お酒を飲むと眠くなるのはなんでか?

公開日: : 最終更新日:2016/04/18 お酒, 酒コラム


お酒を飲んだあとに眠くなってしまった、気がついたら寝ていたという経験をもっている方は多いでしょう。

また、よく眠るために寝酒を飲むことを習慣としている方もいるでしょう。

その理由は、消化器から吸収されたアルコールのうちの一部が脳に達するからです。

脳には脳幹網様体賦活系という脳を覚醒させる働きをもっているところがあります。

アルコールの作用が、この脳幹網様態賦活系に達すると覚醒させる働きを抑制することになるので、眠くなるのです。

眠気だけではなく、お酒を飲むと陽気になったり、気分が大きくなったりしますが、これも大脳がアルコールによって麻痺して神経が抑制されるために起きる現象です。

どのくらいのお酒で眠くなるかは個人差があり、あまり眠くならない人もいれば、すぐに眠くなってしまう人もいます。

お酒に弱いという人は、アルコールを分解する酵素が少ない人で、胃や肝臓で分解されずに身体をめぐるアルコールが多くなります。

飲んだアルコールは一部が胃で酵素によって分解されて肝臓へいき、胃で分解されなかったものは小腸で吸収されて肝臓へいきます。

そして、肝臓で酵素によって分解されますが、分解されないと血中のアルコール濃度があがります。

血中のアルコール濃度によって、どのくらい酔うのかが異なってきます。

お酒を飲むと眠くなるので、良く眠るために飲むことを習慣にしてしまうと、人間の身体はやがて脳の働きを抑制しようとする働きを少なくしようとするので、眠くならなくなり不眠症の原因になります。

眠くなるのを少しでも引き伸ばしたいという方はアルコール・二日酔い対策サプリを飲む前に摂る。

間違いなく、お酒の耐性は上がります。

ただ~し、お酒を飲んだらすぐに眠くなるあなたは、注意して下さい。

例えば、ビール1杯飲んだら眠くなる方は、アルコール・二日酔い対策サプリを摂ってもビール1杯以上は飲まない

すると、ひょっとしたら眠くならないかもしれません。

結局お酒の耐性が上がって、いつもより飲んでしまっちゃ元の木阿弥ですよ~。

AMAZONで価格・詳細を見てみる → お酒対策のサプリメント

スポンサーリンク

関連記事

主な産地とワインの特徴 世界のワインのご紹介

フランスの産地やワインの特徴について フランスと言えば、イタリアに並ぶワインの生産大国として知

記事を読む

お湯割りと水割りはどっちが利くのか

焼酎やウィスキーなどのお酒をお湯割りや水割りにする場合には、どちらの方が酔いやすいのでしょうか。

記事を読む

ノンアルコールビールは子供はOK?

ノンアルコール飲料はアルコールが含まれていないか、1%未満のアルコールを含んでいるアルコールテイ

記事を読む

「利き酒師と言う資格」について

「利き酒師」とは、民間の団体である日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会が、資格認定を行なってい

記事を読む

ウコンは二日酔いの予防や悪酔いに効果的か

「ウコン」には肝臓を守る働きがあるとか、二日酔いを予防する働きがあるといわれており、お酒を飲む人

記事を読む

お酒が「強い」「弱い」の違いについて

お酒が強い、弱いといった人がいますが、その違いとはなんでしょうか?通常、お酒を飲んだ時に体内に吸

記事を読む

日本酒の種類 | 大吟醸酒、吟醸酒、原酒、生酒などの基準や特徴

日大吟醸酒とは 大吟醸酒とは、吟醸酒のうち、精米歩合50%以下の白米を原料として製造し、固有の

記事を読む

「スズメ蜂酒」って本当に効くのか?「スズメ蜂酒」とスズメ蜂について調べてみた

あまり一般的ではないかもしれませんが、スズメ蜂酒は独特の甘みがおいしいと実は隠れた人気があります

記事を読む

テキーラの歴史、製法、種類、産地、銘柄、カクテルのまとめ

テキーラについて メキシコにあり「竜舌蘭」と呼ばれる植物である「アガベ・アスール・テキラーナ」

記事を読む

ウォッカの歴史、製法、種類、産地、銘柄、カクテルのまとめ

ウォッカについて ウォッカとはトウモロコシや小麦、大麦などといった穀類、ジャガイモなどのイモ類

記事を読む

NestleSpecial.Tの特徴や感想

茶匠が淹れた味わいを、新しい『スペシャル.T』で、あなたもお茶の世

ツインバード LEDふとんライト LEDベッドライトの特徴や感想

夜起きたとき、トイレに行くときなど、ちょっとだけの明かりがあればと

マルベールロイヤルカラーEXの特徴や感想

白髪って、悩みますよね。 いっそ総白髪にしてしまいたいと放置を決

T-fal ヨーグルトメーカーの特徴や感想

おうちで、ヨーグルトまで手作りできたら、材料まで自分でしっかり確認

薬剤師を転職した理由とは・・・

スキルアップ編 どのような仕事をするにしても、より良い仕事をする

→もっと見る

PAGE TOP ↑