犬の寄生虫 | 症状・原因・治療など

公開日: : ペット,

犬回虫症

『犬回虫症(いぬかいちゅうしょう)』というのは、“線虫(せんちゅう)“に属する寄生虫の一種、「回虫(かいちゅう)」によって引き起こされる病気のことを指しています。

回虫というのは、犬だけでなく人間やネコなど、哺乳類の小腸に寄生しているもので、ミミズに似た体型を持っています。

犬が回虫症になってしまった場合の主な症状としては、「食欲不振」や「下痢」、「嘔吐」、「腹痛」、「腹部のふくらみ」、「子犬の発育不良」、「体重減少」、「貧血」、「毛づやの悪化」などが挙げられ、時にはひものような回虫を吐き出すこともあるようです。

これらの症状が見られるようになったら、犬回虫症を疑って、獣医さんに相談するほうがいいでしょう。

犬回虫症の原因は、言うまでもなく回虫が寄生してしまうことなのですが、その感染経路には、大きく分けて2通りあると考えられています。

1つ目は「経口感染」で、他の犬の糞便を食べてしまうことで感染するというものです。

2つ目は「垂直感染」で、すでに感染している母犬から胎盤を経由して子犬に回虫が伝染ってしまうというものです。

続いて、犬回虫症の治療法についてですが、基本的には「駆虫薬」が投与されることになります。

通常は、与してから2週間くらいで、もう一度検査を行い、必要であれば再度投薬されるという手順を踏むことになります。

確実に駆除できるよう、徹底しておくことが大切といえるでしょう。

また、他の犬の糞便を食べてしまわないよう、散歩の時などに注意しておくことも大切です。

フィラリア症


『フィラリア症』というのは、寄生虫の一種である「フィラリア」が原因となって引き起こされる症状全般のことを指しています。

一般的には、「犬糸状虫(いぬしじょうちゅう)」と呼ばれる、犬の心臓と肺動脈に寄生するものがよく知られています。

犬のフィラリア症には、“急性”と“慢性”の2種類があり、それぞれに症状も異なります。

まず「急性フィラリア症」は、「大静脈症候群,」や「ベナカバシンドローム」などと呼ばれることもあるのですが、主な症状としては、「赤褐色の尿」、「元気が無くなる」、「黄疸」、「呼吸困難」などが挙げられ、放置していると死に至ります。

また「慢性フィラリア症」の方では、気管支静脈の血流悪化による「咳」、「息切れ」、「散歩を嫌がる」、「肝臓や腎臓の障害」、「腹水」、「水を異常にほしがる」、「四肢のむくみ」などが挙げられます。

これらの症状が見られるようになったら、フィラリア症が疑われますので、獣医さんに相談するほうがいいでしょう。

では、なぜ犬がフィラリア症になってしまうのかというと、その原因は「蚊による感染」です。

主に「トウゴウヤブカ」や「コガタアカイエカ」、「ヒトスジシマカ」などが媒介となっていますので、室内犬よりも「屋外飼育」されている犬のほうが感染率は高くなります。

続いて、フィラリア症の治療法についてですが、基本的には「駆虫薬」の投与が行われます。

急性フィラリア症の場合は、一刻を争いますので「外科手術」でフィラリア虫を駆除します。

「予防薬」もありますので、犬の体重に合わせて適切なものを、獣医さんの指示に従って投与しましょう。

犬鞭虫症


『犬鞭虫症(いぬべんちゅうしょう)』というのは、寄生虫の一種である「鞭虫(べんちゅう)」が原因となって引き起こされる症状全般のことを指しています。

鞭虫というのは、長さ4cmほどの寄生虫で、頭に行くほど細くなり、まるで鞭のように見えることから、この名前がついたとされています。

犬が鞭虫症になってしまった場合の主な症状としては、「慢性的な下痢」や「粘液便」、「食欲不振」、「腹痛」、「貧血」、「体重減少」、「毛づやの悪化」などが挙げられますが、寄生している鞭虫が少量で免疫力が正常な場合には、「無症状」ということも少なくはありません。

