お酒と薬の飲み合わせについて

公開日: : お酒, 酒コラム


お酒と薬を一緒に飲むのはよくないと、昔からいわれています。

その理由としては、お酒も薬も、どちらも肝臓で解毒をされるため、同時に服用すると、それだけ肝臓に負担を掛けることになるからです。

肝臓の解毒作用に負担を掛け過ぎてしまうと、手術などをするときに麻酔薬が効きにくい身体になってしまうといわれています。

これは、普段から肝臓を酷使していると、酵素の働きが増して、アルコール以外の薬物に対しても、解毒作用が高まってしまうためです。

したがって麻酔薬に対しても、解毒しようと身体が反応してしまい、結果薬が効きにくい身体になってしまうのです。

また、2つを併用することにより、薬の効き目が半減したり、あるいは強く効きすぎてしまったりといった弊害が起こる恐れもあります。

そして薬の種類によっては、思わぬ副作用を誘発して、命に関わることにもなるため注意が必要です。

たとえば、心臓の働きを活発にする作用がある強心薬とお酒を同時に服用してしまうと、代謝が抑えられて血中濃度が高くなりすぎてしまい、中毒症状を起こす場合があります。

またアルコールには、血行をよくして血管を広げる作用があります。

したがって飲酒によって血圧が下がっている時に、さらに血圧を下げる高血圧の薬を飲むと、血圧が下がりすぎて、立ちくらみやめまいを起こすといわれています。

このように、アルコールも薬の1種であると自覚をして、お酒と薬を一緒の飲むことはやめるべきでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

nyosanchi

酒と尿酸値の関係について

健康診断や人間ドックなどで尿検査を受けると、たいていは結果の中に尿酸値が記されています。

記事を読む

yorunomichi

ノンアルコールビールについて

お酒を飲めない状況でも飲める、ノンアルコールビール。 その定義に明確な定義はありませんが、

記事を読む

rum

ラム酒の歴史、製法、種類、産地、銘柄、カクテルのまとめ

ラム酒について ラム酒は、サトウキビを原料として作られるお酒で、西インド諸島原産の蒸留酒になり

記事を読む

nihonsyu1

日本酒の種類 | 大吟醸酒、吟醸酒、原酒、生酒などの基準や特徴

日大吟醸酒とは 大吟醸酒とは、吟醸酒のうち、精米歩合50%以下の白米を原料として製造し、固有の

記事を読む

kikizake

「利き酒師と言う資格」について

「利き酒師」とは、民間の団体である日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会が、資格認定を行なってい

記事を読む

uzumebachi

「スズメバチ酒」の効果について

スズメバチは蜂の中でも比較的大型で強烈な毒をもつものが多く、攻撃性も高いため、非常に危険な種類で

記事を読む

ikkinomi

「一気飲みの問題」について

お酒の一気飲みが大学生や社会人の歓迎会などで一時期もてはやされたことがありました。 しかし

記事を読む

liqueur

リキュールの歴史、製法、種類、産地、銘柄、カクテルのまとめ

リキュ-ルについて リキュ-ルとは、蒸留酒に果実やハーブといった別の材料を加えることで、その香

記事を読む

kettochi

酒と血糖値の関係について

お酒はカロリーが高そうなので、飲むと血糖値が上がるとイメージされる方も多いかもしれません。

記事を読む

unten

飲酒運転の罰則について

お酒を飲んで運転をする、飲酒運転は道路交通法第六十五条の第一項から第四項で禁止されており、これに

記事を読む

zojirushi-kiwamehagama-jpg
象印 炊飯ジャー 極め羽釜の特徴や感想

♪はがまのごはん?と尾野真千子が鼻歌ったり、今更ですが、はがまもり

zojirushi-tukitate
象印 精米器 つきたて風味の特徴や感想

お米は、研ぐ前ぎりぎりのつきたてで炊いた方が絶対おいしいごはんがで

4-21-2
日本三大金魚生産地>大和郡山市、弥富市、江戸川区

観賞魚の金魚を飼ったことがある人、いま飼っているという人は多いでし

メディウェル
メディウェルの詳細・特徴・口コミ

メディウェルは、東京証券取引所一部に上場している株式会社アインファ

40-11-9
日本三大葱>下仁田ねぎ、岩津ねぎ、博多万能ねぎ

日本国内にはたくさんの日本三大○○がありますが、葱(ねぎ)にも三大

→もっと見る

PAGE TOP ↑