子供がお酒を飲むとなぜ悪いのか

公開日: : お酒, 酒コラム


現在日本では、未成年の飲酒は法律で禁止されています。

それでは、子どもがお酒を飲むことはなぜ悪いのかですが、それは身体の発達に原因があります。

通常成人の場合、血中のアルコール濃度が0.02パーセントから0.1パーセントになると、ほろ酔いと呼ばれる状態になり、これが0.1パーセントから0.2パーセントになると、大脳が麻痺を起こしてしまい、ろれつが回らなくなったり、足元がふらついたりし始めます。

さら血中のアルコール濃度が0.4パーセントを超えると、呼吸停止やショック状態による心停止を起こして死に至ることもあるといわれています。

そして子どもの場合は脳が未発達で、また肝臓や腎臓といったアルコールを分解してくれる機能も十分に働いてないため、大人よりもずっと低い濃度で急性アルコール中毒になってしまう恐れがあります。

たとえば、アルコール度数5パーセントのビールだと100ミリリットル、焼酎ならわずかひと口分の20ミリリットルを飲むだけで、子どもにとっては危険な状態になってしまうのです。

こういった理由から、未成年がお酒を飲むことは禁じられています。

またお酒以外にも洋酒入りのお菓子や料理には気をつける必要があるとされています。

飲料の場合は1パーセント以上のアルコールを含んでいると「酒類」として規制されていますが、こういったお菓子にはアルコールがそれ以上含まれていても法的な規制はされていません。

したがって、周りの大人が注意をしてあげる必要があるといえるでしょう。

につながります。

その効能はお酒のほか、蜂蜜漬けやサプリメントなどの健康食品からでも期待することができます。

スポンサーリンク

関連記事

お湯割りと水割りはどっちが利くのか

焼酎やウィスキーなどのお酒をお湯割りや水割りにする場合には、どちらの方が酔いやすいのでしょうか。

記事を読む

「一気飲みの問題」について

お酒の一気飲みが大学生や社会人の歓迎会などで一時期もてはやされたことがありました。 しかし

記事を読む

テキーラの歴史、製法、種類、産地、銘柄、カクテルのまとめ

テキーラについて メキシコにあり「竜舌蘭」と呼ばれる植物である「アガベ・アスール・テキラーナ」

記事を読む

ウコンは二日酔いの予防や悪酔いに効果的か

「ウコン」には肝臓を守る働きがあるとか、二日酔いを予防する働きがあるといわれており、お酒を飲む人

記事を読む

「柿は二日酔いの予防や悪酔いに効果的か」について

「柿」は二日酔いの予防や悪酔いの予防に効果があると言われています。 昔から「柿が赤くなると

記事を読む

酒とハゲの関係について

お酒をよく飲む人はハゲになる、というイメージがあります。 現に、酔いどれオヤジのイメージは

記事を読む

酒と血糖値の関係について

お酒はカロリーが高そうなので、飲むと血糖値が上がるとイメージされる方も多いかもしれません。

記事を読む

ワインには色々な種類(製法)が有ります。それぞれの特徴とは・・・

スティルワイン(非発泡性ワイン)の特徴とは・・・ スティルワインは、葡萄を発酵させる際に出る炭

記事を読む

ウィスキーの歴史、製法、種類、産地、銘柄、カクテルのまとめ

ウィスキーについて ウィスキーとは、穀物類から作られる蒸留酒のことです。 主に大麦、ライ麦、

記事を読む

酒と尿酸値の関係について

健康診断や人間ドックなどで尿検査を受けると、たいていは結果の中に尿酸値が記されています。

記事を読む

金の菊芋の特徴や感想

『糖分』の量のコントロールできていますか。 『金の菊芋』サプリな

ツインバード コンパクトブレンダー『OLALA』の特徴や感想

ツインバードから、太陽の恵みをいただく新ブランド『OLALA』コン

ツインバード コンパクト精米器 精米御膳の特徴や感想

『おかわり!』の笑顔が見たいのです。 いつものご飯を、もっとおい

DAIKIN 空気清浄機の特徴や感想

大きな携帯電話に見えます。 スッキリスマートなデザインです。

Panasonic 衣類スチーマーの特徴や感想

これからお出かけしようとした途端、洋服のシワに気がついて気になって

→もっと見る

PAGE TOP ↑