シジミは二日酔いの予防や悪酔いに効果的か

公開日: : 最終更新日:2015/12/25 お酒, 酒コラム


「シジミ」は日本の食卓には非常にポピュラーな食材です。

日本全国の河川の河口域に生息していて、いくつかの種類がありますが、主に食べているのはヤマトシジミです。

冬の寒い時期の寒シジミと真夏の暑い時期の土用シジミが特に美味しいと言われています。

最近シジミはお酒を飲み過ぎた時に効果があると言われて注目されていますが、そういう意味では、ビールなどを飲みすぎがちになる夏の土用シジミも、年末年始にお酒を飲む機会が多くなる寒シジミも、美味しくて効果がある食品ということができます。

シジミは栄養素が豊富な食品で必須アミノ酸が理想的なバランスで含まれているほかに、カルシウム、鉄分、ビタミンB群が豊富に含まれています。

このなかの必須アミノ酸の豊富さがお酒の飲み過ぎに効果があると言われている理由です。

アルコールの影響でもっとも影響を受けるのは肝臓ですが、必須アミノ酸にはアルコールによって損傷した肝臓の細胞を修復するたんぱく質を合成する力があります。

また低脂肪で消化・吸収がよいために肝臓に負担を与えることも少ないものです。

豊富なミネラルのうちのタウリンには、肝臓の細胞の再生を促進して、肝臓の解毒作用を活発にする働きがあります。

さらにシジミに含まれるグリコーゲンには肝臓の疲労を回復させる働きもあります。

漢方薬の原料にもなっているシジミには、その他に貧血予防、風邪などの感染症の予防、がん細胞の撃退、血中コレステロール値の低下、高血圧の改善などの効果が期待できます。

AMAZONで価格・詳細を見てみる → しじみ

スポンサーリンク

関連記事

sakeburo

「酒風呂」の効果・効能

「酒風呂」とは、浴槽に日本酒などのお酒を入れるだけという、自宅で簡単に行える入浴法の1つです。

記事を読む

ibiki

「お酒を飲むと「いびき」がひどくなる理由について

普段はいびきをまったくかかない人でも、お酒を飲んだ日の夜に限って、いびきの症状がひどくなるという

記事を読む

ninshin

妊婦さんの飲酒について

最近は、女性でもお酒を頻繁に飲む人も多く、飲酒が日常生活に溶け込んでいるといっても過言ではありま

記事を読む

kusuri

お酒と薬の飲み合わせについて

お酒と薬を一緒に飲むのはよくないと、昔からいわれています。 その理由としては、お酒も薬も、

記事を読む

yorunomichi

ノンアルコールビールについて

お酒を飲めない状況でも飲める、ノンアルコールビール。 その定義に明確な定義はありませんが、

記事を読む

nyosanchi

酒と尿酸値の関係について

健康診断や人間ドックなどで尿検査を受けると、たいていは結果の中に尿酸値が記されています。

記事を読む

syocyu4

変り種焼酎の特徴・産地・銘柄について

牛乳焼酎の特徴・産地・銘柄について 『牛乳焼酎』とは、「牛乳」と「温泉水」、それに「米」の3つ

記事を読む

syocyu

お湯割りと水割りはどっちが利くのか

焼酎やウィスキーなどのお酒をお湯割りや水割りにする場合には、どちらの方が酔いやすいのでしょうか。

記事を読む

hage

酒とハゲの関係について

お酒をよく飲む人はハゲになる、というイメージがあります。 現に、酔いどれオヤジのイメージは

記事を読む

yorizake

「料理酒って飲んでもOKなのか」について

お酒の種類に「料理酒」とういうものはなく、一般的に売られている「料理酒」は調味料の種類に分けられ

記事を読む

ネオテクト
ネオテクトの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

ネオテクト薬用マイクロデオドラントクリームとは、株式会社ヴィジョン

FRESHU(フレッシュー)
FRESHU(フレッシュー)の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【FRESHU(フレッシュー)】が解決! 男のニオイの原因① ~

ファルマスタッフ
ファルマスタッフの詳細・特徴・口コミ

ファルマスタッフは薬剤師の転職をサポートしているサイトであり、日本

ヤクステ
ヤクステの詳細・特徴・口コミ

ヤクステは、株式会社グローアップが運営している薬剤師専門の転職支援

1615-5
パナソニック『けむらん亭』の特徴や感想

魚を焼いた時のニオイ、焼き肉をした時のニオイって困りますよね。

→もっと見る

PAGE TOP ↑