犬の食事>ドッグフードの知識を持ってますか?

公開日: : ペット,

成分一覧

ペットショップなどで売られているドッグフードには、成分表が記載されています。
肉などなじみのある食材が原材料として表示されていますが、人が一般的に食べるものとは違う場合があります。
原材料として粗悪品がつかわれていたり、病死した動物が用いられたりする場合もあるので注意が必要です。
ドッグフードを購入する前には成分表記をきちんと確認して、なにが含まれているか知っておくようにしましょう。

肉類の表記

肉類にはいろいろな表記がありますが、そのひとつが「肉・ミート」です。
これは処理された動物からとった汚染されていない肉のことで、横紋筋肉や横隔膜、心臓、舌、骨骨格などを指します。
特に多いのが、ラムや牛、七面鳥、鶏などです。
「肉粉・ミートミール」といった表記は、胃腸や糞、くず皮、角、ひづめ、毛を生成して脂肪を除去したもののことで、カルシウムの含有量がリンの2.2倍を超えないものを言います。
消化酵素であるペプシンで消化できない残留物が12%以下、さらに精製されたもののうち、 ペプシンで消化できない粗たんぱく質が9%以下であることが条件となります。
「肉副産物ミート副産物」は、動物の体から肉を除外した、汚染されておらず未精製の組織のことを指します。
肺、腎臓、脾臓、肝臓、血液、脳、骨、胃腸などです。

そのほかの表記

「穀物」表記は、とうもろこしや大麦、小麦、米、玄米などを指します。
古いものや残留農薬が多く含まれないものなど、人間が食べないほうがいいとされているものが含まれることがあります。
「脂肪」はヒマワリ油や魚油、鶏脂肪などのことで、参加すると有害化するので酸化防止剤や添加物が投与されます。
こういった添加物はさまざまな種類がありますが、すべて体に不必要なものなので、含まれていないもののほうが体への負担は少ないでしょう。
「ダイジェスト」は、フードの表面に付着させる脂肪を加水分解したもののことです。
「ビートパルプ」は、甜菜から糖分を抽出したあとのものです。

添加物一覧


ドッグフードにはさまざまな添加物が含まれていることは、あまり知られていません。
愛犬の健康を守るためにも、どんなものが含まれているのか知っておくことは大切です。
ここでは含まれることが多いものを紹介します。

プロビレングリコール

プロビレングリコールは半生タイプのフードによく含まれているもので、カロリー源や制菌作用、保湿作用といった目的で用いられます。
臨床実験では犬への影響は確認されませんでしたが、猫に与えるのは避けるべきだと言われています。

エトキシキン

エトキシキンは本来はゴムをつくることを目的に開発されたもので、枯れ葉剤の酸化防止剤としても用いられたと言われています。
抗酸化作用が高く少しであれば健康に影響はないという説もありますが、それを証明するための根拠は現状ではありません。
健康になんらかの問題をもたらす可能性があるため、人間向けの食品への添加は禁止されています。

ブチルヒドロキシアニソール

ブチルヒドロキシアニソールは石油油用の抗酸化剤としてつかわれてきましたが、現在では食品添加物として用いることが認可された添加物です。
乾燥裏ごし芋や魚介塩干品、魚介乾燥品、バター、油脂、チューインガム、魚介冷凍品、鯨冷凍品などに用いられています。
しかし、アメリカでの実験では甲状腺がんや膀胱がん発症のリスクが指摘されています。

亜硝酸ナトリウム

亜硝酸ナトリウムは赤色着色料もしくは保存料としてつかわれる添加物です。
化学反応によって肉の黒ずみを防ぎますが、食肉や魚肉、魚卵などに豊富に含まれるアミンという物質と体内で混じることで、ニトロソアミンという発がん物質を生じさせるという弊害があります。

グリシリジン・アンモニエート

グリシリジン・アンモニエートは甘味料として用いられますが、安全性が確認されているわけではありません。
人間向けの食品への使用は認められていない添加物です。

合成調味料

合成調味料は強い風味をもち犬の食欲を刺激する添加物で、それぞれのメーカーが合成して付加しています。
どんなものが入っていて、安全性に問題がないか確認することはむずかしいとされています。

