忌中・喪中・お盆・お彼岸など仏事にまつわる言葉の意味とは・・・

公開日: : 葬儀.仏事

忌中とは

『忌中』というのは、仏式の場合、故人が亡くなってから「七七日(四十九日)」までの期間のことを指しています。
元々は、日本古来の宗教である神道で「死は汚れたものである」と考えられていたことと、仏教で「人は死ぬと49日の間に次の生を受ける」という考えとが合わさって定着したものといわれています。

忌中の間は、一切のお祝いごとは慎むものとされ、「初七日」から「二七日」、「三七日」、「四七日」、「五七日」、「六七日」、そして「七七日(四十九日)」まで、七日毎に法要を行うのが正式です。
しかし現代では「初七日」と「七七日(四十九日)」以外は省略されることも少なくはありません。

「七七日(四十九日)」の法要を『忌明け法要』、または『満中陰(まんちゅういん)法要』と呼び、これを以って『忌明け』とします。
ただし、忌中が3ヶ月にまたがってしまうような場合には、「不幸が長引いてしまわないように」という意味合いから短く切り上げて35日目にあたる「五七日忌」を忌明け法要とすることも多いようです。

忌中は前述のとおり、お祝いごとは慎むものですが、お中元やお歳暮などの贈答品に関しては特に差支えはないとされています。
ただ、もしも先様が忌中で、お贈りするのが気になるという場合には、忌明け後に時期を遅らせて贈るということもあるようです。
その場合、お中元であれば暑中見舞いとして、またお歳暮であれば寒中見舞いとして贈ることになります。

喪中とは

『喪中』というのは、近親者が亡くなってから一定の期間、慎ましく生活するということを指し、現代では一般的に一周忌(死去一年後)までの一年間を指しています。
元々は、喪に服す期間ということで、喪中は喪服を着て過ごすというものだったのですが、現代ではお祝いごとなどを避ける、特に年賀状を遠慮するという「喪中はがき」を差し出すという形で定着しています。

古くから神道家によって、法令として定められていたようですが、時代とともに様々な変遷をし、最終的には明治時代に発布された「服忌令」というものの中で両親の「服喪期間」が13ヶ月と定められていたことが、現在の一周忌(死去一年後)までとする期限になっているようです。
ちなみに、この「服忌令」では、続柄によって服喪期間は異なっていたのですが、これ自体は昭和22年(1947年)に廃止とされています。

普段は、「喪中はがき」を目にした時に喪中を意識するということが多いと思いますが、本来はお祝いごと全般を控えるという意味合いのものですので、「結婚式」なども自粛されますし、お正月関連の行事として「年賀状」以外に「正月飾り」や「正月料理」、「初詣」なども自粛するのが一般的とされています。
ルーツを探っていくと、「死は汚れたものである」という神道の考えに基づいているものですので、仏教からの影響や関連性というのは少ないようです。
また、忌中と同様、お中元やお歳暮などの贈答品に関しては特に差支えはないとされています。

お盆とは

『お盆』というのは、ご先祖さまや亡くなった人たちを偲び、その霊を祀る行事のことや、その期間のことを指す言葉ですね。
旧暦の7月15日前後に行われるものですが、現在では8月13日から16日までの4日間をお盆とすることが一般的です。

お盆の正式名称は『盂蘭盆(うらぼん)』または『盂蘭盆会(うらぼんえ)』とされていて、これ自体は仏教用語なのですが、お盆に関しては仏教の教義だけでは説明できない部分も多いようです。
恐らくは、長い歴史の間に日本古来の神道と仏教とが習合して現在の形ができたのでしょう。

意味合いとしては、ご先祖さまや亡くなった人たちが苦しまずに成仏することを願って行われるものですが、お盆の期間にはご先祖さまの霊が帰ってくるというふうにも考えられています。
人が亡くなって「七七日(四十九日)」の法要が終わった後、最初に迎えるお盆のことを特に『初盆(はつぼん)』、または『新盆(しんぼん、にいぼん、あらぼん)』と呼ぶこともあります。

初盆の場合は、家の門口やお墓に、白い提灯を立てることもあり、初盆以外であれば、お墓に白と赤の色が入った提灯を立てるということもあります。
正式なお盆の流れとしては、8月13日の夕方に迎え火をつけてご先祖さまの霊を迎え、お盆の期間内に僧侶を招いてお経を読んでいただき供養をします。
そして、8月16日の夕方には送り火をつけて、ご先祖さまに帰っていただくということになります。

お彼岸とは

日本では年に2回、春分の日と秋分の日を挟んで前後3日を合わせた1週間を「お彼岸」と称しています。
お彼岸という言葉自体はよく聞かれますが、実際にどのような意味があり、何をするのかなどといったように正確なことは、よくわからないというところも少なくない行事でもあります。
「彼岸」とは、元々は仏教用語である「波羅密」の意訳です。

「向こう岸」をあらわすものであるため、つまりは仏様がいる「あちらの世界」のことを指します。
彼岸と対になるものが「此岸」(しがん)であり、これは煩悩や迷いにあふれている「こちらの世界」のことを指します。
彼岸は西、此岸は東にあるとされています。

春分と秋分の頃には、太陽が真東から昇って真西に沈んでいきます。
そのため、この時期に礼拝をすれば極楽浄土へ行くことができると信じられるようになり、先祖供養が行われるようになりました。
お彼岸は日本独自のものであり、仏教を信仰しているほかの国にはありません。
彼岸の行事は、日本へ仏教を広めた聖徳太子が最初に行ったという説もあります。

