法事・法要についての基礎知識のまとめ

公開日: : 葬儀.仏事


人が亡くなると遺族は通夜、葬儀に始まる各種の法要や法事を行い亡くなった人との別れの儀式を済ませ、死後の世界へと送り出します。
日本では信仰のあるなしにかかわらず、仏教の法式にもとづいて一連の法事や法要が行われます。
日常の生活とは違った独特のマナーやしきたりがあり、数多く経験することではないためによくわからないことも多く、行う側も参列する側でも困った経験がある人は多いでしょう。
こちらでは、急な法事にも困らないようにマナーや意味を解説していきます。

法事と法要の違い

法事と法要は、同じ意味としてとらえて使っている人も多いのですが、実際には違いがあります。
まず法要というものは、お坊さんにお経をあげてもらいながら遺族が亡くなった人をしのんで冥福を祈るために行われる「追善供養」のことを指します。
追善供養を行うことによって、亡くなった人は極楽浄土に往生することができるとされています。
ただし、浄土真宗では臨終時を極楽往生であるとして考えるため、法要は仏法に従って遺族が亡くなった人をしのぶために行うものであるという意味合いが強くなっています。

一方法事とは、追善供養の後席となる会食までを含む1日の行事のことを指します。
仏教にはさまざまな宗派がありますが、基本的な法要を行う時期については決められています。
日本の仏教では四十九日までが忌中とされていて、7日ごとに忌日が設けられています。

このうち親族や友人などを招いて行われる法事は「初七日」、「七七日(四十九日)」となっています。
最近では親族や友人が集まる葬儀の際に、初七日を同時に済ますというケースも多くなっています。
それ以外の忌日では遺族だけで供養をし、仏法に疎い人などは何もしないといった場合も多くなっています。

そして命日の100日後には、宗派によっては「百か日法要」が営まれることもあります。
以降は一周忌、三回忌、七回忌と続いていき、三十三回忌まで法要を営むことが一般的です。
ただし一周忌は人が亡くなった日の1年後となりますが、三回忌は2年後となるため注意が必要です。

法事の案内状について

法事を行う時には、参列していただきたい方に案内状をお送りする必要があります。
近親者だけで行う場合、現代では電話連絡だけでも問題はありませんが、「七七日(四十九日)」や「一周忌」、それに「三回忌」などの大きな法要を営むときには、はがきや封書で案内状を発送しましょう。
案内状の内容についてですが、基本的にはあまり難しく考える必要はありません。

「誰の法要」で「何回忌(何日忌)」なのかということと、「日時」、「場所」などを明記しておけば大丈夫です。
具体的な書き方については、インターネットで検索すると、案内状の例文が色々と出てきますので、参考にしてみるといいでしょう。

最近では、往復はがきでお送りし、出席できるかどうかを返信していただくという場合が多いようです。
これにより出席者の人数を把握することができますので、お食事や引き出物、引き菓子などの用意もしやすくなりますね。
また、逆に案内状をいただいた場合には、できるだけ速やかに出席できるかどうかの返信をしておきましょう。

返信が遅くなると、施主の方の準備がしづらくなってしまいます。
返信はがきなどには、「御出席」や「御住所」とかかれていますので「御」は二重線で消すというのが基本的なマナーです。
また、「御芳名」も「御芳」を二重線で消し「名」だけにするようにしましょう。

欠席する場合には、お詫びの手紙を書いて返信用のはがきを同封するというのが丁寧な形です。
もちろん、返信はがきだけでも問題はないのですが、できるかぎり礼を尽くすことが上質なマナーといえるでしょう。

法事の準備

法事の施主となることは、人生の中で何回もあることではありません。
そのため、実際にいざ施主になったとなると、法事の準備に関してわからないことも多く、戸惑うこともあるでしょう。
一口で法事といっても、その内容についてはさまざまです。

最近は親族だけで行う場合、仕事の都合などがあって大勢が集まる目途が立たないというときには予定を繰り上げ、まとめて行うという場合も増えています。
法事の日時を決めるときには命日を選ぶことが望ましいのですが、最近は週末や休日に行われることもあり、そういったときには命日よりも前に行います。
また、お坊さんのスケジュールをおさえる必要もあります。

