お酒を飲むと眠くなるのはなんでか?

公開日: : 最終更新日:2016/04/18 お酒, 酒コラム


お酒を飲んだあとに眠くなってしまった、気がついたら寝ていたという経験をもっている方は多いでしょう。

また、よく眠るために寝酒を飲むことを習慣としている方もいるでしょう。

その理由は、消化器から吸収されたアルコールのうちの一部が脳に達するからです。

脳には脳幹網様体賦活系という脳を覚醒させる働きをもっているところがあります。

アルコールの作用が、この脳幹網様態賦活系に達すると覚醒させる働きを抑制することになるので、眠くなるのです。

眠気だけではなく、お酒を飲むと陽気になったり、気分が大きくなったりしますが、これも大脳がアルコールによって麻痺して神経が抑制されるために起きる現象です。

どのくらいのお酒で眠くなるかは個人差があり、あまり眠くならない人もいれば、すぐに眠くなってしまう人もいます。

お酒に弱いという人は、アルコールを分解する酵素が少ない人で、胃や肝臓で分解されずに身体をめぐるアルコールが多くなります。

飲んだアルコールは一部が胃で酵素によって分解されて肝臓へいき、胃で分解されなかったものは小腸で吸収されて肝臓へいきます。

そして、肝臓で酵素によって分解されますが、分解されないと血中のアルコール濃度があがります。

血中のアルコール濃度によって、どのくらい酔うのかが異なってきます。

お酒を飲むと眠くなるので、良く眠るために飲むことを習慣にしてしまうと、人間の身体はやがて脳の働きを抑制しようとする働きを少なくしようとするので、眠くならなくなり不眠症の原因になります。

眠くなるのを少しでも引き伸ばしたいという方はアルコール・二日酔い対策サプリを飲む前に摂る。

間違いなく、お酒の耐性は上がります。

ただ~し、お酒を飲んだらすぐに眠くなるあなたは、注意して下さい。

例えば、ビール1杯飲んだら眠くなる方は、アルコール・二日酔い対策サプリを摂ってもビール1杯以上は飲まない

すると、ひょっとしたら眠くならないかもしれません。

結局お酒の耐性が上がって、いつもより飲んでしまっちゃ元の木阿弥ですよ~。

AMAZONで価格・詳細を見てみる → お酒対策のサプリメント

スポンサーリンク

関連記事

ワインとぶどうの品種について、それぞれの特徴とは・・・

ワインとぶどうの品種について ワインの原料である葡萄ですが、ワインの味はその品種によって大きく

記事を読む

お酒で作った化粧品について

以前より、お酒のなかでも日本酒には、美肌や美白、保湿や酸化防止の効果があるとされてきました。

記事を読む

「料理酒って飲んでもOKなのか」について

お酒の種類に「料理酒」とういうものはなく、一般的に売られている「料理酒」は調味料の種類に分けられ

記事を読む

酒を飲み過ぎると記憶が飛ぶのはなぜ

お酒を飲んだ翌日に朝起きてみたら酒席の途中からの記憶が全くないのに、家にきちんとたどり着いていた

記事を読む

「酒風呂」の効果・効能

「酒風呂」とは、浴槽に日本酒などのお酒を入れるだけという、自宅で簡単に行える入浴法の1つです。

記事を読む

ビールと発泡酒の違いについて

お酒にもいろいろな種類がありますが、その中でもビールと発泡酒の違いがわかりにくい人も多いでしょう

記事を読む

妊婦さんの飲酒について

最近は、女性でもお酒を頻繁に飲む人も多く、飲酒が日常生活に溶け込んでいるといっても過言ではありま

記事を読む

ノンアルコールビールは子供はOK?

ノンアルコール飲料はアルコールが含まれていないか、1%未満のアルコールを含んでいるアルコールテイ

記事を読む

ワインには色々な種類(製法)が有ります。それぞれの特徴とは・・・

スティルワイン(非発泡性ワイン)の特徴とは・・・ スティルワインは、葡萄を発酵させる際に出る炭

記事を読む

ブランデーの歴史、製法、種類、産地、銘柄、カクテルのまとめ

ブランデーについて ブランデーとは、ブドウなどの果実を原料にして、発酵、蒸留によって造られた蒸

記事を読む

ツインバード コンパクト精米器 精米御膳の特徴や感想

『おかわり!』の笑顔が見たいのです。 いつものご飯を、もっとおい

DAIKIN 空気清浄機の特徴や感想

大きな携帯電話に見えます。 スッキリスマートなデザインです。

Panasonic 衣類スチーマーの特徴や感想

これからお出かけしようとした途端、洋服のシワに気がついて気になって

CORONA 衣類乾燥除湿器の特徴や感想

外干しがでいないとき、部屋干しばかりでは、毎日気持ちが暗くなってし

TOYOTOMI  扇風機の特徴や感想

TOYOTOMIは冬のファンヒーターやストーブのメーカーだと思って

→もっと見る

PAGE TOP ↑