表示義務項目やその意味


ドッグフードの表示義務は以前はありませんでしたが、2009年にペットフード安全法が施行されて以降はいくつかの項目の表示が義務づけられるようになりました。
ここでは表示が義務づけられている5項目について紹介します。
ドッグフードを選ぶ際の参考にもなるので、よく知っておくようにしましょう。

表示義務項目

フードの名称は、ドッグフードなどの動物向けのフードなのかを明確にしておくために表示が義務づけられています。
賞味期限もそのひとつで、人間の食品のように安全に食すことができる期間を示します。
賞味期限は未開封の状態のものなので、開封後はできるだけ早く食べきる必要があります。
また、賞味期限がメーカーによって決められる場合は、3年を超えないようにすることが義務づけられています。
原産国名は加工工程の最終段階を行った国を示しています。
たとえば、原材料が外国だったとしても、加工が日本で行われている場合は、原産国は日本ということになります。
原材料名はドッグフードに含まれる原材料について、用いた量が多いものから記載されています。
原材料名では添加物についても、記載することになっています。
業者名や所在地は、ドッグフードを生産した企業名称と、その所在地の記載です。
製造者や販売者、輸入者など事業の種類も明記することが義務づけられています。

表示義務の意味

表示義務が生まれてから、原材料の多くを確認することができたため、愛犬により安全なものを食べさせることができるようになりました。
できるだけ安全なものを食べさせたいという飼い主のニーズが高まったことから、ペットフードを生産する企業もより安全性の高いフードをつくるようなったというのもメリットと言えます。
ただし、原材料がすべて表示されているからといって、どれもが安全性が高いとは言えません。
添加物を中心に、体に悪影響を及ぼす可能性のあるものが含まれている恐れがあるので、きちんと確かめることが大切です。

ペットフード公正競争規約とは


ペットフード公正取引協議会では消費者保護と公正な競争の確保を目的として、独自にルールを設定しています。
それが、公正競争規約というものです。
ここでは、おおまかな内容を紹介します。

フードの目的

フードの目的について公正競争規約では、わかりやすく分類しています。
ひとつ目が「総合栄養食」で、ペットが必要とする栄養基準をクリアした、日々の主要な食事と定義されています。
新鮮な水とともに食べさせることで、各成長段階に応じた健康維持が可能となるよう、優れた栄養バランスでコントロールされています。
「スナック」はいわゆるおやつのことで、それ単体で栄養素を補うことはむずかしいとされています。
「その他の目的」は嗜好を満たす、カロリー補給、栄養の調整などのためのペットフードを指します。
総合栄養食には含まれないため、補うための食事内容や量などを記す必要があります。
一般食、栄養補完食、カロリー補完食、副食、特別療法食といった表記であらわされます。

給与方法

犬の体重を考慮し、一食あたりどれくらい与えるべきか示します。
ペットに餌を与えるのは朝晩2回が推奨されますが、これは空腹時間が長いと嘔吐の原因となったり、体が飢餓状態と錯覚して脂肪を蓄積しやすくなったりする恐れがあるからです。
こういった懸念に考慮して記されたのが、「給与方法」です。

成分

成分は保証分析値とも呼ばれています。
粗タンパク質・粗線維・粗灰分・水分・粗脂肪の含有量がどれくらいか記載されています。
「粗」という言葉がついていますが、おおよそという意味でとらえておけばいいでしょう。
計算や計測がむずかしい数値の場合、こういった表記が用いられることがあります。

内容量

言葉そのままの意味で、フードがどれくらい入っているかを示します。
フードの賞味量がリットルやミリリットル、キログラム、グラムといった単位であらわされています。
スティック状や丸い形状のおやつの場合は、本や個といった単位で示されている場合もあります。

水分含有量による分類


ドッグフードは特定の基準によって分類することができますが、そのひとつが水分量です。
同じフードばかり犬に与えていると、飽きて食が進まなくなることもあります。
それを防ぐため、さまざまな種類のフードを与えるようにするといいでしょう。