基本的に、お坊さんへ法要を依頼するときには先着順となります。
希望する日時が決まれば早い段階で予約して、当日の段取りなどについて調整する必要があります。
その際に、法要を自宅で行うかお寺で行うかも併せて相談すると準備がスムーズに進みます。

そして、法事へ来てもらいたい人たちに案内状を出します。
電話ハガキで案内することが一般的です。
そのほかには、お墓や仏壇の掃除を済ませておくことも重要です。

法要の後に行われる会食の会場や食事を準備したり、引き出物を用意したりする必要もあります。
費用としては御布施や会食費、引き出物代などもかかりますから、必要になる費用は前もって準備しておきます。
自宅での法要であれば御車料、お寺での法要であれば会場費などといったように、かかる費用は異なる場合もありますから、注意しなければなりません。

法事の会食

法事や法要を行うにあたって、会食のことを考えないわけにはいきません。
法事や法要の後に行われる会食は、来てくれた人たちをもてなすために設けられている席です。
それと同時に出席者が亡くなった人を偲び、その思い出を語り合いながら食事をするという場でもあります。

近年は、お寺で法事や法要が行われた場合には、近くにある料亭やレストランなどを利用して会食することが多く、自宅で行われた場合にはそのまま自宅で行うことが多くなっています。
食事の内容については、どのようなものを食べなくければならないというきまりはありません。
ただ、あまりに安いメニューということでは、来てくれた人たちに対して失礼にあたります。
数千円程度のコースなどを選ぶことが妥当でしょう。

会食には参加することができないという人に対しては折り詰めなどを渡したり、相応の金額を包んで渡したりするといったことが行われています。
その場では施主が簡単にあいさつをした後で、献杯をしてから食事を始めるという流れが一般的です。
そして食事の後には、用意しておいた引き出物を渡します。

会食は法事や法要を締めくくる大切なものですから、施主は流れを把握してしっかり準備や打ち合わせをしておく必要があります。
ただし、必ず会食をしなければならないということもありません。
行わないから失礼にあたるというわけではなく、行わない場合には引き出物に加えてお酒や折り詰めなどを持って帰ってもらうということが一般的です。

引き出物ののし紙や表書きのマナー

仏教では人が亡くなってから7日ごと、四十九日の後は一周忌、三回忌、七回忌などといった区切りで法事法要が行われます。
神式では「霊祭」と呼ばれ、亡くなった日から10日ごとに十日祭、50日目に五十日祭が行われます。
キリスト教ですと亡くなった日から1ヶ月後が「召天記念日」であり、記念式は1年ごとに行われます。

宗教によっての違いはありますが、法事では亡くなった人を偲び、冥福を祈るために身内や親しかった人たちが集まります。
感謝の気持ちを込めて、引き出物の準備も忘れないようにする必要があります。
引き出物にかける金額の相場は一般的に、2,000円から5,000円程度です。

持ち帰ってもらうときに困らないよう、軽くてコンパクトな品物が良いでしょう。
カタログギフトなどもおすすめです。
渡す引き出物につける「のし」についても、いくつかのきまりごとがありますから注意しなければなりません。

水引については、黒白か銀色の結びきりを使用します。
黄白、黄銀の結びきりはおもに関西地方や神道、キリスト教で用いられます。
結びきりは簡単にほどくことのできないものであり二度と繰り返さない、一度きりという意味があります。
水引の本数は、奇数のものを使用します。
表書きは宗派によって違いもあるのですが、のし上に「志」と書くものはどの宗派にも共通しますから、間違いがなく安心です。

キリスト教では「偲び草」、仏教では「粗供養」などとします。
粗供養とは粗末な品物で申し訳ないという意味であり、謙遜の表現です。
のし下には喪主、施主の姓を入れます。

法事に呼ばれた時のマナー

法事・法要とは、亡くなった人の冥福を祈って供養をするための仏式です。
知らせを受け取ったときには、できるだけ早いタイミングで出欠に関する返事を出すようにします。
やむを得ず欠席しなければならないというときには、返信用のはがきにお詫びの言葉を添えるようにします。
後日に現金書留で香典を送ったりお香や供物、供花などを贈ったりしても良いでしょう。

