ブランデーの歴史、製法、種類、産地、銘柄、カクテルのまとめ

公開日: : 最終更新日:2015/12/25 お酒

ブランデーについて

ブランデーとは、ブドウなどの果実を原料にして、発酵、蒸留によって造られた蒸留酒のことです。
つまり果実酒から更に蒸留を行って、蒸留酒に造っていることになります。
従来ブドウから造った場合はブランデーと呼んで、他の果物から造ったものと区別していましたが、現在はすべて同じ名称となっています。
生産国や生産地方によって種類が違い、有名な名称のものもあります。
よくウィスキーと混同してしまう人がいますが、ウィスキーは穀物類を穀物類を糖化し、発酵させた蒸留酒です。
つまり原料からして別のもの、ただし蒸留酒という点では同じものになります。
日本ではお酒を上手に飲むことで百薬の長にすることができるとされており、ブランデーに関しても同じことが言えます。
フランスではオードビーという名称で呼ばれて、名前の由来は「命の水」であり、ウィスキーと同じ由来ということになります。
理由は長期熟成させる際に使われる樽材に秘密があり、長期間熟成させている間に樽材剤からポリフェノールが染み出してきて、綺麗な琥珀色に染め上がるからです。
ポリフェノールは近年健康効果が分かってきた成分であり、具体的には動脈硬化、脳梗塞などを防ぐ抗酸化作用に優れていることが知られています。
美容効果にも優れており、ポリフェノールに含まれるエラグ酸には美白効果が期待出来ます。
同時に老化予防やがん細胞の抑制、糖尿病への効果もあります。
また飲み方の種類が豊富なことでも知られており、好きな飲み方を選べます。


ブランデーの歴史について

ブランデーの歴史は古いようで新しく、原型となったものが造られ始めたのは7世紀から8世紀のスペインだとされています。
この当時はフランスで「ヴァン・ブリュレ(焼いたワイン)」という名前で呼ばれていました。
更に12世紀のイタリア、南フランス、スペインにおいて徐々に広まり始めました。
ワインを蒸留することで蒸留酒を造るという形式は一致しており、少しずつ現在の造り方が定まってきました。
有名なフランスのコニャック地方では16世紀から造られ始めており、フランス中に広まる勢いで流行し始めたのもこの頃です。
そのため時のルイ14世がフランスのブランデーを保護する法律を作り、フランス以外の宮廷に取り入れられるようになったことで、本格的に広がり始めています。
その後「王侯の酒」と呼ばれるほどの地位を獲得したのも、この当時の法律が有効に働いたからでしょう。
本格的な樽醸成が行われるようになったのは19世紀前半からとされていて、この頃になるとイギリス・ロンドンの上流階級まで浸透しています。
19世紀末になると、日本にもブランデーの製造法が伝えられるようになって、オランダ留学した日本人が帰国後に製造法を伝えています。
もちろんすぐに日本中に伝わったわけではありませんが、その後数世紀をかけてじっくりと日本にも浸透していきます。
そして現代、世界中で愛されるお酒として、カクテルのベースとしても愛されており、料理のフランベとしても使われています。

ブランデーの製法について

ブランデーの製法はウィスキーとよく似ており、もともとワインを蒸留して濃度を高いお酒を造ろうとしたところから始まります。
そのため製造法を一言で説明すれば、ワインを蒸留するだけということになります。
もう少し細かく言えば、原料となるブドウを用意しますが、この時点で糖分が少なく、酸味が強いブランデー用のブドウが選ばれます。
ブドウの種類によって、実際に出来る味が異なるため、地方ごとに原料が違います。
ブドウをまず絞り過ぎないように軽く絞り、綺麗な果汁だけを圧搾して取り出したら、低温でじっくりとゆっくりと発酵させます。
発酵にはブドウの果皮についている酵母だけで自然に発酵可能ですが、純粋培養酵母を使って発酵させる場合もあります。
この時使われる酵母の種類、発酵の状態によって、出来上がりの個性が決まってきますから、慎重に発酵させなくてはなりません。
次に蒸留について、蒸留は大まかに単式蒸留法、半連続式蒸留法、連続式蒸留法の3種類があります。
この3種類のどれか1種類、もしくは何種類かを組み合わせることで蒸留することになっています。
そして貯蔵、蒸留したばかりの原種は無色透明、しかも若々しすぎて市販品には向いていません。
そこで樽の中で貯蔵し、熟成させる必要があります。
この時使われる樽材の成分がブランデーに大きな影響を与えて、健康や美容に影響を与えるポリフェノールが移っていきます。
最終的に出来たブランデーをブレンドすることで、個性が決定されます。