ウェットタイプ

フードに含まれる水分量が75%以上のものを、ウェットタイプと呼びます。
肉の食感を感じやすく、かおりも色濃く残っているので、犬の食欲を刺激して食が進みやすくなります。
ただし、ほかのフードと比べて、価格が少し割高となっています。
さらに食べかすが口内に付着しやすいため、口臭や歯石の原因となるというデメリットがあります。
犬の歯周病は歯の表面などで最近が毒素を生み出し、骨や歯茎を炎症状態にする病気を言います。
歯周病を防ぐためには、ウェットタイプばかり与えるのではなく、いろいろなタイプのフードを与えたほうがいいでしょう。
開封後はできるだけ早く食べきる必要がありますが、残ってしまったらラップなどをして冷凍保存します。

セミモイストタイプ

フードに含まれる水分量が25~30%の未発砲のものを、セミモイストタイプあるいは半生と呼びます。
品質の劣化を防ぐため、防かび剤や砂糖などが添加されています。
さらに、水分を保持することを目的に、湿潤調整剤が含まれている場合もあります。
水分の量が同等であっても、加熱発砲処理がされているものに関してはソフトドライと呼び、セミモイストタイプとは区別されます。

ドライタイプ

フードに含まれる水分量が10%以下のものを、ドライタイプと言います。
含まれる水分が13%以上となると、カビが発生しやすいくなるため、12%以下を維持する必要があります。
よりカビなどが発生しにくくするために、含まれる水分を10%以下に設定しているメーカーがほとんどです。
1度でも袋を開けると少しずつ酸化してしまうため、直射日光があたらない場所で密閉して保存するようにしましょう。

こんな記載があると怪しい


ドッグフードのパッケージには、原材料などのほかにさまざまな内容が記載されている場合があります。
なかには消費者の誤解を招くような書き方をしているものもあるので、十分に注意するようにしましょう。
ここでは誤解を招きやすい表現をいくつか紹介します。

AAFCOの認定

AAFCOは全米飼料検査官協会のことで実在の協会ですが、ドッグフードの検査機関というわけではありません。
実際はドッグフードの栄養学的見地からの検査方法や基準値を公表しているだけなので、承認や認定などの言葉がつかわれている場合は要注意です。

総合栄養食

国際総合栄養食であれば、「この商品は、ペットフード公正取引協議会の定める給与試験の結果、総合栄養食であることが証明されています」 もしくは「この商品は、ペットフード公正取引協議会の定める分析試験の結果、総合栄養食の基準を満たすことが証明されています」 といった表現で記載されているはずです。
こういった表記が見あたらない場合は、ペットフード工業会に未所属、もしくは所属していても規律を守っていないということになります。

自然派フード

「ナチュラル」「新鮮」「生」「自然」などの表現を用いている場合、注意が必要です。
ドッグフードは加工されのちに販売されているため、そういった表現はふさわしくないと言えます。

特選や特級

「特選」や「特級」などの表記は客観的な根拠が皆無なので、消費者に誤解を与えやすい表現と言えます。
同様の理由で、「~の推奨」「受賞」といった表現もよくないとされています。

病気への効果

医薬品医療機器等法ではなんらかの病気を予防する、あるいは効果があるといった表現をすることが禁じられています。
ドッグフードは医薬品や医薬部外品には分類されていないため、こういった表記は法律に違反していると言えます。

分割表記

同じ成分であるのに異なる表現を用いて、いくつかに分けて表記しているものを分割表記と言います。
ペットフード工業会に所属している企業であれば、ドッグフードの成分は含有量が多い順番に80%まで記載しています。
分割表記している場合は、メーカーになんらかの意図があるということなので、注意が必要です。

愛犬のフードを手作りするポイントや食材


愛犬に既製品ではなく、自分でつくったフードを与えたいと考える飼い主が増えています。
手作りフードの1番のメリットは、なんといっても安全性の高いものを飼い主の手で選んで与えられるという点です。
ただし、自己流で行うと思わぬトラブルが起こることもあるので、犬に必要な栄養素を把握しておくことが大切です。

手作りフードのポイント

犬に与えるものを手作りする場合は、エネルギー減であるカロリー、そして体のコンディションを整えるミネラルやビタミンをバランスよくとるということを念頭に置く必要があります。
愛犬の体の状態を把握しておくことも大切で、体調や体質に合わせてフードをつくることで体質改善の効果が期待できます。
市販のドッグフードには保存料などが配合されているため、アレルギーを起こすリスクがあります。
手作りフードは原材を選び、それをもとに調理するため、安全性を高めることができるのです。

