法要「初七日」「四十九日」「一周忌」「年忌法要」とは

公開日: : 葬儀.仏事

初七日

初七日は、人が亡くなってから七日目に行われる法要であり、葬儀の後で最初に行われる法事です。
亡くなった人は三途の川を渡ってあの世へ行くとされていますが、その三途の川のほとりに到着するのが初七日の日です。
生前の行いによって、三途の川の流れはゆるやかであったり、急流や激流であったりします。
良い行いを多くした人には、立派な船や橋が用意されているともいわれています。
三途の川を渡り終わるまでには、七七日(四十九日)までという長い時間がかかります。
船や橋も生前の行いによってランクがあるとされていて、行いが悪ければ泳いで渡らなくてはなりません。
亡くなった人が少しでも楽に三途の川を渡ることができるよう、大きな船や広い橋を渡ることができるように、遺された人が祈り供養するという意味があります。
初七日法要は本来であれば、改めて数日後に行われるものです。
しかしながらもう一度参列者に集まってもらうことも大変ですから、多くの場合には葬儀の後、火葬と骨上げを済ませた後で改めて壇飾りをして法事を行います。
葬儀と同じ場所で初七日法要を行うこともあれば、ホテルなどに場所を移して僧侶による読経の後に、精進落としなどを兼ねて行う場合もあります。
精進落としでは、遺族は僧侶や葬儀を手伝ってくれた関係者をねぎらいます。
参列者は遺族や親族、ほかの参列者とともに料理を食べながら、お互いに思い出を語ってしのぶことで供養をします。
葬儀に参列した全員が初七日にも参列するのではなく、親族や親しい間柄の人だけに限られること
が多くなっています。

四十九日

人が亡くなると、初七日に始まる七日ごとの追善供養の法要が行われます。
無事に極楽浄土へ行って成仏することができるよう、遺された人々が祈り供養をします。
初七日、ニ七日、三七日、四七日、五七日、六七日の法要は省略される場合がほとんどであり七七日、つまり四十九日の法要は、ひとつの区切りとして法事を行います。
七日ごとに法要が行われる理由は、死後の世界への旅において、生前の行いによって七日ごとに裁きを受けるということが関係しています。
その結果によって極楽浄土へ行くことができるかどうかが決まるため、少しでも良い裁きを受けることができるように、祈り供養するのです。
四十九日は最後に閻魔大王の裁きを受ける日でもあり、また遺族にとっては忌明け(満中陰)となるため、丁寧に法事が行われます。
法事を行う日取りについては親族や親しい人にも参列してもらうため、都合を考えて四十九日にあたる日よりも前で土曜日や日曜日などの休日を選びます。
法事の場所は、参列する人数によって自宅や菩提寺、葬儀場などのホールで行われることもあります。
当日は僧侶によって読経が行われた後に焼香をして、法話があります。
これまで祀られていた白木の位牌は菩提寺に納め、本位牌を祀ります。
法事の後は、僧侶と参列者をもてなすための宴席が設けられます。
その前に、埋葬が行われる場合もあります。
宴席の後には僧侶に謝礼、参列者には引き出物を渡します。
参列者も、「ご仏前」を包んで持っていきます。
なお、最近では遠方からの参列者に配慮して、四十九日が葬儀の翌日などに
行われる場合もあります。

百か日

百か日は亡くなってから百日目にあたる日であり、四十九日の次に行われる法事です。
追善供養としては、最後になります。
「卒哭忌」ともいい、遺族の人たちは故人が亡くなったという悲しみにひとつの区切りをつけます。
亡くなってあの世へ旅立った故人も、向こうの世界で自分のいるべき場所が決まり、旅が終わる日であるとされています。
百箇日の法要を行う場合もありますが、人を招いて盛大に行われることは少なく、仏壇に供物や花を供えて飾り、僧侶を招いて読経をしてもらうというように、簡単に行われることが多くなっています。
または百か日の法事には法要を行わず、菩提寺へ追善供養を申し込むというかたちで済ませる場合もあり、そのほかに四十九日を併せて行うこともあります。
百か日に併せて、納骨をする場合もあります。
百か日は亡くなった人にとっても、遺族にとってもひとつの区切りです。
この日までに遺族は亡くなった人が生前お世話になった人への挨拶や、お悔やみをしてくれた人への挨拶を済ませます。
同時に遺品を整理して形見分けをして、遺産がある場合には相続の手続きをし、そのほかの手続きもこの日を目処に済ませるようにします。
そうすることで、あの世で亡くなった人に安心してもらうという意味もあります。
生前に親交があって弔問に行くことができなかったという場合には、百か日までの間にお悔やみに行けば大丈夫です。
そのときには親交の度合いによって「御霊前」を包むほか花や線香、お供物になるような品物を持って行
っても良いでしょう。

