お仏壇についての基礎知識

公開日: : 葬儀.仏事


亡くなった先祖や家族を供養するために、仏教では家庭に仏壇を置いて仏具を飾り、位牌や写真とともにお供物や花、水やごはんを供えて供養をします。
仏壇や仏具の荘厳の仕方は宗派によって異なり、また地方による特徴もあります。
最近では宗派にこだわらず、また形にもこだわらないさまざまなスタイルの仏壇も登場し、現代の住居や生活スタイルに合わせたお祀りの仕方をする家庭も多くなってきています。
こちらでは、いろいろな荘厳のしかたについて解説していきます。

そもそもお仏壇とは

仏壇とは、家庭において先祖や亡くなった家族の位牌を安置してお祀りをするためのものです。
元々は、仏教の寺院でご本尊を祀るための「須弥壇」(しゅみだん)と呼ばれていたものが小型化され、家庭内に取り入れられたものでした。
そのため、広い意味では寺院の中にある須弥壇も仏壇のひとつですから、区別をするために家庭内にあるものについては、「御内仏」(ごないぶつ)という呼ばれ方をされる場合もあります。

また、仏壇の内部やまわりに仏具を飾ることは、「荘厳」(しょうごん)といいます。
寺院で行われていることと同様に内部へ本尊を安置して、そのまわりは仏具で荘厳することによってはじめて、役割と機能が果たされるということになります。
日本で仏壇がお祀りされるようになった起源をたどると、実に1,300年以上という過去にさかのぼります。

7世紀に天武天皇が各地の家ごとに仏舎を作り、仏像とお経を置いて礼拝供養するように命を出したことが、きっかけであるとされています。
当時はまだ、貴族や役人などといった一部の人がお祀りするにとどまり、庶民の間には広まっていませんでした。
その後鎌倉時代になって、中国の祭具であった位牌が日本へと持ち込まれました。

室町時代には浄土真宗の蓮如(れんにょ)上人が、多くの信者に対して仏壇を持つようすすめ、一般的になっていきました。
江戸時代になってからは、庶民の間でも位牌とともにお祀りをする習慣が広まり、現代の風習に近くなりました。

お仏壇の安置場所

以前はどの家にも仏間のあることが当然でしたから、お仏壇の安置場所について考えるということはありません。
しかしながら近年になって仏間のない家がほとんどとなり、お仏壇の安置場所に関する知識も求められるようになってきています。

仏教において仏様はどの方角にもいるとされていますから、どの方角という決まった向きがあるわけではありません。
ただ、一般的には北向きを避けて安置するという傾向があります。

向きについての説としては西方極楽浄土がある西向きが良いというもの、拝むときに宗派の本山が正面になる方向に向けて置くというもの、北を背にして風通しが良い南向きに配置するというものなどがあります。
たとえば拝むときに本山へ向かうような場所にお仏壇を安置する場合には、家の建っている位置によって向きもまちまちになります。

実際の安置場所としては家族にとってお祀りをしやすい座敷や居間などが多く、直射日光や湿気などといったようにお仏壇を傷める要素の少ない場所といった条件から考えていくと良いでしょう。
置くスペースに関しては、周囲に仏具を置くのであればそのための空間も必要です。

観音開きの扉がしっかりと両側に開ききらなければ仏具の出し入れもしにくくなりますから、お仏壇の扉の前にもある程度、空間の余裕が必要です。
また、座って拝むときにご本尊の位置が目の高さよりも少し高くなるように安置することにも、気をつけなければなりません。
スペースの高さや幅、奥行きをしっかりと確認して考えましょう。

お仏壇の向き

お仏壇とは、先祖や亡くなった家族の位牌を安置するためだけのものではありません。
実際にはお寺をそのまま家庭に合うようにコンパクトなサイズにしたものであり、お仏壇は仏様が祀られている神聖な場所でもあるのです。
家の中では、どこに置くことがもっともふさわしいのかといったことにも悩むところです。

