ワインには色々な種類(製法)が有ります。それぞれの特徴とは・・・

公開日: : 最終更新日:2015/12/25 お酒, ワイン

スティルワイン(非発泡性ワイン)の特徴とは・・・

スティルワインは、葡萄を発酵させる際に出る炭酸ガスが含まれていない、非発泡性のワインです。
一般的に「ワイン」と言うと、このスティルワインを指すことが多く、食事の時に飲まれる最も基本的なワインでもあります。
テーブル(食卓)ワインとも呼ばれており、「ワイン」と聞いて多くの人が想像する「泡の立たない静かな」ワインのことです。
「スティル(still)」とは「静かな」という意味を表しており、発泡性のシャンパンやシェリー酒のような酒精強化ワインと区別する際に表現されます。
このスティルワインの起源は非常に古く、古代エジプト時代には、既にかめで製造されていたと言われています。
ワインはその年によって出来・不出来が違ってきますが、当時は既に何年のワインといったように分類していたようです。
スティルワインのアルコール度数は15%未満であり、同じスティルワインでも原料となる葡萄の品種や製造法によって、赤ワイン、白ワイン、ロゼワインに大きく分類され、いずれのテイストにも甘口や辛口などがあります。
赤ワインは、皮も種も一緒に発酵させるため、濃い赤色で渋みが強いのが特徴となっていますが、二次発酵を経てまろやかに仕上がります。
白ワインは、皮と種を取り除いて、残った果汁だけを発酵させるため、赤ワインよりもフレッシュでマイルドなものが多いです。
また、ロゼワインは、発酵過程で皮と種を取り除くので、赤ワインよりも淡い色をしており、渋みも強くありません。
中には、赤と白をブレンドさせたロゼワインもあります。

スパークリング・ワイン(発泡性ワイン)の特徴とは・・・

スパークリング・ワインは、炭酸ガスを含む発泡性ワインの総称です。
一般的には3気圧以上のものを指しますが、それ以下のものは弱発泡性ワインと区別されています。
シャンパーニュやカバ、スプマンテなどのように、国や産地、製造法によって呼び方が異なるのも特徴です。
スパークリング・ワインの代表とも言える「シャンパン」は、フランスのシャンパーニュ地方で製造されたAOCワイン(原産地呼称統制ワイン)独自の名前です。
また、シャンパーニュ地方の中でも、特定の地域と特定の品種を用いたもので、その栽培法や醸造法なども、厳しいAOC規定に基づいて生産されています。
そのため、フランス国内で製造されていても、この規定外のスパークリング・ワインは「シャンパン」と名乗ることはできないのです。
この事情を日本ではよく知られていないためか、シャンパン以外のものでも、発泡性のワインであれば疑うことなくシャンパンと呼びがちですが、実際は、スパークリング・ワインや弱発泡性ワインなどと呼ぶことになります。
スパークリング・ワインには、大きく分けて「トラディショナル方式」「シャルマ方式」「トランスファー方式」の3つの製造法があります。
「トラディショナル方式」は、最も手間とコストがかかる方法なので、最高級のスパークリング・ワインに用いられています。
「シャルマ方式」は、短期間で製品化できるうえ、一度で大量に生産できるので、コストをかけずに製造することが可能です。
これらの他にも、途中からの発酵を瓶内で行う「メトード・リュラル方式」や、瓶詰めされたワインに炭酸ガスを入れる「炭酸ガス注入方式」などがあります。

フォーティファイド・ワイン(酒精強化ワイン)の特徴とは・・・

フォーティファイド・ワインは、スティルワインの発酵途中や発酵後にブランデーなどを加え、アルコール度数を高めたワインです。
アルコール強化ワインや酒精強化ワインとも呼ばれており、ワインにコクが出るだけでなく、保存性も高くなるという特徴があります。
代表的なものには、ポルトガルの「ポートワイン」や「マディラワイン」、スペインの「シェリー」などがあります。
ポートワインは、発酵途中にアルコール度数が77度以上のブランデーを注入したもので、一度開けても風味が損なわれないため、ゆっくりと味わうことができるのが大きな魅力となっています。
また、マディラワインは、ポルトガル領のマディラ島で製造されることにちなんで名づけられました。
その製造過程は特殊で、葡萄果汁の発酵過程でブランデーを加えて樽詰めした後、30~50℃の乾燥炉で熟成させるといったものです。
スペインのシェリーは、樽詰めされた熟成ワインに次々に新しいワインをブレンドしていく、「ソレラシステム」という方法によって貯蔵熟成され、均一なワインに仕上げられます。
これら3つは「世界三大フォーティファイド・ワイン」と呼ばれており、世界中で親しまれていますが、これらの他にも、スペインの「マラガ」、イタリアの「マルサラ」、フランスの「VDN」や「VDL」などがあります。
フォーティファイド・ワインには、赤ワインや白ワイン、甘口や辛口など様々なタイプのものがありますが、一般的には、赤ワインや甘口のものは食後のデザートワインとして、白ワインや辛口ものものは、食前酒として親しまれており、低価格なものは料理酒として用いられることもあります。
基本的に、一般的なワインよりもアルコール度数が高いので、一度開栓しても品質がすぐに劣化することも少なく、1本をゆっくり味わうことができるでしょう。

