようになったら、フィラリア症が疑われますので、獣医さんに相談するほうがいいでしょう。

では、なぜ犬がフィラリア症になってしまうのかというと、その原因は「蚊による感染」です。

主に「トウゴウヤブカ」や「コガタアカイエカ」、「ヒトスジシマカ」などが媒介となっていますので、室内犬よりも「屋外飼育」されている犬のほうが感染率は高くなります。

続いて、フィラリア症の治療法についてですが、基本的には「駆虫薬」の投与が行われます。

急性フィラリア症の場合は、一刻を争いますので「外科手術」でフィラリア虫を駆除します。

「予防薬」もありますので、犬の体重に合わせて適切なものを、獣医さんの指示に従って投与しましょう。

犬鞭虫症


『犬鞭虫症(いぬべんちゅうしょう)』というのは、寄生虫の一種である「鞭虫(べんちゅう)」が原因となって引き起こされる症状全般のことを指しています。

鞭虫というのは、長さ4cmほどの寄生虫で、頭に行くほど細くなり、まるで鞭のように見えることから、この名前がついたとされています。

犬が鞭虫症になってしまった場合の主な症状としては、「慢性的な下痢」や「粘液便」、「食欲不振」、「腹痛」、「貧血」、「体重減少」、「毛づやの悪化」などが挙げられますが、寄生している鞭虫が少量で免疫力が正常な場合には、「無症状」ということも少なくはありません。

逆に言えば、これらの症状が出ている場合は、かなりの鞭虫が寄生しているか、免疫力が落ちてしまっているということですから、早急に獣医さんに相談するほうがいいでしょう。

では、なぜ犬が鞭虫症になってしまうのかというと、それは主に「経口感染」によると考えられています。

具体的には、他の犬の糞便を食べてしまうことで、鞭虫が体内に入ってしまうのです。

ですから、「他の犬の糞便との接触を避ける」ことが大きな予防策ということになります。

散歩中、犬が不用意に不潔なものに近づかないよう、常に注意しておくことが大切といえるでしょう。

また、鞭虫が寄生してしまっている場合の治療法としては、「駆虫薬」の投与が中心となります。

基本的には、それで除去できるはずですが、投与後、2週間くらいでもう一度検査を行い、必要であれば再投与が行われます。

スポンサーリンク

関連記事

ハ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

パグ 『パグ』というのは、中国原産の犬種で、暑さにめっぽう弱いことでも知られている「小型犬」で

記事を読む

猫の健康チェック、早期発見の為の色々な方法をご紹介!

猫の健康チェック 猫の健康チェック項目として、口を観察するのも有効です。 しかし、普段から口

記事を読む

猫の種類・性格・飼い方・特徴・注意点など>た行の猫

ターキッシュアンゴラ 『ターキッシュアンゴラ』というのは、トルコ原産の「長毛種」で、トルコでは

記事を読む

猫のワクチン接種 健康維持や病気予防のためのワクチン接種とは

猫の健康維持のや病気予防のため、ワクチン接種が推奨されています。 接種するかどうか決めるために

記事を読む

猫の種類・性格・飼い方・特徴・注意点など>ま行の猫

マンクス 『マンクス』というのは、イギリス原産のネコなのですが、そのルーツは未だに謎につつまれ

記事を読む

ワ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

ワイアー・フォックス・テリア 『ワイアー・フォックス・テリア』というのは、イギリス原産の犬種で

記事を読む

猫の種類・性格・飼い方・特徴・注意点など>や行の猫

『ヨーロピアンバーミーズ』というのは、ミャンマー原産のネコで、ペルシャと交配することで生まれまし

記事を読む

犬の口の病気 | 症状・原因・治療など

歯周病 『歯周病(ししゅうびょう)』というのは、犬の歯の表面などで細菌が毒素を作り出し、その結

記事を読む

マ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

マスティフ 『マスティフ』というのは、イギリス原産の犬種で、もの静かで観察力に優れ、いつでも沈

記事を読む

犬の内分泌の病気 | 症状・原因・治療など

糖尿病性ケトアシドーシス 『糖尿病性ケトアシドーシス』というのは、犬の糖尿病が長期化すること血

記事を読む

DeLonghi 珈琲エスプレッソメーカーの特徴や感想

オイルヒーターなどで知られるデロンギは、1902年に北イタリアのト

ツインバード ジェットサイクロン ブロワプラスの特徴や感想

ベットを家族としているご家庭が増えました。 そこで、問題点となる

IRIS 無加水鍋の特徴や感想

素材のうまみをにがさない無加水鍋で、食卓を、そしてあなたの食生活を

Haier 冷凍冷蔵庫の特徴や感想

一人暮らしをするとき、なによりも必要な家電は冷蔵庫です。 ハイア

HUrom スロージューサーの特徴や感想

ヒューロムは、1974年の創業以来、スロージューサーのパイオニアと

→もっと見る

PAGE TOP ↑