逆に言えば、これらの症状が出ている場合は、かなりの鞭虫が寄生しているか、免疫力が落ちてしまっているということですから、早急に獣医さんに相談するほうがいいでしょう。

では、なぜ犬が鞭虫症になってしまうのかというと、それは主に「経口感染」によると考えられています。

具体的には、他の犬の糞便を食べてしまうことで、鞭虫が体内に入ってしまうのです。

ですから、「他の犬の糞便との接触を避ける」ことが大きな予防策ということになります。

散歩中、犬が不用意に不潔なものに近づかないよう、常に注意しておくことが大切といえるでしょう。

また、鞭虫が寄生してしまっている場合の治療法としては、「駆虫薬」の投与が中心となります。

基本的には、それで除去できるはずですが、投与後、2週間くらいでもう一度検査を行い、必要であれば再投与が行われます。

スポンサーリンク

関連記事

hifu-4

犬の皮膚病 | 症状・原因・治療など

膿皮症 『膿皮症(のうひしょう)』というのは、犬の皮膚上で菌が異常繁殖し、化膿して膿を排出して

記事を読む

yorkshire_terrier

ヤ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

ヨークシャー・テリア 『ヨークシャー・テリア』というのは、イギリス原産の犬種で、ヨーロッパの上

記事を読む

10-1

犬を飼う為に必要な基本的な費用とは?

犬を飼うための基本的な初期費用 ペットと暮らしたいと考える人は多く、最近ではさまざまな動物がペ

記事を読む

2-1

犬アレルギーの治療や改善方法について

犬アレルギーとは何か? 住宅環境の変化などによって、室内で犬と一緒に過ごすという人が増えてきま

記事を読む

3-4

犬のしつけの基本や状況別対処法のまとめ

犬の最も基本的なしつけ トイレの場所を覚えさせる トイレの場所を覚えさせることも、しつけの一

記事を読む

%e2%98%8512%ef%bc%8d1

猫の毛の管理について 注意点、ノミ対策、ブラッシング

ホームセンターやペットショップに行くと猫用のシャンプーが売られていますが、実際に猫にはシャンプー

記事を読む

2-12-19

猫の病気の症状と原因

猫の病気の症状や原因などの紹介を行っています。 猫は言葉を話さず、痛みもあまり訴えない動物とな

記事を読む

shutterstock_266233565-e1455098179282

犬の目の病気 | 症状・原因・治療など

チェリーアイ 『チェリーアイ』というのは「第三眼瞼腺逸脱」とも呼ばれ、涙を作る役割を持っている

記事を読む

9-9

犬の散歩>方法、注意点、など

犬の散歩をいつ行うか? 犬のしつけや健康管理の一環として、散歩を行わなければなりません。 で

記事を読む

somari

猫の種類・性格・飼い方・特徴・注意点など>さ行の猫

サイベリアン 『サイベリアン』というのは、ロシア原産のネコで、その名前は「シベリア」という意味

記事を読む

zojirushi-tukitate
象印 精米器 つきたて風味の特徴や感想

お米は、研ぐ前ぎりぎりのつきたてで炊いた方が絶対おいしいごはんがで

4-21-2
日本三大金魚生産地>大和郡山市、弥富市、江戸川区

観賞魚の金魚を飼ったことがある人、いま飼っているという人は多いでし

メディウェル
メディウェルの詳細・特徴・口コミ

メディウェルは、東京証券取引所一部に上場している株式会社アインファ

40-11-9
日本三大葱>下仁田ねぎ、岩津ねぎ、博多万能ねぎ

日本国内にはたくさんの日本三大○○がありますが、葱(ねぎ)にも三大

no image
ツインバード コードレススティック型クリーナー ジェットサイクロンJの特徴や感想

コードさえなかったら、お部屋を縦横無尽に掃除機かけられるのに。 コー

→もっと見る

PAGE TOP ↑