犬のワクチン接種について、時期、種類、費用、副作用など

公開日: : ペット,

犬のワクチンとは?

感染症の予防のため、愛犬にワクチンを接種させる人は少なくありません。
また、狂犬病予防ワクチンなどは法律で接種が義務づけられているため、必ず接種させる必要があります。

ワクチンとは

人間を含めた生物は、自らの体を外部からの病原体から守る免疫という仕組みを備えています。
しかし、強力な病原体や未知の病原体に対しては、その機能では不十分のため、抵抗できないことがしばしばあります。
ワクチンは毒性を消失させる、もしくは弱体化した病原体のことで、これをあらかじめ体内に入り込ませることで、抗体をつくります。
あらかじめワクチンによって抗体を生成しておけば、いざ感染症になってもごく軽い症状で済みます。
ワクチンは人間に用いられるものですが、犬用としても実用化されているものはいくつかあります。

ワクチンの種類

現在、さまざまな感染症に対して多くのワクチンが開発されています。
それらのワクチンは、組み合わせによって1~11種類までに分類されます。
たくさんあるワクチンのなかでも、犬ジステンパーウイルス、犬アデノウイルス、犬パルボウイルスなどは特に接種が望ましいとされています。
ワクチンには5種混合ワクチンや8種混合ワクチンなどいろいろありますが、どれを接種すべきかは犬の健康状態や犬種、居住地の環境などを考慮して決める必要があります。
たとえば、柴犬やコーギー、ダックスのようにアレルギーを起こしやすい犬種は、ワクチン接種によるアレルギー反応のリスクを軽減するために5種混合ワクチンがすすめられることが多いでしょう。
また、子犬の場合も体調の変化などを見るために、初回は5種混合ワクチンを接種することが多いようです。
自然環境に恵まれた場所に住んでいる、もしくはそういった場所に行く機会が多い場合は感染リスクが高まります。
そのため、8種混合ワクチンなどがすすめられることが多いでしょう。
いずれにしても、どのワクチンを接種するかは医師と十分に相談したうえで決める必要があります。

狂犬病ワクチンの重要性


狂犬病予防注射接種は、狂犬病予防法という法律によって義務づけられています。
そのため、犬を飼いはじめたら1年に1度狂犬病予防注射接種を受けなければいけません。

狂犬病の脅威

狂犬病は、狂犬病ウイルスに感染することでかかる病気です。
犬だけでなく、人間を含めたすべてのほ乳類が感染対象となります。
感染病の脅威は世界中に広がっており、感染者は5万人とも言われています。
感染して発症すると、その多くは死亡に至ります。
この狂犬病の脅威を排除するため、日本では狂犬病予防法が制定され、飼い犬の登録や予防接種、輸入動物の検疫、野犬の捕獲、放し飼いなどの禁止などが行われました。
この法律の効果によって、1957年以降日本国内では狂犬病の発生は確認されていません。

狂犬病ワクチンの必要性

致死率も高く、人間への影響も大きな狂犬病ですが、ワクチンの接種によって予防できます。
狂犬病予防法では生後3ヶ月以上の犬に対してのワクチン接種が義務づけられています。
現在の日本では狂犬病は確認されていないため、今は必要ないのではという意見もあります。
しかし、動物を輸入する際に日本国内に狂犬病が入ってくるということはあり得るので、感染のリスクはゼロではありません。
そのため、年に1度の狂犬病ワクチン接種を徹底させましょう。

ほかのワクチンとの同時接種

基本的に、狂犬病ワクチンとほかの感染病のワクチンとの同時接種は行いません。
異なるメーカーの製剤の同時接種は危険性がある、副作用が出た場合にどちらが原因か判断できないというのが、その理由です。
狂犬病ワクチン接種後は1週間以上、混合ワクチン接種後は1ヶ月以上間をあけてほかのワクチンを接種することが望ましいでしょう。
狂犬病ワクチンを含むさまざまなワクチン接種のタイミングは、獣医師と相談して適切な時期に行うことが大切です。
素人判断をするのは危険なので、獣医師にきちんと相談するようにしましょう。

