ノンアルコールビールは子供はOK?

公開日: : お酒, 酒コラム


ノンアルコール飲料はアルコールが含まれていないか、1%未満のアルコールを含んでいるアルコールテイストの飲料です。

近年の道路交通法改正によって飲酒運転の罰則が強化されたことで、需要が高まりました。

ノンアルコールビールだけでなく、ワインや酎ハイなどといった多くのノンアルコール飲料が発売されています。

お酒の代替品として飲まれていますが、正確にはノンアルコールでない場合もあります。

つまり酒類として分類されるアルコール基準1%は下回っているのですが、アルコール分自体は含んでいるという商品です。

そのため、お酒に弱い体質の人が大量に飲んだ場合には、酔うこともあります。

最近ではアルコール分が0.00%というビールテイスト飲料なども発売されていますが、その場合は子供も飲んで良いのかなどの疑問もあります。

お酒ではないものの、メーカーでは未成年者のための商品ではないという意味合いから、小売店において酒類売り場で販売することを要請しています。

ノンアルコールビールは多くのメーカーから発売されていて、味もよりビールに近いものになっています。

そのため、アルコール分は含まれていなくても子供が摂取することで味や香り、発泡、色などが同様でビールを飲んでいる雰囲気が楽しいという感覚につながる可能性もあります。

その結果として本物のアルコールに対する抵抗感がなくなり、危険であるとも指摘されています。

また、子供と同じように、車を運転している際やアルコールを禁じられ入院している場合などの飲料としても、好ましくはありません。

ノンアルコールビールは、お酒を飲むことのできない人や状況であっても、お酒の場を打ち解けた楽しい雰囲気にしてくれるものとして活用することがおすすめです。

スポンサーリンク

関連記事

焼酎の基礎知識

甲類と乙類と本格焼酎の定義について 焼酎の瓶など、パッケージを見ると、『甲類』、『乙類』、『本

記事を読む

ビール腹の原因はビールの飲み過ぎか

気になるおなか回りの原因が、習慣的なビールであると感じている人は多いです。 ビール腹という

記事を読む

「酒風呂」の効果・効能

「酒風呂」とは、浴槽に日本酒などのお酒を入れるだけという、自宅で簡単に行える入浴法の1つです。

記事を読む

飲酒運転の罰則について

お酒を飲んで運転をする、飲酒運転は道路交通法第六十五条の第一項から第四項で禁止されており、これに

記事を読む

ワインには色々な種類(製法)が有ります。それぞれの特徴とは・・・

スティルワイン(非発泡性ワイン)の特徴とは・・・ スティルワインは、葡萄を発酵させる際に出る炭

記事を読む

寝付けないをお酒で解消できるのか?

日本人のアルコールの摂取量はほかの国と比べると、かなり少ない方だといわれています。 しかし

記事を読む

主な焼酎産地と代表的な銘柄のご紹介

鹿児島の焼酎と主な銘柄について 鹿児島県で生産されている焼酎は、その大半が「芋焼酎」で、奄美大

記事を読む

お湯割りと水割りはどっちが利くのか

焼酎やウィスキーなどのお酒をお湯割りや水割りにする場合には、どちらの方が酔いやすいのでしょうか。

記事を読む

酒と尿酸値の関係について

健康診断や人間ドックなどで尿検査を受けると、たいていは結果の中に尿酸値が記されています。

記事を読む

ウィスキーの歴史、製法、種類、産地、銘柄、カクテルのまとめ

ウィスキーについて ウィスキーとは、穀物類から作られる蒸留酒のことです。 主に大麦、ライ麦、

記事を読む

ツインバード ジェットサイクロン ブロワプラスの特徴や感想

ベットを家族としているご家庭が増えました。 そこで、問題点となる

IRIS 無加水鍋の特徴や感想

素材のうまみをにがさない無加水鍋で、食卓を、そしてあなたの食生活を

Haier 冷凍冷蔵庫の特徴や感想

一人暮らしをするとき、なによりも必要な家電は冷蔵庫です。 ハイア

HUrom スロージューサーの特徴や感想

ヒューロムは、1974年の創業以来、スロージューサーのパイオニアと

Dyson pure coolの特徴や感想

ダイソン ピュアクールは、空気清浄機の代名詞です。 そして全世界

→もっと見る

PAGE TOP ↑