電報を打つ場合には、前日までに済ませるようにします。
実際に法事や法要へ出席するときの服装については、一周忌までですと喪服が基本です。
一周忌以降は喪服でなくてもかまいませんが、礼服や地味な服装を着用するように気をつけなければなりません。

香典として包む金額は親類、知人といった亡くなった人との関係性によっても異なりますが、一般的には1万円から2万円という金額が相場となっています。
使用するお札は新札でないものを使用し、どうしても新札しかないという場合にはあえて軽く折り目をつけてから包むようにします。
香典袋の水引きは黒白、双銀などの結び切りを選びます。

表書きには薄墨で「御霊前」と書き、下段に姓名を書きます。
香典はふくさに包んで会場に持って行き、会場の受付で一言あいさつしてから香典を手渡します。
法事ではお坊さんがお経を読んでいる中で、焼香をします。

親族から亡くなった人と親しかった人というような順番になっていて、会場によって「立礼」、「座礼」といった作法があります。
狭い場所であれば、香炉を順番に送って「回し焼香」を行う場合もあります。
また、宗派によっても作法が異なりますから、自分の順番が回ってくるまでに前の人の作法も参考にしておくと、失敗もないでしょう。

法事の服装について

法事での服装は、どのようなものがふさわしいのか、迷うという方も少なくはないでしょう。
ただ、施主側であっても参列者側であっても、厳密な決まりというのは特にないようです。
施主側であれば、「三回忌」までは男女ともに『正式な喪服』を着るというのが一般的でしょう。

その後、年月が経つにつれて喪の色を薄くしていきますが、グレーや紺などの地味な色を選ぶようにします。
「七回忌」以降は『略式喪服』で良いとされていますが、あくまでも施主側ですので、参列者よりはラフにならないように気をつけておく必要があります。
逆に、参列者側の場合には、『略式礼服』を着るというのが一般的です。

「七回忌」以降になると『平服』でも良いとされていますが、あくまでも法事ですので、施主側の方々に対して失礼のないよう配慮は必要となります。
子供さんの場合には、学校の制服があればそれを着用します。
ない場合には、男の子なら紺やグレーなどのブレザーとズボンに白いシャツ、黒い靴を合わせ、女の子なら落ち着いた色のワンピースを用意します。

上記の服装が基本的なマナーとなりますが、最近では比較的ラフな服装でも大丈夫という場合も増えてきているようです。
その場合は、法事の案内状に「平服でも可」という意味合いの言葉が書かれていますから、あまり堅苦しい服装は必要ないでしょう。
とはいえ、あくまでも法事ですから、あまりにもラフ過ぎたり、色合いが派手過ぎたりするのは考えものですので、そこは良識を持って選ぶようにしましょう。

法事に持参するもの

法事に持参すべきものがどういったものであるのかということは、急なことがあるとすぐに思いつかないという場合もあります。
そうならないためにも、普段から知識として覚えておくことが大切です。
法事に持参するものとしては、まず仏様にお供えするものが挙げられます。

線香やろうそく、お菓子などの供物や供花といったものが一般的です。
最近は「供物料」として現金を包むことも一般的になってきていますが、家柄に合わせて供物料と供物のどちらでも失礼には当たりません。
身内であれば、どちらも持っていくことがあります。
集まる親戚と連絡をとっておき、どうするかということについて打ち合わせておくと良いでしょう。

供物料の相場については、施主の出費分に相当する金額となります。
食事代となるお斉代、お土産代となる引き出物代を合わせて1万円程度になります。

それを見込んで、1万円から2万円ほどを包むことが一般的です。
もちろん、遠くから参列するという場合や亡くなった人との関係によっても、金額の相場は変わります。
供物料であれば、一周忌までの金包みには銀か白黒の水引のものを使用します。

三回忌以降になると、青白や黄白のものが良いとされています。
表書きは「御供物料」、「御仏前」とすることがマナーです。
また、供物や供物料などは自分で仏壇や祭壇に直接供えるというものではなく、「ご仏前にお供えください」と告げて施主をしている人へ手渡すことがマナーです。