その他感染症のワクチン


狂犬病予防ワクチンの接種は法律によって義務づけられていますが、それ以外のワクチンの接種は基本的に飼い主の判断にまかされます。
しかし、犬がかかる病気のなかには治療が困難なものや、死に至るものなどもあります。
少しでも愛犬が病気を発症するリスクを軽減したいのなら、ワクチンは接種したほうがいいでしょう。

ワクチンによって予防可能な病気

ワクチン開発の対象となるのは、ワクチンの効果が高く副作用が起こりにくい病気です。
現在開発されているワクチンはいくつもありますが、そのひとつがジステンパーウィルス感染症に対するものです。
この病気は神経症や下痢などの消化器症状、咳などの呼吸器症状などを引き起こすもので、致死率が高いと言われています。
犬パラインフルエンザウィルス感染症も犬がかかりやすい病気で、鼻水や咳などの風邪症状が見られます。
空咳が見られる犬伝染性喉頭気管炎は、パラインフルエンザとあわせて「ケンネルコフ」とも呼ばれる病気で、やはり犬がかかりやすいと言われています。
パルボウィルス感染症は子犬がかかりやすい病気です。
激しい嘔吐や下痢をともない、突然死が起こる場合もあります。
犬伝染性肝炎は急性肝炎が起こる病気で、黄疸や嘔吐などをともないます。
この病気は、アデノウィルスが原因だと言われています。
これらの病気はワクチンで防ぐことが可能で、コアワクチンと総称されることもあります。

ワクチンの選び方

何種類のワクチンを接種するかは、コアワクチンを基本として犬種や年齢、環境などによって決める必要があります。
ワクチンの種類は多ければ多いほどいいというわけではありません。
副作用などのリスクもあるので、適切な種類を選ぶことが大切です。
特に子犬や老犬は命に関わる場合があるので、慎重に選択しなければいけません。
犬が生活する環境などによっては最低限のワクチンだけで問題ない場合もあるので、獣医師と相談して決めるようにしましょう。

ワクチン接種のタイミングと回数


愛犬をさまざまな病気から守るためには、ワクチン接種が望ましいとされています。
ワクチンはいつ、何回くらい接種するといいのでしょうか。

はじめてのワクチン接種のタイミング

家に迎え入れた子犬にはじめてワクチンを受けさせる場合は、受動免疫が切れた時期に行うのが基本です。
受動免疫というのは異物に対抗するための抗体を母犬の初乳によってえることで、生後8~12ヶ月はこの働きによって子犬の体は守られます。
人間とちがい、犬の場合は母犬によってつくられた免疫は時間の経過とともに消失してしまいます。
母犬によってつくられた免疫がまだ十分機能しているうちは、ワクチンを接種しても、血液に含まれる抗体が異物と判断して排除してしまうため、新たに免疫力がつくられません。
そのため、母犬由来ではない子犬独自の能動免疫を生成させるためには、受動免疫の働きが消失した14~16週ころにワクチンを接種するのが望ましいのです。
しかし、このタイミングでは抗体が残っている可能性がゼロではないため、時間をおいてから2回目のワクチンを接種する場合もあります。
さらに抗体が残っている可能性がある場合は、もう少し時間をおいてから3回目の接種を行うことになります。

成犬になってからのワクチン接種

日本では成犬へのワクチン接種は、1年に1度行うのが一般的となっています。
しかし、アメリカではコアワクチンでえられる免疫の継続時間は長いため、3年に1度でも問題ないという考え方が支持されつつあります。
頻度の問題はまだ検討の余地があると言えますが、大切なのはワクチン接種による副作用のリスクが感染症にかかるリスクよりも低いかどうかという点です。
ワクチン接種をどれくらいのペースで行うかについては、ペットが生活する環境などをよく考慮したうえで決定することが大切です。
また、狂犬病予防ワクチンとコアワクチンを除外したワクチンについては、1年に1度というのが定番となっています。

