飲み残しビールの活用法について

公開日: : お酒, 酒コラム


自宅でお酒を飲んでいて、グラスのほんの数センチだけビールが残ってしまったという経験は、誰しも1度はあることでしょう。

時間が経てば経つほど、ぬるくなったり、気が抜けたりして、これ以上お酒は飲みきれない場合というのはどうしてもあります。

こういった飲み残したビールをそのまま捨てるのではなく、ちょっとした裏技として活用できることがあります。

たとえば、カレーやシチューなどを作る場合に、前もってビールでお肉を漬けておくことで、安いお肉でも見違えるほど柔らかくなる場合があります。

そのほか、自宅で漬け物を作っている場合は、ぬか床に入れてみるのもいいかもしれません。

ビールに含まれている栄養素によって、ぬか床にあるバクテリアの働きが活発になり、一段と美味しい漬け物ができることでしょう。

調理に飲み残しを使うことに抵抗がある場合は、キッチン周りを掃除する際の洗剤代わりに使ってみるのがいいかもしれません。

ビールに含まれているアルコールやビタミンEなどの成分が、油汚れを浮かせて分解してくれるので、換気扇やコンロのお手入れにもってこいです。

水アカなども、通常の水拭きをするよりもビールを使った方が取りやすいと思われます。

そのほか、自宅に観葉植物があるのなら、鉢植えのなかに飲み残しのビールを注いでみるのもいいかもしれません。

ビールに含まれる豊富な栄養素が、植木の肥料代わりになるでしょう。

また、葉っぱをビールを含ませた布で軽く拭いてあげると、鮮やかな緑色を取り戻すことができます。

スポンサーリンク

関連記事

酒とハゲの関係について

お酒をよく飲む人はハゲになる、というイメージがあります。 現に、酔いどれオヤジのイメージは

記事を読む

ダイエットとお酒の関係について

みなさんは、「お酒のアルコールはエンプティカロリーなので太りません」という言葉を聞いたことはない

記事を読む

焼酎の製造に欠かせない麹について

焼酎の麹について 『麹(こうじ)』とは、米や麦、大豆などの穀物に、食品を発酵させるのに適した「

記事を読む

酒と尿酸値の関係について

健康診断や人間ドックなどで尿検査を受けると、たいていは結果の中に尿酸値が記されています。

記事を読む

「利き酒師と言う資格」について

「利き酒師」とは、民間の団体である日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会が、資格認定を行なってい

記事を読む

お酒を飲むと真っ赤になるのは何故?

お酒を飲むと顔が真っ赤になってしまうのが悩み、という人も多いです。 そういった、顔が赤くな

記事を読む

シジミは二日酔いの予防や悪酔いに効果的か

「シジミ」は日本の食卓には非常にポピュラーな食材です。 日本全国の河川の河口域に生息してい

記事を読む

ブランデーの歴史、製法、種類、産地、銘柄、カクテルのまとめ

ブランデーについて ブランデーとは、ブドウなどの果実を原料にして、発酵、蒸留によって造られた蒸

記事を読む

寝付けないをお酒で解消できるのか?

日本人のアルコールの摂取量はほかの国と比べると、かなり少ない方だといわれています。 しかし

記事を読む

「酒は百薬の長」について

「酒は百薬の長」という言葉がありますが、これは本当でしょうか?もともとこの言葉は、適量のお酒はど

記事を読む

ツインバード コンパクトブレンダー『OLALA』の特徴や感想

ツインバードから、太陽の恵みをいただく新ブランド『OLALA』コン

ツインバード コンパクト精米器 精米御膳の特徴や感想

『おかわり!』の笑顔が見たいのです。 いつものご飯を、もっとおい

DAIKIN 空気清浄機の特徴や感想

大きな携帯電話に見えます。 スッキリスマートなデザインです。

Panasonic 衣類スチーマーの特徴や感想

これからお出かけしようとした途端、洋服のシワに気がついて気になって

CORONA 衣類乾燥除湿器の特徴や感想

外干しがでいないとき、部屋干しばかりでは、毎日気持ちが暗くなってし

→もっと見る

PAGE TOP ↑