手作りフードでつかいたい食材

まず必須となるのが、エネルギー源となる炭水化物です。
食パンやパスタ、うどん、精白米、さつまいも、じゃがいもなどに含まれるため、これらの食材をフードに取り入れるといいでしょう。
ただし、食パンなど塩分が多く含まれるものもあるので、バランスを考える必要があります。
たんぱく質も、犬の健康に欠かせない栄養素です。
牛肉や豚肉、鶏肉、ラム、馬肉など肉類から摂取するのが一般的です。
余分な脂身や骨は除去して、加熱してから与えるようにしましょう。
脂質は、オリーブオイルやごま油、ひまわり油、コーン油、綿実油、紅花油、紅花油、菜種油などから摂取可能です。
それぞれ含まれる栄養素などが異なるので、全体の栄養バランスをみて足りないものを補うようにしましょう。
各種ビタミンは体調を整えるためには欠かせない栄養素ですが、脂溶性ビタミンは過剰症があるため、摂りすぎにも注意する必要があります。
肉類や野菜などをフードに加えて、バランスよく摂取できるようにするのがポイントです。
ミネラルはエネルギー源にはなりませんが、健康を保つためには必要な栄養素です。
海藻や卵、野菜などから摂取させるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事

犬の心の病気 | 症状・原因・治療など

分離不安 『分離不安(ぶんりふあん)』というのは、犬の精神的な病のひとつで、その名の通り、

記事を読む

マ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

マスティフ 『マスティフ』というのは、イギリス原産の犬種で、もの静かで観察力に優れ、いつでも沈

記事を読む

ヤ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

ヨークシャー・テリア 『ヨークシャー・テリア』というのは、イギリス原産の犬種で、ヨーロッパの上

記事を読む

犬の口の病気 | 症状・原因・治療など

歯周病 『歯周病(ししゅうびょう)』というのは、犬の歯の表面などで細菌が毒素を作り出し、その結

記事を読む

サ行のワンちゃん>性格・飼い方・特徴・注意点など

サセックス・スパニエル 『サセックス・スパニエル』というのは、イギリス原産の犬種で、一度は絶

記事を読む

猫の種類・性格・飼い方・特徴・注意点など>ま行の猫

マンクス 『マンクス』というのは、イギリス原産のネコなのですが、そのルーツは未だに謎につつまれ

記事を読む

猫の爪とぎの理由と問題点としつけ方、防ぎ方

猫が爪をとぐのは本能的な行動で、程度の差はあるものの多くの猫に見られます。 なぜ猫は爪をとぐの

記事を読む

猫の毛の管理について 注意点、ノミ対策、ブラッシング

ホームセンターやペットショップに行くと猫用のシャンプーが売られていますが、実際に猫にはシャンプー

記事を読む

猫を飼い始める前に知っておきたい必要な費用とは

猫を飼い始める前に知っておきたい必要な費用とは 最近のペットブームを受けて、さまざまな動物を飼

記事を読む

犬の殺処分を減らしたい

飼い主が犬を捨てる理由とは・・・ 道端や公園などで、犬が捨てられているのをよく見かけます。

記事を読む

ツインバード ミラーデザインシリーズの特徴や感想

ツインバードから、よりお部屋のインテリアにマッチして、なおなお上品

ツインバード フローズンスィーツメーカー『LULUNA』の特徴や感想

ツインバードから、ゆったりとした夜を味わう新ブランド『LULUNA

ツインバード ジェットサイクロン フキトリッシュNEOの特徴や感想

掃除機で、たぶんゴミは吸い取りきれているけど、足の裏がなんかベタつ

ミヨシ石鹸 素足キレイ泡せっけんの特徴や感想

シトラスミントのニオイが、足の指先からスキッとさせるいい感じです。

iRobot ブラーバの特徴や感想

素足で家の中に入ると、床のざらつきが、意外と気になりませんか。

→もっと見る

PAGE TOP ↑