コアワクチンとノンコアワクチン


犬向けのワクチンにはさまざまなものがありますが、コアワクチンとノンコアワクチンの2種類に大別することができます。
それぞれどんな特徴をもつのでしょうか。

コアワクチンとノンコアワクチンの定義

広い範囲で流行しており多くの動物に影響を及ぼす可能性があること、動物だけでなく人間も感染し健康に重大な被害をおよぼす可能性ある、感染すると死亡に至る可能性があるといった条件をひとつでも満たすもので、すべての犬への接種が望ましいとされるワクチンをコアワクチンと言います。
コアワクチンの対象となるのが、致死性の高いパルボ、ジステンパーなどの病気、人間にも影響を及ぼす狂犬病、ほかの動物にも拡散しやすいカリシなどが含まれます。
ノンコアワクチンは、すべての犬が対象とはならず、犬の飼育環境や病気の流行状況などを見きわめたうえで接種を検討するワクチンのことを言います。
狂犬病は現在の日本では確認されていないため、狂犬病予防ワクチンはノンコアワクチンだと勘違いする人がいますが、こういった定義から考えると間違っていると言えます。

コアワクチンの接種プログラム

全米動物病院協会や世界小動物獣医協会ではガイドラインを制作して、推奨されるコアワクチンの接種プログラムを設けています。
それによると、子犬が母犬の初乳を飲んでいるケースでは8~9週齢ころにはじめてのワクチンを接種することを推奨しています。
また、初年後の最終接種は母犬から移行抗体の効果がきちんと切れるであろう14~16週に行えるようにコントロールします。
母犬の初乳を飲んでいない子犬のケースでは、8週齢までは免疫力が弱体化しています。
そのため、初回接種を少し早めに設定する場合があります。
IgG抗体が作り出せるようになるのは4週齢ころと言われていますが、当然ながら犬によって多少は異なります。
そういったことや副作用のリスクなども考慮され、6週齢からはじめるのが現在では主流となっているようです。

生ワクチンと不活化ワクチン


犬の健康を守るためのワクチンはさまざまなものがあります。
ワクチンはいろいろな方法で分類されますが、生成方法によっても分けることができます。
ここではそれぞれの特徴について見ていきます。
どちらのタイプを用いるかはそれぞれの特徴を把握したうえで、獣医師と相談して決めるようにしましょう。

生ワクチンとは

生ワクチンは、病原性を弱体化させたウイルスや細菌をもとに生成した製剤のことを言います。
生きた病原体を用いるので、病気が起きないようにある程度弱らせる必要があるので、こういった処理が行われます。
この弱体化にはさまざまな方法がありますが、ウイルスの場合は試験管に入った細胞などで何代にもわたって継代するという方法がよく用いられます。
継代することで突然変異が発生して、犬に対する病原性が低下するのです。
そして最適なタイミングでワクチン製造用株とするのが、一般的な方法です。
体内に入った病原体は自然に増えて、自然感染に似た状態となって免疫がつきます。
そのため、犬によっては発熱するなど病気に近い症状があらわれることもあります。
また、母犬から受けた免疫力の影響を受けやすいとも言われています。
しかし、生ワクチンは即効性があり、なおかつ継続力にもすぐれています。
液性免疫だけでなく、細胞性免疫もつきやすいので、予防効果は高いと言われています。

不活化ワクチンとは

不活化ワクチンは、細菌やウイルスの増殖性を完全に消失させて、免疫を生成するのに必要な成分だけを取り出して製剤にしたもののことを言います。
生ワクチンとちがい、体内で病原体が増殖することはないため、その病気が発症することはありません。
しかし、効果が不十分な場合があり、1度だけの接種では免疫力が強化されないことがあります。
また、免疫力を十分につけるために、ほとんどの不活化ワクチンには免疫賦活剤が含まれます。
この免疫賦活剤に対するアレルギー症状など、なんらかの副作用が発生する危険性があるため、利用する際には慎重さが必要となります。

子犬のワクチン接種時期


はじめて犬を飼う人にとって、いつワクチンを接種させるかは疑問のひとつかもしれません。
子犬にとっては特にワクチンの接種時期は重要となるので、きちんと知っておく必要があります。

