「酒は百薬の長」について

公開日: : お酒, 酒コラム


「酒は百薬の長」という言葉がありますが、これは本当でしょうか?もともとこの言葉は、適量のお酒はどんな良薬よりも効果があると、お酒を賛美した言葉です。

酒は緊張をほぐしたり気分を良くしたりするので、適度に飲む酒は薬にも勝るということで、漢を簒奪した王莽が、酒を称えて言った言葉となっています。

『漢書・食貨志下』には「夫れ塩は食肴の将、酒は百薬の長、嘉会の好、鉄は田農の本」とあります。

要するに「塩は食事の将軍、酒は百薬の長でありめでたく喜ばしい集まりに好まれ、鉄は農業に欠かせない」という意味でしょう。

酒を良いとするには「適量ならば」という条件をつけた上で解釈するべきですが、しかしこの言葉はしばしば酒飲みが酒を賛美して自己弁護にも使われています。

かの『徒然草』には、「百薬の長とはいへど、よろづの病はさけよりこそおれ」とあるので、やはり手放しで喜ぶものではないものなのです。

この言葉通りの健康法として実践したいなら、何よりもお酒の適量を知っていることが大切です。

例えば、日本人に多い脳梗塞は、飲酒経験がある人の方が少ないといわれています。

アルコールで血栓を作る血小板の機能が落ちるので、脳梗塞のリスクが減るのです。

その他にも、総死亡率で言うと、飲酒しない場合と比較して、日本酒換算で3合までの飲酒の習慣がある人は死亡率が低下し、4合を越えて飲酒する習慣がある人は増加する傾向があります。

やはり何事も量が肝心なのだということなのでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

unten

飲酒運転の罰則について

お酒を飲んで運転をする、飲酒運転は道路交通法第六十五条の第一項から第四項で禁止されており、これに

記事を読む

wine2

ワインには色々な種類(製法)が有ります。それぞれの特徴とは・・・

スティルワイン(非発泡性ワイン)の特徴とは・・・ スティルワインは、葡萄を発酵させる際に出る炭

記事を読む

kioku

酒を飲み過ぎると記憶が飛ぶのはなぜ

お酒を飲んだ翌日に朝起きてみたら酒席の途中からの記憶が全くないのに、家にきちんとたどり着いていた

記事を読む

sakeburo

「酒風呂」の効果・効能

「酒風呂」とは、浴槽に日本酒などのお酒を入れるだけという、自宅で簡単に行える入浴法の1つです。

記事を読む

kikizake

「利き酒師と言う資格」について

「利き酒師」とは、民間の団体である日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会が、資格認定を行なってい

記事を読む

kanzou

酒と肝臓の関係について

お酒を飲むにあたって、一番気になるのが肝臓。 肝臓に関する病気など、飲酒とは切っても離せな

記事を読む

rum

ラム酒の歴史、製法、種類、産地、銘柄、カクテルのまとめ

ラム酒について ラム酒は、サトウキビを原料として作られるお酒で、西インド諸島原産の蒸留酒になり

記事を読む

nihonsyu1

日本酒の種類 | 大吟醸酒、吟醸酒、原酒、生酒などの基準や特徴

日大吟醸酒とは 大吟醸酒とは、吟醸酒のうち、精米歩合50%以下の白米を原料として製造し、固有の

記事を読む

otokot-onna

男と女ではお酒がどっちが強いのか

男の人と女の人のどちらがお酒に強いかといえば、世間には弱い男の人もいれば、強い女の人もいて、ここ

記事を読む

kettochi

酒と血糖値の関係について

お酒はカロリーが高そうなので、飲むと血糖値が上がるとイメージされる方も多いかもしれません。

記事を読む

ネオテクト
ネオテクトの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

ネオテクト薬用マイクロデオドラントクリームとは、株式会社ヴィジョン

FRESHU(フレッシュー)
FRESHU(フレッシュー)の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【FRESHU(フレッシュー)】が解決! 男のニオイの原因① ~

ファルマスタッフ
ファルマスタッフの詳細・特徴・口コミ

ファルマスタッフは薬剤師の転職をサポートしているサイトであり、日本

ヤクステ
ヤクステの詳細・特徴・口コミ

ヤクステは、株式会社グローアップが運営している薬剤師専門の転職支援

1615-5
パナソニック『けむらん亭』の特徴や感想

魚を焼いた時のニオイ、焼き肉をした時のニオイって困りますよね。

→もっと見る

PAGE TOP ↑