ブランデーの有名な銘柄について

ブランデーの有名な銘柄と言えば、ヘネシー、レミーマルタン、カミュが代表的です。
ヘネシーはおそらくブランデーの中で最も一般受けしやすく、美味しく飲めるため、人気が高く、有名な銘柄として知られています。
味に癖がなく、ブドウの味が純粋に楽しめるため、男女関係なく人気が高いのです。
また品質が高いためかいくら飲んでも二日酔いにならず、悪酔いしないというメリットがあります。
人によってはヘネシーしか呑みたくないという人もいるくらいで、人気の高さでは恐らく断トツとなることでしょう。
レミーマルタンは呑みやすいことで有名な銘柄で、下戸の方でも呑みやすく、喉越しが良いという特徴があります。
ストレートで呑むのがお勧めとなっており、甘口ではなく辛口の銘柄なので、大人向けとなっています。
そしてカミュは恐らく日本人の舌に最も合う銘柄のブランデーで、初めて飲むならカミュがお勧めです。
風味が柔らかく、味と値段のバランスが取れているため、適度な値段でお酒を楽しみたいという方にお勧めとなっています。
初心者向けの味なので、成人して初めて飲むお酒にはぴったりなのです。
これらはブランデーの中でも老舗のメーカーが作っている銘柄なので、同じ銘柄でも何種類かあります。
バーや居酒屋など、お酒の専門家の方に聞いてみると、お勧めの銘柄を教えてもらえます。
これから先お酒と付き合っていく新社会人なら、先輩に甘えて美味しい銘柄を堪能してみるのも良いでしょう。

ブランデーのカクテルについて

ブランデーのカクテルには、ショート・ドリンクタイプとロング・ドリンクタイプとがあります。
ショート・ドリンクとは短時間で一気に飲み干すためのカクテルで、アルコール度数は高め、量は少なめという特徴があります。
ショート・ドリンクの有名どころには、サイドカー、スティンガー、オリンピックなどがあります。
サイドカーはベースのブランデー3分の1、コアントロー3分の1、レモンジュース3分の1で造るカクテルです。
スティンガーはベース3分の2、クレームドメンテ(ホワイト)3分の1で造るカクテルで、皮肉屋という意味のとおり、刺激が舌を刺すのが特徴的です。
オリンピックはベース3分の1、オレンジキュラソー3分の1、オレンジジュース3分の1で造るカクテルです。
名前の由来は1900年のパリ・オリンピック記念で作られたことで、オリンピックの前夜に飲む習慣があります。
オレンジが爽やかで、スポーツを楽しんだ後に飲むのが似合う、まさしく名前にぴったりのカクテルなのです。
一方ロング・ドリンクとは時間をかけてゆっくりと飲むためのカクテルです。
有名どころにはブランデー・エッグ・ノッグがあり、ベースとラム(ダーク)、卵、砂糖、牛乳、ナツメグなどを使って造ります。
現在パーティドリンクとして世界中で親しまれているドリンクで、ロング・ドリンクのカクテルとしてはかなり飲みやすい部類に入ります。
卵とミルクが入っているため、疲労回復、栄養ドリンクとして有効に働くという特徴を持ちます。


スポンサーリンク

関連記事

suimin

寝付けないをお酒で解消できるのか?

日本人のアルコールの摂取量はほかの国と比べると、かなり少ない方だといわれています。 しかし

記事を読む

arutyu

アルコール依存症について

アルコール依存症は、薬物依存症の一種です。 飲酒などアルコールの摂取によって得られる精神的

記事を読む

rum

ラム酒の歴史、製法、種類、産地、銘柄、カクテルのまとめ

ラム酒について ラム酒は、サトウキビを原料として作られるお酒で、西インド諸島原産の蒸留酒になり

記事を読む

syocyu1

主な焼酎産地と代表的な銘柄のご紹介

鹿児島の焼酎と主な銘柄について 鹿児島県で生産されている焼酎は、その大半が「芋焼酎」で、奄美大

記事を読む

kettochi

酒と血糖値の関係について

お酒はカロリーが高そうなので、飲むと血糖値が上がるとイメージされる方も多いかもしれません。

記事を読む

wine3

ワインの基礎知識 | ワイン好きなら知っておきたい基本の基本

ワインについて ワインは、主に葡萄を発酵させて作られたお酒の一つというのは、皆さんご存知ですよ

記事を読む

kaki

「柿は二日酔いの予防や悪酔いに効果的か」について

「柿」は二日酔いの予防や悪酔いの予防に効果があると言われています。 昔から「柿が赤くなると

記事を読む

kioku

酒を飲み過ぎると記憶が飛ぶのはなぜ

お酒を飲んだ翌日に朝起きてみたら酒席の途中からの記憶が全くないのに、家にきちんとたどり着いていた

記事を読む

kanzou

酒と肝臓の関係について

お酒を飲むにあたって、一番気になるのが肝臓。 肝臓に関する病気など、飲酒とは切っても離せな

記事を読む

otoso

「御屠蘇」について

お屠蘇とは、正月に一年間の邪気を払って長寿を願うために飲むお酒です。 悪鬼を屠り魂を蘇生さ

記事を読む

zojirushi-kiwamehagama-jpg
象印 炊飯ジャー 極め羽釜の特徴や感想

♪はがまのごはん?と尾野真千子が鼻歌ったり、今更ですが、はがまもり

zojirushi-tukitate
象印 精米器 つきたて風味の特徴や感想

お米は、研ぐ前ぎりぎりのつきたてで炊いた方が絶対おいしいごはんがで

4-21-2
日本三大金魚生産地>大和郡山市、弥富市、江戸川区

観賞魚の金魚を飼ったことがある人、いま飼っているという人は多いでし

メディウェル
メディウェルの詳細・特徴・口コミ

メディウェルは、東京証券取引所一部に上場している株式会社アインファ

40-11-9
日本三大葱>下仁田ねぎ、岩津ねぎ、博多万能ねぎ

日本国内にはたくさんの日本三大○○がありますが、葱(ねぎ)にも三大

→もっと見る

PAGE TOP ↑