子犬のワクチン開始時期

生後まもない子犬には母犬から受けとった抵抗力がまだ残っていて、この抵抗力がある期間は病気に感染することはありません。
この母犬から子犬に受け渡される抵抗力のことを、移行抗体と呼びます。
移行抗体は子犬を病気から守るために必要なものですが、抗体があるとワクチンを投与してもワクチンに含まれる微生物は撃退されてしまいます。
そのため、子犬は免疫を生成することができず、ワクチンの意味を成さなくなってしまうのです。
そういった理由から、移行抗体が完全に消失した時期がワクチン接種のタイミングとして最適と言われています。

実際の接種時期

いつ移行抗体が消失するかというのは、はっきりわからないというのが現状です。
消失の時期は個体差があるため、最短42日から最長で150日前後と幅を持たせています。
実際には検査を行えばある程度しぼれますが、手間やコストの面からこういったことはめったに行われません。
生後150日以降にワクチンを接種するのがもっとも簡単で無駄がありませんが、万が一移行抗体が60日ほどで消失したら、それ以降は完全に抵抗力がない状態となってしまいます。
そのため、子犬への安全性を最優先に考えた結果、数回にわけて接種するという方法が主流となったのです。
生後50日、あるいは60日くらいにはじめのワクチン接種が行われるのが、現在では一般的となっています。
移行抗体が消失していないことでこの1度目のワクチン接種が無駄になった場合の保険として、2回目は1ヶ月後に接種されます。
そして、さらに1ヶ月後に3回目のワクチンを接種します。
ペットショップなどで子犬を購入した場合、最初のワクチン接種はすでに済んでいる可能性があります。
いつ受けたかをしっかり確認したうえで、2回目以降のワクチン接種の日程を決めるようにしましょう。

成犬のワクチン接種時期と接種間隔


子犬の場合、ワクチン接種は一定期間中に2~3回実施するのが一般的です。
では成犬の場合はどの程度の頻度でワクチン接種が必要となるのでしょうか。
ここでは、ワクチン接種の頻度やタイミングについて見ていきます。

成犬のワクチン接種

人間の場合は、なんらかの病原菌への抗体が生成されれば、それ以降は免疫が消えずに残ります。
しかし、犬の場合は長期間もつことがありません。
そのため、一生のうち何回か接種することになります。
子犬のころに問題なくワクチン接種が完了したのなら、それ以降は基本的に1年に1度のワクチン接種が行われるのが一般的です。
しかし、最近では1年に1度の接種ではなく、3年に1度でも問題ないという説もあります。
ところが、ワクチンメーカーは1年に1度を推奨しています。
その影響もあって、ほとんどの獣医師は1年に1度の接種をすすめるでしょう。

ワクチン接種の頻度

ワクチンの接種を3年に1度にするか、1年に1度にするかは判断が分かれる点で、現状でははっきりとした結論が出ているわけではありません。
犬を単独で飼っていて、ほかの動物と接触する機会が少ないのであれば3年に1度でも問題ないという意見もあります。
しかしほかの動物や人と接する機会が多い環境にあるなら、1年に1度の接種が無難だと言えるでしょう。
頻度を減らす場合は自己責任となるため、その点は注意しなければいけません。

接種するタイミング

生後1年を経過して健康上問題がなければ、タイミングを選ばず追加ワクチンを接種することは可能です。
1年に1度の接種が基本となりますが、そのタイミングで体調を崩しているようなら無理に接種しなくてもいいでしょう。
健康状態が安定してから接種をしても、遅いということはありません。
また、妊娠中の犬の場合は、ワクチン接種はしないことをおすすめします。
くわしいワクチン接種時期については、獣医師とも相談したうえで決めることが大切です。

ワクチンの副作用


ワクチンは愛犬の健康を守るために大切なものです。
ワクチンは人為的に無害な状態に変化させたものですが、ワクチンが体にとって異物であることには変わりません。
そのため、副作用のリスクはゼロではなく、なんらかの不調が体にあらわれる場合があります。
ここでは主な副作用について紹介します。