一周忌

一周忌は、亡くなってからちょうど1年目にあたる同じ日の「祥月命日」に行われる法要です。
一周忌で喪中が終わることになりますから、年忌法要の中でも特に重要な法事であるとされています。
施主であれば、法要の準備としては場所や日程を決め、お寺への依頼をして案内状や会食宴席の手配をし、香典返しなどを準備します。
法事の日程を決めるにあたっては、法要の日が平日にあたるのであればその直前の土曜日や日曜日を使って行われることもありますが、一周忌の法要についてはできるだけ、祥月命日に行います。
服装については、遺族は三回忌までは喪服で参加することが基本です。
参列者は略式の礼服か濃紺などの地味なスーツ、ワンピースを着用し、ネクタイなども明るい色や柄物を避けるようにして黒っぽい色のものを選びます。
僧侶による読経、参列者による焼香が行われてからは、食事がふるまわれます。
参列者へのお礼という意味と、亡くなった人をしのぶための会食でもあります。
喪主が挨拶した後の献杯も、亡くなった人を敬うための大事な儀式です。
施主は参列者への引き出物を用意しますが、引き出物はおもてなしとしてのお土産であることに加え、香典のお返しという意味も含んでいます。
僧侶に対しては、お布施や車代なども用意します。
参列者は香典を用意しますが、そのほかにも亡くなった人が好きだった品物やお菓子などをお供え物として持って行くと良いでしょう。
一周忌は法事の中でも親族だけでなく友人、知人までを招いて手厚く営まれるものであり、節目になる大切な法要です。

年忌法要

年忌法要とは、亡くなった人のために定められた年に営まれる法要です。
亡くなった人の祥月命日に営まれる追善法要です。
中陰法要があって忌明けとなった後、命日から100日目にある百ヶ日の法要を含めて一周忌、三周忌という3つの法要は、中国の儒教から影響を受けたものであるとされています。
七回忌以降の法要は、日本において独自に付えられたものです。
日本では古来から、成人式のような通過儀礼を繰り返しながら人が一人前になるということと同じように、先祖の霊も何年かごとに儀式をすることで、一人前の先祖霊(神)になるとして考えられています。
神道では三十三回忌をもって荒御霊が和御霊(祖霊)になるとされていて、三十三回忌が区切りになっています。
仏教の一部では三十三回忌、五十回忌を目途にして、「祖先神」として一体化するとされる場合もあります。
年忌法要としては最初の祥月命日となる一周忌、没後2年目の三周忌、そして七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十五回忌、二十七回忌、三十三回忌、三十七回忌、五十回忌と続きます。
二十三回忌や二十五回忌、二十七回忌、三十七回忌などは、宗旨や地域によって営まれない場合もあります。
一般的には一周忌までが喪中とされますから、一周忌の法事は親族以外にも友人や知人を呼んで行われる重要な法要として位置付けられています。
「七回忌」以降は遺族と親族だけで行われますが、三回忌までよりもさらに規模は小さくしていくのが一般的です。
ただし現代では、これらを省略しているという場合も少なくはないでしょう。
三十三回忌や五十回忌は最後の年忌にされることも多く「弔い上げ」、「門
きり」といわれます。