フレーヴァード・ワイン(アロマタイズドワイン/香味付けワイン)の特徴とは・・・

フレーヴァード・ワインは、スティルワインに香草や果汁、はちみつなどの甘味料をブレンドし、独特の風味を持たせたワインです。
主に食前酒(アペリティフ)として親しまれたり、カクテルの原料などに活用されています。
フレーヴァード・ワインは、「アロマタイズド・ワイン」「香味付けワイン」などと言われることも多いようです。
代表的なものには、イタリアの「ヴェルモット」や、スペインの「サングリア」などが有名です。
ヴェルモットは、香草系の中でもポピュラーな一種で、爽やかな苦味があるのが特徴です。
白ワインをもとにブランデーを加え、アンゼリカ、肉桂、ビターオレンジの皮、コリアンダー、丁子などおよそ20~40種類以上の香草で混ぜて風味を持たせています。
ヴェルモットは、イタリア北部のビエモンテ地方が代表的な産地として知られており、食前酒として飲まれたり、マティーニなどのカクテルに用いられるなど幅広く使用されています。
スペインのサングリアは、多くのスペイン国民に親しまれているフレーヴァード・ワインで、スペインの国民酒とも言われています。
スペイン産のワインをベースとして、オレンジやレモンなどのフレーバーを加えたワインで、一口大にカットしたオレンジやレモン、バナナ、リンゴなどとシナモンを少し加えることもあります。
つまり、ヴェルモットが香草系の代表的フレーヴァード・ワインだとすれば、サングリアは果汁系の代表と言うことができるでしょう。
これらフレーヴァード・ワインは比較的アルコール度数も低いので、爽やかな味わいで飲みやすくなっています。


スポンサーリンク

関連記事

主な焼酎産地と代表的な銘柄のご紹介

鹿児島の焼酎と主な銘柄について 鹿児島県で生産されている焼酎は、その大半が「芋焼酎」で、奄美大

記事を読む

「お酒を飲むと「いびき」がひどくなる理由について

普段はいびきをまったくかかない人でも、お酒を飲んだ日の夜に限って、いびきの症状がひどくなるという

記事を読む

「どぶろく」について

どぶろくとは、濁酒あるいは濁醪と書き、字の通り白く濁ったお酒です。 炊いた米に米麹や酵母な

記事を読む

日本酒の種類 | 大吟醸酒、吟醸酒、原酒、生酒などの基準や特徴

日大吟醸酒とは 大吟醸酒とは、吟醸酒のうち、精米歩合50%以下の白米を原料として製造し、固有の

記事を読む

「御屠蘇」について

お屠蘇とは、正月に一年間の邪気を払って長寿を願うために飲むお酒です。 悪鬼を屠り魂を蘇生さ

記事を読む

ビール腹の原因はビールの飲み過ぎか

気になるおなか回りの原因が、習慣的なビールであると感じている人は多いです。 ビール腹という

記事を読む

「酒風呂」の効果・効能

「酒風呂」とは、浴槽に日本酒などのお酒を入れるだけという、自宅で簡単に行える入浴法の1つです。

記事を読む

焼酎の製造に欠かせない麹について

焼酎の麹について 『麹(こうじ)』とは、米や麦、大豆などの穀物に、食品を発酵させるのに適した「

記事を読む

お酒が「強い」「弱い」の違いについて

お酒が強い、弱いといった人がいますが、その違いとはなんでしょうか?通常、お酒を飲んだ時に体内に吸

記事を読む

男と女ではお酒がどっちが強いのか

男の人と女の人のどちらがお酒に強いかといえば、世間には弱い男の人もいれば、強い女の人もいて、ここ

記事を読む

ツインバード お茶ひき器 緑茶美採の特徴や感想

お茶は丸ごと摂取できる健康食品です。 お茶にして飲むだけではもっ

ツインバード サービス紹介~会社紹介

ツインバードは、ホームセンターや量販店での販売だけの会社ではありま

シャープ スロージューサーの特徴や感想

果物は、おいしくて栄養があるけれど、どうしても一回に食べられる量に

シャープ 電気無水鍋の特徴や感想

素材の味がそのままするお料理が食べられたら、子供たちの好き嫌いもな

ツインバード ワイアレスドアスコープモニター ワイアレステレビドアホンの特徴や感想

今の世の中、ピンポンが鳴ったからと言って気軽にドアを開けることはで

→もっと見る

PAGE TOP ↑