「料理酒って飲んでもOKなのか」について

公開日: : お酒, 酒コラム


お酒の種類に「料理酒」とういうものはなく、一般的に売られている「料理酒」は調味料の種類に分けられています。

「料理酒は」お酒の種類に入らないよう、つまり酒税法に定められたお酒にならないように食塩や職酢を混ぜて、そのまま直接的に飲めないように処理されたものです。

しかし「料理酒」という名前がついているように、中身はお酒ですので飲んで飲めないことはありません。

つまり、しょっぱかったり、酸っぱかったりして全くおいしくないものですが、飲むことは可能です。

でも、食塩が混ぜられている「料理酒」は、しょっぱさを我慢して飲んだとしても、塩分を多く摂取することになりますので、身体のことを考えるとよいものとは到底言えないものでしょう。

アルコールが含有されていますのでそれなりに酔いは回ると思いますが、気分が悪くなるかもしれませんし、何よりも味は非常にまずいものです。

食塩や食酢などを混ぜていない「料理酒」もありますが、こちらはしょっぱかったり、酸っぱかったりはしませんが、やはり味はまずいものです。

味など関係なく、酔うためだけであれば飲んで飲めないことはないでしょうが、気持ち悪くなりそうですね。

この手の食塩や食酢を混ぜていない「料理酒」は、比較的価格が高めですのでどちらかというと割高になる傾向にありますので、普通のお酒を飲んだ方がおいしくいただけるでしょう。

やはり、「料理酒」を飲むことはできますが、おいしく楽しく飲むには直接飲まないことをおすすめします。

スポンサーリンク

関連記事

nominokoshi

飲み残しビールの活用法について

自宅でお酒を飲んでいて、グラスのほんの数センチだけビールが残ってしまったという経験は、誰しも1度

記事を読む

budou

ワインとぶどうの品種について、それぞれの特徴とは・・・

ワインとぶどうの品種について ワインの原料である葡萄ですが、ワインの味はその品種によって大きく

記事を読む

habu

「ハブ酒」って本当に効くのか?「ハブ酒」とハブについて調べてみた

ハブ酒はハブを焼酎に漬け込み密封したもののことです。 沖縄の名物としてよく知られていますが、な

記事を読む

ninshin

妊婦さんの飲酒について

最近は、女性でもお酒を頻繁に飲む人も多く、飲酒が日常生活に溶け込んでいるといっても過言ではありま

記事を読む

syocyu

お湯割りと水割りはどっちが利くのか

焼酎やウィスキーなどのお酒をお湯割りや水割りにする場合には、どちらの方が酔いやすいのでしょうか。

記事を読む

happousyu

ビールと発泡酒の違いについて

お酒にもいろいろな種類がありますが、その中でもビールと発泡酒の違いがわかりにくい人も多いでしょう

記事を読む

rum

ラム酒の歴史、製法、種類、産地、銘柄、カクテルのまとめ

ラム酒について ラム酒は、サトウキビを原料として作られるお酒で、西インド諸島原産の蒸留酒になり

記事を読む

otokot-onna

男と女ではお酒がどっちが強いのか

男の人と女の人のどちらがお酒に強いかといえば、世間には弱い男の人もいれば、強い女の人もいて、ここ

記事を読む

biiru-bara

ビール腹の原因はビールの飲み過ぎか

気になるおなか回りの原因が、習慣的なビールであると感じている人は多いです。 ビール腹という

記事を読む

suimin

寝付けないをお酒で解消できるのか?

日本人のアルコールの摂取量はほかの国と比べると、かなり少ない方だといわれています。 しかし

記事を読む

ネオテクト
ネオテクトの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

ネオテクト薬用マイクロデオドラントクリームとは、株式会社ヴィジョン

FRESHU(フレッシュー)
FRESHU(フレッシュー)の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【FRESHU(フレッシュー)】が解決! 男のニオイの原因① ~

ファルマスタッフ
ファルマスタッフの詳細・特徴・口コミ

ファルマスタッフは薬剤師の転職をサポートしているサイトであり、日本

ヤクステ
ヤクステの詳細・特徴・口コミ

ヤクステは、株式会社グローアップが運営している薬剤師専門の転職支援

1615-5
パナソニック『けむらん亭』の特徴や感想

魚を焼いた時のニオイ、焼き肉をした時のニオイって困りますよね。

→もっと見る

PAGE TOP ↑