平安時代には朝廷の年中行事として彼岸法要が行われ、風習として日本に根づきました。
人が亡くなった後で最初に迎えるお彼岸は「初彼岸」といい、僧侶を呼んで法要を行うとともに親戚や友人を招いて法事を行うことが一般的です。
春彼岸、秋彼岸ともに最初の日を「彼岸入り」といい、春分の日や秋分の日は「お中日」、そして最後の日を「彼岸明け」と呼んでいます。

お彼岸を迎える時には「お仏壇」や「仏具」の掃除、それに「お墓」の掃除などを行います。
また、「供花」の他に「果物」や「お菓子」、「精進料理」などの「お供え」も用意します。
ちなみに、お彼岸にはあんこ餅をお供えしますが、春彼岸の場合は牡丹の花にちなんで「牡丹餅(ぼたもち)」と言い、秋彼岸の場合は萩の花にちなんで「おはぎ」という風に呼ぶのです。

お彼岸の時期には、なるべく家族揃って「お墓参り」にも出かけておきたいものです。
まずは、お墓をキレイに掃除し、お花やお線香、そしてお菓子や果物など、故人が好きだったものをお供えしましょう。
ご先祖さまが入っているお墓ですから、家族全員でお守りしていき、その姿を次の世代が受け継いでいくようにしていきたいですね。

四十九日・忌明け・満中陰の違い

仏教では人が亡くなった後、魂が49日にわたって中陰、中有というところで迷っているとされています。
ここでは生前にどのような人生を送ってきたのかという審査が行われていて、この間はまだ仏になっていないのです。
魂を清めて仏になるためであり、極楽を目指すことになるのですが、生前の罪によってはそのままあの世へ行くということができません。

遺族が7日ごとに法要を執り行うことは、そのためであるのです。
法事のときに読まれるお経の声が閻魔大王まで届けば、赦免されるとされています。
地獄に行かずに済むということです。
この間が、「四十九日」といわれます。

49日目は「忌明け」といわれ、清められた魂があの世へと旅立ちます。
無事にあの世へ行くことができるように、この世では心をこめて法要を営まなければなりません。
友人や知人、遺族が集まる法事の席で、亡くなった人の思い出話をすることなども、立派な供養になります。
7日ごとの法要と比較して、49日目にはもっとも規模の大きい法要が行われます。

49日目は中陰の満る日ということで「満中陰」とも呼ばれ、あの世へ旅立つ日であるからです。
四十九日は中陰にあって魂が迷っている間、忌明けと満中陰はともに49日目で同じ日のことを指しています。
そもそもの発祥はインド仏教であり、インド仏教には輪廻という思想があります。

死後の49日間で、生まれ変わる世界がどこになるのかを決めていたというように考えられています。
日本の仏教では宗旨によって違った考え方もありますが、魂を清める49日間ということは共通しています。

スポンサーリンク

関連記事

法要「初七日」「四十九日」「一周忌」「年忌法要」とは

初七日 初七日は、人が亡くなってから七日目に行われる法要であり、葬儀の後で最初に行われる法事で

記事を読む

葬儀の種類のまとめ。立場や状況で様々です。

社葬 社葬とは、亡くなった人が企業に大きく影響を与える立場にあった場合に行われる葬儀のことです

記事を読む

葬儀・葬式にまつわる基礎知識をまとめました

葬儀、葬式を行うという経験は、一生のうちで何度でもあるわけではありません。 そのため、どの

記事を読む

葬儀社選び。いざと言う時に困らない為に!

葬儀社を選ぶポイント 人の死というものは突然に訪れることがほとんどであり、またそれはめったにな

記事を読む

仏教各宗派の成立ちや特長についてまとめました

浄土真宗本願寺派 浄土真宗本願寺派は、阿弥陀如来の本願を信じてただひたすら念仏を唱えていれば浄

記事を読む

納骨の時期やマナーについての基礎知識

『納骨の時期』は、いつ頃が適切なのか、これに関しては明確な決まりというものはないようです。 法

記事を読む

神式、キリスト教の法要についてのご紹介

日本では仏教が多いですので、法要も仏式で行われるというのが一般的ですが、神道の方の場合には『神式

記事を読む

香典返しの金額についての考察です

香典返しの金額を、いくらくらいに設定すればいいか。 これについて迷ってしまうという方も、少なく

記事を読む

お仏壇についての基礎知識

亡くなった先祖や家族を供養するために、仏教では家庭に仏壇を置いて仏具を飾り、位牌や写真とともにお

記事を読む

法事・法要についての基礎知識のまとめ

人が亡くなると遺族は通夜、葬儀に始まる各種の法要や法事を行い亡くなった人との別れの儀式を済ませ、

記事を読む

マイクロプレイン フードグレーターの特徴や感想

切れ味のよりよいキッチングッズに恵まれるか恵まれないかで、その人の

タイガー THE炊きたての特徴や感想

日本のおいしいごはんを追い求めたら『土の火技』にたどり着きました。

ツインバード コードレススティック型クリーナー ジェットサイクロンJの特徴や感想

コードさえなかったら、お部屋を縦横無尽に掃除機かけられるのに。

ザ 鉄玉子 南部鉄の特徴や感想

貧血かしら?。 ふっとそんなふうに思う体調の瞬間ありませんか。

ソニー 手回し充電ラジオの特徴や感想

災害はいつ起こるかわかりません。 あなたは情報をなにから得ますか

→もっと見る

PAGE TOP ↑