ワクチン接種によって起こる副作用

ワクチン接種によって発生する副作用はいくつかあります。
なかには重篤な症状をともなうものもあるので、十分に注意する必要があります。
そのひとつが、注射した場所にあらわれる副作用で、虚血性病変や脱毛、痛み、肉芽腫、腫れなどの症状が見られます。
アレルギー反応としては、アナフィラキシーショックや貧血、皮膚虚血性脈管障害、血小板減少などの症状が起こります。
全般的な副反応としては、呼吸の変化や脱毛、異常行動、発作、関節炎、脳炎、多発神経炎、食欲不振、微熱、リンパ節の腫れなどが起こる可能性があります。
そのほかにも、注射した場所の腫れが悪性腫瘍にまで悪化する、ワクチンの有毒化などが起こることもあります。

ワクチンによる副作用が起こりやすい犬

ワクチン接種による副作用は、小型犬が1度にいくつものワクチンを接種した場合、3日以内に発症する確率が高いと言われています。
また、がん治療のために化学療法を受けている犬、妊娠中のメス犬は副反応が過剰発生する可能性が高いと言われています。
そのため、なんらかの必要性がなければ実施されないのが一般的です。
注射した箇所は肉腫や肉芽種が生じやすいと言われています。
それを防ぐために、以前に注射した場所を記録して、次回実施するときはそこを避けて注射してもらうことは、症状を予防するのに有効な方法です。
また、国産のワクチンの副作用については、農林水産省の副作用情報データベースにアクセスすることで確認することができます。
どういった副作用が起こりうるのか、あらかじめ確認しておくことは大切です。

飼い主の注意点


ワクチン接種は基本的には安全性が高い方法ではありますが、当然ながらリスクがまったくないわけではありません。
少しでもワクチン接種による危険性を軽減するために、飼い主が注意すべきことがあります。

アナフィラキシー・ショックの脅威

ワクチン接種で起こる副作用はさまざまなものがありますが、もっとも警戒が必要なのがアナフィラキシー・ショックです。
アナフィラキシー・ショックは、体内に入り込んだ異物に対して、体が備える免疫機構が過剰反応を起こしてしまうという、アレルギー反応のことを言います。
いつ症状があらわれるかは犬によってちがいますが、早ければ10~15分ほどで症状が起こります。
症状は、血圧低下やけいれん、嘔吐、呼吸困難など重篤なものが多いので、接種後30分ほどは病院内もしくは病院近くで様子を見て、異変を感じたらすぐに医師に見てもらうようにしましょう。
一度でもアナフィラキシー・ショックが発生した犬は、次回は同じメーカーのワクチン接種を控える必要があります。
愛犬の命を守るためにも、ワクチン名を記録して、次回の接種の際には医師に忘れずに伝えるようにしましょう。

ワクチン接種後の過ごし方

ワクチン接種がおわったら、24時間はできるだけ安静にしている必要があります。
また、数日は長期間の散歩や激しい運動などは避けたほうが無難です。
もしも食欲がなくなる、元気がなくなるといった様子がみてとれたら、注意を向けておく必要があります。
体に触ると痛みを感じるようでいやがるような場合は、しっかり経過観察をすることが大切です。
激しい運動やシャンプーなどは避けて、24時間はおとなしくストレスを感じさせないように過ごさせるようにしましょう。
24時間経っても体調になんらかの不調が確認された場合は、獣医師にすみやかに相談します。
また、注射した場所から出血している場合も、症状が悪化する可能性があるので獣医師に相談したほうがいいでしょう。

フィラリア症の予防薬と費用


犬がかかりやすい病気はいくつかありますが、そのひとつがフィラリア症です。
フィラリア症はどんな病気で、どうやって対処すればいいのでしょうか。

フィラリア症とは

フィラリア症は、フィラリアと呼ばれる寄生虫が肺動脈や心臓に寄生することで発症する病気です。
フィラリアは血管に侵入して、そのまま成長して成虫になります。
成虫は30cm近くにもなり、どんどん増えていきます。
フィラリアが多く体内で生息するようになると血流が悪化し、さまざまな不調がもたらされます。
血尿や息苦しさ、餌をよく残す、吠えなくなった、咳をよくしているといった症状が見られるようなら、フィラリア症の可能性が高いでしょう。
その場合は血管内のフィラリアを取り除くための手術を行う必要がありますが、心臓への負担が大きい手術なので最悪の場合死んでしまうこともあります。

