お酒が「強い」「弱い」の違いについて

公開日: : 最終更新日:2015/12/25 お酒, 酒コラム


お酒が強い、弱いといった人がいますが、その違いとはなんでしょうか?通常、お酒を飲んだ時に体内に吸収されたアルコールが分解されるときには、途中でアセトアルデヒドという毒性の高い物質が作られます。

そんなアセトアルデヒド、日本人の中にはアセトアルデヒド脱水素酵素がよく働く人、働きが弱い人、まったく働かない人の3種類が存在します。

酵素がよく働く人は酒に強く、働きが弱い人は酒にやや弱く、まったく働かない人はいわゆる「下戸」となります。

このよく働く、働かない、は遺伝子によって決まっており、日本人は半分がよく働く遺伝子を持っています。

残りの半分はそれぞれ働かない、または働きが弱い人です。

また、お酒に飲み慣れているということでも強い、ということはありますが、そういった人はアルコール依存症になりやすかったり薬が効きにくかったりするので注意しましょう。

薬物に対する感受性でもお酒に対しての強さがわかります。

薬の効きやすさは、人によって違います。

アルコールも麻酔作用がある薬物なので、薬や麻酔などが効きすぎてしまう体質の人は、アルコールの感受性が高い、つまりお酒に弱い可能性があります。

体格が大柄な人は、血液や筋肉などの量が多いために、同じ量のアルコールを摂取しても血中アルコールの濃度が低く保たれるので、お酒に強い傾向があります。

ちなみに、太っている人の場合は、脂肪分が多くても血液量が増えるわけではないので、肥満とお酒に強いかどうかとはあまり関係がないようです。

スポンサーリンク

関連記事

お酒で作った化粧品について

以前より、お酒のなかでも日本酒には、美肌や美白、保湿や酸化防止の効果があるとされてきました。

記事を読む

お酒を飲むと真っ赤になるのは何故?

お酒を飲むと顔が真っ赤になってしまうのが悩み、という人も多いです。 そういった、顔が赤くな

記事を読む

酒とハゲの関係について

お酒をよく飲む人はハゲになる、というイメージがあります。 現に、酔いどれオヤジのイメージは

記事を読む

シジミは二日酔いの予防や悪酔いに効果的か

「シジミ」は日本の食卓には非常にポピュラーな食材です。 日本全国の河川の河口域に生息してい

記事を読む

ビールと発泡酒の違いについて

お酒にもいろいろな種類がありますが、その中でもビールと発泡酒の違いがわかりにくい人も多いでしょう

記事を読む

ラム酒の歴史、製法、種類、産地、銘柄、カクテルのまとめ

ラム酒について ラム酒は、サトウキビを原料として作られるお酒で、西インド諸島原産の蒸留酒になり

記事を読む

酒と血糖値の関係について

お酒はカロリーが高そうなので、飲むと血糖値が上がるとイメージされる方も多いかもしれません。

記事を読む

「料理酒って飲んでもOKなのか」について

お酒の種類に「料理酒」とういうものはなく、一般的に売られている「料理酒」は調味料の種類に分けられ

記事を読む

「酒風呂」の効果・効能

「酒風呂」とは、浴槽に日本酒などのお酒を入れるだけという、自宅で簡単に行える入浴法の1つです。

記事を読む

変り種焼酎の特徴・産地・銘柄について

牛乳焼酎の特徴・産地・銘柄について 『牛乳焼酎』とは、「牛乳」と「温泉水」、それに「米」の3つ

記事を読む

ツインバード LEDふとんライト LEDベッドライトの特徴や感想

夜起きたとき、トイレに行くときなど、ちょっとだけの明かりがあればと

マルベールロイヤルカラーEXの特徴や感想

白髪って、悩みますよね。 いっそ総白髪にしてしまいたいと放置を決

T-fal ヨーグルトメーカーの特徴や感想

おうちで、ヨーグルトまで手作りできたら、材料まで自分でしっかり確認

薬剤師を転職した理由とは・・・

スキルアップ編 どのような仕事をするにしても、より良い仕事をする

useful & youthful  アームカバーの特徴や感想

紫外線による日焼けは避けたいですね。 今は夏だけではなく、1年中

→もっと見る

PAGE TOP ↑