昔は仏間のある家がほとんどでしたから、お仏壇を置く場所についてあれこれ悩む必要はありませんでした。
それが現在は住宅事情が変化したこともあって、仏間はもちろん和室がないという家も少なくありません。

お仏壇の向きについてはどういった部屋に置くことが良いかということを含め、家族が毎日欠かさずゆっくりと落ち着いた気持ちでお参りをすることのできる場所であれば、特にきまりもありません。
仏間や床の間、居間、リビングに安置しても良いでしょう。

ただし、お仏壇の耐久性を考えると風通しが良く湿気の少ない場所、直射日光や冷暖房の風が直接当たらない場所がおすすめです。
お仏壇の向きに関しては諸説があるため、明確に正解であるとすることのできるものはありません。

極楽浄土があるとされる西方浄土の方向に向かって拝むことができるよう東向きに安置することが良い、宗派の総本山に向かって拝むことができるように安置することが良い、北を背にして南向きに安置することが良いという説もあります。
総合すると、絶対にこうしなければならないということでもないということができます。

お仏壇の購入時期

お仏壇がいつ買うべきものであるのかという購入時期については、仏具店でも聞かれる機会が多い質問となっています。
誰も亡くなっていないにもかかわらず購入すると、縁起が悪いといった話もあります。

実際にはまったくの迷信であるのですが、そういった話があるとどことなく気になってしまうものです。
一般的にお仏壇は、身内に不幸があったときや一周忌のときまでに購入される場合が多くなっています。
また、お彼岸やお盆などといった法要に際して購入されることもあります。

ですが、いつ買うべきだという常識のようなものはありませんから、法要の時期にとしてこだわる必要はありません。
また、お仏壇を購入することがめでたいことであるとされる風潮もあります。
家を新築するようなものです。

ですから、お仏壇開きの際にはご祝儀用の熨斗を使用します。
そういったことから、購入する日付としては吉日が選ばれることもあります。
お仏壇に魂を入れる「入仏式」のときにはお祝い事として親類や知人を呼び、にぎやかに行われることもあります。
お仏壇は必ずしもなければならないというものではありませんが、亡くなった人を近くに感じ、気持ちのよりどころにもなるために、求める人は少なくありません。

また、先祖を供養して祈る気持ちを子どもに教えるというしつけ、教育という意味でも良いとする意見もあります。
自分や家族の生活に必要であるかどうかを見極めた上で購入することをおすすめします。

仏壇・仏具のお手入れについて

仏壇や仏具も、定期的に掃除をする必要があります。
高価なものですから、慎重にメンテナンスをして大切に使いたいところです。
ただ、仏壇や仏具のお手入れを自己流でしていると、逆に仏壇や仏具を傷めてしまうことにもつながるため、正しい方法を知っておくことが大切です。

大がかりな掃除については、お正月やお盆などといった年次法要の際で良いでしょう。
仏壇は、木の部分は専用の毛払いや乾いたやわらかい布でから拭きします。
ホコリが積もらないように、日常的に拭いておくことが理想です。

金箔の部分をこすると剥がれる危険がありますから、毛払いでそっと払う程度で良いでしょう。
ガラス部分はかたく絞った布で水拭きをしてから乾いた布でぬぐうか、ガラスクリーナーを使用します。
漆部分は、毛払いで払った後に乾いた布で拭きます。

木や漆は水と相性が悪いため、どうしても必要なとき以外は水を使わないようにしなければなりません。
どうしても汚れがひどいときは、ぬるま湯に浸した布で拭いてすぐにから拭きします。
仏具の手入れをするにあたっては、基本的に陶器と硝子は洗います。

傷をつけたりしないように指輪などの装飾品をはずし、中性洗剤で丁寧に洗います。
金属や漆、石は水で劣化するため、乾いた布でそっと拭くようにします。
漆には少量の油が含まれていることもあり、時間が経つにつれて浮いてくることもあります。

その場合も、やわらかい布で軽く拭き取れば問題はありません。
石は急激に温度が変化するとひびが入ったり割れたりすることもあるため、特に注意が必要です。
リンは仏壇と同じように 普段からこまめに乾いた布で拭いておけば汚れもつきません。

