「料理酒って飲んでもOKなのか」について

公開日: : お酒, 酒コラム


お酒の種類に「料理酒」とういうものはなく、一般的に売られている「料理酒」は調味料の種類に分けられています。

「料理酒は」お酒の種類に入らないよう、つまり酒税法に定められたお酒にならないように食塩や職酢を混ぜて、そのまま直接的に飲めないように処理されたものです。

しかし「料理酒」という名前がついているように、中身はお酒ですので飲んで飲めないことはありません。

つまり、しょっぱかったり、酸っぱかったりして全くおいしくないものですが、飲むことは可能です。

でも、食塩が混ぜられている「料理酒」は、しょっぱさを我慢して飲んだとしても、塩分を多く摂取することになりますので、身体のことを考えるとよいものとは到底言えないものでしょう。

アルコールが含有されていますのでそれなりに酔いは回ると思いますが、気分が悪くなるかもしれませんし、何よりも味は非常にまずいものです。

食塩や食酢などを混ぜていない「料理酒」もありますが、こちらはしょっぱかったり、酸っぱかったりはしませんが、やはり味はまずいものです。

味など関係なく、酔うためだけであれば飲んで飲めないことはないでしょうが、気持ち悪くなりそうですね。

この手の食塩や食酢を混ぜていない「料理酒」は、比較的価格が高めですのでどちらかというと割高になる傾向にありますので、普通のお酒を飲んだ方がおいしくいただけるでしょう。

やはり、「料理酒」を飲むことはできますが、おいしく楽しく飲むには直接飲まないことをおすすめします。

スポンサーリンク

関連記事

妊婦さんの飲酒について

最近は、女性でもお酒を頻繁に飲む人も多く、飲酒が日常生活に溶け込んでいるといっても過言ではありま

記事を読む

ビールの歴史、製法、種類、産地、銘柄、カクテルのまとめ

ビールについて 夏が来ると、ビールがおいしい季節になったとよくいわれます。 もちろん夏だけで

記事を読む

焼酎の製造に欠かせない麹について

焼酎の麹について 『麹(こうじ)』とは、米や麦、大豆などの穀物に、食品を発酵させるのに適した「

記事を読む

「スズメバチ酒」の効果について

スズメバチは蜂の中でも比較的大型で強烈な毒をもつものが多く、攻撃性も高いため、非常に危険な種類で

記事を読む

ワインの基礎知識 | ワイン好きなら知っておきたい基本の基本

ワインについて ワインは、主に葡萄を発酵させて作られたお酒の一つというのは、皆さんご存知ですよ

記事を読む

ブランデーの歴史、製法、種類、産地、銘柄、カクテルのまとめ

ブランデーについて ブランデーとは、ブドウなどの果実を原料にして、発酵、蒸留によって造られた蒸

記事を読む

ビール腹の原因はビールの飲み過ぎか

気になるおなか回りの原因が、習慣的なビールであると感じている人は多いです。 ビール腹という

記事を読む

ワインには色々な種類(製法)が有ります。それぞれの特徴とは・・・

スティルワイン(非発泡性ワイン)の特徴とは・・・ スティルワインは、葡萄を発酵させる際に出る炭

記事を読む

「利き酒師と言う資格」について

「利き酒師」とは、民間の団体である日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会が、資格認定を行なってい

記事を読む

お酒と薬の飲み合わせについて

お酒と薬を一緒に飲むのはよくないと、昔からいわれています。 その理由としては、お酒も薬も、

記事を読む

ツインバード ジェットサイクロン ブロワプラスの特徴や感想

ベットを家族としているご家庭が増えました。 そこで、問題点となる

IRIS 無加水鍋の特徴や感想

素材のうまみをにがさない無加水鍋で、食卓を、そしてあなたの食生活を

Haier 冷凍冷蔵庫の特徴や感想

一人暮らしをするとき、なによりも必要な家電は冷蔵庫です。 ハイア

HUrom スロージューサーの特徴や感想

ヒューロムは、1974年の創業以来、スロージューサーのパイオニアと

Dyson pure coolの特徴や感想

ダイソン ピュアクールは、空気清浄機の代名詞です。 そして全世界

→もっと見る

PAGE TOP ↑