フィラリアを予防するために

フィラリア症は犬にとって危険な病気なので、薬をつかって予防することが大切です。
現在売られている予防薬としては、「注射型」「錠剤型」「チュアブル型」「滴下型」などがあります。
人気があるのがチュアブル型で、犬が好む味付けで形状もさまざまです。
おやつ感覚で与えられる、手軽さが人気の薬です。
価格はいろいろですが、4,000~8,000円程度が多いでしょう。
錠剤型は小さく食べやすいため、餌に混ぜてつかいます。
価格はやはり4,000~8,000円ほどです。
飲み物に混ぜて服用させることができる滴下型は、8,000~15,000円程度とやや割高です。
注射型は通常は、動物病院で受けることになります。
効果が長くつづくものの、副作用などのりすくもあるため、慎重に検討する必要があります。
価格は4,900~12,000円程度と思っておけばいいでしょう。
価格は犬の大きさによって大きく変わってくるので、あらかじめ確認しておきます。
それぞれの特徴や効果などをよく理解したうえで、愛犬に合ったものを選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事

gann-2

犬のがん | 症状・原因・治療など

乳ガン 『乳ガン』というのは、犬の乳房や乳腺にできる腫瘍のことで、おもにメス犬が発症するもので

記事を読む

%e2%98%8513%e8%b2%b7%e3%81%86%e5%89%8d%e3%81%ab

猫を飼う前に知っておきたい基礎知識

猫を買う前に確認しとく事:家族・経済的・アレルギーetc. 猫を飼いたいと思った場合、なにから

記事を読む

1%ef%bc%8d3-1-e1454547223285

猫のトイレの上手なしつけと手順について

猫は犬などと比べて、トイレを覚えやすいと言われています。 そのため、はじめて猫を飼う人でも比較

記事を読む

lhasa_apso

ラ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

ラサ・アプソ 『ラサ・アプソ』というのは、チベットが原産の犬種で、チベットの寺院では何千年もの

記事を読む

neapolitan_mastiff

ナ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

ナポリタン・マスティフ 『ナポリタン・マスティフ』というのは、イタリア原産の犬種で、祖先はロ

記事を読む

kannzou-2

犬の肝臓の病気 | 症状・原因・治療など

慢性肝炎 『慢性肝炎(まんせいかんえん)』というのは、犬の肝臓に長期間にわたって炎症が生じてい

記事を読む

%e2%98%854%ef%bc%8d1

猫アレルギーの原因、症状、治療、予防について

猫アレルギーとは何か? 猫アレルギーは比較的よく知られたアレルギーのひとつで、発症する人は少な

記事を読む

hone-1

犬の骨の病気 | 症状・原因・治療など

股関節形成不全症 『股関節形成不全症(こかんせつけいせいふぜんしょう)』というのは、犬の“太も

記事を読む

irish_water_spaniel

ア行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

アイリッシュ・ウォーター・スパニエル 『アイリッシュウォータースパニエル』というのは、アイル

記事を読む

12-1

犬を迎える為に知っておきたい基礎知識

愛犬の名前を決める重要性や名前を決めるコツ 犬を飼ったらまず何をすべきか。 しつけをして、基

記事を読む

強力消臭靴下リンマー
強力消臭靴下リンマーの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【強力消臭靴下リンマー】がオススメ! 靴下を何度も念入りに洗った

ネオテクト
ネオテクトの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

ネオテクト薬用マイクロデオドラントクリームとは、株式会社ヴィジョン

FRESHU(フレッシュー)
FRESHU(フレッシュー)の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【FRESHU(フレッシュー)】が解決! 男のニオイの原因① ~

ファルマスタッフ
ファルマスタッフの詳細・特徴・口コミ

ファルマスタッフは薬剤師の転職をサポートしているサイトであり、日本

ヤクステ
ヤクステの詳細・特徴・口コミ

ヤクステは、株式会社グローアップが運営している薬剤師専門の転職支援

→もっと見る

PAGE TOP ↑