お仏壇の種類:金箔お仏壇

杉や檜、松などといった白木に黒の漆を塗って、内部に金箔や金粉を施したものを「金仏壇」といいます。
蒔絵、彫刻、錺金具などといった伝統工芸の技が使われていて、豪華な中でおごそかな印象もあるため、浄土真宗では極楽浄土の象徴であるとされています。

金仏壇の製造は、古くから仏教がさかんな城下町や産業の発展していた地域で活発に行われるようになりました。
現在は京都や名古屋、金沢などの15ヶ所が、経済産業大臣から伝統的工芸品としての産地として指定されています。
産地によって違いはありますが、製造工程は細分化されていて、それぞれの工程に専門の職人がいます。

そのため、製品が完成するまでにはおよそ3ヶ月がかかっていました。
昭和50年代からは工場でも製造が行われるようになり、年間で10,000本以上を製造する例も見られるようになります。
また、平成になると中国やベトナムでも金仏壇が製造されるようになり、現在では70%が外国製のものになっています。

金仏壇の特徴でもある金箔は、金塊を延ばして作られるものです。
ただ純度によって違いがあり、純金から作られている金箔は長い年月が経っても変色せず、剥げる心配もありません。
手入れをしながら大切にしていれば、100年以上にわたって品質が保たれあります。
逆に純度の低い金箔であれば、年月が経つと変色したり剥げたりなどして、劣化していきます。

素人ではなかなか違いを見極めることも難しいのですが、価格は数万円から数千万円までという差があります。
同じ金仏壇でも素材の質や彫刻の細かさ、漆塗りなどの技法や産地によって、価格は大きく違うのです。

お仏壇の種類:唐木お仏壇

明治時代になって作られるようになった唐木お仏壇は、黒檀や紫檀などといった木目の美しさを活かしている仏壇です。
江戸時代における工芸技術の粋を集めて作られた東京唐木仏壇、大阪唐木仏壇がよく知られています。
かの伊能忠敬家の東京唐木仏壇が、現存する最古のものとなっています。

紫檀、黒檀、鉄刀木(タガヤサン)は「唐木三大銘木」といわれていて、色や木目の美しさに定評があり、仏壇や仏具にも適しています。
紫檀はマメ科の常緑広葉樹であり、タイやベトナムがおもな原産地です。
周囲は白っぽいのですが、芯部は暗紫紅色をしていて堅く、目が詰まっています。

黒檀はカキノキ科の熱帯性常緑高木であり、インドネシアがおもな原産地です。
緻密で堅い材質は水に沈むほどのものであり、耐久性もあって虫や菌にも強く、色は黒くて木目が美しく浮き出ている高級品となっています。
別名は、「木のダイヤモンド」ともいわれています。

鉄刀木はバラ科の広葉樹でありタイやインド、ミャンマーなどの東南アジア各国がおもな原産地です。
荒地にも耐える強い木であって、比較的造林しやすいものでもあります。
木材は堅く、耐久性があります。

桑はクワ科の落葉性高木であり、日本各地でよく見られるものではありますが、銘木として見るとわずかしかありません。
伊豆諸島にある「島桑」と呼ばれるものは美しい木目で粘りがあり、最高級品とされています。
欅はニレ科の広葉樹であり、北海道を除く日本各地に生育しています。

街路樹などにも使われていてなじみ深いものであり、美しい木目と堅い材質が仏壇や仏具に適しています。
中国の唐代に輸入され、東南アジア産の黒檀や紫檀などといった銘木が「唐木」と呼ばれていたことから、それらを使った仏壇が「唐木仏壇」となりました。

お仏壇の種類:家具調お仏壇

仏壇や仏具というと、黒く漆塗りできらびやかな装飾がなされているというかたちが、もっとも代表的なものとしてイメージされます。
昔の日本家屋には特にマッチしていましたが、洋室を主体とした現代の住居や生活スタイルにはなかなかそぐわない場合も多くなってきました。