法事のお供えについて

法事のお供えはどのように準備すれば良いのかということについて、すぐに対応することのできる人は少ないでしょう。
しかしながら、法事は結婚式などと違って急に発生することもあるものです。
だからこそ、前もって備えておく必要があるのです。
法事のお供えは施主であって自宅で法事をするという場合には、自分自身で手配しなければなりません。

宗派や地域による風習もありますから自己判断ではなく、お寺や年長者に指示を仰ぐということが確実でもあります。
五具足で平常の仏飯と茶湯を用意し、華足にお餅を盛るということが基本です。
お餅は法事が終わってから参詣者に分けて、持ち帰ってもらいます。

足りなくなるといったことがないように、量の余裕を持たせて用意する必要があります。
真言宗を除いて、お供えとしてはお餅や果物のほかに精進料理の霊膳をお供えします。
仏壇の前卓には、打敷をかけておきます。

一方、参詣者として法事に参加する場合にはお供えとして線香、ろうそく、お菓子などの供物か供花を持参することが基本です。
ただ、最近はかさばって後で始末するときに困るような品物を持っていくのではなく、供物料として現金を包むことが一般的になってきています。

供物料は金額が決まっているものではありませんが、一般には1万円から2万円を包みます。
身内や親族であるというときには、供物料のほかに花や線香などを持参することもあります。
親戚と相談して、形式をそろえておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

noukotsu

納骨の時期やマナーについての基礎知識

『納骨の時期』は、いつ頃が適切なのか、これに関しては明確な決まりというものはないようです。 法

記事を読む

sougi

葬儀の種類のまとめ。立場や状況で様々です。

社葬 社葬とは、亡くなった人が企業に大きく影響を与える立場にあった場合に行われる葬儀のことです

記事を読む

butsugu

仏具についての基礎知識

お線香とは 宗派によって違いはありますが、お線香は花やロウソクとともに仏壇に飾るものとして、も

記事を読む

hoyo

法要「初七日」「四十九日」「一周忌」「年忌法要」とは

初七日 初七日は、人が亡くなってから七日目に行われる法要であり、葬儀の後で最初に行われる法事で

記事を読む

koudengaeshi

香典返しの金額についての考察です

香典返しの金額を、いくらくらいに設定すればいいか。 これについて迷ってしまうという方も、少なく

記事を読む

butsudan

お仏壇についての基礎知識

亡くなった先祖や家族を供養するために、仏教では家庭に仏壇を置いて仏具を飾り、位牌や写真とともにお

記事を読む

kirisuto

神式、キリスト教の法要についてのご紹介

日本では仏教が多いですので、法要も仏式で行われるというのが一般的ですが、神道の方の場合には『神式

記事を読む

ihinseiri

故人の遺品の整理についての考察です

遺品の整理についてお悩みの方も少なくないようですので、ここで少しご説明しておきましょう。

記事を読む

sogi

葬儀・葬式にまつわる基礎知識をまとめました

葬儀、葬式を行うという経験は、一生のうちで何度でもあるわけではありません。 そのため、どの

記事を読む

motyuhagaki

喪中(欠礼)はがきの傾向と対策

『喪中(欠礼)はがき』というのは、近親者の中で1年以内に不幸があった時に、「喪中のため年賀状を出

記事を読む

強力消臭靴下リンマー
強力消臭靴下リンマーの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【強力消臭靴下リンマー】がオススメ! 靴下を何度も念入りに洗った

ネオテクト
ネオテクトの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

ネオテクト薬用マイクロデオドラントクリームとは、株式会社ヴィジョン

FRESHU(フレッシュー)
FRESHU(フレッシュー)の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【FRESHU(フレッシュー)】が解決! 男のニオイの原因① ~

ファルマスタッフ
ファルマスタッフの詳細・特徴・口コミ

ファルマスタッフは薬剤師の転職をサポートしているサイトであり、日本

ヤクステ
ヤクステの詳細・特徴・口コミ

ヤクステは、株式会社グローアップが運営している薬剤師専門の転職支援

→もっと見る

PAGE TOP ↑