初盆

人が亡くなって四十九日を過ぎてから最初のお盆のことは「新盆」(にいぼん・しんぼん・あらぼん)、「初盆」(はつぼん)といいます。
タイミングによって四十九日よりも前にお盆となった場合には、初盆の法事は次の年に行われます。
亡くなった人が仏になってからはじめて里帰りをするという意味合いもあって、親族やゆかりのある人々を招いて僧侶による読経や参会者の焼香、精進料理をふるまうなどといったように、そのほかの年のお盆よりも丁寧な法要が行われます。
お盆の時期は僧侶も忙しいため、予定があるときにはできるだけ早めに連絡します。
また、宗派によって法要の準備や手順も違いますから、よく確認しなければなりません。
自宅とお寺が離れているといったときには、お寺で初盆を行うという場合もあります。
新盆には白い無地の提灯を飾り、終わってからは送り火で燃やしたりお寺に納めたりすることがしきたりです。
最近は絵柄がついている提灯をはじめから用意しておいて、毎年使うという家も多くなってきています。
盆提灯については親族が購入するものだったのですが、こちらも近年は住宅事情などが考慮され、「御提灯代」としてお金を遺族へ渡すようになってきています。
精霊棚(しょうりょうだな)を作って供物をお供えすることは、通常のお盆と同じです。
仏教では四十九日を過ぎるとのし袋の表書きが「御霊前」から「御仏前」、「御佛前」と変わりますから、初盆で使用するものは「御仏前」、「御佛前」です。
供物としてお菓子や果物、線香などを贈る場合には、のし紙の表書きは「御供」にします。

スポンサーリンク

関連記事

sougi

葬儀の種類のまとめ。立場や状況で様々です。

社葬 社葬とは、亡くなった人が企業に大きく影響を与える立場にあった場合に行われる葬儀のことです

記事を読む

kirisuto

神式、キリスト教の法要についてのご紹介

日本では仏教が多いですので、法要も仏式で行われるというのが一般的ですが、神道の方の場合には『神式

記事を読む

houji

法事・法要についての基礎知識のまとめ

人が亡くなると遺族は通夜、葬儀に始まる各種の法要や法事を行い亡くなった人との別れの儀式を済ませ、

記事を読む

motyuhagaki

喪中(欠礼)はがきの傾向と対策

『喪中(欠礼)はがき』というのは、近親者の中で1年以内に不幸があった時に、「喪中のため年賀状を出

記事を読む

ohigan

忌中・喪中・お盆・お彼岸など仏事にまつわる言葉の意味とは・・・

忌中とは 『忌中』というのは、仏式の場合、故人が亡くなってから「七七日(四十九日)」までの期間

記事を読む

koudengaeshi

香典返しの金額についての考察です

香典返しの金額を、いくらくらいに設定すればいいか。 これについて迷ってしまうという方も、少なく

記事を読む

butsugu

仏具についての基礎知識

お線香とは 宗派によって違いはありますが、お線香は花やロウソクとともに仏壇に飾るものとして、も

記事を読む

ihinseiri

故人の遺品の整理についての考察です

遺品の整理についてお悩みの方も少なくないようですので、ここで少しご説明しておきましょう。

記事を読む

butsudan

お仏壇についての基礎知識

亡くなった先祖や家族を供養するために、仏教では家庭に仏壇を置いて仏具を飾り、位牌や写真とともにお

記事を読む

sogi

葬儀・葬式にまつわる基礎知識をまとめました

葬儀、葬式を行うという経験は、一生のうちで何度でもあるわけではありません。 そのため、どの

記事を読む

強力消臭靴下リンマー
強力消臭靴下リンマーの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【強力消臭靴下リンマー】がオススメ! 靴下を何度も念入りに洗った

ネオテクト
ネオテクトの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

ネオテクト薬用マイクロデオドラントクリームとは、株式会社ヴィジョン

FRESHU(フレッシュー)
FRESHU(フレッシュー)の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【FRESHU(フレッシュー)】が解決! 男のニオイの原因① ~

ファルマスタッフ
ファルマスタッフの詳細・特徴・口コミ

ファルマスタッフは薬剤師の転職をサポートしているサイトであり、日本

ヤクステ
ヤクステの詳細・特徴・口コミ

ヤクステは、株式会社グローアップが運営している薬剤師専門の転職支援

→もっと見る

PAGE TOP ↑