住宅事情もさまざまであり、広い屋敷であれば専用の仏間を設け、仏壇を設置して仏具を備えるということもできますが現代のせまい住宅、さらにマンションやアパート住まいであればなおさら、そのような余裕もないことが現実です。
しかしながら家族に亡くなった人がいるのであれば、仏壇に仏具や位牌、写真を備えてお祀りをして常に供養を手向けたいという気持ちは、今も昔も変わらないものです。

そこで登場したものが、家具調お仏壇です。
扉を閉じてしまえば仏壇であることがわからず、一般の家具のように見えるというものです。
洋室にもマッチするようなおしゃれでモダンなデザインのもの、かわいらしいものなどといったように、いろいろなものが販売されています。

中に荘厳する燭台や香炉などの仏具も過剰にきらびやかなものではなく、陶器やガラスなどといったさまざまな素材でいろいろなスタイルのものがあり、線香やろうそくなども合わせたものを選べば現代風なお祀り、カラフルでかわいらしいお祀りもすることもできます。
住居がせまくても設置することができるようにコンパクトな設計がなされているものもあり、それぞれの事情に合わせて選ぶことができます。
宗派的な特徴は備えていないため、キリスト教徒が祭壇として使用している例もあります。

スポンサーリンク

関連記事

butsugu

仏具についての基礎知識

お線香とは 宗派によって違いはありますが、お線香は花やロウソクとともに仏壇に飾るものとして、も

記事を読む

sougisya

葬儀社選び。いざと言う時に困らない為に!

葬儀社を選ぶポイント 人の死というものは突然に訪れることがほとんどであり、またそれはめったにな

記事を読む

motyuhagaki

喪中(欠礼)はがきの傾向と対策

『喪中(欠礼)はがき』というのは、近親者の中で1年以内に不幸があった時に、「喪中のため年賀状を出

記事を読む

ihinseiri

故人の遺品の整理についての考察です

遺品の整理についてお悩みの方も少なくないようですので、ここで少しご説明しておきましょう。

記事を読む

noukotsu

納骨の時期やマナーについての基礎知識

『納骨の時期』は、いつ頃が適切なのか、これに関しては明確な決まりというものはないようです。 法

記事を読む

hoyo

法要「初七日」「四十九日」「一周忌」「年忌法要」とは

初七日 初七日は、人が亡くなってから七日目に行われる法要であり、葬儀の後で最初に行われる法事で

記事を読む

syuha

仏教各宗派の成立ちや特長についてまとめました

浄土真宗本願寺派 浄土真宗本願寺派は、阿弥陀如来の本願を信じてただひたすら念仏を唱えていれば浄

記事を読む

houji

法事・法要についての基礎知識のまとめ

人が亡くなると遺族は通夜、葬儀に始まる各種の法要や法事を行い亡くなった人との別れの儀式を済ませ、

記事を読む

ohigan

忌中・喪中・お盆・お彼岸など仏事にまつわる言葉の意味とは・・・

忌中とは 『忌中』というのは、仏式の場合、故人が亡くなってから「七七日(四十九日)」までの期間

記事を読む

sogi

葬儀・葬式にまつわる基礎知識をまとめました

葬儀、葬式を行うという経験は、一生のうちで何度でもあるわけではありません。 そのため、どの

記事を読む

強力消臭靴下リンマー
強力消臭靴下リンマーの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【強力消臭靴下リンマー】がオススメ! 靴下を何度も念入りに洗った

ネオテクト
ネオテクトの効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

ネオテクト薬用マイクロデオドラントクリームとは、株式会社ヴィジョン

FRESHU(フレッシュー)
FRESHU(フレッシュー)の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

【FRESHU(フレッシュー)】が解決! 男のニオイの原因① ~

ファルマスタッフ
ファルマスタッフの詳細・特徴・口コミ

ファルマスタッフは薬剤師の転職をサポートしているサイトであり、日本

ヤクステ
ヤクステの詳細・特徴・口コミ

ヤクステは、株式会社グローアップが運営している薬剤師専門の転職支援

→もっと見る

PAGE TOP ↑